戦国IXAと趣味日記Passage

戦国IXAプレイ日記(1-6鯖で登録、夫とプレイ)と 趣味(読書、映画、音楽、アニメ、料理、イラスト等)のブログです。

読書

本の話:SF

ブラゲ「Travian」の農場の名前の話で思い出し


ましたが、IXAは入力できる文字数が少ないけれど、


あのゲームでは結構文字数使えたので農場の名前
などに、自分の好きな小説や曲、映画や食べ物、
キャラ名、ネタっぽい名前をつけて遊んでいる人が


結構いました。(プロフに結構な長文書けたので


連載小説を書いている人もいましたw)


 


攻撃目標探す際そういうのを見つけるたり
自分の農場の名前考えるのも楽しかったです^^
 


その時私が使った中にSF小説のタイトルが
ありました。
こんなの↓(何鯖か並行してやっていたので数
多いです)


 


◎月は無慈悲な夜の女王


 


◎冷たい方程式


 


◎たったひとつの冴えたやりかた


 


◎幼年期の終り


 


◎10月1日では遅すぎる


 


◎天の光はすべて星


 


◎アンドロメダ病原体


 


◎人形つかい


 


◎太陽の黄金の林檎


 


◎地球の長い午後


 


◎宇宙の戦士


 


◎ソラリスの陽のもとに


 


◎夜の翼


 


◎夏への扉


 


「たったひとつ~」以外全部読みました。



こうして並べてみると・・・いいタイトル多いですね。


タイトルに惹かれるものを感じて買った本も多いです。


考え抜かれたタイトルだなーと感じる本でハズレは
あまり無かったですね、以前は。(ミステリも
そそられるタイトルのが多かったです。)


 


「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」も好きな
タイトルで、農場の名前で使いたかったけどこれは
字数制限にひっかかり使えなくて残念><



↑映画「ブレードランナー」の原作です。
リドリースコット監督の代表作のひとつだと思います。
(「エイリアン」も不朽の名作><b 4作目までは
全部監督違うけどどれも傑作だと思う)


 


原作者フィリップ・K・ディックの小説も結構読みました。



映画化されているもの多いですが印象に残っているのは
「トータル・リコール」位かなぁ。ディックは読んでいると
映像イメージ喚起される事が多いので一見映画向きに
思えるけど実際に形にするのは難しいと思う。


 


「宇宙の戦士」はガンダムのベースになっているという
話を聞いた事があります。原作読んでいたけど当時は
そうかなぁ?って印象でした。今読むと感想違うかも。


 


作家ではアシモフ、ハインライン、ディック、バラード
(この人の描く「荒廃した世界」のイメージが好きだった)
F・ブラウン(SF好きな人達からは彼の本は「SF入門書」と
言われていました。非常にとっつきがいいというか
読みやすかったからでしょう。結構いろいろSF読んだ後
読みましたがそれでも面白かった)A・C・クラーク、
レイ・ブラッドベリあたりをよく読みました。



日本の作家のもめぼしい作品は大体読んでいたと思う。
ジュブナイルからハードSFまで面白ければなんでもOK、
自由な発想、奇想天外なアイデアがてんこ盛りで
何を読んでも新鮮でした。


 


奇想天外という名前のSF雑誌もありましたね。(今は廃刊)
SF雑誌は日本ではSFマガジンが最初だと思いますがさすがの
貫禄、当時のSFマガジンの執筆陣は綺羅星の如く、でしたよ。


 


私は毎月、全部の作品を読みきれないうちに(文庫本も
並行して読んでいたので)次の号が出て、読んでいない
作品がたまっていくのが嫌で文庫で読もうと思って、買うのを


やめてしまいました。



うちの夫もSFマガジンの昔からの読者で、未だに惰性で買い
続けています。(買うだけで、今はコラム以外は読んでいない


模様)


 


でも・・・随分小粒になってきたなぁ・・・と。
今は読んでみたいと思えるものがなかなかない>< 


造語だらけで「世界観」とか言われても・・・わかり辛くて


読み辛いだけ。



世界観ってアイデアで魅せるものでしょう?


