退職祝い

2012年04月09日

手紙の書き方 退職祝い

手紙を書くときのマナーを守り、受け取る相手のことを考えて表現や言葉を選び、誤字が無いように注意しましょう。もちろん、修正ペンや修正液は使わずに、わかりやすい文章の流れを考えて話を組み立てていきましょう。省略することもありますが、頭語・時候の挨拶をきちんと書くと、より丁寧です。

【手紙の書き方 退職祝い】
退職祝いのお祝いの言葉や贈る言葉は普段は考えません。そのため、お祝いの言葉を書く時にはちょっと考えてしまいます。定年退職だけでなく転職で退職する方もいます。また、結婚や妊娠による寿退社もあります。

退社する方に、花束やプレゼント・贈り物・記念品・色紙など準備して贈るのが社会人としてのマナーだと思います。私の上司は、忙しいからという理由で送別会も花束なども準備しないと退職願を提出したときに言った上司がいます。その時の上司は忘れているかも知れませんが、違う意味で思い出深いことです。

しかし、良い思い出として記憶に残り惜しまれながらも次のステップに進んでいく方も多く見ています。何かトラブルや不正で退職せざるおえない場合を除いてはきちんと祝福してあげるのが礼儀だと思います。人の縁というのはいつ、どこで、何があるのか分かりません。たくさんの縁を大切に育てることが大切だと思います。


退職祝いメッセージ・手紙例文


【手紙の書き方 退職祝い】の詳細については、上記ホームページをご参考下さい。



綺麗な手紙の書き方(例文・文例集)









tegaki_guide