PR

2008年07月25日

立て続けに、こんばんは。
広報の白石です。
長々と書いてきましたが、長野エプソンさんでのセミナー、
これで最終回です。
「長野まで行くんだから、こまごまとレポートしてくれ」と
手嶋から言われたので、たまには、詳しく書いてみましたが、
セミナー出発編も書いたので、セミナー終了後までご紹介。


●石けん、送ります

会場を出て、ぞろぞろとだだ広いエプソンさんの敷地を歩きます。
エプソンの中村さんはキコキコと自転車を引いています。
主催者と講演者でこれから焼き鳥屋で交流会が行われるのです。
講演のあとのビール! 最高ですね。

焼き鳥屋めざして歩く









中村さんのアシスタントをされているエプソンのAさんとお話をしながら、
焼き鳥屋までの長い道のりを歩きました。

Aさん 「手嶋屋ブログ読んでいます。手嶋社長がラッシュの
    石けんを女性バイトさんに大量に配った話
、よかったですね」
白石  「そうですか?」
Aさん 「いいなあ、この近くではラッシュないから、
     ネットで買っているんです」
白石  「手嶋にねだれば、きっと、くれますよ」
Aさん  「ほんとですか? じゃあ、期間限定の
    『赤ずきんちゃん気をつけて』がほしいです」

手嶋、あんなに社内では、ふてくされていたくせに、
信州美人には弱いようです。

手嶋  「いいですよー。送ってあげますよ」
Aさん  「やったー。やっぱり、手嶋屋の社長はいい人だー」
白石  「あと、同じ部署に2人、女性がいらっしゃるそうです」
手嶋  「……」

手嶋、ちゃんと送ったのでしょうか? 
期間限定…というから、まだあるか心配です。
Aさん、ここに書きましたから、堂々と請求してください。


●お好み焼き屋でユーザー会発足!?

さあ、焼き鳥屋に到着しました。
ところが、いっぱいで入れません。
店内にいいにおいが充満していただけに、長谷川、残念そう。

入れない…









つづいてお好み焼き屋さんに行くと、テーブルは別々ですが、
なんとか全員、入れました。

じゅうじゅう焼ける音にまじって、手嶋のテーブルから、
SNS談義が聞こえてきます。

講演依頼をいただいたとき、中村さんは、
「僕はねー、『OpenPNE』のユーザー会を作りたいんですよ。
情報交換とか運営・技術などを話し合えるような…」
と言っていたのですが、その話でもしているのでしょうか?

お好み焼き屋で乾杯お好み焼き焼けました









別れを惜しんで、「今日、こっちに泊まっていきなさい。もっと飲もう」と
みんなの袖を引っ張る中村さんと、泣く泣くお別れをして、
沖電気さんたちと「あずさ」に乗り込みました。


●うなだれる手嶋、盛り上がる長谷川

お酒にも乗り物にも弱い手嶋、席につくなり、ひとり離れたところに
座ってうなだれています。
「コップに一杯半、ビールを飲んでしまった」と、
蚊の鳴くような声で訴えます。

沖電気の堀田さんも、ムニャムニャと寝はじめました。
(が、まだこれから行きつけの飲み屋に行くのだと、途中で降りていきました)
一方、長谷川と沖電気の山中さんは、目を輝かせ、
競馬談義で盛り上がっています。

OpenPNEを通じて、会社を超え、社内の話や、競馬やラッシュの石けん
などなど、いろいろな人や物のつながりができるのはいいことですね。

「ユーザー会といっても、飲み会になりそうだなあ。でも飲み会から、
ざっくばらんなアイデアでるかもねえ」と手嶋。

そんなわけで、エプソンの中村さん、手嶋もユーザー会
(という名前の飲み会?)設立、とても楽しみにしています。

以上、長々と長野のセイコーエプソンさんでのセミナーのご報告でした。終


【講演】エプソン1 *長野へ行きました
【講演】エプソン2 *エントランスはどこ?
【講演】エプソン3 *長谷川、初講演!
【講演】エプソン4 *IT業界の江川達也登場!?
【講演】エプソン5 *ユーザー会発足!?