 


 


 


 


最近読書、してないなぁ・・・。
読もう読もうと思いつつ書棚の肥やしになっている本多数。
たまには本でも読もうか。。。


 


 


 



MMDと読書と趣味の時間

先ずはMMDPVを幾つかご紹介します。

 

 

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24321229

 

漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の脇キャラで
ダンスPV。


この方、MMD杯の時もそうでしたが、アーティス
ティックなセンスの光るPVです。
こういうの、好きだなぁ。

 

 

http://www.nicovideo.jp/watch/sm24496295

 

ネタ曲です。
ここまで徹するともはや天晴、と言いたくなる
程のブレない姿勢が良いです。笑えますw

 

***********


最近、結構いろいろ本読んでいますが

中でも最近お気に入りなのは

 

◎「暗殺教室」(漫画)
殺せんせーのとぼけてて、でも「いい先生」
してるキャラ(モンスターだけど)が良い味
出してるギャグ漫画。

 

1巻めは微妙だったけれど、2~4巻を読んで
ハマり(どんどん上手くなっている)既刊全巻
揃えました。

 

◎ジャック・リッチーの短編集いろいろ(小説)
人気ミステリ作家の短編集「ダイアルAを回せ」
「ジャック・リッチーのあの手この手」等。

 

一切無駄の無いシャープな文体、犯罪を主に
扱っているのに、後味爽やか。

 

各作品、翻訳も◎でさらっと読めます。
アイデアが秀逸+人情味もあって、読み応え
ある作品集。お薦め。

 

◎文藝別冊「吾妻ひでお」と「カオスノート」
(漫画と特集本)
「ロリコン漫画」の始祖と呼ばれる漫画家

吾妻ひでお。彼の魅力に肉薄した特集本は
一気読みしました。面白かった!

 

「カオスノート」は、発想がもの凄くユニーク。
オリジナリティー溢れる傑作日記漫画。

 

◎「絵で見るパリモードの歴史」(専門書)
ひと頃、フランス近世近代風俗とモードに
ハマり、専門書を読み漁りました。

 

タイトル通り、ビジュアル要素の高い(図版
約280点)服飾史。ハマっていた頃貪り読み
ましたが、再読しています。

 

絵画や写真集やイラスト集眺めるのも好き。
夫も好きなので以前はよく、一緒に絵画展に
行ったものです。(ついでに神田や秋葉原で
CDや本漁りw)
*****************

 

うちには本(書庫)と並んで、数千枚もの
クラシックCDやDVD(最近はブルーレイも)
があります。

 

毎日一日中音楽かけっぱなしです。


ショスタコーヴィチが一番好き。バッハも好き。
指揮者はフルトヴェングラー、トスカニーニ、
クライバー、ゲルギエフあたりが好きです。
*****************

 

・・・そして、勿論ゲーム。

 

MMOも結構やりましたが、長くプレイしたのは
「巨商伝」(初期は神ゲーだった・・・)と「DEKA
RON」(あのスキルの格好良さは他の追随を
許さない)位。どちらもツール使いやRMTが

蔓延して×になったので引退。

 

最近はブラゲのみ。IXAが9割ですね。

何度も隠居したけど、やっぱりゲームは(今は)

IXAがいいなぁ。。。 

 

追記:

あ。

映画の話を忘れていました><

また今度~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持病の話+本の感想「超偏愛!映画の掟」荒木飛呂彦著

今まで私がかかった風邪は高熱が出るけど、風邪薬

飲んだら5日目位には治っていたのですけど今回は

変な風邪にかかってしまい長引いて、持病まで。。。

 

以前から時々書いている「持病」というのは、数年前

高熱の風邪の熱がひいてから起き始めたもので、

のどの奥に違和感があり、咳が酷いので肺をやられて

いるかと思い、病院(内科)に行ったのですよ。

 

 

レントゲン撮ったら異常なし。

 

 

たぶん「耳鼻咽喉科」の病気じゃないかと言われて

そちらの病院でレントゲン撮ったら、鼻の奥の空洞に

異常がある事がわかり、それがのどに繋がっている

との事でなんだか長い病名(忘れました)を言われて

抗生物質を出されました。

 

ところが3か月位病院に通って薬飲んでも一向に

良くならない。


医者に言って薬を変えてもらったけれど効果無し。

 

この医者の誤診ではないかと、病院を変え薬を

変えてみたけどやはり効果なし。

 

 

諦めてなるように任せていたら、病気にかかって

半年ほどで自然に治まりました。

 

 

それ以来、風邪をひくと時々(毎回ではなく)

持病が再発するのです。すぐ治まる時もあれば

1週間位続く時もあってまちまち。

最初の時のように長い期間というのはありません。

 

 

・・・・何なのでしょうね、この病気。。。

 

 

今まで風邪位しか体調崩すような病気に

かかっていないし身内も妙な持病持ちとか

いないのですけれど。

 

 

うーん。。。

 

 

自然治癒するのを待つしかないかなぁ・・・。


とりあえずブログ書いてる今は体調は

良いです。
昨夜は咳が酷かったけど今は少なくなった

のでこのまま治まってくれるよう願いたい

ものです。

***************


さて。

 

