インフルエンザが本格的に流行り始めた事もあり、R-1をなんとなく食べ始めた。
R-1はOLL1073R-1乳酸菌が使用されたヨーグルトで、商品ラインナップは多数ある。

R-1はインフルエンザに対して感染防御効果があるとされている。
食べてももちろんおいしい!
ただし、毎日食べると結構なお値段。家族全員が毎日食べるには、経済的にもつらい。

そこで、なんとなく思いついたのが、ヨーグルトは自分でも作れるということ。種のヨーグルトを牛乳に入れると、ヨーグルトができると聞いた事があった事を思い出した。

調べてみると、同じ事を考えている人が大勢いたということが分かった。
自分でヨーグルトを作るヨーグルトメーカーなる機械が、格安で多数売られている事も分かった。
早速、購入してみた。
購入したはこの商品


アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー プレミアム 温度調節機能付き ホワイト IYM-012
アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー プレミアム 温度調節機能付き ホワイト IYM-012 [ホーム&キッチン]
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)








P_20180103_085738_vHDR_Auto


最初は本当にヨーグルトが自分で作れるのかと思ったが、説明書の通り作ったら、なんとも簡単にできた!食べても美味しい!こんなに簡単にヨーグルトが作れるなんて知らなかった。
ヨーグルトは購入するのが当たり前と思っていた。

機械を購入してから2ヶ月くらい。毎日ヨーグルトを食べている。
種はR-1の飲むタイプを使用している。飲むヨーグルトの方が作りやすい。

P_20180118_234216_vHDR_Auto

作り方は本当に簡単で、牛乳をパックごと40℃に温め、R-1の飲むヨーグルトと砂糖を大さじ2杯入れて軽くシェイクする。
それからヨーグルトメーカーに入れて43℃で8時間保温。夜に作って、朝起きると出来上がっている。雑菌が入らないように手洗いを徹底し、牛乳パックの蓋に使用するプラスチック製の部品は、毎回は熱湯消毒するなど手間がかかるが、2日に1回の日課になったので、それ程苦ではない。
それよりも毎日美味しいヨーグルトが食べられるので嬉しい。
自分で作ったヨーグルトで、メーカー製のヨーグルトと同じようにOLL1073R-1乳酸菌ができているのか分からないが、自分で作ると1/5のコストで済む。しばらくは自分で作り続けようと思う。