『麺屋 愛心 TOKYO 町屋店』 
愛心 外観
新年度が始まった影響か少々バタついている。ランチをゆっくり食べている
時間がないためにラヲタ失格な中4日もラーメン抜きな生活を送っていたが、
徐々にストレスも溜まってきたので、気分転換を兼ねて新店巡りに出掛ける。
向った先は新潟から東京進出を果たしたこちらのお店。訪問は開店初日の
12時46分。扉を抜けて入口右側に設置された券売機をジッと眺める。
愛心 券売機
開店初日にも関わらずフルラインナップでの営業。その豊富なメニューに迷って
しまう。券売機左上は麻婆麺でそちらがおススメのようですが、今回は看板にも
掲げられている「海老寿久担々麺(追いリゾ付き)」を購入して、カウンター席の
一角に腰を下ろす。食券を手渡すと、追いリゾはどのタイミングで出すかを尋ね
られたので、麺と一緒にお願いする。店内に漂う海老の香ばしい匂いに食欲を
刺激されながら9分で提供されたのがこちら。
愛心 海老寿久担々麺
あ、こりゃ良いやつだね。担々麺らしいオレンジ色したスープに辣油の赤と山椒油の
黒が映える。ベースとなるのはどの商品も共通で、動物系は不使用で伊吹島産いりこ
などからなる無化調の魚介系スープ。そこに胡麻の風味豊かなクリーミーな芝麻醤と
甘海老を殻ごと砕いて旨みの全てを抽出したエキスを加えたオリジナリティー溢れる
“海老寿久(エビスク)”の完成となる。具は肉そぼろ、白・青葱、揚げた甘海老の頭
という組み合わせ。辣油と山椒油の2種類の香味油が徐々に混ざっていくことによる
味の変化も楽しいです。
愛心 麺
合わせる麺は三河屋製ストレート細麺。しなやかな食感で濃厚なスープを優しく
受け止めます。
愛心 追いリゾ
ご飯の上にチーズを載せて軽く炙った追いリゾ。穴あき蓮華で沈んだミンチを
サルベージして残ったスープを掛ければ〆の一品の完成。海老の濃厚な旨みが
溶け出したスープを余すことなく堪能して綺麗に完食となった。

町屋にいい店が出来た。これは他のメニューも一通り試してみなければ。

住 所 東京都荒川区荒川7-39-3 シティハイム町屋1F 
定休日 火曜日 
駐車場 コインパーキング 15分100円~ 
会 計 食券制