ポカラリゾートは田園地帯のど真ん中にあるので流しのタクシーを捕まえることは不可能なので、ホテルスタッフにタクシーを呼んでもらう。値段の交渉もしてくれる。宜蘭駅まで妥当な値段だったと思う。最寄り駅は礁渓ですが宜蘭駅も礁渓駅に行くよりちょっと遠いくらいなので宜蘭駅をチョイス。

宜蘭駅には台湾の有名絵本作家の作品のキャラクターのオブジェ群があるはずなんだけど一部しか見つけられず。残りは工事中になってたところか?でも遠足中の小学生がいたんでどこかにあったのか?ちょっと気になったけど駅を後にして市街地を散歩。けっこうアジア的活気のある市場街に入る。海が近いからか魚を売ってる店が多い。どれも新鮮でおいしそう。商店街を抜けて日本建築の家屋を保存してる観光地にいく。ここにも遠足中の小学生多数。それと新婚さんが記念のフォトシューティングをしている。家屋の中も見学できて台湾は昔、台湾県だった歴史があったんだと改めて思う。その後、ジューススタンドでスイカジュースを買って旅人書店へ。なんだろう、ポリシーのある本屋さんといいますか。文化発信地っぽい感じもするし。本以外に文房具とかもあって、けっこう長居する。そして宜蘭名物牛たん餅を買って駅に戻る。

羅東を目指そうとしたけど、鈍行列車だと1時間待ち。バスで行けないかと思い駅の観光案内コーナーのヤングマンに聞いたら、ヨーせこい事言うなよ!ちょっと高いだけだから、特急列車で行けよ!みたいなことをフレンドリーに言われる。確かにちょっとだけ高いだけなのでそうする。これが時間を買うってやつですか。

で特急列車はなんとプユマ号じゃあありませんか!

つづく。

IMG_2655IMG_2660IMG_2662