高橋さんの写真館(分館)

こちら、「高橋さんの写真館」(分館)です。 ゼヒ~ご覧ください。^±^ノ 姉妹サイトの「高橋さんの写真記念館」は http://tekukame.blog135.fc2.com/ です。 皆様のお役に立てるものはこちらに入れています。 普段は当ブログで活動してます。 なお、アダルト・嫌がらせはお断り・消去します。

HN、てくっぺ(テクッペ)です。^±^ノ
こちらには豊富に写真を載せるつもりですが。
私はクサガメの化身です。
ですからこんな顔でございます。
よろしくです~^±^ノ

スパムが後を絶たないので、当面、認証制にしました。
認証番号は1960です。^±^ノ

ご協力をお願いします。^±^

びみょーなる一族(2018年7月)・磐梯旅行でのおいしいもの

今日のビミョーは、磐梯旅行のおいしいものです。^±^

1024ピクセルのサムネイル版です。
やや大きな画像です。^±^ノ

クラシック・イン・ロビンソンにて。
20180616・磐梯旅行記ビミョー01・ロビンソン夕食

洋食コースその1。前菜からこんなにおいしいものを。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記ビミョー02

洋食コースその2。ワインもいただきました。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記ビミョー03

洋食コースその3。スープもおいしかったなあ。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記ビミョー04

洋食コースその4。これはお魚。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記ビミョー05

雰囲気もいいでしょう?^±^ノ
20180616・磐梯旅行記ビミョー06

洋食コースその4。こちらはお肉でした。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記ビミョー07

ごちそうさまでした!^±^ノ
20180616・磐梯旅行記ビミョー08

そして、食後はケーキ食べ放題です。
20180616・磐梯旅行記ビミョー09

ああ、おいしかった~。^±^ノ
20180616・磐梯旅行記ビミョー10

クラシック・イン・ロビンソンの夜は、深々と更けていきます。
20180616・磐梯旅行記ビミョー11

部屋の中でくつろいでいるうちに寝てしまいました。
20180616・磐梯旅行記ビミョー12

翌朝の朝食です。朝からごちそうです。^±^ノ
20180617・磐梯旅行記ビミョー13・ロビンソン朝食

いただきます。^±^ノ
20180617・磐梯旅行記ビミョー14

食後、コーヒーか紅茶も頼めます。
そうそう、書き忘れましたが、夕食も頼めます。
20180617・磐梯旅行記ビミョー15

クラシック・イン・ロビンソンさん、またまたお世話になりました。^±^ノ
20180617・磐梯旅行記ビミョー16

そして翌日の夕食ですが。
承太郎さんでラーメンをいただきました。
20180617・磐梯旅行記ビミョー17・承太郎

おいしいラーメンでした。^±^ノ
20180617・磐梯旅行記ビミョー18

さて。この牛たたきまぜそばもおいしそうでしたが。
肉マシ(+3個200円)マシマシ(+5個300枚)でした。^±^;
「300枚」って・・・^±^;
20180617・磐梯旅行記ビミョー19・300枚って

こんな漫画もありました。^±^;
「深くえぐられていた肝臓が治ったァ」。
20180617・磐梯旅行記ビミョー20

「オメメタアございます」って・・・^±^;
20180617・磐梯旅行記ビミョー21

サインがたくさん。
しかしこのお面は・・・?^±^;
20180617・磐梯旅行記ビミョー22

ドラえもんもラーメンを食べてるって・・・。^±^;
普通はどら焼きだろうがっ!(゚Д゚)ノx±x。
20180617・磐梯旅行記ビミョー23

替え玉もあるようですね。^±^
20180617・磐梯旅行記ビミョー24


毎月21日が会合日です。^±^ノ
ご入会されたい方はだぁな様のところへ。^±^
下記をクリックしてみてね。^±^

だぁなさんのだぁな神殿

ジャネバ~イ。^±^ノ

近所の散歩二題

では、近所の散歩二題です。^±^ノ
空の散歩は3日分ですが、7月9日は空と植物の写真だけです。

1.2018年6月30日

まずは、我が家の近所のアジサイが咲いている場所です。
20180630・近所の空を見る散歩01

こちらは、地元の大きな醤油工場の敷地内ですが、その裏側にある小さな遊歩道です。
20180630・近所の空を見る散歩02

ピンクパレスのかわいい花も咲いています。^±^ノ
20180630・近所の空を見る散歩03・ピンクパレス

ここから、椿峰中央公園へ向かってます。
20180630・近所の空を見る散歩04

椿峰公園です。
20180630・近所の空を見る散歩05

さすがに今日は暑いです。^±^;
日陰の緑道は爽やかでいいですね。
20180630・近所の空を見る散歩06

と、実は、ベルクに買い物に行く予定だったのでした。^±^;
20180630・近所の空を見る散歩07

トウモロコシやカレーなどを買った帰り道です。
20180630・近所の空を見る散歩08

しかしこの日は暑かったなあ。^±^;
救いは、日陰に入ると涼しいところ。
20180630・近所の空を見る散歩09

半夏生(はんげしょう)の花が咲いてました。
20180630・近所の空を見る散歩10・ハンゲショウ

我が家の近所の横丁マーケットに到着。
20180630・近所の空を見る散歩11

これで、5542歩も歩きました。^±^ノ
20180630・近所の空を見る散歩12

2.2018年7月8日

早朝の散歩です。^±^ノ
行く当てもなく、歩き回ってますが・・・。
一度歩くと遠くに出かけてしまいます。^±^;
20180708・近所朝の散歩01

こちらは、最近の散歩コースでよく通る、岩崎弁財天です。
20180708・近所朝の散歩02・岩崎弁財天

こちらには、コイさんやカメさんもいます。^±^;
20180708・近所朝の散歩03

西武狭山線のこ線橋を渡り、国道のガード下を抜けて、永源寺へと向かう竹林に。
ここまで来ると、もう3000歩は超えています。^±^;
20180708・近所朝の散歩04

途中の春の台公園では・・・。
20180708・近所朝の散歩05・春の台公園

サルビアパールホワイトとか。
20180708・近所朝の散歩06・サルビアパールホワイト

ヤグルマカッコウ花が咲いてました。
20180708・近所朝の散歩07・ヤグルマハッカ

誰かが置き忘れた、キックボード(キックスケーター)です。
ローラースルーゴーゴーの後釜みたいなものですかね。
20180708・近所朝の散歩08

永源寺に到着しました。^±^ノ
このたりで4000歩だったかと思います、
20180708・近所朝の散歩09・永源寺

さらに、じゅうにん坂の信号前ですが。
「カッパラーメンセンター」って・・・^±^;
20180708・近所朝の散歩10・じゅうにん坂

「じゅうにん坂」を登って、南陵中学校や自動車学校の横を通り、所沢高校入口の交差点を左折。
星の宮から、ずっと産業道路を歩いて、宮本町のドン・キホーテ前です。
ここまで来ると7000歩以上いってます。^±^;
20180708・近所朝の散歩11・ドン・キホーテ

