企業

2012年03月31日

手紙の書き方 企業

手紙を書くときのマナーを守り、受け取る相手のことを考えて表現や言葉を選び、誤字が無いように注意しましょう。もちろん、修正ペンや修正液は使わずに、わかりやすい文章の流れを考えて話を組み立てていきましょう。省略することもありますが、頭語・時候の挨拶をきちんと書くと、より丁寧です。

【手紙の書き方 企業】
社外の企業(会社)に手紙を送る際にはビジネスマナーをしっかり守りましょう。あなたが書く手紙は会社の評価となりますので変な手紙を出すのは相応しくありません。送付した会社の中でも公式な記録文書として残ることがありますので、言葉使いや内容には十分な注意が必要です。

社外に送る文書の種類としては、送付文書、依頼文書、注文書、納品書、請求書、受領書、照会書、通知書、案内書、督促書、クレーム文書、謝罪文書、抗議書、お断りの文書、お祝い状、お礼状、お悔やみ状などがあります。

それらの書類には、一定のルールに基づいて書く必要があります。文章の上から日付、あて先、差出人、件名、前文、主文、末文、別記、追記の順に書いていきます。社外文章だからといって身構えてしまい、業務の効率を悪化させたりしないようにしましょう。また、敬語の使い方なども注意しておきましょう。


allabout:ビジネス文書9つの基礎知識 社外文書編


【手紙の書き方 企業】の詳細については、上記ホームページをご参考下さい。




綺麗な手紙の書き方(例文・文例集)











tegaki_guide