てれすこニュース

    カテゴリ: マスメディア

    0コメント
    1: 2018/06/27(水) 17:24:28.12 BE:132464407-2BP(1500)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    画像
    no title

    http://tvcap.info/2018/6/27/nn180627-1127520499.jpg
    https://mdpr.jp/news/detail/1775750
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1530087868/

    【一番右に全部持っていかれてる。。【画像】日テレ新人アナウンサー5人がテレビお披露目 超絶可愛いと話題に】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/06/25(月) 15:03:31.35 ID:UmEY8vU40 BE:135853815-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
    容疑者自宅と誤って報道 「確認ミス」テレビ朝日

     テレビ朝日は25日、栃木県那須烏山市で母親が自宅で息子の首を絞めたとして逮捕された傷害事件に関する23日のニュースで、
    事件とは無関係の建物を「母親の自宅」として放送した、と謝罪した。理由は「確認ミス」としている。

     25日の情報番組「ワイド!スクランブル」内で、下平さやかアナウンサーが「関係者と視聴者に迷惑を掛けたことをおわびします」と述べた。

    http://www.sankei.com/entertainments/news/180625/ent1806250002-n1.html

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1529906611/

    【【最近質の低下が酷いんじゃ。。。】テレ朝がまた誤報 無関係の建物を「容疑者の自宅」として放送 母親が息子の首を絞めた事件 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/06/10(日) 07:51:00.70 ID:OhJESmsb0 BE:448218991-PLT(13145)
    sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
     テレビと同じ番組をインターネットで流すNHKの「常時同時配信」が現実味を帯びてきた。
    ネットのみの視聴世帯に対する受信料新設も視野にNHKが平成31年度の実施を目指す中、
    政府の規制改革推進会議がまとめた答申が、「NHKの同時配信の是非について早期に結論を
    得る」と容認姿勢をにじませたためだ。実施に向けた布石が次々と打たれるが、肥大化による
    民業圧迫も懸念される。(大塚創造)

    「今、受信契約を結んでいる方を対象に同時配信をスタートさせたい」。NHKの上田良一会長が
    7日の会見でそう述べたように、同時配信は開始時、受信契約締結世帯向けの付加サービスと
    して行う方針だ。契約が確認できないネットのみの視聴世帯には画面にメッセージを表示して
    制限する。しかし、将来的にはテレビを持たないネットのみの視聴世帯にも負担を求める
    可能性は極めて濃厚だ。

     規制改革推進会議の答申を受けて今後は、総務省を中心に検討が進められる。
    同時配信実施には放送法の改正が必要となるが、昨夏以降、同時配信をめぐる動きは
    活発化している。

     まず、NHK幹部が同時配信について、「将来的に本来業務」などと発言。さらに、NHK会長の
    諮問機関「NHK受信料制度等検討委員会」も、ネットのみの視聴世帯に対する受信料新設に
    ついて「合理性がある」と答申した。
    http://www.sankei.com/entertainments/news/180609/ent1806090013-n1.html

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1528584660/

    【【いらないという人に押し売りをするのは。。。】NHK ネット受信料新設へ 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/06/08(金) 17:58:01.92 ID:NqlPtMc90 BE:478973293-2BP(1501)
    sssp://img.5ch.net/ico/imanouchi_2.gif
    テレビ朝日内部資料「女性社員の56%がセクハラ被害」の衝撃
    〈家に誘われる〉 〈身体を触られる。キスを迫られる〉 〈社内での過度なボディタッチ〉
    ──生々しい「被害報告」の数々。これは、テレビ朝日で行われたセクシャル・ハラスメントに関するアンケート結果
    に記された文言である。そこに書かれた衝撃的な実態からは、テレビ朝日のセクハラに寛容な体質が浮かび上がっ
    てくる。
     アンケートは、テレビ朝日労働組合が4月27日から5月11日の2週間にわたって実施したものだ。4月、財務省の福田
    淳一・前事務次官による同社女性社員への「胸触っていい?」「手縛っていい?」といったセクハラ発言が大きな問題
    となったことを受けて、組合がハラスメントの実態を把握するためにアンケートを行なったのである。
     調査はセクハラだけではなく、パワー・ハラスメントや、それ以外のハラスメント被害、会社への意見なども問われる
    ものだった。また、セクハラは「社内関係者からのセクハラ」と「社外関係者からのセクハラ」に分けて聞かれた。
     その結果は5月中旬、『ハラスメントに関するアンケート調査報告』と題されたA4版10ページにわたる「組合ニュース
    No.054」という資料にまとめられ、組合員向けに配布された。
     まず驚くのは、セクハラを受けたことがあると答えた社員の割合だ。アンケート対象者は組合員706人(男性507人、
    女性199人)。結果によると、「セクハラを社内関係者から受けたことがある」と答えた人は、回答した462人中92人で
    約20%となっている。
     ところが女性だけにしぼってみると、回答者126人中71人。実に56.3%が社内関係者からのセクハラ被害に遭って
    いることが判明した。