さらに、緑町三丁目で、左折すると、もう10000歩近く歩いていて、この辺りは上新井の西武池袋線のガード下です。
ところが、ここでほぼバッテリー切れ。+±+
この写真も、カメラをだましだまし撮影しています。^±^;
20180708・近所朝の散歩12

この日は途中でカメラのバッテリーが切れてしまいましたが、12576歩、歩きました。
設定では、1歩の歩数を「50センチ」にしています。したがって、6.2キロ歩きました。
でも最高に歩いたのは、25500歩ですがね。^±^;
1日の目標歩数を5000歩に設定してますが、雨の日などは散歩をできないので、「1か月に155000歩」ということにしてます。
そして散歩のルールも作りました。^±^ノ

歩数ルール。^±^ノ

1.目標は1日に5000歩、1か月で155000歩以上。

2.基本、同じ道は通らない。最後の家の前を除いて、重複しないように歩く。
但し、買い物などで生ものを扱っている場合は例外、それでもなるべく同じ道を通らないように、最初と最後の道路までの分のみ、重複可能。
(チョイ、キビシイナア。+±+)

3.小道に入って行き止まりだった場合、3回まで後戻り可能。
4回目からは、1回につき-1000歩とする。
(キビシイナア。x±x。)

4.前回の最後に通った道は、歩行禁止。
したがって、次の散歩は、多少遠回りでも、必ず別の道を通る。
(キビシイナア。x±x。)

5.エクササイズ歩数(3METs以上)は1日につき100歩以上を目標として、10000歩以上歩く場合はエクササイズ歩数(3METs以上)を1000歩以上とする。
(鬼ダナア。x±x。)


・・・というわけで、いつまで続くかなあ。^±^;
どうせ三日坊主だろうがよっ!(゚Д゚)ノ。x±x。
 

空倶楽部・近所の空三題

最近の、我が家の近所の散歩です。^±^ノ

1.2018年6月30日真昼間

五線譜のような電線と空です。
20180630・近所を散歩、その空01

近所の小谷公園あたり。
20180630・近所を散歩、その空02

椿峰中央公園に向かうところ。
真ん前にタコみたいな雲が。^±^;・・・吸盤付き
20180630・近所を散歩、その空03

椿峰中央公園の空。
20180630・近所を散歩、その空04

公園を突っ切って。
椿峰ニュータウンを抜けます。
20180630・近所を散歩、その空05

この辺りは、もしかすると西武園の花火もきれいにみられるのかも。
20180630・近所を散歩、その空06

今度は北海道みたいな雲ですね。^±^;・・・ああ、海水浴に行きたい
20180630・近所を散歩、その空07

あ、実はベルクに買い物でした。^±^;・・・北海道の雲もまだ見えるし
20180630・近所を散歩、その空08

買い物からの帰り道の空。
20180630・近所を散歩、その空09

今日は日差しが強かったなあ。^±^;
20180630・近所を散歩、その空10

山口中学校の前の空。
20180630・近所を散歩、その空11

我が家に到着するころは、雲が多くなりました。+±+
20180630・近所を散歩、その空12

2.2018年7月8日早朝

今日はどこに行こうかな?^±^ノ
家の近所、豆腐屋さんの前の道の空。
20180708・朝の散歩の空01

岩崎弁財天の空です。
20180708・朝の散歩の空02

そこから、西武狭山線のこ線橋方面へ。
20180708・朝の散歩の空03

こ線橋の直前の空は、鉄塔付き。
20180708・朝の散歩の空04

西武狭山線のこ線橋の上から。下山口・西武球場前方面です。
20180708・朝の散歩の空05

こ線橋を渡ります。
20180708・朝の散歩の空06

こ線橋を渡った先、鉄塔が延々と続いてますね。^±^ノ
20180708・朝の散歩の空07

国道を過ぎて、春の台に向かう途中の竹林です。
20180708・朝の散歩の空08

春の台公園の空です。
20180708・朝の散歩の空09・春の台公園

永源寺を抜けて、じゅうにん坂の空です。
20180708・朝の散歩の空10・じゅうにん坂

そこから、所沢南陵中学、星の宮へと通り、宮本町の「ドン・キホーテ」へと向かってます。
ドン・キホーテ前の空。
20180708・朝の散歩の空11

さらに、緑町を左折、反対側の新所沢まで足を延ばそうか迷いましたが、家に帰りました。
家に帰る途中、間もなくマミーマートに向かう場所の空。
20180708・朝の散歩の空12

3.2018年7月9日夕方

この日は、耳の医者に行くときでの夕方の空。
少しの遠回りで、北野バス停(小手指南バス停)に向かう途中の空。
20180709・夕方空散歩1

西側の山の方は、早くも暗くなってます。
20180709・夕方空散歩2

ツキヌキニンドウの花と空。^±^ノ
20180709・夕方空散歩3

北野保育園南信号に向かう直前の空。
20180709・夕方空散歩4

北野保育園南の交差点、その空。
20180709・夕方空散歩5

信号から西方面。
間もなく日が暮れそうですね。^±^ノ
20180709・夕方空散歩6


空倶楽部は毎月、9のつく日に行っております。
詳しくは、かず某さんchacha○さんのところへどうぞです。^±^


渡辺謙さん、大いに吠える、の巻。^±^ノ・・・とあるルーペのCM、の巻

本当に我が家の離婚届が、小さすぎて読めなぁーい!(゚Д゚)ノx±x。
・・・でしょ?(^Д^)ノ
果歩への気持ちも愛情も、小さすぎて読めなぁーい!(゚Д゚)ノ。x±x。

