『別府 冷麺の胡月』 
胡月 外観
別府で迎えたランチタイム。この日も仕事の合間に気になるラーメン巡り
...では無くて、別府のご当地グルメとして有名な冷麺を食べに出掛けます。
向かった先は市内でも1,2を争う人気のコチラへ。訪問は土曜の13時46分。
暖簾を潜って店内へ進んでいくと、普段の昼時は行列必死なお店らしいが
やはりピーク外したこともあり待つことなくカウンター席に案内された。
まずは卓上に置かれたメニュー表をジッと眺めて考え込む。
胡月 冷麺メニュー
胡月 恩麺メニュー
胡月 ビビン麺メニュー
専門店ということで焼肉などは無く、冷麺、温麺、そしてビビン麺の冷/温
というシンプルな商品構成。チャーシュウ冷麺をお願いしようと思ったが、
チャーシュウは人気があるようで売切れと案内されたので基本商品となる
「冷麺(並)」をお願いする。待つこと8分で提供されたのがこちら。
胡月 冷麺
おぉ、これが噂の冷麺なのね。予想以上の涼し気な顔してるじゃないの。
スープは鰹節、昆布、煮干からなる非常にあっさりとした一杯で、写真
からも判るように油分ゼロのオイルレスなので暑い時期や二日酔いな時
にも最適でグビグビとイケるタイプです。具は別府冷麺には欠かせない
キャベツのキムチ、牛肉のチャーシュー、ゆで卵、ゴマ、小ネギという
定番の組み合わせらしい。
胡月  麺
合わせる麺は小麦とでんぷんにそば粉を練った生地を注文毎に特殊な機械
で押し出し方式で製麺した自家製麺。しっかりとしたコシとツルリとした
喉越しを併せ持つ麺で、啜るのが非常に楽しいです。ノンストップで食べ
進めていき、あっと言う間にスープも飲み干し綺麗に完食です。

これナイス!市内には別府冷麺を提供するお店が何軒かあるようなので、
食べ歩きするのも面白そうだ。

関連ランキング:冷麺 | 別府大学駅