Just Visit

「食・酒・楽・旅」全てにおいて雑食です 普段はラーメンがメインです

自家製中華そば としおか@早稲田

『自家製中華そば としおか』 
としおか 暖簾






早稲田で迎えたランチタイム。年度末ということもあり普段より少しだけ忙しいが、
その合間に昼食は月一回のお楽しみとなっている“としおか”で息抜きしていきます。
訪問は木曜の11時38分。店頭から延びる行列は16人という平均的な人数だったので、
推定1時間強の待ち時間だな。ゆっくりと列が進んでいき、予想した通りの1時間後に
入店となり、まずは入口左側に設置された券売機の前へと進んで行く。
としおか 券売機としおか 新メニュー






この日は春らしく暖かい気温だったので「つけめん」という選択肢もあったが、
今回は噂に聞いていた「新・塩ラーメン(仮)」(食券は塩ラーメンと同じ)と
残念ながらチャーシューは売り切れだったので「メンマ(小)」の食券を購入し、
カウンター席の一角に腰を下ろす。暫くすると店主が食券の回収しながら麺量を
尋ねてきたので、その際に「新・塩ラーメンを並盛でお願いします」と告げる。
なお、新味は自己申告制のようで何も言わないと通常の塩ラーメンのようです。
待つこと累計1時間10分後に提供されたのがこちら。
としおか 新塩ラーメン






なるほど、これが新しいやつね。仕上げの油をジュっ!が無いのでスープ表面の
にキラリと光る油膜は薄めです。スープはゲンコツ、モミジ、豚足などの動物系に
サバ節、煮干しなどの魚介系を加えてじっくりと煮込むことによって生み出される
安定の旨みの魚介豚骨スープ。やはり仕上げに油を使用せず香味油で賄っている
お蔭か全体的にマイルドな印象で魚介の風味も幾分強く感じます。もしかすると
新味で使われる塩タレは今までのものと替えているのか口当たりも円やかな印象。
具は柔らかチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、味玉というド・ストライクな品々。
としおか 麺







合わせる麺はもっちりシコシコ艶やかでいて色気すら感じる自家製の中太麺。
喉越しがよくて決して固すぎない適度なコシのある麺はスープと抜群の相性。
丼から目を離すことなく食べ進め、あっという間にスープも飲み干し完食です。

ベースは同じでも新旧甲乙付け難い旨さ。次回はどっちを頼むか悩んでしまう。

※※※ 臨 時 休 業 ※※※
としおか 臨時休業






平成29年4月3日(月)4日(火)は臨時休業なので注意。

住 所  東京都新宿区弁天町20-102
定休日  日曜・祝日 
駐車場  コインパーキング 30分200円~ 
会 計  食券制

麺家 うえだ@志木

『麺家 うえだ』 
うえだ 外観






志木で迎えたランチタイム。昼食はいつもパワフルな“みさえちゃん”のトコロに
寄って元気を分けてもらうことにした。訪問は水曜の11時30分、店舗横にある
駐車場は満車だったので暫く待機。さほど待つことなく駐車場が空いたので車を
停めてお店に向かい、行列が無かったのでそのまま店内の券売機前へと進む。
うえだ 券売機うえだ 限定






お店に入る前までは久々に特濃シリーズのどれかを食べようと思っていのだが、
券売機に「牛すじカレーらーめん」なんて心揺さぶる限定の案内を見ちゃったら、
指は自然とそのボタンに伸びていた。まだ早い時間ということもあってか空席が
あったのでそのままセルフの水を片手にカウンター席に腰を下ろし食券を渡す。
待つこと12分で提供されたのがこちら。
うえだ 牛すじカレーらーめん






