BOSCH 電動草刈機(ART26SL)を購入!

家を購入して3年目の春が来た!
春になると地面から新緑が元気に生えてくる。
きれいな緑色の草・・・。かわいらしい草花・・・。
しかし!
いつの間にか庭を覆っている!
かわいらしい草花といっても、名も知れない、いわゆる「雑草」。
すばらしい生命力。抜いても抜いても抜いても・・・。次の週には復活!
家の北側は陽もささないので薄暗く、水はけも悪い。

長男の部屋に、あるとき、ムムムムカデだ〜!!!😱の絶叫が!!!
10cmくらいあるんでしょうか、勉強していたら、机の端からひょっこりと顔を出したようで、長男はパニックです。
そうでなくても虫嫌いなのに、部屋の中にムカデがいる!!!
確かに窓を開けていたけど、網戸があるはず。どこから入った??!!

家の裏の北側の、雑草を抜かずに放置したから、虫達には居心地がよかったのでしょう。
家の中に有害な虫が入ってこないように、とりえず雑草対策するか・・・虫の居場所を減らせば、家の中に虫が入ってこないはず。
でも、しばらく抜かずにさぼっていたからな〜
しかし、もう手遅れで、手で抜くにはかなりの重労働が見込まれる。

そこで購入したのが電動刈払い機(草刈機)。
ついに買いました。ご近所では既に皆さん使われているようです。
いつもこの時期になると聞こえてきます。草を刈っている音がします。
草刈機なんて、高価でプロが使うものと思っていたら、安くてよさそうな機種をみつけました。

購入したのはこれです。



BOSCH(ボッシュ) 草刈機(10mケーブル装備) ART26SL
BOSCH(ボッシュ) 草刈機(10mケーブル装備) ART26SL [Tools & Hardware]
ボッシュ(BOSCH)








Amazonで安く買えました。


10mのケーブル装備、ナイロンブレードということでこれに決めました。
充電池式ではなく、コンセントに差し込んで使います。
今まで電動草刈機というものを使ったことがなかったので、「チップソー」の扱いには躊躇したことと、自宅の庭程度の雑草を刈るので、ナイロンブレードで十分と思ったこと、充電式だと電池が切れたら作業が中断することが見込まれたこと、コンセントに差し込むので充電池式と比べると本体が軽いこと、なによりもメーカーがBOSCHであること(個人的に好きなメーカー)などからこれに決めました。
又、何よりも安かった!初めて使う物に金はかけん!というポリシーもあるので、一番安いこの機種を選択。

実際使ってみると、①軽くて扱いやすい(スイッチを押すとブレードが回転、離すと止まる)、②ケーブルは延長コードも使用すれば、家の周りの刈り込みに対応可能、③電池残量を気にしないで作業ができる、④ナイロンコードでも自宅の雑草程度であれば、問題なく刈ることができる、といった点が気にった。

反対に気になった点は「音がでかい」ということであった。使用する時間帯と時作業間の長さなどを気にしてしまった。
でも、今までもこの時期になると近所で同じような音がしていた。自分は一種の風物詩?のように思っていたので、気になっていなかった。朝早い時間を除いて短時間で作業を終えれば問題ない程度の音とも思えた。
「軽い」といっても1.8kgあるので、長時間の作業では腕が脱力し、それなりに翌日腰が痛くなりました。

荷物が届いて箱を開けると、商品は分割されているので組み立てる必要がある。
説明書の通り組み立てれば大丈夫。ネジ止めも1箇所あるので、プラスドライバーが必要。

使ってみて分かったが、今まで手で雑草を抜いていたことを思えば、短時間できれいさっぱりしたので気持ちがよかった。
後はどのくらい耐久性があるかは、今後検証していこうと思います。

◯届いた箱はコンパクト

P_20180603_123358_vHDR_Auto

◯分割された状態で箱に入っています
P_20180603_123535_vHDR_Auto

◯組み立てるとこんな感じでコンパクト
P_20180603_125043_vHDR_Auto

◯ナイロンブレードです
P_20180603_125106_vHDR_Auto

◯10mのケーブル装備
P_20180603_125115_vHDR_Auto

◯雑草で草ぼうぼう、抜いても抜いても生えてくる庭!
P_20180603_125136_vHDR_AutoP_20180603_125144_vHDR_Auto

◯電動で楽に、ごく短時間ですっきり!残った葉がすぐに復活するので、除草剤も散布しました
P_20180603_142037_vHDR_AutoP_20180603_142048_vHDR_Auto