『麺や とりまる』 
麺や とりまる 外観
本蓮沼で迎えたランチタイム。2日前のランチで食べた激辛冷やし台湾が
とにかく強烈に効いたようで、当日午後から翌日の昼過ぎまで全く仕事に
ならない状態に陥ってしまった。とうがらしこわい、何とか快方に向ってき
たので、昼食は無理せずに比較的近場に開店した新店にお邪魔してみる。
訪問は金曜の11時34分。まずは店頭に設置された券売機をジッと眺める。
麺や とりまる 券売機
メニューの柱となるのが「ワンタン麺」のようで、つけめんはあるものの普通の
ラーメンやチャーシュー麺などは用意されていない“ワンタン”推しなお店です。
因ってボタンがたくさん並んでいますが、味の「醤油or塩」、麺の「細麺or太麺」
そしてワンタンの個数「3個・5個・7個」の組み合わせから選ぶスタイルでした。
今回はお店イチオシと思しき「醤油細麺ワンタン5個」と「ライス」を購入する。
そのまま店内へと進んでいき、カウンター席に座り食券を手渡すと大盛が無料と
いう案内(並の量は聞きそびれたが大盛は細麺195g、太麺225g)を受けたので、
大盛をチョイス。慣れた手つきで調理が進んでいき、着席の3分後に提供された。
麺や とりまる 醤油細麺ワンタン
おっ、イイジャン!実にシンプルな見た目です。スープは丸鶏をゆっくり
丁寧に炊くことによって旨みを抽出した動物系に、値段は張るがコクの
ある良い出汁が取れるというマグロ節からなる魚介系を重ね合わせた
この日の体調にピタリな優しい口当たりの体にジンワリ染み込む一杯。
具は鶏肉の旨みをギュッと閉じ込めたお店自慢のワンタン、ほうれん草、
海苔、ネギという組み合わせ。カウンターに貼られた案内にはワンタンは
辣油や酢で食べるのもオススメですと書かれていた。
麺や とりまる 麺
合わせる麺は丸山製麺のシコシコっとした食感が楽しめる昔ながらの中細麺。
スルスルっと軽快に啜っていき、あっという間にスープも飲み干し完食です。

食後に少し話を聞くと店主はラー博のビッグネームでの修行経験もあるらしい。
油や魚粉などには頼らないヘルシーなラーメン作りを目指しているようです。
塩にも拘っているようなので、次回はワンタンをつまみに塩ラーメンで〆たい。

住 所 東京都板橋区泉町6-12 
定休日 日曜日 
駐車場 コインパーキング20分100円~ 
会 計 食券制