経営コンサルの帝王学@埼玉・東京/運営管理(オペレーション)

富士登山という変わった趣味がある。

一日の中で、絶望感、希望、達成感を味わえることが魅力だ。

登山中は、いろいろなことを考える。

一番多く考えるのは、位置エネルギーと運動エネルギーの関係だ。

登山し、運動エネルギーを消費すると、それなりの高度が得られ、位置エネルギーが増加する。
つまり、登山とは運動エネルギーの位置エネルギーへの変換なのではないかと。

理論的に合っているのかは不明である。

しかし、そう思いたいのには理由がある。
それは、下山からの現実逃避である。

下山は辛い。頂上まで登り切り、気持ちが切れたあとの運動は絶望的である。
しかし、下山を位置エネルギーから運動エネルギーへの変換と考えれば、力を使わなくてよいと自分に言い聞かせられるので幾分気持ちが楽になる。

そんな不毛なことを考えられるのも富士登山の魅力なのかもしれない。

ブログ始めました。

経営コンサルに必要な運営管理(オペレーション)の知識について記事を投稿していきます。

宜しくお願いします。

このページのトップヘ