photo4

WindowsXP(32bit)→Windows7(64bit)になりました。

先輩からノートPCを安く譲って頂いたので、エイヤっと乗り換えします。
WindowsXPからWindows7ってのもアレですが、32bit→64bitてのもかなり無茶…というか無謀!

ちなみにメインマシンです。
つまり仕事でバリバリ使っている環境です。
…大丈夫か?

という訳で、その顛末をメモ。

Windows7(64bit)をクリーンインストール
『HP Pavilion dm3z 1100』という型なのですが、バンドルされていたのはWindows7(32bit)とその他諸々。のでここは一発、Windows7(64bit)を調達してきてクリーンインストール。ついでにOffice2010(32bit)とVisualStudio2008(32bit)もインストール。
Office2010とVisualStudio2008は32bitなのは、
・Office2010「アドオンその他諸々互換性が無いから32bit版使ってね~」
・VisualStudio2008「64bit版ないです」
という理由。大丈夫かそんな感じで。まあでもインストールはきわめて順調に進んで、終わった。

「Windowsの更新」が終わんない
さてそのあとネットに繋いで更新プログラムをダウンロードっと…95個ね。
は…95個?!
で、終わって…次は36個ね。はいはい、36個っと。
続いてOffice2010のサービスパック…んで、VisualStudio2008のサービスパック…MSDNのサービスパック…そしてまた重要な更新…っていつまで続くんじゃー!
と言う感じで延々重要な更新が続いて…半日以上待ちというなんともにんともな状況に突入。まだOSとソフト2つしか入れてないけんね。

HPのサイトから本体専用のドライバを引っ張ってくる
タッチパッドとか無線LANとかグラフィックとかは本体専用のドライバが必要なのでサイト(米国)からWindows7(64bit)用のを1つづつダウンロードしてインストールする簡単なお仕事。このあたりでもうかなり飽きてます。やはりプリインストールは偉大だ。
でもあとで気付くんだけど、まだ半分も終わってないんだよな~(苦笑)

Photoshop7とかIllustrator10とか
御多分に漏れず、ワシもPhotoshop7とIllustrator10のふっるーいライセンスを使っとる。だってバージョンアップとか高かったんだもん…。でもないと困る。ので、「果たしてWindows7で動くの?」とドキドキしながらインストール。結果は…動きました!
どっちも、まずフツーにインストールして、起動させずに最新のパッチを当てます。Photoshop7.0.1とIllustrator10.0.3ね。
んで、Illustrator10はこちらのサイトを参考にしつつフォントをコピーして互換モードで起動…動いた!
Photoshop7も問題なく動いた。

フォント名が文字化けるのは「フォントを英語表記」で切り抜けた
photo1

ついでにPhoshop7は最大使用メモリも少なくしておいたほうが無難か
photo2

Illustrator10だとここに「フォント名を英語表記」がある!
photo3

その後Illustrator10も互換モード解除で元気に動いてます。素晴らしい!
互換モードだと書類の新規作成がえっらく遅いんだよね。Aero使えなくったって気にしない! 笑
まあ古いソフトなのでしゃーない。

音楽系のソフトは問題なし
USBオーディオデバイス「UA-3FX」はWindows7(64bit)用のASIOドライバがありました。
SoundForge8もSONAR3もいまんとこ問題なく動いとる。このへんはたいへん素晴らしい。
にしても、古いソフトばっかりやな。手に馴染んでると言って!

FireFoxとThunderBird
こちらのサイトを参考に一瞬で移行完了!(笑) どうもありがとうございました。
アドオンもパリッと移行できてた。動くはずのアドオンが動いてない場合はアドオンマネージャで「今すぐ更新を確認」してみてください。

…で、そろそろ3日目になろうかという感じなのですがまだcygwinのインストールt(ry


いやこの状況おかしいでしょ!
なんかちっとも終わりが見えないんですけど。

やはりWindowsXP(32bit)→Windows7(64bit)は無理があったか…^^;