できる範囲でDIYを楽しむ

できる範囲で自分でなんでもやってみようというスタンスで、日常生活をチャレンジしている管理人のブログです。

第二種電気工事士試験、購入した教科書

試験ために購入した教科書は3冊のみ。

筆記試験対策にはぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すい~っと合格2017年版(発売元/オーム社)」と、
技能試験対策として
ぜんぶ絵で見て覚える 第2種電気工事士 技能試験すい~っと合格2017年版)(発売元/オーム社)*DVD付」を購入(*どちらも2018年版が出版されている)。
どちらもカラーで分かりやくす、独学で勉強するには目から入る情報が覚えやすいと感じた。

「筆記試験すい〜っと」には「丸暗記ノート」が付録として付いているが、これを常時携帯し、隙間時間に鞄から出して何度も目を通して記憶した。この内容は最低限全て記憶していないとだめだと感じたので、何がなんでも記憶することを目標とした。

「技能試験すい〜っと」には「公表問題複線図の練習帳」が付録として付いている。この内容も全て記憶することで、全て紙に書くことができるレベルまで到達した。完全に全て記憶することで、技能試験の場で頭の中に複線図が浮かぶ状態となった。

又、「スマートフォン用暗記カード(PDF版)」をダウンロードし、これも電車やバスの移動中、隙間時間で見ていた。付録のDVDは、これも目で見て作業内容を確認することができるので何度も見た(このDVDの内容は技能試験の基本方法と思う。実際の技能試験ではコツが必要なので、効率的な作業風景も知る必要がある。ユーチューブを見れば実践的な映像を見ることができる)。

実は、9
年くらい前にも一度試験に興味を持って購入した教科書があったが、それが今回大変参考になった。「確か昔買った教科書があったはず・・・」と思い出し、ダンボールの中から掘り起こした。それは、第二種電気工事士試験 よくわかる配線図問題(発売元/オーム社)」である。
9年前の教科書であったが、筆記試験の最後の追い込みの際に読んだところ、たいへん分かりやすいことが分かった。9年前には全く勉強が進まないまま断念したので、その時には内容が理解できなかったが、今回は追い込みの段階から読んだところ、理解することができた。
主に複線図の問題に対処することができる内容であり、掲載されている問題がほぼ解けることが分かった時に、筆記試験に合格する確信というか、自身に結びついていった。

使用したのは以上の3冊のみで、その他には全く読んでいない。短期間に勉強していくには、教科書は何冊も購入せず、自分にあった読みやすい教科書を数冊に絞って読むほうが効果的と思う。

仕事で疲れている時も、テレビを見ながらなんとなくペラペラ教科書をめくって目で覚えるようにして、いつでも頭の中に電気工事士試験の内容を維持していくようにした。
人によって教科書の好き好きがあると思うので、ぜひ、本屋さんで立ち読みして、自分にあった教科書を見つけてほしい。


