マゴさんサイゴン事件直後の配信

まごしぃ反省会とアナトミアと。
https://www.openrec.tv/live/sNllSbjsUWw


サイゴン事件の動画




6:45~
「いやー、いやー…」
「あの人に優しさ見せるんじゃなかったぁ」
「俺はね、ちょっと優しさを見せてしまったんだよ」
「最近なんかさー」
「いや、試合の内容じゃないよ、ちなみに」
「ちなみに試合の内容に優しさとか別にないんだけど」
「最近あの人配信してて凄いなんか」
「会場の外で配信してたんですよ、あの人」
「で 『あれ? KSKさん会場の中配信とかやんないの?』 とか言って」
「そしたらさ 『いやー、リスナーが中で勝手に中で色んな人映したりすると、すごい
 文句言ってくんだよねぇ だから基本的には外を映したり、1人でやってる』」
「みたいなことをなんか言ってて」
「『いや、そんなの気にする必要ないっすよ』 つって」
「『実際は中を映したほうが喜ぶ人はいるし、KSKさんせっかく来たんだからそういうちょっと
 なんか持ち味的なものをさ、ちょっとなんか、出したら?』 つって」
「言って、そしたらさぁ いや、なんかムカついたなァ~」
「その5分後ぐらいに中配信始めてさ、いや全然それはいいんだけど」
「俺との試合だって時に、映しはじめて」
「『あれ?俺なんかこれやっちゃった感あるな』つって」
「でそれが動画に残って、KSKさん的には、人生で一番… ここ数年で一番ハッピーな
 時間を今過ごしてるらしいんで」
「いや、気が散ったとかじゃない」
「気が散ったとかじゃなくて別に試合内容はいいんですよ」
「あの、ムカついた、KSKに(笑)」
「ムカついたが、でもね いいよ、いい、いい」
「なんかでも あの人最近笑顔があんまなかったっぽいから」
「いやでもやっぱ納得できねーな…」

9:45~ (パニックだった)
「いやでも俺は逆にね、逆にKSKさんで良かったなってちょっと思った」
「これについてはまぁ明日もちょっと喋ると思うけどー」
「やっぱ、あれなワケよ」
「あのー… めちゃくちゃ下手なワケよ、KSKさん」
「めっちゃんこ弱いワケよ」
「それに負けるって、もう俺に異常事態が起こってるとしか思えなくて」
「たぶん、普通にやったら100-0なの、100-0、普通にやったら」
「これが外国人のナントカっていう人でKSKと仮に実力が同じだったとしても、
 実際に弱いか強いか知る術がないから、いや やられちゃったなとしか思えないんだけど」
「KSKさん完全に弱いの知ってっから」
「いやこれもう俺に異常事態が起こってる… っていうのがもう確定的で」
「そう、動きがもうおかしいのよ、自分で分かったもん なんかもう最終ラウンドとか」
「なんかもうこれ『えっ?何これ』 もうなんか なりふり構ってられなかったね、とにかく」
「そう、パニック」
「パニックだった」
「試合中にもう思ってた、なんかもう何が起こってるか全く分かんなくて」
「『あっ 人ってこういう風になるんだ』 っていうふうに思った」
「ハァ~… 俺を神界に転送してくれよ ヴァルハラに連れてって~~」


12:45~
「っていう冗談はとりあえず置いといて」
「あのねぇ、もう本当に、これホント真剣にやっぱ考えなきゃいけないなっていうね」
「昔からやっぱ俺そうで」
「ず~っと俺のことを見てくれてた人は分かってると思うんだけど」
「俺ねぇ めちゃくちゃ強い時と、めちゃくちゃ弱い時の、ギャップの激しさ多分全一」
「世界一かも知れない」
「凄いのよ、ほんとに」
「いや俺は思い出したもん、ゴッズガーデン2.5」
「2.5で、俺そん時飛ぶ鳥を落とす勢いの、まぁ言うたらフェイロン結構極まってたわけ、正直」
「で、まぁ予選に出ます、これは勝ちますと」
「ブロック決勝はハカンですと」
「負けるわけがねぇ、負けたことがないつって、で挑んだの」
「まぁ今日と似たような感じになったよ」
「いや、あの人も上手かったんだけど」
「似たような感じになった、負けた時もうおかしかったもん」
「汗が止まんなくてさ、暑くもねーのに」
「凄い強かった時期から、ちょっと自信を見失った時の弱さが尋常じゃなくて」
「心がよえーんだろうな、すごい」

「これがなかったらさ、これがなかったらもう少し俺…」
「三太郎さんも言ってたけどー、たぶん2倍ぐらい優勝してんの、これなかったら」
「恐らくはね、まぁたらればなんですけど、実力的に見たら」
(コメント:つまり勝ってる時に調子乗って相手をなめて負けると)
「それっ!」
「それはかなりある、いや今回マジなめてて」
「なめてた状況で『あれ?あるんじゃね?』からのヤバイヤバイヤバイつって」
「どんどん どんどん なんかもう心に余裕がなくなってくる感じ」

