結婚

2016年01月28日

クローン病と結婚

結婚については、随分悩みました。

特に、食生活、そして、妊娠•出産についてです。


まず食事…。

私は、クローン病になってからは、食事のことが原因で親と別居しました。

親と一緒に住んでいると、お菓子や揚げ物など、おいしい誘惑に自分がどうしても負けてしまうからでした。

なので、彼との共同生活を初めは心配しました。

でも、慣れてきた今、

•お菓子は目につくところに置かない

•お菓子を目の前で食べる時は、妻の許可を取る(笑)

が、暗黙の了解になり、なんとかうまくやれています。

あぁ、協力してくれる夫に、もっと感謝しないといけないなぁ


そして、妊娠•出産について…。

私は、生理が定期的にこないことがほとんどでした。

クローン病で体重が激減したことも関係したのかもしれません。

ひどい時は2年とかこない時もありました。

あと、クローン病で入院し腹部エコーした時、影がうつり、調べると、卵巣に奇形種ができているということが分かりました。

その時点で、良性で、摘出する必要はないとのことでしたが、先生は「妊娠しづらいということも、可能性としてある」とおっしゃいました。


私は、彼に言いました。

本当に申し訳ないけれど、子どもを授かる自信がないと…。

彼は、一生2人の生活で構わないと言ってくれました。

そして、彼のご両親も、近い人に病気で子どもを諦めたご夫婦がいたようで、子どものことは全く気にしないとおっしゃってくださいました。

今も、いつも私の体を気遣って、時間がある時は子どもをよく面倒みてくれて、ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。


結婚は、育った環境が全く違う者同士が一緒に暮らすので、苦労もたくさんあります。

子どもが生まれる前は、ケンカしたことのない私たちでしたが、ケンカもするようになり…。

でも、それが、より本物の家族になった!という感じもしていて、悪くないなと思っています。



(こうやって、振り返って文章を打っていると、あの時の夫の言葉や、今に、感謝しなきゃなという思いが生まれて…振り返ってみてよかったです。)


tekuteku_days at 17:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)
記事検索