ヨーグルトメーカーを使い始めた

インフルエンザが本格的に流行り始めた事もあり、R-1をなんとなく食べ始めた。R-1はOLL1073R-1乳酸菌が使用されたヨーグルトで、商品ラインナップは多数ある。R-1はインフルエンザに対して感染防御効果があるとされている。食べてももちろんおいしい!ただし、毎日食べると結構なお値段。家族全員が毎日食べるには、経済的にもつらい。そこで、なんとなく思いついたのが、ヨーグルトは自分でも作れるということ。種のヨーグルトを牛乳に入れると、ヨーグルトができると聞いた事があった事を思い出した。
調べてみると、同じ事を考えている人が大勢いたということが分かった。自分でヨーグルトを作るヨーグルトメーカーなる機械が、格安で多数売られている事も分かった。早速、購入してみた。
最初は本当にヨーグルトが自分で作れるのかと思ったが、説明書の通り作ったら、なんとも簡単にできた!食べても美味しい!こんなに簡単にヨーグルトが作れるなんて知らなかった。ヨーグルトは購入するのが当たり前と思っていた。
機械を購入してから2ヶ月くらい。毎日ヨーグルトを食べている。
種はR-1の飲むタイプを使用している。飲むヨーグルトの方が作りやすい。作り方は本当に簡単で、牛乳をパックごと40℃に温め、R-1の飲むヨーグルトと砂糖を大さじ2杯入れて軽くシェイクする。それからヨーグルトメーカーに入れて43℃で8時間保温。夜に作って、朝起きると出来上がっている。雑菌が入らないように手洗いを徹底し、牛乳パックの蓋に使用するプラスチック製の部品は、毎回は熱湯消毒するなど手間がかかるが、2日に1回の日課になったので、それ程苦ではない。それよりも毎日美味しいヨーグルトが食べられるので嬉しい。
自分で作ったヨーグルトで、メーカー製のヨーグルトと同じようにOLL1073R-1乳酸菌ができているのか分からないが、自分で作ると1/5のコストで済む。しばらくは自分で作り続けようと思う。

P_20180103_085738_vHDR_Auto

第二種電気工事士試験、準備期間


実際に試験を受けようと決意したのが2017年1月頃。筆記試験が6月、技能試験が7月なので、準備期間は半年程度しかなかった。
なんとなく立ち寄った本屋で教科書が目に入り、手に取ったのがきっかけとなった。内容が難しく、本当に受かるんだろうか?と不安になったが、試験の申し込みまではまだ時間もあったので、取りあえず教科書を読んでみようと購入してみた。
タイミング的に筆記試験の半年前からの勉強開始となったが、結果的にはそのくらいの準備期間で合格することができた。

筆記試験の勉強は、平日は仕事をしながら、帰宅後夕飯を食べ終わって寝るまでの1時間程度、休日も気が向いたらといった具合で勉強していた。3月になるといよいよ申込ができるが、その頃はまだ勉強範囲全て教科書を読み終わっておらず、申込をするか迷った。
「上期はやめて、下期にしようか・・・」とも思ったが、反対に、勉強を早く終えて次のことにも取り掛かりたいので、早く終えて資格取得して、実際に自宅の電気工事に取り掛かりたいので、上期で受験することに決めた。
申込をしてしまえばもう逃げることはできない。受験料も安くはないので、受験できなければ無駄になる。
申込が始まる頃には、なんとか隙間時間を使って勉強が追いついてきて、受験する自身がつくまで持っていくことができた。

筆記試験は、なんとか1回で合格することができた。

筆記試験が終われば次は技能試験である。筆記試験が終わってから1ヶ月程度しか時間がない。筆記試験の後は、空いている全ての時間を技能試験の練習につぎ込んだ。仕事から帰って寝るまでの時間は、とにかく工具を持って、ひたすら電線を切ったり、剥いたり、輪作りをしたり、とにかく電線の硬さと工具の重さに慣れるようにひたすら練習をした。仕事をしながらできた勉強なので、そうではない方で、もう少し時間を作ることができる人ならば、勉強期間は半年あれば大丈夫。今受験に迷っている方がいれば、ぜひ、頑張って欲しい。

半年あれば独学でも受かる!

*2017年(平成29年度)の試験では、上期試験か下期試験のどちらかしか受験ができなかったが、「一般財団法人 電気技術者試験センター」のホームページを見ると、「これまで、第二種電気工事士試験は、当該年度の上期試験又は下期試験のいずれか一 方しか受験できませんでしたが、平成30年度から、上期試験、下期試験、両方の受験が 可能となります」とあるので、受験の機会が増える模様!

ギャラリー
  • ヨーグルトメーカーを使い始めた
  • LinuxMint
  • LinuxMint
  • LinuxMint
  • LinuxMint
  • ubuntu に使えた小型無線LAN小機
最新トラックバック
アーカイブ
livedoor プロフィール
Amazonライブリンク
livedoor 天気
最新コメント
  • ライブドアブログ