なんとも食欲をそそるビジュアルです。ベースとなるのはやはりお店自慢の
豚と鶏の旨みを余すことなく抽出したコラーゲンたっぷりの濃厚スープです。
そのままでも十分に美味しいが、そこにみさえちゃん特製のスパイシーで
仄かな酸味も感じられるカレールーとトロトロに煮込んだ牛すじが合わさる
ことで後引く一杯の完成となる。具は牛すじカレーの他にしゃっきりとした
食感のキャベツ、薬味のネギ、クルトンという構成。
うえだ 麺






合わせる麺はシコシコっとしたコシのある中細麺でスープとの相性が抜群です。
スルスルっと軽快に啜っていき、麺を食べ終えたら付属のミニライスをスープに
ドボンと投入して、残ったスープも余すことなく堪能して綺麗に完食となった。

なかなかナイスな限定だった。次回はどんな限定がリリースされるか楽しみだ。

住 所  埼玉県新座市東北2-12-7 
定休日  月曜日(祝日の場合翌日) 
駐車場  3台分あり 
会 計  食券制 

蒙古タンメン中本 上板橋本店@上板橋

『蒙古タンメン 中本 上板橋本店』 
中本 外観 (3)-001






上板橋で迎えたランチタイム。先週に引き続きこの日も本店から姿を消してしまう
商品を食べ納めるために中本に向かう。訪問は火曜の11時40分、いつものように
入口左側に設置された券売機の前に進んで行く。
中本 券売機 (3)-001






限定で復活する可能性はあるものの全ての店舗から消えてしまうメニューは4種類。
蒙古ラーメンは既存のメニューで再現できそうだし樺太ラーメンは前回食べているし、
冷やし蒙古卵麺はさほど思い入れが無いし、中でも特にレアな「麻婆豆腐定食」は
今日の腹の空き具合では完食は難しそうで悩んでしまう。いろいろと考えた結果、
辿り着いたのがかろうじて亀戸店では存続することになっている「中国丼」でした。
そして2ptゲットするために「プチ冷し味噌」を併せて購入して1000円の壁を超える。
満席ではなかったが団体客がいたために5分程壁際で待機した後、案内された
カウンター席に腰を下ろし、店員さんに食券を手渡す際に「ご飯少な目で!」と
告げて、それと同時にLineの画面を見せサービスのスライス玉子をお願いする。
待つこと6分で提供されたのがこちら。
中本 中国丼-001






少な目といってもミドルエイジには十分な量のご飯がラーメン丼によそわれており、
その上には注文毎に鍋を振って調理されるモヤシ、キャベツ、タケノコ、ニンジン、
キクラゲ、ピーマンなどのたっぷり野菜の熱々な中華餡と中本特製の蒙古麻婆が
合い盛りされる。この日の麻婆と中華餡は共に適度なトロミと塩加減で、ご飯との
相性が良くて蓮華の動きを加速させていく。最初は個別で味わいながら1/3程度
食べ進んだところでマゼマゼして味の変化を楽しみます。
中本 冷やし味噌プチスープ-001






やはりご飯には汁物は外せません。もちろん途中に箸休めとしても活躍するが、
後半に差し掛かったら丼にザーっと流し込み、激辛雑炊として食べるのがベスト。
ノンストップで食べ進めていき、あっという間にご飯一粒も残さずペロっと完食。

無くなっちゃうのは非常に残念。こんなことならもっと食べておけば良かった。
なんとか時間を作ってもう一回くらいは他のメニューも食べに来ようかな。


住 所  東京都板橋区常盤台4-33-3 浅香ビル201 
定休日  年末年始 
駐車場  コインパーキング 20分100円~ 
会 計  食券制

らーめん カッパハウス@所沢

『らーめん カッパハウス』 
カッパハウス 外観






所沢で迎えたランチタイム。となれば昼食はいつものようにカッパに決まりっ。
訪問は月曜の12時7分。入口右側に設置された券売機横の横に掲げられた
黒板を確認すると、この数日前にリリースされた「ニンニクヤサイアブラ」が
評判なのかカッパにしては珍しくロングランで販売中だった。
カッパハウス 券売機カッパハウス 限定