こんにちは。
手嶋屋・広報の白石です。
今日も海日和なお天気ですね。

手嶋屋は明日からFUJIROCK!
アルバイトの鈴木ラッコは、先ほど、
オフィスでお花見に使ったゴザを、
せっせと丸めてかばんに詰めていました。

さて、また間があいてしまいましたが、
長野エプソンさんでの講演の続きです


●IT業界の江川達也!? 沖電気の堀田さん講演

手嶋屋の発表が終わると、沖電気の堀田さんが登場。
たったひとりですが、座っただけで存在感いっぱいです。
堀田さんの同僚・山中さんは、腕組みをして見守っています。

聞いてます









「IT業界の江川達也と呼ばれる沖電気の堀田です。
(ヒゲがいっぱいだから?)
最近、インドに出張してデリーでおなかをこわしたけれど、
よくなりました。1965年、長崎生まれ。43歳。
ちなみに吉川晃司さんと同じ歳です。九大工学部卒業。
当時の趣味は、草の根BBSの運営…」

強烈な自己紹介が印象に残りすぎて、社内SNSの話を
よく覚えていないくらいです…が、「クライスラーの組織構造」
などの話から、若いときからコミュニティに関心を持っていたこと、
沖電気でOpenPNEを採用し、社内SNSを始めたいきさつなどをお話されました。


●ピチピチオフィスを作るSNS!

セミナーの最後には、エプソンの島さんやアプライドナレッジの
小島さんたちも加わって、ディスカッションがスタート。

「ビジネス的にタブーな話が持ち上がった場合はどうしていますか?」
という質問には、「自由に話して欲しいので、基本的には止めない」
「若手の不満を受け止める場があってもいい」
「SNSで問題が起きない空気作りも必要」などの意見が並びました。

ディスカッション









また、「社内SNSにどんなコミュニティがあったらいいか?」という質問に、
手嶋は「まじめに勉強したいという研究的なSNSや、一方でカラオケしたい
というエンタメSNSが混在していてもいい」と回答。

一方で、「OSSの世界では、トップエンジニアであるこの人に
認められたいという思いで切磋琢磨する。研究者なら誰でも…という
コミュニティがある一方で、トップエンジニアのみに限定した
コミュニティがあってもいい。ある大手自動車会社では、
トップエンジニアを分野ごとに決め、それぞれ弟子をつけて、
そのなかで道場のように質問に答えているようです」と沖電気の堀田さん。
これには、会場のあちこちから、「うちもやってみたい」との声が。

最後に、エプソンの中村さんが「会社のルールのために、
働いているわけではありません。ルールを破るわけではないけれど、
もっとエプソンが伸びていく方向を考えないと。
ピチピチしたオフィスを作るためにも、パレットをどんどん
活性化させたい」と締めくくって、本日のセミナーは終了。

終了後も、わいわいと講師を囲んで質問する参加者の皆さん。
エプソンさんの「パレット」から、いろいろな企画や交流が
生まれていきそうですね。

次は、最終回。ユーザー会発足なるか?の巻です。


【講演】エプソン1 *長野へ行きました
【講演】エプソン2 *エントランスはどこ?
【講演】エプソン3 *長谷川、初講演!
【講演】エプソン4 *IT業界の江川達也登場!?
【講演】エプソン5 *ユーザー会発足!?


2008年07月18日

今日も暑いですね。
遠い南の島でごろごろしたい気持ちで
いっぱいの広報の白石です。

来週末の手嶋屋遠足の準備で今日もバタバタ。
すっかり間があいてしまいましたが、
長野エプソンセミナーの続きです。


長野講演ー入り口








ようやく講演会場にたどりついた我々は、
会場のはじっこのイスに腰掛けますが、
そのイスのすばらしいこと!

