さて、アサイラム系B級作品あるあるなんですが、
「本編とは関係ない、どうでもいい話で延々と引き伸ばす」
、というものがある。

 映画鑑賞において気がそがれる、興覚めな展開以外のなにものでもないが、これがもう一種の様式美まで達している””がいる。

彼の”名”はジャレッド・コーン「引き延ばしに定評のある男」
 そんな訳で今回紹介する作品はこれ↓
(『ザ・プレデター』のパチモン作品がやっぱり出た!)

もういっその事、「どれだけ怪物を出さないで尺を稼げるか」
そっちの方を楽しむ方向でこの作品は観賞するよ。
(そんな観かたするのはお前だけ定期)




製作年:2018年  製作国:アメリカ  
上映時間:88分 原題:「ALIEN PREDATOR」


監督:ジャレッド・コーン『バトル・オブ・アトランティス』『ザ・バトル ネイビーシールズVSミュータント』
製作:デヴィッド・マイケル・ラット

出演:ザビ・イスラエル/アマンダ・リヴァス/ダッチ・ホフシュテッタ―/アレックス・ウェスト/セバスチャン・チャーマント



『プレデターVSネイビーシールズ』:あらすじ
 中南米に、謎の飛行物体が墜落した。米軍の偵察部隊が調査に赴くが、「謎の敵の攻撃を受けている」と通信を残し、消息を絶ってしまう。
 救出の為に部隊が編成され派遣される。PDSTを患う、技術兵のブルックスも同行することになるが……。


●キャラクター………△、一部の主要キャラクターを除いて誰が誰だか、さっぱり区別がつかない。
 その理由は①数が多い②顔に迷彩柄③皆同じような「コテコテの兵隊キャラ」である事だと思う。

●ストーリー…………△、よくある展開かと思ったら、後半とんでもない変化球を投げて来た。
ただし、圧倒的に説明不足な為、納得いくかどうかは別の問題だ。

●怪物…………………△、見事に「どこかで見たことのある」デザインである。
 ”プレデター”を名乗っておきながら、見ようによっては”ロボコップ”にも見えなくもない、欲張り仕様。歩き方が完璧に人間だが気にしない。

腕に付けたPC端末や、投げるレーザーディスクもばっちり再現(笑)




以下『プレデターVSネイビーシールズ』ネタバレあり







予告編はこんな感じ↓





《彼の名はジャレッド・コーン、引き延ばしに定評のある男》
 アサイラム系のB級作品によくみられる、
「本編とは全く関係ない話で延々と尺を稼ぐ」

 この監督そういうのが物凄く得意である。
視聴者にとって迷惑極まりない特技なんだが、もうこれはこういった才能で、もういっそのこと、それを楽しむべきなんじゃないだろうか?(錯乱)

 さて本作品の上映時間は88分いったいどれくらいの時間を稼いでくれるんだろう……ワクワクするなー(棒)

 本作は謎の宇宙船が地球に降下するシーンから始まる。
本家の『プレデター』は言うに及ばず、『遊星よりの物体X』でも使われた伝統ある切り口だ。

遊星からの物体X (字幕版)
カート・ラッセル
2013-11-26


 早速、米軍の偵察小隊が調査に向かいます。コテコテの「僕らが思い浮かべる特殊部隊」な言動をやってくれてます。
 ただ、その辺はアサイラム、装備が適当だったりどう見たって兵隊に見えない体形の人が混ざっているのはお約束
 
まぁ、顔にペイやっとけばごまかしはきく。

 序盤のヤラレ役で出て来た兵隊さん達は、画面外からやってきたレーザービームらしきものを浴びてあっさり全滅

それでもバイタルサインが生きている隊員がいるようで、おかわり救出部隊が派遣される。

ここから「引き延ばしに定評のある男」ジャレッド・コーンの本領発揮。
土管の中からやってきた兵隊さんを使って、それっぽい「戦争映画あるある」「登場人物がどうでもいい事で喧嘩」を組み合わせた本編とは一切関係ないドラマで延々と尺を稼ぐ。ついでに画面に登場する宇宙人のテクノロジー関連を、主人公のオタクに解説させる場面多し。
(どうでもいいが、この土管はなんなんだろう? 背景が誤魔化せるからなのか?……もしかして、マリオリスペクト?)

部隊が海なら、「ビキニ姿の美人を出す」「とりあえず半裸の美人とイケメンをイチャつかせる」といった安牌が切れるが、残念ながらジャングルで兵隊さん一行である。そういった意味でやはり「」は手堅い。

サメの生態 TOP10




同じ様な展開が続き、観客がいい加減飽きてきたところを見計らって、レーザービームが飛んできたり、ビー玉が爆発したり、蛍光色の液体が出てきたりする。

そうやって飽きさせない工夫がしてある(効果があるかは知らん)

申し訳ていどの『プレデター』要素はあるが、内容は酷い。

観た人は怒っていいよ♪

そうやって順調に稼いだ結果、怪物が画面に映る頃には53:30秒が経っていた。

プレデターVSネイビー3
(↑本作品より引用:とりあえず怪物の顔はディスる)

53/88、これはなかなかの数値だ。

少なくとも、2018年に懲りずにこういった事を平気でやる姿勢を、逆に褒めてやりたい。

88分の内、53分はどうでもいいドラマである。
普通に観賞している層は、怒りだすところだが、当ブログの管理人は最初から「いかに怪物を出さないで引き延ばすかを楽しむ」方向で観ている為、むしろ評価したい。

もっとも、「いかに怪物を出さないで引き延ばす」部門では、「トータルで1分も出ていない」だとか、「最後まで映さない」(POV方式)など、その他が猛者すぎて本作品の影が薄くなってしまう。

やはり、世界の壁は厚い。

頑張れ、ジャレッド。
負けるな、ジャレッド。

プレデターVSねいびー2
(↑本作より引用:本家の『プレデター』ではリストラされた、腕につけたウェラブル・コンピューターばっちし)


プレデターVSネイビー1
(↑本作より引用:「引き延ばしに定評のある男」が撮っているとなると、上記の台詞も違う意味に見えてくる)


全体的に引き延ばしが酷い本作。
それ以外にも、怪物の酷い造形だとか、支離滅裂なストーリーだとか魅力がいっぱいある。

露骨な引き延ばしを気にしない、むしろそこを楽しめる人は観賞してみたらどうだろうか。


まぁ、個人的には『ザ・プレデター』のDVDがリリースされたから、そっちをおすすめする。






【感想まとめ】
●総評:E
●いつものアサイラムクオリティー。
●露骨に引き延ばし、尺を稼ぐ展開が多い。
●自分がジャレッド・コーン監督だと思えば、理不尽な残業も平気になるかもしれない。