病気の話だけでは何なので本の感想でも。
(普段はサブブログで書く事が多いです)

 

 

「超偏愛!映画の掟」荒木飛呂彦著

 

 

作者の名前でピンときた方、そうです!
漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の作者による、

映画論です。

 

未読ですが、この前に「荒木飛呂彦の奇妙な

ホラー映画論」という本を出されているとか。
今回は「サスペンス映画」に焦点を絞った

本です。

 

文体は、文庫コミックスの後書きと同じよう

なのでゴーストライターを使っている感じは

無く、荒木氏の生の声が聞こえてくるような、

とても読みやすくわかりやすく熱い(←ここが

ポイント♪)内容です。

 

創作者ならではの独自の視点からの分析は、

時々ハッとさせられます。
随所に「ジョジョ」制作時の裏話が織り込まれて

いるのもファンには嬉しい所。

 

ただ・・・同じような主張が繰り返し出てくるのと、

ファンでない一般の読者には微妙な印象が残り

そうな本でもあります。

 

 

 

 

扱われている作品の一部(メジャー系)
「サイコ」「ダーティーハリー」「タイタニック」「危険

な情事」「殺しのドレス」「レイダース 失われた

アーク」「羊たちの沈黙」「ジュラシック・パーク」

「レオン」「ファーゴ」「ミッション・インポッシブル」

「マトリックス」等々。(私はほぼ全部観ました)

 

メジャーからマイナー作品まで幅広く扱っています。

 

映画タイトルに興味がおありの方で、ジョジョファン

なら結構楽しめるかと。お薦めします^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本の感想「クージョ」(モダンホラー)スティーヴン・キング著

今日は陣張りの日ですが、33-40鯖東西戦
52鯖防衛戦、夫は休みで自分で陣張り。
なのですごく楽です^^

 

 

普段本の感想は、ミニブログの方で書く事が
多いのですが、今回は長文になってしまった
のでこちらで。

 

恐らくご存じの方も多いと思われる、モダン
ホラー界の帝王、スティーヴン・キング著の
「クージョ」という作品の感想です。
(ネタバレ有り。ミニブログではネタバレ無し

が多いです。)

 

 

クージョとは犬の名前で、これは簡単に
言いますと「狂犬病にかかった犬が次々
人を襲う話」です。

 

こう書くとB級ホラーテイスト満載な話と思わ

れるかもしれませんが、デビュー後7作目にして、
ホラー作品がまだ一部の愛好家にしか売れ
なかった時代に5000万部も売り上げていた
という、油の乗り切った時期のキング作品だけに
一筋縄ではいかない話です。

 

先ず序盤では、この話の主だった登場人物の
人物像や家庭環境等が丁寧に描写されています。
なかなかクージョの出番が無く本筋に入りません。

 

ですが話と登場人物の基盤をしっかり構築し、
そのリアリティで読み手の共感をよび、飽きさせ
ません。

 

中盤になってようやく本筋の話が進み始めます。
しかし、ドキドキハラハラな展開になると、その度に
肩透かしを食わせるかの如く、別の人物の違う
トーンの話に切り替わります。緩急のリズム取りが
実に上手いです。

 

だけどただ読み手を焦らしている訳ではありません。

 

これらの断片的なエピソードが終盤、勢いよく集約
されていく様は見事です。
キングも筆が乗っていたようで一気に書いたらしく、
ぐいぐいと話に引き込まれます。夢中で読みました。

 

 

故障した車に息子と母親が閉じ込められ孤立し、
狂犬病にかかったクージョにしぶとく狙われ襲われ
何度も窮地脱出を試みるも叶わず、助けが来る

ことを願い徐々に夏の暑さ(車の中に長時間いると

猛烈に暑い)と脱水症状とで弱っていく息子を助け

ようとあがき結局は、微妙な関係になっていた夫が

ここぞという時に助けに現れるのかと思いきや、

母親が自分で犬を撲殺して窮地脱出。

(近くに転がっていたバットで)

 

撲殺のくだりは、本来笑う所ではないのですが
あまりに意外であっけない結末に、ふっと笑いが
こみあげてしまいました。母親に感情移入して
読んでいたので「あぁ助かって良かった」という
安堵の気持ちもあったのかもしれません。

 

 

 

でも。

 

 

 

 

ここでなんとキングはこの母親の最愛の息子を
死なせてしまいます><オーマイガッ!