手嶋 「うちのオフィスの硬いイスとは違う!」
白石 「背広掛けまでついていますよ」
長谷川「いっぱいあるから、5個くらい手嶋屋にもらって
    帰っても分からないですよ」
手嶋 「うーん、さすが大企業! おみやげにくれないかな」
長谷川「ちょうだい、って言えば、くれますよ」
白石 「大企業って太っ腹だなあ」

そうこうしているうちに開会。
本日の主催者・エプソンの中村さんが、昨年10月より
試行しているエプソンの社内SNS「パレット」導入の成果の
紹介が始まりました。

●エプソンさん タバコ部屋 VS 電子会議室

「活気ある会社を目指すには、『ハードでなくて
ハートの部分』が大事じゃないかと。そこで、
誰でも参加が可能な『電子会議室』を社内に作ってみました。
しかし、ちょっと気軽に参加しづらい。発言に責任が伴うし、
どうしても、気楽な『タバコ部屋』のような雰囲気がでない。
とはいえ、タバコ部屋はタバコを吸う人しか集まらないし」

そこで、登場したのがOpenPNEを利用した社内SNS「パレット」。
導入から9ヶ月たった今、社員1093人が参加。
電子会議室では出しづらかった意見も次々、寄せられるよう
になったそう。

「業務上の質問を誰かがすると自然と意見が集まったり、
SNSがきっかけで社内のサークルが活性化したり、
メンバーを募集しやすくなったりと、コミュニケーションの
向上が見られました。今のところ、ネガティブな書き込みは
ありません。今後、関連会社や海外にいる社員も使って欲しい」


●手嶋屋 長谷川、張り切る

「パレット」の紹介のあと、いよいよ手嶋屋の発表です。
パソコンを片手に手嶋と長谷川が壇上へ。

2004年にSNSと出会ってから、次世代のコミュニケーション
ツールになると確信した当時の話を盛り込みつつ、手嶋、
社内SNSについて語ります。

手嶋ー長野講演








「社内SNSは楽しい! とはいえ、“楽しい、楽しい”
なんて、言っていると、『会社は遊びじゃないぞー』と
思う人もいるかもしれません。
でも、『人生の3分の1が同じ職場なのだから、
楽しんで仕事して何が悪い』と僕は思います」

…と、手嶋はここまで。長谷川にマイクが渡ります。
長谷川、はじめての割には、それほど緊張していない様子。
この1週間というもの、同じ営業チームの吉田を相手に、
講演の練習をしていたのだとか。張り切っています。

長谷川ー長野講演








まず、沖電気さんや東京海上日動あんしん生命さん、
福井県庁さんなど、OpenPNEを採用している企業を
取り上げ、その事例を紹介していきます。

「ある大企業では、プロジェクトの際、メールをやめて、
SNSのコミュニティ上だけで連絡・意見をするように。
たくさんのメールのなかに連絡がうずもれることもなく、
やり取りが残るので、次のプロジェクトにも生かすことが
できるようです」

次に、マインドマップを使ってSNSの利点を解説。

「日記を書いたり、コメントをもらったりすることで、
離職率を低下させたり、モチベーションが上がったり。
コミュニティに議事録を置いて誰でも
見られるようにした会社もあるそうですよ」

たくさんの拍手をいただき、無事、発表が終わりました。
本人は、「時間が足りなかった〜」と頭をかいていますが、
これで、いつか、手嶋が犬にかじられたとしても、
大丈夫。安心して、長谷川に後をまかせることができます。

さあ、続いて、沖電気さんの発表です。続く


【講演】エプソン1 *長野へ行きました
【講演】エプソン2 *エントランスはどこ?
【講演】エプソン3 *長谷川、初講演!
【講演】エプソン4 *IT業界の江川達也登場!?
【講演】エプソン5 *ユーザー会発足!?