私も世界が変わりました。^±^
すごーい・・・。(自分の行動が)ちょっとおバカに見える・・・。^±^ノ


・・・特に菊川怜さんのウインクがおバカに見えるし。^±^;
あまつさえ、「ちょっと見ていてくださいよ」といわれレンズ踏んだ時の・・・。^±^;
菊川さんの「キャッ」というところが・・・。^±^;
「すすめ!パイレーツ」に出てた、ぶりっ子の女の子の行動みたい。^±^;

~~~

「吠える」といえば、NTTドコモのCMで・・・。
テレビの画面を見なければ、嫌な気持ちにはならないのに・・・。
画面を見たとたん、とても嫌な気持ちに・・・。+±+
高畑充希さんが歌う「紅」は普通にうまいなあと思っていて不快感はないんですが、それとは別に、何か気に障るCMだなあと思ってたら・・・。
その理由が、わかりました。^±^ノ

一緒に歌うCGの犬の顔が嫌いだったのだ~。^±^;
変にドヤ顔だし。^±^;
あれって、ド演歌を歌う歌手みたいな顔の表情だし。^±^;
この歌と犬のCGとが、合ってないんですよね。^±^;
眉間(みけん)にしわ寄せて歌うアバターの犬って、なんか嫌だなあ。^±^;

ついでに言えば、ギャラクシーのローラさんのアバターも嫌いだす。^±^;
リアルな写真のほうがかわいいし、伝わりやすいな、と思っちゃう・・・。
アバターって、似顔やキャラで使うとあまりいいと思えないなあ。
アバターもえくぼ、とは言えないや。^±^ノ
「痘痕も靨(あばたもえくぼ)」だろうがっ!(゚Д゚)ノx±x

アイコンも、写真のほうが好きですね。^±^ノ
それを言うなら、お前自身の顔文字だって、充分嫌だぞ!(゚Д゚)ノx±x。
 

とでんものがたり・29系統=葛西橋~須田町

29系統=葛西橋~須田町=昭和47年(1972年)11月12日廃止

注釈
1.大体1950年代の地名、26系統があったころの、昭和27年(1952年)5月21日以前と考え、当時の地名の電停名で載せてます。
2.( )は、地名の変更・電停変更等による改名後の電停名です。
3.【 】は、新しく設置された電停名です。
4.この系統で、廃止された日時別に、色分けで示しています。

赤色=昭和47年(1972年)11月12日廃止

葛西橋=北砂町七丁目(東砂四丁目)=南砂町六丁目(北砂七丁目)=北砂町四丁目(北砂四丁目)=南砂町二丁目(南砂五丁目)=境川=北砂町一丁目(北砂二丁目)=北砂町二丁目(北砂三丁目)=大島一丁目=大島三丁目=堅川通=水神森=亀戸駅前=錦糸堀=錦糸堀車庫=江東橋=緑町三丁目(緑三丁目)=緑町二丁目(緑二丁目)=東両国緑町(緑一丁目)=東両国三丁目(両国三丁目)=東両国二丁目(両国二丁目)=両国=浅草橋=豊島町(東神田)=岩本町=須田町

臨時29系統=葛西橋~日本橋
桃色=臨時系統、朝夕運行。廃止時期不明、昭和46年(1971年)3月18日廃止か?

葛西橋=北砂町七丁目(東砂四丁目)=南砂町六丁目(北砂七丁目)=北砂町四丁目(北砂四丁目)=南砂町二丁目(南砂五丁目)=境川=境川=南砂町三丁目(南砂三丁目)=南砂町一丁目(第四砂町小学校)=南砂町四丁目(南砂二丁目)=東陽公園=洲崎=木場三丁目(木場五丁目)=木場一丁目(木場二丁目)=富岡町=不動尊前=門前仲町=永代二丁目=佐賀町一丁目=永代橋=新川一丁目=茅場町=日本橋



昔の東京の路面電車。^±^ノ

1.=は、都電が走ってた区間です。
2.~は、都電が早々と廃止された区間です。
3.×は、廃止された電停です。
4.( )は、その後に改正された電停名です(わかりやすいように)。
5.(←注釈)は、注釈入りです。
6.?は不明のもの、位置不明、もしくは電停が一致しているか不明など

青緑色=1923年(大正2年)12月、東京市電。

江東橋=緑町五丁目×=緑町三丁目=亀沢町(東両国緑町)=相生町(東両国三丁目?)=東両国(東両国二丁目?)=両国=浅草橋=左衛門橋×=美倉橋×=和泉橋×=万世橋×=須田町

茶色=1935年(昭和10年)、東京市電末期。

境川~砂町×~小名木川×~大島×~堅川通~千葉街道口×~水神森~五ノ橋通(亀戸駅前)~十間川×~錦糸堀(城東電車)

錦糸堀=錦糸堀車庫前=江東橋二丁目(江東橋)=緑町四丁目×=緑町二丁目=緑町三丁目=緑町二丁目=東両国緑町=東両国二丁目=両国=浅草橋=豊島町=岩本町=須田町


注釈
1923年(大正2年)12月、市電は江東橋~須田町のみ開業。
1935年(昭和10年)、城東電車は、境川~錦糸堀間開通。こちらは、


都電地図。^±^ノ

都電地図です。内容は以下の通りです。
昭和35年・都電とトロリーバス地図(4枚)、昭和43年都電(4枚)、昭和46年都電(1枚)
下記をクリックしてください。^±^

都電地図。^±^ノ 
 
都電目次。^±^ノ



どうでもいい余話。^±^;


これは前世は「城東電車」と呼ばれてました。
主に亀戸から南側の江東区を走っていましたが、都電と合併されたために、廃止を余儀なくされました。
もしも都電と合併してなかったら、専用軌道もあったゆえ、私鉄として残っていたかもしれませんね。
須田町までならまだしも、葛西橋から亀戸までは、私鉄としても成立できたはず。
ましてやちょっと交通に不便な場所なので、なおさらです。
東急世田谷線のように、うまくいったかも。^±^;
ああ、もったいない。^±^;



とでんものがたり。^±^ノ

写真は、1024ピクセルのサムネイル版で、やや大きな写真です。
クリックしていただければ、より大きな画像となります。

どちらも1954年(昭和29年)6月10日です。

亀戸の地図です。
20180331・都電29系統・S290610・亀戸

砂町の地図です。
20180331・都電29系統・S290610・砂町

この通り、道路に沿った箇所ばかりでないのに、廃止するのはどうだったか・・・。
例えば、水神森から大島三丁目と、境川から葛西橋などは、むしろ都電優先の道路にして・・・。
都電専用の箇所も多かったこと、亀戸から南北の交通が不便であることを踏まえて。
都電と車と、うまく共存させて、都電を生かすことができなかったのか、と思うのです。
土地活用が出来そうなだけに、本当にもったいない気がします。

「どうでもいい余話」で「もったいない」と言った所以でした。^±^ノ

そして、「もったいない」というより、「おいてけ~」って話。^±^;
「錦糸堀」の由来は、もともと、「岸堀」が訛った(なまった)ことから来ているらしいです。錦糸堀から、現在の「錦糸町」になったようです。
怪談噺のひとつ、「おいてけ堀」はこの堀のことと言われてます。
町人たちが錦糸町あたりの堀で釣り糸を垂れたところ、非常によく釣れたので、気をよくしてどんどん釣っていると、夕方、帰り際に、堀の中から「置いていけ」という恐ろしい声がしました。
魚籠(びく)を置きっぱなしにして帰る者もいましたが、持って帰った者が家に帰って魚籠を覗くと、あれほど連れていた魚が1匹もいなかった、という話です。
ほかにも、持って帰って金縛りにあう話、魚籠を持ったまま逃げようとしたところ、水の中から手が伸びて来て、堀に引きずり込まれた話など、諸説あります。

