☆ていかちゃん take a chance ☆

いけばなはメッチャ楽しい♪庭花ちゃんのいけばな周辺のオ・ハ・ナ・シ

伊豆沼観蓮舟




__



























松田隆作先生の風の沢ミュージアムでの個展にお出かけしました。
風の沢が11時オープンなので、その前に、10年以上まえに感動した伊豆沼に蓮を見にでかけました。

すごーい、伊豆沼は見渡す限り蓮でありました。
5,6年まえにドライブで来た時は、蓮はどこ?という感じでしたが今年はすごい。

蓮の沼を小舟に乗って鑑賞できます。小舟が蓮をかき分けかき分け進むの、大きな葉がすれて、破れ、可哀相なのだけどそれはそれでとても風情がある。高台のサンクチュアリセンターから見ても、180度蓮蓮蓮。

かたい蕾から今朝開いて蕾始めた子、満開に開いて咲きこぼれなんと風にそよぐ子、花びらが散り黄色のかわいい蓮台が恥ずかしげな子、蓮台が成長して大きく丸く育ち始めた子、わあーい、極楽浄土だ。

かぐわしい花の香りと風のそよぎ、素晴らしすぎて、舟に三回も乗ってしまいました。

聞けば、伊豆沼の蓮は10年前に水害で全滅し、5年前に復活をはじめ、今年は最大に広がっているのだそうです。
まるでこの東日本大震災で亡くなられた方の鎮魂のために咲き誇っているかのようです。思わず、手を合わせました。
被災された方に力を与えてくれるような美しい蓮でした。

日光に行ってきました

201105011452000何十年ぶりでしょう。
日光にいってきました。
テレビで観光客が激減していると聞き、
ではと車ででかけてみました。
東北道は午後出なので、スイスイ。

1晩宇都宮の兄のところに泊り、翌日、日光宇都宮道路で、日光へ。
なんと、高速料金ただ。
すいてる。
ほんと、連休とは思えない。

新緑の柔らかい緑に終わりかけの山桜、満開の八重桜の濃いピンクが杉並木の深い緑をバックにそれは美しい。
写真は八潮つつじ。
水芭蕉も竜金花も咲いてました。
空気はきれいし、命の洗濯した気分です。

帰りも翌日お昼過ぎに宇都宮をでたら、これまたスイスイ。
東北の方々に申し訳ないけど、いいドライブでした。
みなさん、日光おすすめです。

いけ花新進会

先週、石川県いけ花新進会の特別研究会におじゃましてきました。
新進会は生け花が面白くなってきたころ、女性新聞や工藤昌伸先生のお話で知り、ずーっと、見てみたいと思っていました。
第42回総合花展を見せていただきましたが、42回ですよ。42年もつづいているのって、もうそれだけで、脱帽です。
昔に比べて会員数が減っているそうですが、みなさん、流派を超えてとてもいい関係で、すごくうらやましかったです。
東京にはこういう組織がないのが、さみしいですね。
気が付いたら写真とってくるの忘れていました。
すいません。
面白かったですよ。

幻のCM

  201104080754000














あるTVCM撮影のバックに生けた花です。大きなダリア黒蝶に大輪のラナンキュロス、グリーンカラーも特大、白薔薇の大輪、枝スイートピーに紫のアルストロメリア。
暗い照明であまりよく写ってませんが、いい感じだったのに、肝心の本番になったら、役者さんの影に隠れて花が見えない。
ほとんど映らない。ざんねーん。

でも、気持ちよく生けられて楽しかったから,良しとしますか。
地震で落ち込んでいたので、いいお仕事でよかったです。

東京支部展

今年の秋に予定されていた、東京支部展が中止になりました。被災地のこと、計画停電など考えて、苦渋の決断です。
私が支部とかかわりをもつようになって、東京支部が花展を開かなかった年はありません。年に2度開催されたこともありました。
でも、今、日本が大変なことになっていることを考えれば、花展につぎ込む費用の何分の1でもいい、被災地に送ることで、痛みを、つらさをわずかでも軽減できるのではないかと思います。東京支部の会員がいけばなを愛する仲間に思いを届けたいと思います。
秋の花展に出瓶予定だった方、いけばなが大好きなあなた、被災地で途方に暮れている会員に義援金を送りましょう。
そして、再び花ばさみを持って、いけばなに安らぎを得る日が皆様にきっと来ることを祈りましょう。

時が止まっているような

震災の前の日にkバレーカンパニーのチケットを予約した。2週間以内にコンビニで支払いを。と言われていたのに、今日支払いに行ったら、期限切れですと言われ、愕然。そうだ、2週間以上たったんだ、と気づく。

