2016年01月28日

クローン病と結婚

結婚については、随分悩みました。

特に、食生活、そして、妊娠•出産についてです。


まず食事…。

私は、クローン病になってからは、食事のことが原因で親と別居しました。

親と一緒に住んでいると、お菓子や揚げ物など、おいしい誘惑に自分がどうしても負けてしまうからでした。

なので、彼との共同生活を初めは心配しました。

でも、慣れてきた今、

•お菓子は目につくところに置かない

•お菓子を目の前で食べる時は、妻の許可を取る(笑)

が、暗黙の了解になり、なんとかうまくやれています。

あぁ、協力してくれる夫に、もっと感謝しないといけないなぁ


そして、妊娠•出産について…。

私は、生理が定期的にこないことがほとんどでした。

クローン病で体重が激減したことも関係したのかもしれません。

ひどい時は2年とかこない時もありました。

あと、クローン病で入院し腹部エコーした時、影がうつり、調べると、卵巣に奇形種ができているということが分かりました。

その時点で、良性で、摘出する必要はないとのことでしたが、先生は「妊娠しづらいということも、可能性としてある」とおっしゃいました。


私は、彼に言いました。

本当に申し訳ないけれど、子どもを授かる自信がないと…。

彼は、一生2人の生活で構わないと言ってくれました。

そして、彼のご両親も、近い人に病気で子どもを諦めたご夫婦がいたようで、子どものことは全く気にしないとおっしゃってくださいました。

今も、いつも私の体を気遣って、時間がある時は子どもをよく面倒みてくれて、ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。


結婚は、育った環境が全く違う者同士が一緒に暮らすので、苦労もたくさんあります。

子どもが生まれる前は、ケンカしたことのない私たちでしたが、ケンカもするようになり…。

でも、それが、より本物の家族になった!という感じもしていて、悪くないなと思っています。



(こうやって、振り返って文章を打っていると、あの時の夫の言葉や、今に、感謝しなきゃなという思いが生まれて…振り返ってみてよかったです。)


tekuteku_days at 17:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)結婚 

2016年01月12日

クローン病と恋

幸い(?)、クローン病になってから好きになった人は1人(現在の夫)でした。

出会って数ヶ月後、お付き合いすることになりました。

本当は、お付き合いする前に病気のことを打ち明けないといけないのに、できませんでした。


隠していることに罪悪感がいっぱいで

「今日こそは、病気のことを打ち明けよう」と、決心して、でも、顔を見たら、言えなくて…。

それを繰り返して、なんと3ヶ月も経ってしまいました。
(これって、恋愛詐欺?


その間、食事をどうしていたかというと、

「今日はもう食べてきて、お腹一杯!」とか、「今は食欲ないから、大丈夫」とか言って、彼が食べている所をニコニコ見ていました。

本当は、デート中にお腹痛くならないように、あまり食べずに彼に会っていたので、おなかがペコペコの時がほとんどでした。

でも、あの時は、会えるのが嬉しくて、おしゃべりが楽しくて、空腹も苦にならなかった。

恋ってすごい


あとは、バイキングのお店を選んで、自分の食べれそうなものを選んで、ちょこっと食べていました。

デートが台無しにならないように、長く一緒にいられるように。

そのために、お腹を壊さないよう、細心の注意を払っていました。


丸一日かけて、遠くに出かけることになって、そうなると、食事のことをごまかせない!

追いつめられ、もうこれ以上隠し通せない…と観念し、病気のことを白状しました。


それまで、クローン病のことを、不思議と怖いと思ったことはありませんでした。

クローン病と知って、長い間原因不明の下痢の理由がわかって、安心したほどでした。

病気について、あまり深く考えていませんでした。


でも、好きな人ができたら、いろんなことが怖くなりました。

相手がどう思うか。

もし、クローン病の私を受け入れてくれたとしても、

体調不良でたくさん迷惑かけるんじゃないだろうか。

相手の家族がどう思うか。

普段の食事はどうするのか。

考え過ぎだけど、もし、結婚なんて考えた時、普通に一緒に生活できるのか。

無事、妊娠、出産できるのか?

こんなことを、取り留めなく、ぐるぐる考えました。



夫に、何と話したか、実ははっきり覚えていません。

でも、大泣きしたのは覚えています。

病気の告知を受けた時より、治療の痛みの時より、一番涙が出ました。


今まで、病気のことを隠していて、本当に本当に申し訳なくて。

もしかして、これで嫌われて、明日からは会えなくなるのでは、と思って…。


ワンワン泣く私を、夫は「今までと何も変わらないよ」的なことを言って(実は夫がなんて言ってくれたか、これもはっきり覚えていないです。夫、ごめん…)、なだめてくれたのでした。



にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村


クローン病 ブログランキングへ


tekuteku_days at 12:49|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 

2016年01月06日

2016年の抱負

明けましておめでとうございます。

賑やかなお正月もあっという間に過ぎていきました。

普段通りの生活がスタートです。


今年の抱負は、


◇早寝•早起き

◇毎日ヨガする

◇ネットをする時は、メリハリよく、時間を決めてする

◇アーユルヴェーダを勉強し、生活の中で実践していく

  
にしました。
(ここに書くことで、自分を追い込んでいます…。)


食事もですが、睡眠と運動も、とても腸に良い気がする。

なんだか、すごく基本のことのようで恥ずかしいですが、やっと最近、身を持って実感できてきました。



最近は、ついつい、子育て中ということもあり、言い訳して、いろんなことが疎か気味でした

今年は、ちょっと気合い入れて、がんばろう!
(いつまで続くか分からないけれど…。)



毎年、家族と見に行く初日の出。

今年の初日の出は、素晴らしかったです。


みなさまにとって、素晴らしい一年になりますように


tekuteku_days at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)よもやま話 
記事検索