~~~~~~~~~~

とでんものがたり24=都電になってその②=悲惨な戦争の中で・2

軍歌と日の丸に送られて多くの青年が戦地に赴くのに、町内会で電車を借り切って出兵兵士を送り出すこともありました。
1945年(昭和20年)の3月から5月にかけて、東京に大空襲が襲うと、東京はたちまちにして、火の海に・・・。
都電の被害は、車両消失602両、軌道損壊(そんかい)56か所、電線路の被害は149キロにまで及びました。
戦争とともに都電もボロボロに傷つき、それでも兵士を励ましたのでしょうけど、誰もこんな戦争なんか、こんな戦争なんか望まないでしょう。
他人の生き死にをないがしろにする権利なんて、誰にもないんですから。
 

とでんものがたり・28系統=錦糸町駅~都庁前

28系統=錦糸町駅~都庁前=錦糸町駅~日本橋、昭和47年(1972年)11月12日廃止・日本橋~丸ノ内北口、昭和44年(1969年)10月26日廃止・丸ノ内北口~都庁前、昭和44年(1969年)3月27日廃止

注釈
1.大体1950年代の地名、26系統があったころの、昭和27年(1952年)5月21日以前と考え、当時の地名の電停名で載せてます。
2.( )は、地名の変更・電停変更等による改名後の電停名です。
3.【 】は、新しく設置された電停名です。
4.この系統で、廃止された日時別に、色分けで示しています。

赤色=昭和47年(1972年)11月12日廃止
紫色=昭和44年(1969年)10月26日廃止
青色=昭和44年(1969年)3月27日廃止

錦糸町駅前=錦糸堀=毛利町=住吉町二丁目=猿江町=扇橋二丁目=千田町=千石町=豊住町(豊住橋)=【深川平井町(東陽五丁目)】=東陽公園=洲崎=木場三丁目(木場五丁目)=木場一丁目(木場二丁目)=富岡町=不動尊前=門前仲町=永代二丁目=佐賀町一丁目=永代橋=新川一丁目=茅場町=日本橋=呉服橋=丸ノ内一丁目=丸ノ内北口=丸ノ内南口=都庁前



昔の東京の路面電車。^±^ノ

1.=は、都電が走ってた区間です。
2.~は、都電が早々と廃止された区間です。
3.×は、廃止された電停です。
4.( )は、その後に改正された電停名です(わかりやすいように)。
5.(←注釈)は、注釈入りです。
6.?は不明のもの、位置不明、もしくは電停が一致しているか不明など

青緑色=1923年(大正2年)12月、東京市電。

門前仲町=永代二丁目(黒江町)=佐賀町一丁目(相川町)=永代橋=新川一丁目(霊岸橋)=茅場町=日本橋=呉服橋=呉服橋ステーション前(丸ノ内一丁目)

茶色=1935年(昭和10年)、東京市電末期。
深緑色=撤廃路線。

錦糸堀=毛利町=住吉町二丁目=猿江町=小名木川橋(扇橋二丁目)=千田町=化学工業学校前(千石町)=豊住町=東陽公園前=洲崎=木場町三丁目=木場町一丁目=富岡町二丁目(富岡町)=不動尊前=門前仲町=永代二丁目=佐賀町一丁目=永代橋=新川一丁目=茅場町=日本橋=呉服橋=丸ノ内一丁目=降車口前(丸ノ内北口)=乗車口前(丸ノ内南口)=市役所前(都庁前)~東京駅引込線~乗車口前(丸ノ内南口)※

注釈 
東京駅乗車口~市役所前(都庁前)・・・三菱銀行、三菱銀行方面に伸びる路線があった、1944年(昭和19年)5月4日廃止。
1923年(大正2年)12月、市電の開通区間は、門前仲町~呉服橋ステーション前(丸ノ内一丁目)の間。
1935年(昭和10年)、錦糸堀始発。
※東京駅引込線は、乗客が乗れるかどうかは不明。



都電地図。^±^ノ

都電地図です。内容は以下の通りです。
昭和35年・都電とトロリーバス地図(4枚)、昭和43年都電(4枚)、昭和46年都電(1枚)
下記をクリックしてください。^±^

都電地図。^±^ノ 
 
都電目次。^±^ノ



どうでもいい余話。^±^;


錦糸町駅と錦糸堀電停間、バカみたいに近かったです。
京葉道路を渡りきったところが次の電停でしたから、実質上、100メートルなかったのでは?

ちなみに、晩年、都電廃止するというので、わざわざこの都電を乗りに行った記憶があります。
日本橋から錦糸堀まで乗って、錦糸町駅まで歩きました。
結果、信号待ちしていた都電よりも早く錦糸町駅に到着しました。
バカみたい。^±^;
都電廃止するのに終点まで乗らないお前のほうがバカだぞ!(゚Д゚)ノ。x±x。



とでんものがたり。^±^ノ

写真は、1024ピクセルのサムネイル版で、やや大きな写真です。
クリックしていただければ、より大きな画像となります。

「東京駅」の比較です。

1960年(昭和35年)2月1日です。
20180331・都電28系統・S350201・東京

1969年(昭和44年)7月です。
20180331・都電28系統・S440700・東京

都庁前から東京駅丸ノ内北口、日本橋にかけて、廃止区間が細かかったようです。
これはWIKIでも出ていないのですが、昭和44年7月版の「ニッチ」の都電路線図と同じく千代田区の地図を見ると、都電は「丸ノ内北口」止まりになっています。
これは28番の当系統だけでなく、31番系統の三ノ輪橋~都庁前の都電も同様で、「丸ノ内北口」止まりです。
また、昭和44年2月版の昭文社の地図によれば、都電は「都庁前」まで走っており、この間に、都庁~丸ノ内北口間が廃止縮小されたようです。
この年で都電を廃止実施しているのは、昭和44年10月26日の「第3次廃止」と、昭和44年3月27日の「第2次の②」の廃止だけのようです。
ということは、3月27日に都庁前~丸ノ内北口間が廃止され、引き続き、10月26日に丸ノ内北口~日本橋・三ノ輪橋間が廃止された模様です。
まるで「ブタの細切れ」のようにブツブツと、本当に短い期間で、細かく廃止されていたようです。
別に都庁まで走らせていいと思いますが、どうしてこんなに細かく電車を切っていったのでしょうか。
不思議です。^±^;
てか、「ブタの細切れ」って・・・^±^;