1週間休んだんだから、当然なのに、つい、昨日のように思える。だって、被災地はちっとも変わらないじゃない、福島はもっと悪い。

政府も未曾有の災害でどこから手をつけていいのかわからないのかもしれないけど、こんなときにしっかりした人現れてよ。
都知事選だって、入れる人いないじゃない。
人材不足の日本。
時は戦国時代よ、信長は?秀吉は?家康は?登場してよ。
外国からの熱いメッセージに胸がジーンとするだけでなく、強い日本を再建したいです。

昨日の稽古もいつもの半分、でも、こんな時だから、静かに花を生けたいです、って言ってくれた生徒さんがいました。
うれしかったです。

花やさんも大打撃です。今まで助けてもらっているのだもの、たくさんおけいこして、貢献しなくちゃって思います。

おけいこ再開します

予定通り、おけいこ再開することにしました。
おけいこしないと、花屋さんも困ります。
被災地のことはすることたくさんありますが、東京の景気も回復しなくてはです。
いけばなで元気になりましょうね。
みなさんにメールをしたつもりですが、漏れた人ごめんなさい。
お稽古予定をメールください。


揺れる

来週からおけいこしましょう、と思ったとたん、ぐらぐら、停電による交通パニック。
できませんよね。生徒さん帰宅難民にできないでしょう。
まだ迷っていて、開始メールが送れません。
あす三重支部にでかけ、あさって帰りますから、その時点で決断します。
ゆらゆらして、ごめんなさい。

生徒さんへ

あまりにブログをご無沙汰しておりましたから、見てくださる方は少ないかと思いますが、来週からお稽古を再開しようかと思います。お家元の個展が延期になったので、お稽古ができます。
気分が乗らない方もいらっしゃるかもしれませんが、こんなときだから、気をしずめるために花を生けるのもいいかと思います。
でも、決して無理をなさらないでくださいね。
遅くなるときは振り替えましょう。
帰宅難民になったり、真っ暗な中帰ることになりませんよう、気を付けてください。
生きることに必死な東北の方たちを思うと胸が痛みますが、前進もしなくてはいけませんから。
来週から、木曜日を14時スタートにいたします。
詳細は伊藤庭花ホームページ花がたりのカレンダーをご覧ください。
元気な皆様のお顔を見るのを楽しみにしております。

うれしいニュースと残念なニュース

まず、うれしいニュースは石巻の種田先生が元気だったこと。水は来たけど、家は流されずにすんだそうです。今は仙台の御親戚の家にいらしゃると、いつもの元気な声でした。
ちょっと、興奮してしまいました。あまりのうれしさにね。
よかった、よかった。
二人まとめて、ゴチしますね。

残念なニュースは、今月末開催予定のお家元個展小原宏貴展が延期になってしまったことです。この大惨事では家元も胸を痛められたのだと思います。
すごく楽しみにしていた人がたくさんいたのに、残念です。でも、お家元自身が一番無念でしょう。1年以上かけて準備したのですもの。準備した花材もむだになってしまい、ほんと残念です。
でもね、みなさん、延期ですから。
来年楽しみにしましょう。きっともっとグレードアップして開催されますよ

被災地のみなさん、がんばってください。

みんな元気でいてね。

原発はとんでもないことになってしまいました。
福島の方たちの恐怖はいかばかりかと思います。
津波地震の被災地の方たちは、このことも知らずにお腹をすかして、ふるえていらしゃるのです。
日本はどうなるのでしょうか?
東京は地震にふるえたけど、被災地とは言えないのに、どうしてスーパーで買い占めたりするのでしょう。
生徒さんの帰りが心配で、今週はレッスンをすべて休みにいたしました。
栄養はかたよるかもしれませんが、冷蔵庫の中、保存庫の中のものを整理して、省エネ生活を送ります。
被災地の人のこと考えたら、着膨れして、暖房をなるべくつけないように、資源をみんなでだいじにしましょう。
被災地の方たち、まだまだ大変ですが、がんばってください。
これを機に、もっといい日本に生まれ変わろうよ。
他人にやさしい、地球にやさしい人になるよう、こころがけます。

感謝

平間先生、無事だとわかりました。
よかったです。
うれしいです。
こういう風にみんな無事だとうれしいな。

ありがとうございます。
感謝です。

平間先生、あたなはブログなんて見ないけど、美味しいものゴチするよ。

東北関東大震災

長いことご無沙汰でした。

こんな悲しい災害があっていいのでしょうか?
一瞬で街を村を飲み込んでしまった津波

宮城県亘理の平間聖峰先生、石巻の種田先生、元気でいてくれますよね。
連絡が取れずに心配しています。
携帯が通じないの?
携帯持たずに逃げたの?
テレビに映らないか食い入るように見ています。
早く、余裕ができたら、誰かに連絡してください。

