でらうま倶楽部

バカってゆうか、ゲームを作る事しか能の無いプログラマの、面白おかしな日々を綴ってみる実験。

cinder

パズル&モナークのソースコードをGitHubにて公開しました。

スクリーンショット 2018-10-25 11.17.44

コード書いとる?

先日配信を始めたiOSアプリパズル&モナークのソースコードをGitHubにて公開しました。
I have uploaded Puzzle&Monarch source code in GitHub


ソースコード公開しましたが後悔はしていません!!
 
配信中のアプリのソースコードを公開するという試み...さーみなさんぜひビルドしたり改造したりAndroid版作ったりしてみてください。

ではまた次回。

iOSアプリ提出のつまづきポイント[2018年版]

スクリーンショット 2018-11-03 11.16.16

コード書いとる??

拙作アプリ開発もいよいよ佳境です。

約3年ぶりというのも手伝って提出作業準備に四苦八苦しとりますが、その中から厳選して引っかかった事を三点ほどメモ書きしときます。

1. Distributionビルドでリンク時に「bitcodeを含めてよ」と言われる

Cinderライブラリのビルドはコマンドラインから実行しますが、この時bitcodeを含める指定が足りないのが原因です。Xcode上の設定だとONになってるので見落としがちなんですよね...

xcrun xcodebuild -project ${CINDER_XCODEPROJ} -target cinder_iphone -configuration Release -sdk iphoneos OTHER_CFLAGS="-fembed-bitcode" $@

2. DestributionのValidationで「LaunchScreen.storyboadを指定しないとダメですよ」と怒られる

LaunchScreen.xibあるのに怒られるんですよねー。で、ダメ元で Launch Screen File の指定から拡張子を取ったらValidation通過しました。マジかよ...w

スクリーンショット 2018-11-03 16.55.35


3. iPad向けAppプレビュー動画もiMovieから書き出しできる

iMovieのメニューから「新規アプリケーションプレビュー」でプロジェクトを作ってからiPadでキャプチャーした動画を放り込めば大丈夫だった... やるなぁ!!

スクリーンショット 2018-11-03 16.57.04


ではまた次回!!

Cinder で色々値を調整するci::params::InterfaceGlをちょこっと使い易くする

コード書いとる?

Cinderに搭載されている ci::params::InterfaceGl を使うとリアルタイムに値の調整ができてとても便利です。
内部では AntTweakBar を使っているようですね。

で、普段は邪魔になるので隠したいじゃないですか。

これは ci::params::InterfaceGl::show で実現できるのですが、実現できるのですが、これが邪魔やねん! この左下のが!!
photo1

イラっときて調べてみたら、こんな議論を見つけました。

早速試してみる。
extern "C" {
  int TwDefine(const char *def);
}

TwDefine("TW_HELP visible=false");

photo2

ウム!スッキリ!!

ではまた次回。

Cinder0.9.1 メモ

18

コード書いとる?

最近よく使っているFrameworkのCinderで若干気になる事があるのでメモ書き。
  • iOS版はOpenGL ES3.0ベース。ES2.0対応にしたい場合はプリプロセッサにCINDER_GL_ES_2を定義して再ビルド
  • 文字のレンダリングにFreetype2を使っている??
    →Android版のみが利用(まだ非公式)
  • macOS・iOS版はリンカーの設定で、「prelink」が有効になっているのだが、これが原因でリンクに時間が掛かる
    →設定を外して、プロジェクトごとにリンクするライブラリを指定するようにした方が良さげ
  • iOS版にてサウンド再生を使う場合は自前でイヤフォンの抜き差しに対応する必要がある
    →AudioSessionを使う
  • iOS版はGLKitを使っていないのでXcodeにてCPUの占有時間が正しく測れないw
これくらいかな?
 
ではまた次回!! 

文字のラスタライズはfontstashがいいかもしんない

photo

コード書いとる?

macOSとiOSとWindowsで動作するアプリを作るのに重宝してるCinder0.9.0です。

ですが日本語表示が弱くて・・・というか、実行環境ごとにフォントのレンダリング処理を書く実装なので、描画結果が違っちゃうんだよね・・・悩ましい!

ちょっと前まではFreeTypeを使っていたのですがいかんせんライブラリの規模がでかい。と思ってGitHubをウロウロしてたら見つけちゃったよ fontstash

というわけでサンプルを GitHub に上げたので興味のある人は読んでみてください。 ラスタライズとレンダリング処理を分離する良い勉強になりました。

fontstash はC言語で書かれているので久々に見た malloc とか memset とかにドキッとしました。これって・・・恋?!

ではまた次回!

記事検索
電子書籍発売中

「チュートリアル形式で始めるOpenAL」
サウンド怖くない。C++による8つのチュートリアルで始めるOpenALプログラミング。さああなたも、自作アプリに魅力的な音効を添えてみませんか??
⇒Kindle版 ⇒iBooks版


「iPhoneアプリ『ういろう』のレシピ」
ゲームってどうやって作ってるの?? 拙アプリ『ういろう』の製作過程を本にまとめました。もちろんソースコードつき
⇒Kindle版 ⇒iBooks版


『チュートリアル形式で始めるOpenGL[2D編]』
OpenGL怖くない。C++による16のチュートリアルで始めるOpenGLプログラミング[2D編]。さああなたも、ゲーム作りを始めてみませんか?
⇒Kindle版 ⇒iBooks版
自作ゲーム配信中

『Puzzle & Monarch』
「君主候補となって国作り!! ただし制限時間は90秒。」森を作って道をつないで...あなただけの国を作ってみませんか??
⇒AppStore


『BRICK & TRIP』
咄嗟の判断に、あなたの指先はついてこれるか?! 爽快フリックアクション!! 様々な難関をくぐり抜けて旅の終着点を目指そう!!
⇒AppStore


『ういろう』
名古屋土産ういろうがiPhoneで大活躍?! 白ういろうを守れるのはあなただけ。ひゅーん、ぼよよーん!!
⇒AppStore ⇒LITE版


『こなへん』
ヒマラヤ山脈、大西洋、世界で一番深い湖… それって地球のどこにあるのか知ってるかな?『全方位直感地理クイズ』という新ジャンルに挑戦!あ、それ。地球をくーるくるw
⇒AppStore ⇒LITE版


『GEOSPOT』
ヒマラヤ山脈、大西洋、世界で一番深い湖… それって地球のどこにあるのか知ってるかな?『全方位直感地理クイズ』という新ジャンルに挑戦!あ、それ。地球をくーるくるw
⇒Windows ⇒Mac


『TieGunner』
マウス片手に大宇宙へ飛び立とう!『しっぽシューティング』というジャンルを作って頂きました^^; WinでもMacでも動きます。ソースもあるでよw
⇒Windows ⇒Mac
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