16:15~
「話してて立川と」
「『こういう負け方すると悲しいっすね次の大会どうするんですか』つって聞かれて」
「『いや難しいね』つって」
「自分がね、弱かったらやりゃ良いじゃん?」
「弱かったら楽なの、すごい、弱かったら楽なの」
「だけど、残念ながら、もう持ってる物はけっこう強いから」
「強くてこれだから困ってるの」
「何をすればいいのか? っていう所… よね」
「いや、これ結構マジで」
「いや流石に、俺を弱いと言ってしまったら結構悲しむ人がいっぱいいるから」
「まぁだから大会云々はとりあえず置いといて」
「実力元々もってる、実力って言うか」
「元々持ってる格ゲー力みたいなのは結構強いんですよやっぱり」
「それこそ日本でも何本か指入るぐらいの強さではあると思うよ」
「今すごい自信なくてあれなんですけど、今日も全然負けまくってきたけど」
「弱いわけないんですよ、言ったら」
(コメント:今まで勝ってきた相手に失礼だから)
「やめてくださ~い(笑)」

21:35~
「ちょっとしたオマエこれ、ちょっとした病気だろこれー」
「精神科行ってこようかな~?」
「大会前ヤクに頼るぞもう、精神安定剤なんかねぇか~ つって(笑)」
「で今回思ったのは、緊張してる云々よりも」
「分かったの、俺ね緊張してるんじゃない」
「いや緊張もしてんだよ勿論、緊張じゃない、あれは」
「原因今回分かって、今回ね緊張じゃなくて」
「とにかく注意力散漫、集中力散漫、なところ」
「RAGEの時も思ったのよ
「RAGEの時も予選ところって隣同士の対戦とかで」
「まぁ何だろう、まぁ音もちょっと聞こえなくて、うーん つって」
「俺的に気になる要素がいっぱいあって」
「絶対そんなのに左右されちゃいけないんだけど」
「それがやっぱなんか、集中しきれてないなっていう自分がいたりとかして」
「まぁそれ以前に別に相手強かったんですけど、で負けてしまい」
「決勝ぷーんこには負けたは負けたんだけど」
「あれは割と集中できてたかなっていう感じだったから、あれは全然いいんですが」
「環境に左右されるとか、相手に左右されるっていうのが結構多すぎて」
「大体相手のこと舐めすぎてると崩れて負けるんですけどね」
「言い訳っつうか見つめ直してるだけ、自分を、正直」
「見つめ直して、俺の考えはこうですよっていう、むしろ、これ受け入れ」
「これ言い訳だったらもうなんも言えないっすよ」
「自分弱かったっすね、じゃ次頑張ります、だけです、正直」
「配信なんてする必要もない」
「集中すればいいんですよ、とにかく」
「原因の究明ができなければ、改善もできないんで」
「ここからどうするかですね」

26:40~
「ちょっとメントレみたいなの取り入れていこうかなと思ってます」
「だからです、俺は521サイゴン事件を忘れてはいけないという風にツイートしたんです」

「悪いことがあっても時間が経って、まぁ人間的に正常な状態なのかも知れないけど、
 時間が経ってすごい調子の良い状態になると忘れてしまうんだよね?」
「別に完全に相手を舐めてるわけではないんです まぁKSKは舐めてたんだけど」
「ハカンの人だって別に舐めてなかったんですよ、完全には」
「だから俺がまたなんかその調子乗ってそうな時があったら」
「521つって、言って、521って言って」
「忘れてはいけない」
「521サイゴン事件忘れてはいけない、本当に」
「過去最高だなこれ、過去最高っす」

32:25~ (チャットでふ~どの話が展開されて…)
(コメント:ふーどさんとか対戦の時何考えてるんですかね?)
(コメント:ふ~どはバーチャでトップ獲ったやつだからメンタル弱いわけがないよねw)
(コメント:ふーどはメンタル強すぎる)
(コメント:ふーどだってやられてる時はおかしくなったりしてるよww)
(コメント:ふ~どは自分に自信あるやろな)

マゴ配信で

「誰だよ! オイ」
「あ これボンくせぇ、ボンくさい」
「ボンか、ときどか どっちか」
「いや ふ~どの可能性もある、ふ~どの可能性がある(笑)」
「ふ~どじゃない?60%ぐらいふ~どだね」
「きついなホントにぃ」
「ボンはあんまりこういうこと言わない」
「ボンは自分の名前で書くね」
「大穴はハイタニだね」
「まぁ大体ふ~ど」

33:45~
「ちょっと頑張りますよ、ホントに、ホントに(笑)」
「マジ凹んでるからな」
「本当に凹んだわマジ引退考えたもん」
「俺なんかこのままゲームやってて意味あんのかなーと思って」
「結局勝てねーんだったら もうちょっとなんか ハァ~つって」
「いやでも、それはちょっとまぁまぁ 一時の迷いはありましたけど」
「落ち込んでる時はあるんだよ」
「やっぱ効いてんだよスゴイ効いてんの」
「効いたの、マジで(笑)」
「それこそ多分、今まで負けた格ゲーの中でも三本指入るぐらいやっぱ効いてる」
「ちょっと納得できない分やっぱトップかも知れない」

35:15~ (だいこくは指喧が似合う話)

45:40~ (二度目の匿名身内コメント)

マゴ配信で02
「誰やねんオマエ本当に、誰やねん(笑)」
「ときどっぽいな、ボンっぽいなこれ」
「ホントによォ~~」
「誰や」

1:06:40~ (RAGE会場でハムおじと会った話)

1:26:35 (配信終了)




この翌日の水曜トパンガでは総師範KSKが音声出演をして大盛り上がり
https://www.openrec.tv/live/UWwNxmJOnoR
(38:25~ KSK登場)