昭和44年3月までは、都電は「都庁前」まで行ってたのですが、どうして急に「丸ノ内北口」止まりにしたのか、謎です。
せめて次の「丸ノ内南口」まで行ってもいいじゃないか、と。^±^;
そのヒントは東京駅にあるかな、と、「1969年、丸ノ内」の検索で調べてみました。
すると、三菱地所保有の「丸ノ内ビルヂング(丸ビル)」が、以下の通り、工事を行っている、とあります。

「1969年(昭和44年)には地下2階部分の増築を行っており・・・。」

手がかりはこの箇所じゃないかと思います。^±^ノ
地図で見ると、丸ノ内北口に「新丸ビル」が、南口に「丸ビル」がありますよね。
北口の「新丸ビル」は手掛けてないので、工事を行う必要がありませんね。
しかし、丸ノ内口の南側にある「丸ビル」はどうしても大規模な工事をしなければならないですよね。
すなわち、丸ビルの地下を改修工事するにあたり、都電の、「丸ノ内南口」電停を含めた箇所の土地を通行止めとする必要が出てきて、やむなく、都電を「丸ノ内北口」止まりにしたのではないか、と推測します。
「こんなに廃止区間を細かく切らなくても」、と思っていたのですが、こんな事情があったのではないか、と推測します。
土地が必要であったならば、しょうがないですよね。

・・・うーん、しょうがない。^±^;

本当はまだすっきりしないですが・・・。^±^;・・・あくまでも、思い込みに過ぎないからね

「洲崎」。
古くは「深川洲崎十万坪」と呼ばれた海を望む景勝地だったのですが、明治21年(1888)に根津から遊郭が移転し、1958年(昭和33年)の売春防止法成立まで吉原と並ぶ都内の代表的な遊廓でした。
向島も、「すざき」があるが、向島のほうは「須崎」と字があてれらています。こちらも遊郭でしたね。

