ビジネス

2012年03月09日

手紙の書き方ビジネス

手紙を書くときのマナーを守り、受け取る相手のことを考えて表現や言葉を選び、誤字が無いように注意しましょう。もちろん、修正ペンや修正液は使わずに、わかりやすい文章の流れを考えて話を組み立てていきましょう。省略することもありますが、頭語・時候の挨拶をきちんと書くと、より丁寧です。

【手紙の書き方ビジネス】
ビジネスで使う手紙や文章については、相手に対して失礼のないように心がけたいものです。なぜなら、自分が書いた手紙や文章が会社のイメージとなってしまうからです。もちろん、メール本文も同じです。誤字脱字が無いように確認をし、文章の繋がりや内容にも気をつける必要があります。

また、手書きで手紙を書く際には、綺麗な字で書きましょう。相手に与える印象が違い、字が汚いだけでクレームになることもあります。というのも、私がそれを経験したからです。忙しさにかまけて、走り書きした字に対して、先方の会社よりクレームがきました。恥ずかしく、謝罪に行く際にも何て謝れば良いのかずっと考えていました。

相変わらず字は汚いのですが、丁寧に書くようにしています。文章は簡潔で正確に書き、誤解を招くような曖昧な文章やどちらともとれる表現は使ってはいけません。


iタウンページ:ビジネス文章
ビジネス文書の基本、社外文書、社外文書の基本フォーム、社外文書実例1、社外文書実例2、社外文書実例3、社内文書、社内文書の基本フォーム、社内文書実例1、社内文書実例2、手紙文作成のポイント、一般手紙文基本フォーム、頭語と結語、自分側・相手側を表す言葉、前文・主文、末文・後付・別記・副文、時候のことば、手紙のフレーズ例などの例文を確認することができます。


【手紙の書き方ビジネス】の詳細については、上記ホームページをご参考下さい。




綺麗な手紙の書き方(例文・文例集)











tegaki_guide