風ひいてない?
具合悪くなっていない?
食べれていますか?食べれてないよね。
元気で頑張れば、なんでも好きなものゴチしますから、もう少しがんばってね。

他にも、仙台、多賀城、気仙沼、石巻、仙南、福島、八戸、茨城その他小原流の先生方、会員の皆様、元気でいてくださいね。
負けないでくださいね。

日本という国が、足の引っ張り合いをする政治家集団とあらさがしばかりするマスコミ。
こんな社会にしてしまった私たちに地球が腹を立てたような気がする。

みんな、もっと人に地球にやさしくなろう。
政府の対応がどうのこうのいうまえに被災地の救援と復興のこと考えようよ。
日本が生まれ変わるチャンスがきたんだと思う。

電気も節約する。
津波にのまれたのが自分だったかもと考えると、生まれ変われるかもしれない。

みんながんばれ。がんばろう。


大地の芸術祭お勧めポイント2

ゴームリー 23番、アントニー・ゴームリーです。

はりめぐらされた、ロープの中にはいっていけて、ご覧のように床にごろんとすると、気持ちいいーですよ。頭上に人型が浮かび上がります。

駐車場から坂道を歩かされるのですが、行く価値ありありです。

帰りには2千年蓮の畑へ。小さいですが、ピンクの花をいっぱい咲かせています。

 

ここから、細い山道を行くと、24番、石沢沙矢香のうかのめです。お米のインスタレーションが、美しいですよ。大好きですが、自分で運転していくのは自信がありません。

ここより運転したくないのが、13番。遠いし、すれ違えない山道だし、人の運転だから行きましたが、もういけません。

大白倉なんて、運転楽ですよ。すれちがいができないのは1か所ですから。

観光道路から入れば、眺めはいいし、気持ちいいですよ。

大白倉の帰りには、84番西尾美也が面白いです。

畑の中ですが、見落としちゃいけませんよ。

9日から、また妻有にでかけますが、新しい発見楽しみです。

  クリックよろしくお願いいたします。

大地の芸術祭お勧めポイント

塩田千春 はじっこにいい作品があるとおっしゃたのは、3年前の北川フラムさん。

今年もそうおっしゃるような気がしますね。

もち、真ん中にもいい作品ありますよ。

その一つ、232塩田千春さんの家の記憶です。

黒い毛糸で住民の方々から集めた古い道具、着物などがクモの糸にからめとられたように、空中に浮いています。

大阪で拝見したベットの方が規模も大きいし、怖かったですが、いいものはいい。

今一番大好きな作家さんです。

横浜のトリエンナーレの泥のドレスには度肝をぬかれましたね。

その意味では、今回はおとなしいかな。

見落としてはいけない作品です。

 クリックしてください。よろしくお願いいたします。

大地の芸術祭ははじっこがいい。

ふすま オープニングから今日まで妻有を回ってきました。

今年も面白いです。まわった感想は「大地の芸術祭ははじっこがいいね。」です。

あら、大白倉もはじっこじゃない。なあんちゃって。

小原流さんは川越支部さんを皮切りに、清水支部さん、東京支部の方々、が大白倉までいらしてくださいました。

皆様、早々遠い所までありがとうございます。

どこがいいですかって?

何かもったいなくて、教えたくないけど。

特別にね。はじっこお勧めポイントは、まず、81を皮切りに、23,24,130,214。

あとのはじっこはまだ見てないのと、うーんっていう感じ。

はじっこは大変ですよ。

行けども行けども、うねうね細道で、車来たらどうしようってどきどきものです。

今回はドライバーがいたので行けましたが、8月はやだな。私の運転で回ろうと考えてる皆様、楽ちんなとこだけね。

はじっこは行って、はずれるとつらいものがありますね。

こんなに来たのに、あーあです。

 

妻有を回るには、美術手帳の「大地の芸術祭アートをめぐる旅がいど」と「越後妻有アートマップ」は必携です。

美術手帳で学習をして、地図の番号をマークして行かないと回るのが大変です。

今回は前回に比べ、黄色の看板が少ない気がしますから、見落とさないように、走るのが、大変です。

美手帳は1260円、地図は100円です。

美手帳は東京でも買えますが、地図は現地ね。代官山のアートフロントに行けば買えますよ。

 

大白倉は最高よ。泊まるほどに好きになります。

玄関に巣づくるつばめもかわいいし、とんぼはやんまの他、糸トンボの青いのや

黄色、縞とすごくきれい。

ほたるもいっぱい飛んでるし、水がきれいってすごいのね。

もう社会復帰できませんって思います。

 