「門前仲町」。
こちらは、富岡八幡宮別当寺の永代寺の門前町として栄えたので、この名前が付きました。
永代寺は、江戸時代には富岡八幡宮の別当寺として栄えたのですが、明治初年の神仏分離により廃寺となりました。
現在あるのは、1896年(明治29年)、旧永代寺の塔頭の吉祥院が名称を引き継ぎ、再興されたものです。
ちなみに、この辺りの「深川」は、この地の開発人である深川八郎右衛門の名前に由来しています。

~~~~~~~~~~

とでんものがたり23=都電になってその①=悲惨な戦争の中で・1

1943年(昭和18年)7月、東京市は東京都となって電車も「都電」を名乗ります。
ところが、世の中は、軍需工場の電力を優先するため、都電の一部を撤廃せざるを得なくなります。
都電の従業員の多くは戦地に駆り出され、残った者も「産業戦士」として不眠不休で働かされる毎日でした。
「生活必需物資統制令」により、都電も旧式まで引っ張り出され、配給品の運搬にあたりました。
 

とでんものがたり・27系統=三ノ輪橋~赤羽

27系統=三ノ輪橋~赤羽=三ノ輪橋~王子駅前は「都電荒川線」として現存・王子駅前~赤羽、昭和47年(1972年)11月12日廃止

注釈
1.大体1950年代の地名、26系統があったころの、昭和27年(1952年)5月21日以前と考え、当時の地名の電停名で載せてます。
2.( )は、地名の変更・電停変更等による改名後の電停名です。三ノ輪橋~王子間は現存する電停名です。
3.【 】は、新しく設置された電停名です。
4.この系統で、廃止された日時別に、色分けで示しています。

黒色=現存
赤色=昭和47年(1972年)11月12日廃止

三ノ輪橋=【荒川一中前】=三河島二丁目(荒川区役所前)=三河島(荒川二丁目)=三河島八丁目(荒川七丁目)=町屋一丁目(町屋駅前)=町屋二丁目=下尾久(東尾久三丁目)=熊ノ前(熊野前)=宮ノ前=小台=尾久六丁目(荒川遊園地前)=荒川車庫前=梶原=栄町=王子駅前=王子二丁目=王子三丁目=王子四丁目=神谷橋(王子五丁目)=北区神谷町=王子北町(神谷三丁目)=志茂町一丁目(志茂一丁目)=志茂町三丁目(志茂二丁目)=岩渕町一丁目=赤羽



昔の東京の路面電車。^±^ノ

1.=は、都電が走ってた区間です。
2.~は、都電が早々と廃止された区間です。
3.×は、廃止された電停です。
4.( )は、その後に改正された電停名です(わかりやすいように)。
5.(←注釈)は、注釈入りです。
6.?は不明のもの、位置不明、もしくは電停が一致しているか不明など

茶色=1935年(昭和10年)、東京市電末期。

三ノ輪橋~千住間道(三河島二丁目)~三河島~博善社前(三河島八丁目)~稲荷前(町屋一丁目)~町屋(町屋二丁目)~下尾久~熊野前~宮ノ前~小台渡(小台)~荒川遊園前(尾久六丁目)~船方前(荒川車庫前)~梶原~飛鳥山下(栄町)~王子駅前~柳田×~榎町(王子二丁目)~尾長橋(王子三丁目)~西町(王子四丁目)~神谷橋~宮堀(北区神谷町)~北町(王子北町)~下村(志茂町一丁目)~七溜(志茂町三丁目)~岩淵本宿(岩渕町一丁目)~赤羽(王子電車)

注釈
この路線は元は王子電車。



都電地図。^±^ノ

都電地図です。内容は以下の通りです。
昭和35年・都電とトロリーバス地図(4枚)、昭和43年都電(4枚)、昭和46年都電(1枚)
下記をクリックしてください。^±^

都電地図。^±^ノ 
 
都電目次。^±^ノ



どうでもいい余話。^±^;


こちらは赤羽~王子をのぞいて現存しています。
いわゆる「都電荒川線」の一部ですが、現在では「さくらトラム」という呼び名もあるようですね。
都電荒川線は、たまに利用します。^±^
荒川区方面や王子のほうに行くには便利なんです。^±^ノ



とでんものがたり。^±^ノ

写真は、1024ピクセルのサムネイル版で、やや大きな写真です。
クリックしていただければ、より大きな画像となります。

1954年(昭和29年)6月10日です。
王子駅周辺です。
20180331・都電27系統・S290610・王子

昭和9年の鉄道地図です。王子電車です。
20180331・都電27系統・王子電車・赤羽

この路線は、元々、「王子電車」です。
正確に言えば、「王子電気軌道」と呼びます。
路面の赤羽線の部分は最後まで残ってたのですが、最終的に廃止されました。

昭和29年の地図では、「王子三丁目」の電停名は「尾長橋」になっていますね。
「熊野前」、「宮ノ前」、「梶原」・・・。この電停名は王電の名残でしょう。
例えば、「梶原」。現在では町名も残っていないのに。
早稲田に行く路線にも、「庚申塚」、「巣鴨新田」、「向原」などがありますが・・・。
都電というより、私鉄に近い電停名ですよね。^±^

参考までに、「梶原」の由来は、「梶原堀之内村」だったのです。隣の荒川車庫も、昔は「船方」と呼ばれ、昔は「船方村」でした。
この梶原堀之内の「堀之内」と、「船方」を合わせて「堀船」となり、現在も町名に残っています。
そもそも、「梶原」というのは、下総の柿岡城主、梶原政景氏のことで、その塚があるようです。福性寺の本堂に「地名発祥梶原塚」というのがあります。
船方は、江戸時代に、有名な船頭の一族がいたために付けられた説があります。

そういえば、伊東四朗さんはこの路線を「王電」と呼ぶことがあります。
この呼び方、粋で素敵です。^±^ノ

「志茂」。
こちらは、北区編入前、この付近は「北豊島郡岩淵町大字下」で、その小字である、「字志茂」からきています。なお、同大字内に、「字加美」もあり、こちらは「上」を示しているものかと思います。
ただ、本当の由来は、荒川の渡し場があった岩淵宿の下流にあったことによる者と思われます。

「三河島」。
三河から連れてきた徳川家康の家臣が住んだのでこの名前がついたという説と、地理上、3本の川に挟まれているのでこの名前がついたという説がありますね。
ただ、3本の川とは、荒川とどことどこなのでしょうかね。自説ですが、本来、「三河島」が東京都荒川区三河島町よりも広域だったと考え、荒川・隅田川(大川)・音無川(思川=石神井用水)じゃないかなと思ってるのですが。
勝手な推測で申し訳ないです。+±+

今回は「とでんものがたり(歴史編)は休みです。^±^;
休むなよな!(゚Д゚)ノx±x。
 

磐梯旅行記9・吾妻小富士&ワンゴの日、飛び入り参加

長い間お付き合いいただいた磐梯の旅も、いよいよ最終回です。^±^;

最後は吾妻小富士に登ってます。
201080617・磐梯旅行記9-01

何回か折れた階段状の道を、ひたすら登ります。
201080617・磐梯旅行記9-02

だいぶ登りました。^±^;
もう浄土平の広場もこんなに小さく見えます。
201080617・磐梯旅行記9-03・振り向くと

7分ほどで、吾妻小富士の山頂に到着。^±^ノ
一気に登りました。^±^ノ
普通は10分くらいかかるとみていいと思います。
201080617・磐梯旅行記9-04

山頂は時折雲がかかって。
201080617・磐梯旅行記9-05・すぐ山頂

山頂から浄土平を見るとこんな感じ。
201080617・磐梯旅行記9-06・浄土平

山頂から噴火口を見ると、すり鉢状でした。^±^;
201080617・磐梯旅行記9-07・すり鉢風

外輪山も1周できますが、この時点ではどのくらい時間がかかるかわからなかったので途中まで。
201080617・磐梯旅行記9-08

そうそう、安中の叔父と、中野の叔父は、写真を撮ってるかなあ。
201080617・磐梯旅行記9-09

ああ、いますね。^±^;
201080617・磐梯旅行記9-10

まあ、お釈迦様の手のひら、ですがね。^±^;
えらそうにっ、お前はよっ!(゚Д゚)ノx±x。
調子に乗るなよなっ!(゚Д゚)ノ。x±x。
201080617・磐梯旅行記9-11・お釈迦様の手のひら風

せっかくなんで、あの変な形の大きな岩場の真上まで行ってみようかな。
201080617・磐梯旅行記9-12・変な岩の真上まで

しかし、思ったよりも道が滑ります。+±+
201080617・磐梯旅行記9-13・結構滑る。+±+

5分ほどで、岩の上に到着。^±^ノ
しかし、覗くと怖いなあ。+±+
いっそのこと、すり鉢の底に落ちちゃえよなっ!(゚Д゚)ノx±x。・・・コワイヨ~
201080617・磐梯旅行記9-14・覗くと怖い。x±x

帰りも又怖いです。+±+
滑りやすいうえに、ここは道幅が狭かったよなあ。x±x
どうせなら、風にあおられちまえよっ!(゚Д゚)ノx±x
201080617・磐梯旅行記9-15・道幅も狭い。x±x。

滑るので、こわごわ歩きます。^±^;
201080617・磐梯旅行記9-16・こわごわ。x±x

さらに、そのまま、小富士の山頂から降りてます。
201080617・磐梯旅行記9-17

浄土平が大きくなってきました。
201080617・磐梯旅行記9-18

下りは5分で降りました。^±^ノ
もう麓の登山口です。
201080617・磐梯旅行記9-19

ところが、そこで、叔母や母たちを発見。
皆をエスコートしつつ、もう一度登ることにしました。
再び、吾妻小富士の山頂です。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記9-20

山頂で、見るとワンちゃんにも出会えました。
ワンちゃんたち、山頂を一周したそうです。^±^;
201080617・磐梯旅行記9-21

叔母や母は、山頂のケルンを積んでました。^±^;・・・一つ積んでは親のため~
201080617・磐梯旅行記9-22

帰り道。すれ違いに、先ほどとは別のワンちゃんに出会いました。
これから登るそうです。^±^;
201080617・磐梯旅行記9-23

こちらは、さすがに2往復すれば、もうお腹いっぱい。+±+
201080617・磐梯旅行記9-24

吾妻小富士の全容です。^±^;・・・荒幡富士よりは大きいわ
201080617・磐梯旅行記9-25

またもや、浄土平の標識です。
名残惜しいですが、これで旅は終了です。
201080617・磐梯旅行記9-26

我々は安中の叔父を高崎まで送り、中野の叔父の車とは、その場で別れました。
高崎には夜の19時半過ぎに到着。
安中の叔父、沼袋の叔父・叔母と夕食をとりました。
「ラーメンつけ麺承太郎」です。^±^ノ・・・ラーメン、ツケメン、ボクイケメン
201080617・磐梯旅行記9-27

こちらのラーメン、おいしかったなあ。^±^
201080617・磐梯旅行記9-28

サムネイル版です。じっくり吟味ください。^±^ノ
上の部分でですが、「肉マシ(+3枚200円)マシマシ(+5枚300枚)」とあります。
「5枚300枚」って・・・^±^;・・・5枚食べたら300枚返さなくちゃいけないのかなあ
揚げ足取りだなっ、お前はよっ!(゚Д゚)ノ。x±x。
201080617・磐梯旅行記9-29・中

でも、ああ、おいしかった。^±^;
そりゃ、お前はおいしいだろうよっ!(゚Д゚)ノx±x。
「皮肉」という肉もたっぷりきかせてよっ!(゚Д゚)ノx±x
201080617・磐梯旅行記9-30

いかがでしたか。^±^ノ
今回も、ああ、楽しかった。^±^
そりゃあお前は楽しいだろうよっ!(゚Д゚)ノx±x。・・・イツモコノパターンネ