2008年07月10日

こんばんは。
今日は、夏のように暑かったですね。
九十九里浜に行きたい手嶋屋の白石です。

さて、OpenPNE Office のリリースなどで、
途絶えてしまっていたのですが、「長野のエプソンさん講演編」の続きです。

駅に着いた












広丘の駅に到着した我々はタクシーを捕まえるべく、
大通りに出ます。
じりじり暑い日。なかなかタクシーはつかまりません。

ようやく一台、やってきました。
沖電気さんチームが、どうぞ先に!とゆずってくれました。

「運転手さん、ここってそんなに車こないの?」
「うん、ほとんどこないよ。ラッキーだね」

バックミラーから沖電気のおふたりが遠ざかっていきます。
ところが、2分もたたないうちに車は、エプソンに到着。

手嶋 「なんだ、もったいない! 歩けばよかった」
長谷川「いや、でも案内書には、15分って書いてましたよ」
手嶋 「沖さんに電話だ! 番号? …知らない」

エプソンさんのエントランスは、アメリカの会社のように広大です。
芝生もきれいで、贅沢な空間にため息がでます。
きっと手嶋屋にこんな芝生があったら、
きっとひとりやふたり、社員がゴロゴロ転がってパソコンを
開けているでしょう。
(エプソンさんでは誰もゴロゴロしていませんでした)

受付してくる…と中に入った長谷川、受付嬢と話し込んで、
いつまでたっても帰ってきません。
信州美人に電話番号でも聞いているのでしょうか?

うきうきして戻ってくると思われた長谷川、
なぜか暗い顔をしています。

なんと、我々は、違うエントランスにいるようです。
巨大な建物群を抜け、田んぼを突っ切らないとなりません。
歌舞伎町ひとつぶんくらいある広さです。
バスは…? ありません。
タクシーも帰ってしまいました。

長谷川「間に合うだろうか? エプソン、広すぎる!」
白石 「沖さんたちは、きっとタクシーで本当のエントランス
    に行っているんでしょうね」
手嶋 「後からきたのに、我々を抜かしたとしたら悔しいなあ」
白石 「総合受付嬢、すっごい美人でしたよ。とか言えば悔しがりますよ」

田んぼのなか









カエルがゲコゲコ鳴く田んぼの側道をてくてくと歩きます。
途中、車が通ったので、「ヒッチハイクしますか?」と
聞いてみましたが、ふたりとも無言です。
会場に無事、たどりつきましたが、沖電気さんの姿がありません。
開始直前、汗だくで沖電気さんが、入ってきましたが、
やはり、総合受付嬢を困らせていたようです。

   ようやくセミナー開始。次号ではいよいよ長谷川が初講演!


【講演】エプソン3 *長谷川、初講演!
【講演】エプソン4 *IT業界の江川達也登場!?
【講演】エプソン5 *ユーザー会発足!?



2008年07月03日

img_cache_d_4703_1_1215020630_jpg
 こんにちは、
 手嶋屋ラッコこと、バイトの鈴木です。
 気がつけば、もう7月。
 七夕の季節ですね。
 みなさんは何をお願いしますか?
 ぼくは、ラッコの着ぐるみが手に入りますようにお願いします!




さて、早速ですがお知らせです。
7月2日(水)発刊の、日経MJ(日経流通新聞)に、
手嶋屋の記事が掲載されました!

手嶋屋が7月1日にリリースした、
OpenPNE Office』について、
取り上げられています。

前回にもお話させていただきましたが、
OpenPNE Office』は
スケジュールや会議室の予約機能なども充実させ、
会社に行くのが楽しくなるような社内SNSです。

この記事を、多くの人に読んでもらい、
手嶋屋に、関心を持っていただけたらうれしいです。

詳しくは、「OpenPNE Office」のHPまでどうぞ!


また、だいぶ遅れての、紹介となりますが、
6月20日(金)のNIKKEI NETにも、
手嶋屋の記事が掲載されています。

螢イアックスさんとの協業、投稿監視サービス、
SNS監視for OpenPNE』について、
取り上げてられています。

記事はこちら⇒NIKKEI NETプレスリリース

これからも、手嶋屋OpenPNEを、よろしくお願いします!