    ◆一般的な企業の「2倍」の被害
     この数字をどう見るか。独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が25~44歳の女性労働者を対象としたアンケート
    調査の結果(2016年)によると、セクハラを経験したことのある人の割合は28.7%となっている(>>0�。テレビ朝日の女性
    社員がセクハラを経験した割合は、「社内関係者」からの被害だけで言ってもざっと世間一般の2倍と言える。
    (以下略)
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180608-00000024-pseven-soci

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1528448281/

    【【そんなひどい会社だったのか。。。】テレビ朝日、半数以上の女性社員が社内でセクハラされていた 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/05/31(木) 16:49:45.46 ID:CAP_USER9
    2018.5.31 15:42

     新潟市西区のJR越後線の線路で、近くに住む市立小針小2年の大桃珠(たま)生(き)さん(7)の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件取材をめぐり、市教育委員会がマスコミと住民の間で生じた軋(あつ)轢(れき)払拭に苦慮している。取材を受け不快感を示す同小の保護者・児童の感情と、マスコミの「報道の自由」の両方に配慮しなければならないからだ。市教委は今後、同小のスクールカウンセラーを通じ、取材や事件に恐怖を抱いた児童の心のケアを充実させる。(太田泰)

     市教委によると、県警が殺人・死体遺棄事件と断定した8日以降、新聞やテレビの記者らが犯行現場や付近に住む同小の児童宅に殺到した。

     小針小や市教委学校支援課には保護者から不審者情報が複数寄せられたほか、「午前零時過ぎに、家のチャイムを鳴らして取材を求めたマスコミがいた」「児童を尾行して家に到着したら、インターフォンを鳴らして取材しようとしたマスコミがいた」「了解していないのに取材のためのマイクを向けられた」などの主張が31日までに寄せられた。また、「マスコミの取材を受けた児童から『大人が怖い』との訴えがあった」としている。

     これを受け、同委は11日、報道各社に「事件の取材に関するお願い」と題した要請文を送付。取材について「保護者や地域住民から、深夜の訪問取材や望まない画像の放映により、大変困惑しているとの情報が寄せられている」と指摘。「取材時間や住民のプライバシーに格別の配慮」を求めた。

     また、12日には小針小で臨時保護者会が開かれ、長谷川豊校長がこうしたマスコミ取材の実態を保護者らから聴取。その後、長谷川校長が記者らに地域住民に対する取材の配慮を求めたという。

     18日には同市の篠田昭市長が記者会見で、取材について「深夜、インターフォンを鳴らす取材が非常に目立った。不安の元になるので、児童の直接取材なども含めて限定的にお願いしたい」と要請した。

     結局、20日の同小運動会では、マスコミによる人物特定を防ごうと同課と同小が、学年、クラス、名字の書かれた名札を児童の体操着から外して開催した。

     マスコミ報道をめぐっては、千葉県松戸市の小学3年生だったベトナム国籍のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)=が同県我孫子市の排水路脇で遺体で昨年3月に見つかった殺人・死体遺棄事件をめぐり、共同通信社の男性記者が取材を断った住民の家の外壁を蹴ったとして、記者と同社幹部が住民に謝罪している。

     同課は、今回の事件ではこうした行為は確認できていないとしたうえで「ショックを受けている児童が早く、平常の学校生活ができるようにしたい。報道の自由も分かっているが、マスコミには配慮を求めたい」と苦しい胸の内を吐露している。

    http://www.sankei.com/affairs/news/180531/afr1805310025-n1.html

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1527752985/

    【【取材は常識の範囲内で。。。】新潟小2女児殺害 マスコミが「深夜インターフォン」「児童尾行」で取材 市教委・校長、取材配慮をマスコミに要請】の続きを読む

    このページのトップヘ