そうそう、ポストカードが作られます。

皆様、松代の農舞台に行ったら、私のポストカード探してみてくださいね。

そしてお買い上げいただけたら、ちゅーしちゃいます。

つづきはまた明日ね。

 クリックおねがいいたします。

大地の芸術祭オープン

物の怪子供 いよいよ今日は7月26日、オープンです。

ここまでこぎつけたのは、スタッフの皆様のおかげです。

延15日に及ぶ現地での制作に大白倉まで来てくださった皆様には、頭が下がります。また、東京でお手伝いいただいた方々にも感謝です。

作品制作しながら、私はなんて幸せなんだろうと、思いました。

皆様、本当にありがとうございました。

今回のメイン、植物の精、です。

幻想的でしょう。肉眼で見たほうが、もっとですよ。

今日は、何人の人が、来てくれるかなあ?

よろしくお願いします。

 クリックお願いします。

大地の芸術祭明日プレオープン

床の間  いよいよ、プレオープンが明日になりました。

明日は仕事があり、午後から妻有に向かいます。あさっては十日町のキナーレで開会式です。

たくさんの人に見ていただけるとうれしいですね。

これが、第1室のはいったところです。

大白倉で採らせていただいた桐の枝が縦横無尽に走っています。窓から侵入して来たかのように、枝が暴れていますが、和室を痛めないように枝を設置するのが、大変でした。

接続点は松葉がさしてあります。

床の間も見てくださいね。

 クリックよろしくお願いします。

越後妻有アートトリエンナーレ通信大白倉

照明後 日、月とまた大白倉に行ってきました。

照明と最後の仕上げのためです。

あんなにきれいにお掃除したのに、窓からつばめでしょうか?入って飛びまわり、廊下に糞をおとしてくれましたよ。まったくです。

照明が入ると、色が落ち着いて、花の精がおどろおどろしく見えるのが、うれしい。

こちらは物の怪の子供と呼んで作成した、しだれ桜と紅絹による花の精です。

少しづつ小出しにしかアップしないところが、いいでしょう。また見たくなりませんか?なあんちゃってね。

昨日は大白倉の区長さん中村庄平さんが可愛いお孫ちゃんと来てくれました。

お宮参りなんですって。

今回、庄平さんにはほんと、お世話になりました。

脚立を貸していただいたり、桑や桐の枝を切っていただいたりして、たくさん協力していただきました。

でも何より感動したのが、庄平さんの作ったお米の美味しいことです。

魚沼こしひかりを作る8人の名人の1人なんですって。

昨年採れたお米を、仙田の道の駅の下に作られた雪室に入れて保存しておいたものをわけていただきました。

それを大白倉の名水で炊いたご飯ときたら、立ってるだけじゃないの、ほんと、ピッカピッカにひかってました。過去最高の美味しさです。

毎朝このご飯を頂いてから作業開始です。いつもは朝ごはん抜きの人もみんなの感動の声に、食べ始めたくらいです。私なんか朝から2膳もいただいてしまうし、太って帰りましたから。

みんなに食べさせてあげたいですよ。

      クリックお願いします。

はなの棲む家

はな雨 大白倉の、ここ角山邸は、かつて、片桐さんというお宅でした。片桐さんはこのお家を手放した今でも畑仕事をしに大白倉に通っていらしゃいます、。

私たちの作業中もところてんや味噌漬けなどさしいれてくださり、お世話になりました。

この黄色の花びらは5月にお邪魔した時にきれいに咲いていた山吹ですが、崖のところで採れずにいる私たちを見て、片桐さんが採ってくれたのです。

ピンク色はやはりその時採集した桃のはなびらです。

すべて、桑の木から下がっています。この2階のお部屋はかつて、お蚕さんを飼っていたそうです。さすが、着物の町、十日町です。養蚕業が廃れた今では、桑は山の中で、伸び放題でした。

その桑を切らせていただき、部屋中を縦横無尽に走らせました。忘れ去られた桑が様変わりした蚕部屋にはびこるように、、、

  クリックお願いします。

Profile
伊藤庭花(いとうていか)
花も団子も大好き♪そんな私の目標は、「食わず嫌い」出演!!
伊藤庭花 主宰 「いけばな教室」の御案内
生徒募集中

○曜日/月曜〜日曜

○時間・場所/曜日により異なる
詳しくは→こちら←

○月謝/6,000円(月4回)
(花代別 1,260円/回)

講師/伊藤 庭花


○お問い合わせ先
teika@h04.itscom.net

※教室見学や、体験レッスンも
していますので、お気軽に
ご連絡下さい。

↓↓詳しくはこちらまで↓↓
伊藤庭花いけばな教室

質問などございましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。
お待ちしております。



コメント♪ありがとうございます
  • ライブドアブログ