2008年07月01日

こんばんは。
広報の白石です。

先週、金曜日、手嶋と営業の長谷川と3人で
長野に行ってきました。
諏訪湖と上高地のあるのどかな信州…って、
ポニーに乗りに行ったわけじゃありません。

 長野に本社を持つエプソンさんから
「うちでOpenPNEのセミナーをやりたいのだけど…」
とお話をいただいたのは、新宿御苑の桜が散りかけた
ころだったでしょうか?
手嶋屋長野出張編を、何回かに分けて、ご紹介していきます。

 当日、営業の長谷川、朝9時発の新宿発「あずさ」に
乗るべく、手持ち無沙汰な40分前に到着です。
続いて10分前に手嶋が乗車。

信州に行ってきます〜







白石がいないことに気がついた手嶋と長谷川から
メールや電話がじゃんじゃんかかりますが、
5分前というのに、いまだ山手線のなか。
1分前に「あずさ」に滑り込み、扉が閉まりました。

長谷川「あっ、きた! 間に合ったのか〜」
手嶋 「ぬ、スイカのカードはだめだよ」
白石 「たぶん、車内で精算できると思いますけど」
手嶋 「さあーどうだろう? ぼくはお財布ケータイ
    だから、一度、新宿で降りて切符買ったんだよ」

 手嶋、勝ち誇って切符を見せます。
が、そんなことせずに、最初から乗る駅で信州まで
買っておけば、改札を出ることもないのに…と思いつつ、
手嶋の切符をよく見ると、130円。だったら…

この出張、なんだか最初から心配です。

 電車がゆるゆる動き出すと、今日の講演の
打ち合わせを車内でしようと言っていたはずなのに、
むにゃむにゃぐうぐうと、眠りこけます。
 気がついたら、もう塩尻。

ひげをたくわえた体格のいいスーツの男がホームで、
じっとこっちを見ています。
あ、あれは沖電気の掘田さん! 
今日、一緒にセミナーをするのです。
出張先のインドでカレーを食べ続けていたようで、
少しスリムになった気がしなくもありません。

そば







 手に余る大量の信州蕎麦をみんなで
ズルズルすすって、会場へと向かいました。
それがまた大変なことになりましたが、つづく。


【講演】エプソン2 *エントランスはどこ?
【講演】エプソン3 *長谷川、初講演!
【講演】エプソン4 *IT業界の江川達也登場!?
【講演】エプソン5 *ユーザー会発足!?




2008年06月05日

雨、雨、雨…
カラリと晴れたハワイに逃亡したい気持ちで
いっぱいの広報の白石です。
思わず、今朝、旅行代理店のパンフレットを
手に現実逃避してしまいました。


さて、まだ梅雨に入る前、読売新聞の女性記者さんが、
おみやげのシュークリームを手に手嶋屋を訪れました。

普段のランチ風景を取材したいとのこと。
ご存知の方もいるかもしれませんが、手嶋屋では、
社員もアルバイトも、ランチが1000円まで無料です。
通常、20人くらい作業しているので、3班くらいに
分かれて、いっしょにご飯を食べます。

ちなみに、夜もアルバイトさんのみ無料です。
昼夜、ご飯を食べて帰る学生さんも多く、
手嶋屋にいる限り、ひもじい思いをすることはありません。

「うちの子、ちゃんとご飯食べているかしら?」
「ひとりでさみしがってないかしら?」と
心配している故郷のお母さん、息子さん、元気ですよー。


●1H=3F??

社長の手嶋によると、1H=3F という公式がどこぞにあって、
手嶋屋も、これを実行しているとのこと。

1Hとは、Happy!
3Fとは、フレンド、ファン、フード。

つまり、会社は、友達がいて楽しくて、
ご飯があれば、ハッピーとなる…らしい。

記事中にもありますが、「生存に関わる食について
心配することなく、仕事をおおいに楽しみ、創造性を発揮して
ほしいという思いから(ランチ無料化を)導入した」そうです。

読売を取っていらっしゃる方、古新聞で出す前にぜひ、
6月1日の29面をご覧ください。

読売新聞!











