2016年01月12日

クローン病と恋

幸い(?)、クローン病になってから好きになった人は1人(現在の夫)でした。

出会って数ヶ月後、お付き合いすることになりました。

本当は、お付き合いする前に病気のことを打ち明けないといけないのに、できませんでした。


隠していることに罪悪感がいっぱいで

「今日こそは、病気のことを打ち明けよう」と、決心して、でも、顔を見たら、言えなくて…。

それを繰り返して、なんと3ヶ月も経ってしまいました。
(これって、恋愛詐欺?


その間、食事をどうしていたかというと、

「今日はもう食べてきて、お腹一杯!」とか、「今は食欲ないから、大丈夫」とか言って、彼が食べている所をニコニコ見ていました。

本当は、デート中にお腹痛くならないように、あまり食べずに彼に会っていたので、おなかがペコペコの時がほとんどでした。

でも、あの時は、会えるのが嬉しくて、おしゃべりが楽しくて、空腹も苦にならなかった。

恋ってすごい


あとは、バイキングのお店を選んで、自分の食べれそうなものを選んで、ちょこっと食べていました。

デートが台無しにならないように、長く一緒にいられるように。

そのために、お腹を壊さないよう、細心の注意を払っていました。


丸一日かけて、遠くに出かけることになって、そうなると、食事のことをごまかせない!

追いつめられ、もうこれ以上隠し通せない…と観念し、病気のことを白状しました。


それまで、クローン病のことを、不思議と怖いと思ったことはありませんでした。

クローン病と知って、長い間原因不明の下痢の理由がわかって、安心したほどでした。

病気について、あまり深く考えていませんでした。


でも、好きな人ができたら、いろんなことが怖くなりました。

相手がどう思うか。

もし、クローン病の私を受け入れてくれたとしても、

体調不良でたくさん迷惑かけるんじゃないだろうか。

相手の家族がどう思うか。

普段の食事はどうするのか。

考え過ぎだけど、もし、結婚なんて考えた時、普通に一緒に生活できるのか。

無事、妊娠、出産できるのか?

こんなことを、取り留めなく、ぐるぐる考えました。



夫に、何と話したか、実ははっきり覚えていません。

でも、大泣きしたのは覚えています。

病気の告知を受けた時より、治療の痛みの時より、一番涙が出ました。


今まで、病気のことを隠していて、本当に本当に申し訳なくて。

もしかして、これで嫌われて、明日からは会えなくなるのでは、と思って…。


ワンワン泣く私を、夫は「今までと何も変わらないよ」的なことを言って(実は夫がなんて言ってくれたか、これもはっきり覚えていないです。夫、ごめん…)、なだめてくれたのでした。



にほんブログ村 病気ブログ クローン病へ
にほんブログ村


クローン病 ブログランキングへ


tekuteku_days at 12:49|PermalinkComments(3)TrackBack(0)
記事検索