2006年08月09日

リニューアルにつき・・・

先日、「TejicWorld」サイトのリニューアルを行いました。

そこでここの日記も含め、全てのデータを統合しようかとも思ったのですが、全てのデータの移行が手作業でしかできないため、かなり時間がかかると判断し、今までのサイト、及びブログは「旧TejicWorld」として残し、新たに始めることにしました。
曲のデータなど一部は新サイトのほうが勝手が良いので移行してあります。

従いまして、このブログでの投稿は基本的にこれで最後とさせていただきます。
過去のデータはそのままですので、ご覧になりたい方はいつでも見られます。

では一応、ご挨拶を。ぅほんっ。

「ご愛読、ありがとうございました。新しい「TejicWorld」でまた、お会いできますように。

TAKU

tejicworld at 13:29|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)
2006年08月06日

「お〜さか大使館」ネット配信開始!

東京は西東京市を中心に情報発信をしているコミュニティFM局「FM西東京」の、毎月第一土曜日の午後11:30〜放送中の「エトセトラ お〜さか大使館」に「あいづち大使」として今年からレギュラー出演させていただいています。

と、前回と一字一句違わずに始まりましたが、今回は前回の予告どおり「公式ブログ」の発表をさせていただきます。

各大使のプロフィールをはじめ、テーマソングができるまでのコーナーやその他、楽しいことを色々と考えていこうと思っています。

色々な企画を通じて「何かおもしろそう」と色んな交流が広まって、さらに「おもろい」ことが出来ればいいなぁと、夢は大きく広がります。
是非是非、皆さんご参加ください。お待ちしています〜。

【お〜さか大使館 公式ブログ】
http://osakataishikan.seesaa.net/


tejicworld at 17:24|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
2006年07月28日

近況

東京は西東京市を中心に情報発信をしているコミュニティFM局「FM西東京」の、毎月第一土曜日の午後11:30〜放送中の「エトセトラ お〜さか大使館」に「あいづち大使」として今年からレギュラー出演させていただいています。
番組で色々と話が盛り上がり、このたび「テーマソング」と「公式ブログ」を立ち上げようという話になりまして、このところその準備をしておりました。なかなか楽しみなことになっていますよ。
URLなどの詳しい発表は追ってさせていただきます。

それと、弊サイト「TejicWorld」ですが、大変更新が滞っておりまして、様子を見に来てくださる皆様にはご迷惑をおかけしております。
一時は閉鎖も検討いたしましたが、やっぱりもったいないのでやめるのはやめることにしました。
それなのに何と、公式ブログ「TejicWorld」として生まれ変わります。が、見た目は全然生まれ変われないと思います(笑)。(じゃあ生まれ変わってないじゃん・・・その通り・・・)
お楽しみに(できるか)
tejicworld at 17:17|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)

とてもショックなことが・・・【今日びの若いもんは】編

先日、とある番組のゲストに超人気絶頂の某アイドルグループが出演していました。
そして途中、某マジシャンが出てきて、彼らに(あ、男てばれた)マジックを見せるという段取りでした。

まず挨拶代わりにひとつふたつマジックをするわけですが、「あ わかった」「それはこれを・・・」「みえましたよ、こうしたの」といった反応、普通こういうリアクションは仕方ないのかな、などと思いながらネタが進んでいくと、相手はプロマジシャン、それもかなりのテクニシャンですから、裏の裏をかいてきます。
そして、ほんとに分からなくて悔しかったんでしょうね、一人がこう言ったんです。

「うっぜぇ〜〜!!!」

ショックでした。仮にも成人、立派な大人です。今や日本を代表するアイドルグループのメンバーが、公共の電波でプロのマジシャンに向かってまさか「うっぜぇ〜〜!!!」というのは普通なのでしょうか。
なんだかとてもショックで、それ以来どこからか「うざい」という言葉を耳にするたびに、この番組を見たことを思い出してしまい、その時のショックが蘇ります。この際、思い切って「PTSD」で訴えようと思ったのは嘘です。

まぁ、もともとこの番組のパーソナリティも以前引いたカード当てるというマジックのときに、本当は合っていたカードを「違う」といってマジシャンに失敗を認めさせるなど、馬鹿にしたようなところがありましたから、打ち合わせ済みのことだったかもしれません。
それに発言した彼にしてみたら「別に頼んでやってもらったわけじゃねぇし」かもしれないし、マジックが嫌いだとしたらどんなマジックだって「うざい」わけですよね。
それとも最近の「うざい」という言葉は、とても美味しいものを食べた時に「やばい」というような、そんな意味合いに変わってきているのでしょうか。