 

 

必死で息子を蘇生させようとしつつ、もう少し早く
犬をやっつけられていたら。。。!と後悔する母親。

 

しかも夫がようやく妻と息子の危機に気付いて

駆けつけてみれば、妻も傷だらけの変わり

果てた姿になっていて・・・。

 

 

悪役(クージョ・・・本来は忠実で良い性格だったのに
病でこういう役回りに)が退治されてハッピーエンド
とはいかない、なんともいえないやるせなさが残る
所がリアルでもあり、実にキングらしいシニカルさ
だと思います。(キングの毒舌は有名)

 

表紙がいまひとつキャッチーさに欠ける感じがして
日本ではあまり売れなかったらしいこの作品、
キングをご存じの方ならば、先ず読んで損はしない
作品かと。(ネタバレしてしまいましたが;)


とても面白かったです。

翻訳も読みやすく◎


最近短編を読む事が多いのですが、長編には
長い話なりの良さがあるとつくづく思った作品
でした。

 

・・・という事で、今はアガサ・クリスティの「アクロイド
殺害事件(アクロイド殺し、というタイトルの翻訳も
有り)」という長編ミステリを読み始めています。


(クリスティは中学生の頃「そして誰もいなくなった」
を皮切りに30冊位読みましたが、この作品は
未読だったのです。代表作の1つなのですが;)

 

クージョもこれも我が家の書庫にずっと前から
眠っていた本です。(夫が学生時代に買った

のだとか)


最近の文字の大きな本に慣れてしまうと

昔の本は文字が小さくて1Pに文がぎっしり
詰まっているものが多いので、読むのに気合が
いりそうと敬遠していたのですが、読んで面白
ければ意外と気にならないものだと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お絵描きと本の感想:ロール・アドレル著「パリと娼婦たち 1830-1930」

イラスト用のファイルを整理していたら懐かしい
絵が出てきました。

 

アニメーターやめて、時々イラストのお仕事を
いただいていた頃、趣味で描いた絵です。
(元絵はB4サイズのケント紙一部カット)

 

616a.jpg

 

616b.jpg

 

上のはペン描き。
帽子と服は1911年イギリスのモード絵から。

 

下のは当時のラフ画を鉛筆でクリンナップ
したもの。オリジナル。

 

 

 

この頃、ロール・アドレル著「パリと娼婦たち
1830-1930」という本をベースに19世紀頃の
フランス・パリを舞台にした娼館と娼婦の
漫画を描いてみたいと思ったことがありました。

 

作者が女性である事もあり、娼館のシステム
娼婦たちの日常を深く掘り下げた薀蓄本で
艶っぽい雰囲気はあっても具体的な描写は

ありません。


でもこれが。


すごく面白いのです。

 

図書館で借りて読んで気に入ったので、
ネットの古書店検索で探してほぼ定価で
購入しました。
(絶版です。こんな良本が。。。)

 

本の雰囲気がわかると思われる本文の
引用を。

 

「人は娼婦に生まれるのではない。娼婦に
なるのだ。それは、ひとつの職業であって
境遇ではない。(中略)評論家たちが「精液の

下水道」とか、「幻想の掃きだめ」などと見な

そうとも、彼女たちは心の底から娼婦なの

ではない。」

 

解説から引用。(一部略)

 

「19世紀の科学者たちは、娼婦は生まれつき
何らかの欠陥か悪しき特徴をもつものと
考え、大真面目に娼婦の顔や体、性格を
「分類」し「研究」していたという・・・。」

 

「小説家たち(男性)は、男を誘惑し身を滅ぼ
させる抗いがたい魅力の持ち主のイメージや
虐げられる哀れな乙女のイメージを誇張して
センチメンタルなステレオタイプを作り上げて
しまった。」

 

「著者は、こうした先入観を排して、「ほかの
女と同じような」女たちの姿を復元しようと
する。」

 

 

主に貴族相手の高級娼婦から街娼まで。
女性ならではの視点で分析、研究したこの
本。娼館の運営システムというのが実に
よく出来ていて面白い。その中で日々を
過ごす娼婦たちの息遣いが聞こえて
きそうな描写もとても秀逸なのです。

 

(ちなみに男性が読むと、女性心理がよく

わかって面白い!と思うかげんなりする

かのどちらかです、たぶん。

風俗好きな方は読まない方が良いかも。)

 

リアルで説得力のある、「娼婦という

職業」の話。

華やかでけだるくて悲惨な世界。

 

こういう話を綺麗な絵で誰か漫画にして
くれないかとずっと待っているのですが
誰も描いてくれそうに無いので力不足
ながら自分で描こうとして・・・挫折しま
したorz

 

 

 

 

 

 

どなたか漫画化してください。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・とか言いつつ、また描いてみるかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • ライブドアブログ