「うち、新聞取ってないよー」という方、
ネットにも転載されています。

 新宿御苑でごろごろしながら、まったりお弁当を食べている
手嶋屋の人々の写真が掲載されています。

晴れて気持ちのいい日は、レストランには行かず、
お弁当とゴザを片手に、200円の入場料を払って、
「御苑ランチ」が決行されることも。

しかし、欲張って大盛りを頼むから、おなかの出具合を気にする
社員やバイトさんが続出!
そのため、週に一度の「遠出ランチ(歩き)」も計画されています。


    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「いつも、ひとりでランチ食べていて、つまんないなー」
というエンジニアの方は、一緒に働き…いえ、ランチしませんか?

 ただいま、手嶋屋では、事業拡大につき、
エンジニアさんを絶賛大募集中です。


こんにちは、学生バイトの鈴木です。
最近、雨天続きで、なかなか洗濯ができません。
もうそろそろ洗濯機から、衣類があふれそう。。。
今週末はスカッと晴れてほしいです!

さて、遅くなりましたが、お知らせが2つあります!


【5月30日 OpenPNE2.12リリース!!】

OpenPNEがバージョンアップしました!
今回のバージョンアップでは、以下の3点が行われました。

◇PC版テンプレートの一新
◇ユーザ画面の文字装飾の追加
◇小窓キャストの対応

さて、みなさん、『小窓』はご存知ですか?
日記やトピックなど、
OpenPNEをもっと楽しくさせる、とても便利な機能です。

『小窓』をご存知の方も、ご存知でない方も、
どうぞ小窓機能紹介ページを訪れてください!
もっと『小窓』のことを知っていただけたらと思います。


【5月31日 OpenPNEダウンロード15万件突破!!】

OpenPNEのオープンソース化から、約2年、
ついに、ついに…
OpenPNEのダウンロード件数が、15万件を突破しました!!

バージョンアップも行われ、
ダウンロード件数は、さらに右肩上がりになってきました。
この調子で、どんどんOpenPNEが広がっていったらな、と思います。

2008年06月03日

●5月29日 東京ビックサイト
●『Business Blog & SNS World 08』


最終日。

さすがの手嶋も連日の講演に弱りつつあるようです。
お菓子のビスコを見ると、反応して、「ちょうだい」と
手は出すものの、口にしません。

 反対に東京ビッグサイト内の会場は、熱気にあふれています。
ミニセミナーを行っているブースあり、クイズ大会あり、
くじ引きコーナーありと、大にぎわい。

 今日は、26日に渋谷で行った座談会のメンバーに、
ニフティの正野さんも加わって、
『社内SNSで、大成功する会社と大失敗する会社』
というパネルディスカッションを開催するのですが、
なんと定員100人のところ、500人の応募があったそう。

大入りです








舞台の袖からチラリと見える
立ち見でいっぱいの客席に一同、「おおっ!」。
元気のなかった手嶋も、テンション上がっているようです。

「打ち合わせしたから、大丈夫」
「今日は神田さん、サーフィンの話も女の子の話もなしですよ」
「はいはい。じゃあ、行きましょう〜」

ベンガルハットの神田さんを先頭に、スーツ姿のニフティの正野さん、
コミュニケーション・プランニングの粂川さん、
スニーカーに普段着の手嶋と統一性のない4人が、ドタドタと壇上に。

東京ビッグサイト








今日のお題も社内SNS。その失敗例や成功例をまとめてみると…


●失敗例

「部下の日記を見て叱る。これはだめ。みんな書かなくなっちゃう」

「ちょっと遊んだくらで、ごちゃごちゃ言わないほうがいい」

「SNSはその会社を映す鏡。もともとケンカばかりしている
 会社に入れてもうまくいかないかも…」


●成功例

「部署間の壁がなくなってきた」

「若手は3年でやめると言われる時代、SNSは
 つなぎとめておくための手段として最適」

「昔は上司を通さなければならなかった提案も、
 SNSにあげておけばいろいろな人が見てくれる」

「出産などで休職・退職した社員のためのSNSがある。復職しやすい」

「悩みを書いておけば、誰かが手をのばしてくれる。飲みに誘いやすい」


3社の報告のあと、手嶋は、弊社の社内SNSを紹介をはじめました。

 たとえば…手嶋屋では何かほしいものがあると、
「経費使いたいよコミュニティ」に書き込むしくみです。
たとえば、「本を買ってほしい」という開発さんのリクエストに、
お財布を握る大平さんが「OK」と書き込みしたりする一方で、
「卓球ラケットも!」という社員には、「なぜ経費か?」と却下したり。