マジックをする上で、「見えた」「知ってる」「見たことある」「わかった」などはつきもので、どうやってそれらを回避するかという事は良く考えますし話もよくします。やはり上手いマジシャンはそのあたりきっちり考えていて、かわし方がそれぞれ抜群に上手いです。彼らだったらどうかわすのでしょうね。
僕が「うっぜぇ」って言われたらきっと「すみません、じゃぁやめます」って言ってしまう気がする・・・「まだまだ」以前に「全然」です。
2006年06月26日

初めての朗読ライブ・・・

先日、初めて「朗読ライブ」というものを体験してきました。
場所はとある喫茶店、喫茶店なんて高校の頃以来だなぁ。そういやあの頃、駅前の喫茶店とかいう歌い出しの曲作ったっけ・・・(詩を書いたの僕じゃないけど・・・)などと思いながら、紅茶を美味しくいただきました。(えぇ、そうです。コーヒーは苦手でしてね・・・)

何でまた、このようなライブを経験できたのかと言いますと、実は今FM西東京「大阪大使館」という番組に出させていただいておりまして、その番組内で「大仏大使」として出演されている前川実紀さんが出演されるからなのでした。同じくFM西東京「演劇情報番組 このたけがきに たけたてかけたのは たけたてかけたかったから たけたてかけたのだ2」(ひぇ〜音読したくねぇ〜)のメインパーソナリティ、大塚まことさんとの共演でした。

お2人のほか、鈴木雅さん、眞城千都世さんの朗読にギタリスト奥田茂雄さんによる伴奏、そして合間にギターの独奏といった構成でした。
このお2人の朗読の内容は「時代物」でした。僕は歴史が苦手なもので、始めはなかなか登場人物の間柄などに気をとられていたはずなのに、気がついたら途中からクライマックスにかけては、正解かどうかは置いといて、僕の頭の中にはその光景が広がっていました。思わずハラハラしたり、悲しくなったり。

そして大仏大使と大塚さんのコンビは男女の会話がメインの物語でした。(ごめんなさい、出典の明記が出来ませんでした)
超ざっくり言うと、一回りも年下の嫁を娶った男が、披露宴の司会をしてくれた女友達(同年代、旧友)を、お礼にと食事に誘う。遅れてくるという新婦が来るまでのほんのひと時に交わされた2人の会話なのですが、これが面白かった。
BGMもレストラン内で、ピアノの生演奏が行われているような雰囲気、それに2人の会話がテンポ良く聞こえてきて、確かそんな事はなかったはずなんだけれど、食器の音までしていたような気がしました。あまりにも隣の席にいる客が話しているようで途中、思わず「それは違うと思うよ」と話しかけてしまう自分が思い浮かんだりして。

「ドラマ」でもない「舞台」でもない「映画」でもない、まさに「朗読」というジャンルを遅まきながら確実に感じた一日でした。
tejicworld at 00:37|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 
2006年06月23日

事件報道・・・

またえらいことが起きましたね。「奈良医師宅全焼事件」です。

ある報道番組では一昨日、長男が京都で保護されたと報じていました。その際の近隣住民のコメントは総じて、「勉強の出来るいい子だった」「家族みんなが仲良く、長男はとても兄弟思いだった」「かわいそうでかわいそうで」などでした。そして翌日、長男による放火の疑いで緊急逮捕となりました。
この先の報道内容を冷静に見つめていきたいと思います。

関連・・・
報道番組を見ていて・・・(2006/06/21投稿)
tejicworld at 07:05|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

ブラジル戦、見ちゃった・・・

残念ながら、ワールドカップ予選敗退という結果になってしまいました。しかしながら、出場した皆さんには心からの賛辞を送りたいと思います。お疲れ様でした。

実は少々、寝坊をしてしまいまして、我らが日本の先制ゴール、見逃してしまいました(汗・・・涙)

詳しく分析など出来ませんが、とにかくブラジルは強いですね。向こうがボールを持つと、あっという間にゴール前なんですよ。途中向こうの方が人数多いんじゃないかって思わず数えてみたりして・・・

