英語

2012年03月13日

英語 手紙の書き方

手紙を書くときのマナーを守り、受け取る相手のことを考えて表現や言葉を選び、誤字が無いように注意しましょう。もちろん、修正ペンや修正液は使わずに、わかりやすい文章の流れを考えて話を組み立てていきましょう。省略することもありますが、頭語・時候の挨拶をきちんと書くと、より丁寧です。

【英語 手紙の書き方】
私には程遠い英語の手紙だと思っていましたが、会社の資本に外国資本が入り、社内でも英文でのやり取りが増えてきました。正直、英語に関してはチンプンカンプンです。しかし、恥を書く前に自分で調べて英語でのマナーを確認しておきます。

とにかく、相手に言いたいことが伝わる英文レターにしないといけません。構成は理由、詳細・サポート、アクションという順に書いていくと良いです。レターを書く理由を明確にし、目的は何かをまずは伝えます。次に詳細です。補足説明を書き、何をするのか・何をしたいのかを書いて締めくくります。

私は、英語がまだまだ未熟なので、インターネットにある翻訳機能を使って日本語を英語に訳して使っています。もちろん、単語や意味はそのあとに一旦、確認してから手紙やメールを出していますよ。それでも相手から「?」と帰ってくることは多いですが・・・


日本郵便:英文レターの書き方
パーソナル・レターとビジネス・レター、書式(レイアウト)、各部位の形式などを確認することができます。


【英語 手紙の書き方】の詳細については、上記ホームページをご参考下さい。




綺麗な手紙の書き方(例文・文例集)











tegaki_guide