そのほか、みんなで自炊の自慢をしあう「自炊部」、
早起きを励ましあう「早起き同盟」などの手嶋屋ならではの
変わったコミュニティに、会場から笑いがおきていました。

「SNSは会社の魅力をつくる」−−そう、4人が口をそろえたところで終了。
会場のみなさん、満足していただけたでしょうか?

講演中












「最近、みんな自炊していないなあ。オープンピーネの
 リリースが近いから忙しいのかなあ?」

 社内SNSをのぞきながら、手嶋、心配しています。
なるほど、「自炊部の活動=社員の健康状態」も分かるわけですね。

 全国の管理職のみなさん、社員の健康のためにも、
手嶋屋の社内SNS、おひとつ、いかがですか?


2008年06月02日

みなさん、こんばんは。
広報の白石です。

先週は、大忙しの一週間でした。
なぜなら、手嶋の講演が3日も立て続けに
あったからです。

どの会場にも、たくさんの人がきてくれました。
まず、初日から振り返ってみましょう。


●5月26日 渋谷 Bar Tube
●座談会『社内SNSを考える』

10人も入ればいっぱいになってしまう小さなバー。
それほど告知をしなかったのですが、
口コミで人が集まってきました。

座談会出席者は、ITジャーナリスト神田敏晶さんをはじめ、
コミュニケーション・プランニングの鈴木さんや粂川さん。

 主催者が持ってきてくれた年代もののワインを片手に、
まったりとした講演になりました。
とはいえ、いくらワインに囲まれても、
1杯で二日酔いになる手嶋、一滴も飲みません。

 かわりに神田さん、6、7杯ほど飲んでいたでしょうか。

 そのため話しは脱線しまくり。

★SNS→サーフィン→注意される→SNS
→女の子にもてる・もてないの話
→しかられる→SNS→ワインの話
→修正される→★にループ!

 お客さんもマイク片手にわいわいと、
コタツでみかん!的なアットホームな会となりました。



●5月27日 渋谷 東京商工会議所
●セミナー『社内コミュニケーションを創造するSNS入門』

 昨日の今日ですから、手嶋、おつかれです。
この手のセミナーでは珍しく、司会の高橋暁子さん、
同業者のコミュニケーション・プランニングの鈴木さん…と、
壇上の半分が女性という構成です。

手嶋 「鈴木さんはいいなー。しゃべるだけで、
会場のおじさんたちが、『うん、うん』って
温かーく、うなずいているもんなー」

 いつかセミナーに参加することがありましたら、
手嶋が話すときも、どうか温かいまなざしを向けて
うなずいてあげてください。

 さて、セミナーでは、社内SNSを採用している会社が、
どんなよい効果があったか、それぞれ報告します。

「ふだん離れている部署どうしが飲み会を開催しても、
盛り上がらない。でもSNSを利用しはじめたら、
共通の話題があるから盛り上がるように」と鈴木さん。

一方、手嶋は、リストラをした会社にできた
経営陣と従業員の溝を、SNSを導入することで
じょじょに和解していった例を紹介。

 セミナー終了後、名刺交換会に。
手嶋、取り囲まれて話をしています。

 じりじりと、ご飯コーナーにたどり着いたものの、
すでにごちそうはなくなっていた模様。
 
「イクラ、食べたかった…」
「マグロもありましたよ」
「かっぱ巻きしか食べてない…」
「ほら、あそこに回転寿司ありますよ!」

とはいえ、食べる間もなく会社に引き返します。
冷蔵庫にあったシュークリームを見つけると、
「あのイクラ…」とつぶやきながらも、
むしゃむしゃ食べはじめました。


  〜次回、東京ビッグサイト編に続きます〜