試合終了後、中田選手はフィールドの真ん中でなかなか起き上がれずにいました。宮本選手などに声をかけられてもなお、顔をユニフォームで隠すように天を仰いで。サポータのみんなが心配そうに見守っている様子が印象的でした。

一部報道でも取り上げられていたようですが、選手の帰国の際に攻撃するような心無い行為が、決して行われることのないことを心から祈ります。空港では別ルートの対応を準備しているようです。「お疲れ様でした」と拍手で出迎えたい人だってたくさんいるのでしょうに、なんか悲しいですね。

「自分がどれだけ応援してやったと思ってるんだ」
「自分たちの応援に答えなかった罰だ」
「お前らのためにここまで来てやったのに」

全身全霊こめて応援したのに、報われなかったという悔しさを、攻撃的な行動に変換するのはやはり、何かが違うような気がします。差し出がましいようですが。
tejicworld at 06:45|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 
2006年06月21日

報道番組を見ていて・・・

最近の犯罪報道を見て・・・

僕の思っていることは、もしかしたら間違えているかもしれません。いやきっと偏っているんだと思います。
でもね、気持ち悪いんですよ。なんとなく気持ち悪いし、ここもほとんどご来客がないようなのでこれ幸いと記録に残すことにしました。妄想も入っていますのであまり真に受けず、話半分で読んでください。

無理っぽい人は、他の記事でお楽しみください。
え?読むんですか?自己責任ですよ・・・長いし・・・いいんですね・・・続きを読む
tejicworld at 00:27|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)雑記 
2006年06月19日

えらいもんが降って来た・・・

今日のお昼ごろ、というよりその少し前からゴロゴロと雷は鳴り始め、空も徐々に暗くなってきてはいました。
だいぶ雷も大きくなってきたころ、涼しい風がさぁ〜っと吹き抜けると同時に外から聞きなれない音が。

ばき? ばち? がちゃん??

これは・・・「雹?(たぶん・・・)

あれ?なんかこれ、前にも同じようなことがあった気がする・・・これって「デジャビュ?」・・・誰か突っ込んで・・・本当にありました。

でもでも、今回は前回の比じゃありません。一粒の大きさが違います。
雹06/19
分かりますか?これで「2粒」ですよ「2粒」。
なんたってこの写真撮りたさに、すべての作業を中断、危険を顧みず外へ飛び出したのであります。(そんなに大したことじゃなし・・・)

参考までに、前回の雹の写真はここ
tejicworld at 17:27|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

活字、読んでいますか?・・・

本って、読んでますか?大概の情報はインターネットで手に入るこの時代、確実に減りましたよね。
僕ももれなく、激減派の一人ですが、それでも少しづつは読んでるんですよ。少しづつは(強調の意味は・・・ご推察ください)。
そこで今日はその一部をちょぴっと(ほとんどだったりして)ご紹介しようかな、なんて思います。
マジックに関する本は、いつか別に整理したいと思っていますので、ここでは挙げないことにします。


「今夜、すべてのバーで」中島らも
「おまえ、酒好きだから、これなんか面白いんじゃないの?読んでみなよ」と、かつて先輩に勧められた一冊です。結構ヘビーな部分もあるのですが、それをグラス傾けながら読破したアホです、僕は。


「寝ずの番」中島らも
津川さん監督で映画化という話よりもずっと前に、ひょんなことからうちにやってきた一冊。実はこのハードカバー版にはこの「寝ずの番」のほかにも短編が数編載っていて、それもまた面白かったので、あえてこの表紙を選びました。


「母の言いぶん」高森和子
これも上の「寝ずの番」と一緒にうちにやってきた一冊。高森さんとそのお母さんとのやり取りが中心で、介護生活の中でのお母さんの気持ちや状態の変化など。僕には経験のないことなので、いろいろと考えさせられました。
「せっかくもらったし、もったいないから・・・」と軽い気持ちで読み始めたのに。

ちょっと本が古いですね。実は僕、本を手に入れてから読み始めるまでに時間のかかる、「スロースターター(うん、カタカナにするとカッコいいぞ)」なのです。
そういったわけで、今後紹介するものはきっと、やっぱり古い本になると思います(笑)。

次回はまたいつか・・・
tejicworld at 17:03|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
現(メイン)ブログはこちら
Google
Recent Comments