『中華蕎麦 丸め 東久留米店』 
中華蕎麦丸め (8)
東久留米で迎えたランチタイム。昼食は背脂煮干で人気の“丸め”が、以前の
場所とは違うものの創業の地である東久留米に再び戻ってきたという情報を
目にしたので早速向かってみる。訪問は木曜の12時10分、自動ドアを抜けて
店内へと進んでいき、まずは入口左側に設置された券売機をジッと眺める。
中華蕎麦丸め 券売機
店名を煮干から中華蕎麦に変えたので“あっさり”がお勧めになったと思いきや、
左隅に並ぶボタンは“こってり”だったので、今回も「背脂ラーメン」を選択します。
残念ながら丸めでは外せぬマストアイテムである「タルタル丼」は準備中みたい
だったので、今回は代わりに「ライス」を購入して、カウンター席に腰を下ろす。
直ぐに店員さんが食券を回収しにきて、選べるサービスの説明がされた。
中華蕎麦丸め サービスセット
旧東久留米時代と同様に麺は「並・中盛・大盛」が同一価格なので今回は中盛を
お願いする。また、ミニご飯もサービスという太っ腹なので最初に購入していた
ライスは返金してもらい、黒丸を付けてもらいます。
中華蕎麦丸め 煮干南蛮
卓上に置かれたこちらも無料のスッパ旨な煮干南蛮をツマミならが待つこと
7分で提供されたのがこちら。
中華蕎麦丸め 背脂煮干ラーメン
注文後に気付いたが背脂の量を増やすことも可能だったようですが、今回は
ノーコールのデフォな状態にも関わらず、このビジュアルって結構攻めてるね。
スープは鶏豚の動物系ベースに、香ばしい煮干しや鯖・鰹節などの魚介出汁
を効かせて、そこにキレのいい濃口醤油で一つに纏めた荒々しい燕三条系。
具はバラ巻チャーシュー、キクラゲ、刻み玉ねぎ、青ネギ、海苔という構成。
中華蕎麦丸め 麺
合わせる麺は表面に縮れの付いたモッチリとした食感の中太麺で、濃厚な
旨みのスープをしっかりと受け止める相性のいい麺です。
中華蕎麦丸め サービスミニご飯
ミンチ肉がちょこんと乗った一口サイスの黒丸は〆の口直しにも最適です。
ワッシワシと豪快に啜っていき、あっという間に綺麗に完食となった。

次回はもう一つの看板商品である「中華そば」を頼んでみよう。

住 所 東京都東久留米市中央町6-1-24 
定休日 無休 
駐車場 あり 
会 計 食券制