“専門用語コールは御遠リョクダサイ。”という注意書きがあったので、今回は
小豚の代わりに肉が多めとなる「肉限定」と「ライス」を購入して、セルフの水を
片手に厨房前のカウンター席に着席する。待つこと8分で提供されたのがこちら。
カッパハウス ニンニクヤサイアブラ






ほう、なかなかワイルドな見た目じゃないの。箸を入れるスペースが無いので
まずはブタをライスの上に避難させてから天地返しを行なう。スープは非乳化
ながらも豚の旨みがしっかりと溶け出した豚骨スープ。そこにキレが良くて
少し甘みのあるカエシとニンニクに背脂を加えればカッパ二郎の完成となる。
具はシャッキリ感を残したモヤシとキャベツのヤサイの山、その山の麓には
刻みニンニク、そして山を囲うように部位の異なる2種類のブタが配置されて、
山頂にはアブラの飾り付けが施される。
カッパハウス 麺






合わせる麺は小麦密度の高くて食べてる感が強い中太麺でスープと抜群の相性。
丼から目を離すことなくワッシワシと豪快に喰らっていき、あっという間に完食です。

定番商品も良いがアイデア豊富で飽きないお店。次回の限定も期待しています。

住 所  埼玉県所沢市旭町2-1
定休日  ほぼ無休
駐車場  コインパーキング 30分100円~  
会 計  食券制 

蒙古タンメン中本 上板橋本店@上板橋

『蒙古タンメン 中本 本店』 
中本 外観 (2)






この日のランチは3月一杯で惜しまれつつも本店のみならず、中本全ての店舗から
消えて幻のメニューとなってしまう商品の食べ納めをするために中本に向かいます。
訪問は木曜の11時7分。慣れた足取りで入口左側に設置された券売機前へ進む。
中本 券売機 (2)






今回お目当ての「樺太ラーメン」と「定食」に「北極玉子」で、なんとか1,000円分
の食券を購入し、スタンプ2ptゲットする。そのままカウンター席に腰を下ろして、
食券を手渡す際にLINEの画面を提示して特典の中の「烏龍茶」をお願いします。
顔見知りの店員さんに無くなるメニューの事を聞いてみると、別れを惜しむ客が
多いようで樺太ラーメンも普段と比べてかなりの数の注文が入っているようです。
待つこと5分で定食と同時に本日のメインが目の前に並べられた。
中本 定食






お決まりのルーティンで卓上の一味を麻婆豆腐にシャカシャカっと軽く振りかけて
チュルルンと一気に流し込み、ウォーミングアップを兼ねた胃の整え作業を行なう。
中本 樺太ラーメン北極玉子






コアなファンの内でも一周どころか二週廻ってようやく辿り着くと言われているのが
この樺太ラーメンです。まだその極地に達していない駆け出し者なのでこの商品は
片手で数えられる位の回数しか食べていないし、かなり久しぶりのご対面となった。
ベースとなるのは豚骨・鶏ガラ・野菜からとった清湯スープで、激辛の殿堂と言わ
れる中本の中でも珍しいあっさり醤油味。そこに麻婆を掛ければ完成という何とも
シンプルでチープさも漂う若干割高にも感じる一杯だが、コレはコレでありじゃん。
ただ、失敗したのは北極玉子を別皿でというのを言い忘れたので、スープに辛味が
溶けてしまい、普通の味玉になってしまったのは残念だ。
中本 麺 (2)






合わせる麺はモッチリとした食感の中太麺で、シンプルなスープと上々な相性。
スルスルっと軽快に啜っていき、中本では余りないスープも飲み干し完食です。

メニュー変更まであと僅か。最終週はどの品を食べ納めするか悩んじゃうな。

住 所  東京都板橋区常盤台4-33-3 浅香ビル201 
定休日  無休
駐車場  コインパーキング 20分100円~ 
会 計  食券制
記事検索
記事検索
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
livedoor プロフィール
赤十字
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