~~~~~~~~~~~~

そうそう、今日は15日で、「ワンゴの日」ですね。
 今回も、ワンゴの日(=15日)に飛び入り参加です。^±^ノ

というわけで、tanega島さん、よろしくお願いしますね。^±^

ワンゴ写真は、吾妻小富士に登ってたワンちゃん。
かわいいので、もう一度、1280ピクセルの大きなサムネイル版でお届けします。
クリックして、大きな画像でお楽しみくださいね。

吾妻小富士山頂にて。
20180617・磐梯旅行記ワンゴ1

吾妻小富士から降りたときにすれ違いました。
20180617・磐梯旅行記ワンゴ2

どっちもかわいかったなあ。^±^ノ
 
以下はおまけです。^±^ノ

うちのカメさん、その1。
20180617・磐梯旅行記ワンゴ3

うちのカメさん、その2。
20180617・磐梯旅行記ワンゴ4

浄土平のイソツツジ。
20180617・磐梯旅行記ワンゴ5・イソツツジ

浄土平のイワカガミ。
20180617・磐梯旅行記ワンゴ6・イワカガミ

いかがでしたか?^±^ノ
 

磐梯旅行記8・浄土平湿原

引き続き、2018年6月16日からの磐梯旅行の様子です。^±^;
浄土平湿原を歩いています。

吾妻山地域案内です。
サムネイル版です。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記8-01・中

時間があれば桶沼まで行こうと思ったのですがね。^±^;
だったら指をさすなよな!(゚Д゚)ノ。x±x。
201080617・磐梯旅行記8-02・指は刺したけど行けず

浄土平湿原の橋を渡ると赤い川が・・・。
201080617・磐梯旅行記8-03

これはイソツツジの花です。
201080617・磐梯旅行記8-04・イソツツジ

ご存知、ワタスゲですね。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記8-05・ワタスゲ

ここでようやく昼食です。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記8-06・ここで昼食

食事をしているとまた、突然晴れました。
201080617・磐梯旅行記8-07

池塘(ちとう)でしょうかね。
201080617・磐梯旅行記8-08・池塘

先ほど渡った、赤い川です。
霧の中とはまた雰囲気が変わりますね。
201080617・磐梯旅行記8-09

霧が晴れたので、沼袋の叔父と吾妻小富士に登ってみることに。
201080617・磐梯旅行記8-10

こちらは駐車場の奥、一切経山(いっさいきょうざん)の登山口でもあります。
201080617・磐梯旅行記8-11

登山道の雰囲気もいいですね。
今回は時間がないので登りません。登るのであれば半日以上は欲しいところです。
201080617・磐梯旅行記8-12

浄土平ビジターセンターです。
こちらでパンフレットをいただきました。
201080617・磐梯旅行記8-13

目的の吾妻小富士です。
比較的すぐに登れそうです。^±^;
201080617・磐梯旅行記8-14・吾妻小富士に

その前にちょっとトイレです。
201080617・磐梯旅行記8-15

トイレを済ませて、駐車場に余計なパンフレットを置いてゆきます。
201080617・磐梯旅行記8-16

駐車場の出入り口に、バス停がありました。
201080617・磐梯旅行記8-17

福島交通の「浄土平」バス停です。
201080617・磐梯旅行記8-18

時刻表を見ると、1日2本。^±^;・・・しかも季節運行かよ
サムネイル版です。^±^;
201080617・磐梯旅行記8-19・中

浄土平の看板です。
201080617・磐梯旅行記8-20

吾妻山の危険を促す看板です。
201080617・磐梯旅行記8-21・中

それではそろそろ、吾妻小富士に登りましょうか。^±^;
201080617・磐梯旅行記8-22

吾妻スカイラインを渡ると、そこは吾妻小富士の登山口です。^±^;
201080617・磐梯旅行記8-23

指なんかさしてないで、早よ登れやっ!(゚Д゚)ノx±x。
201080617・磐梯旅行記8-24

明日はいよいよ、最終回です。^±^;・・・どうでもいいけど、ずいぶんもったいぶったなあ
吾妻小富士に登って、旅行を終えます。^±^
 

磐梯旅行記7・三湖パラダイス~浄土平

2018年6月16日から行った、磐梯旅行の様子です。^±^ノ

桧原湖を一周する途中、カメさんを発見。^±^ノ
よく見りゃ、ボートじゃんかよっ!(゚Д゚)ノx±x
201080617・磐梯旅行記7-01

桧原湖を一周すると、ちょうどお昼になりまして。
吾妻スカイラインの浄土平へ持って行くお弁当を買い込みます。
201080617・磐梯旅行記7-02

途中、レークラインを経由しました。

「三湖パラダイス(さんこぱらだいす)」という3つの湖の見える場所です。
サムネイル版です。
あいにく、小野川湖が見える場所は通過してしまいました。+±+
戻れよなっ!(゚Д゚)ノx±x。
201080617・磐梯旅行記7-03・中

こちら、案内図の写真。
201080617・磐梯旅行記7-04

実際に見た、秋元湖と磐梯山です。
201080617・磐梯旅行記7-05・秋元湖と磐梯山

こちら、案内図の写真。
201080617・磐梯旅行記7-06

実際に見た、桧原湖です。
201080617・磐梯旅行記7-07・桧原湖

車はレークラインを過ぎ、下ってから再び吾妻スカイラインを登り返すと・・・。
そこが国見台(くにみだい)です。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記7-08・国見台

