外食

2015年12月28日

お友達とランチ

先日、小さな子どもをお互い連れて、お友達とランチしてきました。

子どもがいるので、畳の個室がある、和食のお店をチョイス。

予約する時、ダメ元で

「1人は、お肉が食べられないのですが、お魚にしてもらえますか?」

と聞くと、快くOKしてもらいました


意外に、言ってみると、変更してくれるお店ありますね。

とってもうれしい!


そういえば、結納の時の料亭では、完全ベジタリアンの料理を用意してくれました。
(結納の時の私は、お魚も食べれない状態でした


でも、こんな風に落ち着いて外食できるようになったのは、ほんの最近です。

クローン病6年ぐらいまでは、食べるとすぐ、会食中の1〜2時間内にお腹を壊していました。

だから、気が気でなかったです

その頃は、食事に誘われると、断ることも多かったです。

あとは、「今日は食べてきて、今お腹いっぱいだから、飲み物だけでいいや!」と言って、難を逃れていました…。


今は、体調が良く、お魚料理であれば、全くお腹を壊さなくなりました。
(タルタルソースとか、アイスとか、卵•乳製品はまだまだお腹を壊してしまいますので、残しています。)

お腹を壊すとしても、会食中ではなく、5〜6時間後ぐらいなので、だいたいその時間は帰宅しているので、前より安心して外食できるようになりました。

昔の自分を考えると、夢のようです。

これが続くように、日々の体調管理、無理のない範囲で続けていけたらと思います。



にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村


クローン病 ブログランキングへ


tekuteku_days at 13:17|PermalinkComments(0)
記事検索