霧がかかる山の様子です。
201080617・磐梯旅行記7-09

その一方では青空。^±^
201080617・磐梯旅行記7-10

山の天気は変わりやすいですね。^±^;
201080617・磐梯旅行記7-11

さらに車は進み、今日のメインの浄土平(じょうどだいら)に到着。
201080617・磐梯旅行記7-12・浄土平

ビジターセンターの裏山、噴煙を上げてます。^±^;
201080617・磐梯旅行記7-13

駐車場に車を止めたら、また雲がかかってまいりました。
201080617・磐梯旅行記7-14

こちら、一行は、浄土平湿原に向かいます。
201080617・磐梯旅行記7-15

地上に雲が流れ、前日の雄国沼とはまた違った不思議な景色です。
201080617・磐梯旅行記7-16

木道の下に、イワカガミが咲いてました。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記7-17・イワカガミ

木道の先は霧の中。^±^;
201080617・磐梯旅行記7-18

浄土平湿原の案内です。
サムネイル版です。
201080617・磐梯旅行記7-19・中

ワタスゲです。雄国沼でも咲いてましたが、こちらのワタスゲの雰囲気もいいですね。
201080617・磐梯旅行記7-20

今日も又、ちょっと幻想的な写真が撮れましたよ。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記7-21

と思ったら、間もなく、浄土平湿原は晴れだしました。 
201080617・磐梯旅行記7-22

一切経山(いっさいきょうざん)では噴煙が上がる一方で。
201080617・磐梯旅行記7-23

ほぼ横並びの山で、鎌沼の方でしょうか、万年雪が見られました。
対照的な景色に感動です。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記7-24

次回は、浄土平湿原の様子です。^±^

磐梯旅行記6・桧原湖にて

2018年6月16日からの磐梯旅行の様子です。^±^;
6月17日になりました。今回は桧原湖の様子です。

クラッシック・イン・ロビンソンの朝食です。
朝もがっつりいただけます。
がっつりなのに、味はさっぱりとして、いくらでも食べられちゃいます。
201080617・磐梯旅行記6-01

いよいよ、2日目の出発です。
カメさんも車に乗せて、いざ。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-02

途中、雄子沢登山口(おしざわとざんぐち)、またの名を「せせらぎ探勝路」という、雄国沼まで歩く(沼まで1時間20分ほど)コースがあるのですが、観光バスやら、車の駐車やらで渋滞してました。
そりゃあ、今日は天気がいいし、絶好のハイキング日和ですが、人が多いということは、前日のようにのんびりと沼を満喫できなかった、ということですよね。
コースも雄国沼を初日にしてよかったです。^±^ノ
実は、吾妻スカイラインから入る、逆のコースも考えていたのですが。
もしも逆コースだったら、幻想的な写真も撮影できなかったし、高山植物の見学もうんざりとまではいかないまでも混んでいて満喫はできなかったでしょう。木道も狭いから、撮影どころじゃなかったかも。いずれにせよ、前日ほど楽しめなかったでしょうね。
すべてにおいて、ラッキーでした。^±^ノ

さて、こちらは、福島県耶麻郡北塩原村大字檜原字南黄連沢山(ふくしまけんやまぐんきたしおばらむらおおあざひばらあざみなみおうれんさわやま)。
桧原湖沿岸南西側、「道の駅裏磐梯」の北側にある沼です。
仮に、「南黄連沢山沼(みなみおうれんさわやまぬま)」としておきましょう。^±^;
この沼がなかなか味わいがあります。
201080617・磐梯旅行記6-03・沼の名前不明

サムネイル版です。1280ピクセルの大きな写真です。
ゴイサギが飛んでいますが、見つかりますか?^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-04・ゴイサギが飛んだ・大

答えはこちら。^±^ノ
小さくて見えねえよっ!(゚Д゚)ノx±x。
201080617・磐梯旅行記6-05

そんな名もなき沼ですが、水鏡もきれいでした。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-06・きれいな空

そして、桧原湖沿岸を北へと進みます。
「史蹟細野牧場跡」とありましたが。
201080617・磐梯旅行記6-07

「私有地につき、立入禁止」でした。+±+
201080617・磐梯旅行記6-08

わずかに北に行くとキャンプ場があるのですが、このあたりの桧原湖の景色もよかったです。
201080617・磐梯旅行記6-09・桧原湖

釣り船も浮かんでました。^±^ノ
大きい島は「中の島」かなあ。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-10

コウリンタンポポ、発見。(゜∀゜)ノ
201080617・磐梯旅行記6-11・コウリンタンポポ

これは、ミヤコワスレかしら。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-12・ミヤコワスレ

湖のほうに行くと、キショウブの花です。
201080617・磐梯旅行記6-13・キショウブ

普通のショウブも咲いてます。
201080617・磐梯旅行記6-14・ショウブ

車は野鳥の森のキャンプ場で駐車。
201080617・磐梯旅行記6-15

バス停もありましたよ。
201080617・磐梯旅行記6-16

「野鳥の森」という停留所でした。
サムネイル版です。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-17・中

こちらのキャンプ場には、清水が沸いていまして。
201080617・磐梯旅行記6-18

水を管理されている、お店のご厚意で、カメさんにもおいしいお水のご相伴(しょうばん)を。
201080617・磐梯旅行記6-19

安中の叔父、中野の叔父は、カメラに夢中。
201080617・磐梯旅行記6-20

お水をいただいたお礼で、サイダーを買ったら。^±^ノ
こちらのお店の奥様が植物がお好きで、叔母とともに、意気投合。
201080617・磐梯旅行記6-21

かわいい、クリンソウを見せていただきました。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-22・クリンソウ

白いクリンソウもありました。
なお、クリンソウを売ってほしいと思ったのですが、クリンソウは土地に好き嫌いがあるらしく、育てるにはその環境によって難しいみたいです。
1年目はうまく咲いても、2年目から咲かない場合もあるらしいのです。
201080617・磐梯旅行記6-23

こちらは、スズラン。
これも可愛い花でした。^±^ノ
201080617・磐梯旅行記6-24・スズラン

なお、お店のご主人様もまたカメラがご趣味。^±^ノ
気さくで、おいしいお水もいただけて、こちらもありがたかった~。
この場をお借りして、どうもありがとうございました。^±^ノ

次回は、三湖パラダイスから、いよいよ佳境の吾妻スカイラインへ。
プロフィール

てくっぺ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
livedoor 天気
翻訳
QRコード
QRコード
ブログランキング
にほんブログ村ランキング参加用リンク
タグクラウド
メンバーリスト
ゲームニュース
タグふれんず
livedoor × FLO:Q
あし@
エディタ・コミュニティ
edita.jp【エディタ】
ちょび読み~^±^ノ
雑草倶楽部

  • ライブドアブログ