てれすこニュース

    カテゴリ: 学問・思想

    0コメント
    1: 2018/05/31(木) 01:35:55.38 ID:LCHr/b8/0 BE:123322212-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
    <強い信仰で結ばれた信者たちが集会を開くことはおろか、自宅で祈りを捧げることも許さないロシアのやり方は明らかな人権侵害だ>

    ロシアの厳しい「反過激派法」に違反したとして、宗教団体「エホバの証人」の信者26人以上が摘発を受けた。同団体によれば、うち7人は、
    公判前勾留により身柄を拘束されているという。

    ロシア政府は2017年4月、エホバの証人を過激派組織に指定。以来、ロシアに住む信者推定17万5000人が、取り締まりの対象になっている。
    信者の礼拝所は強制捜査を受けて閉鎖され、自宅でひっそりと礼拝するようになっている。にもかかわらずロシア政府は、多数の信者を逮捕している。
    根拠となる刑法282条は過激派の活動を禁止する法律で、違反すると10年前後の実刑判決を受ける可能性がある。信者の逮捕は、
    ウクライナとの国境に近いベルゴロドから、中国や北朝鮮との国境に近いウラジオストクまで、ロシア全土に及んでいる。

    エホバの証人の国際広報担当者デービッド・セモニアンは本誌にこう語った。「ロシア当局はエホバの証人を非合法化するだけでは
    満足できないということが、ここ数カ月ではっきりしてきた。当局は、ロシア憲法で保障されている信教の自由を否定するつもりだ」

    5月中旬には9人が逮捕され、うち2人が、公判前勾留によりオレンブルグで身柄を拘束されている。直近では、5月27日にも逮捕者が出ている。
    複数の信者の話によれば、この日はFSB(ロシア連邦保安局)が、ロシア・タタールスタン共和国の北東部に位置するナーベレジヌイェ・
    チェルヌイ市で強制捜査を実施したという。

    エホバの証人の代理人を務めるジャロッド・ロペスは本誌に対して、「ロシア・タタールスタン共和国のナーベレジヌイェ・チェルヌイ市にある
    住宅10軒で、5月27日に捜査が行われた。捜査を行ったのはFSBの捜査官で、電子機器、携帯電話、パスポートが押収された。
    捜査は夜に始まり、早朝まで続いた。イルハム・カリモフとウラジーミル・ミャクーシンが、FSBに身柄を拘束されたままになっている」と語った。

    国際的な人権専門家によれば、ロシアによるエホバの証人の扱いは、明らかな人権条約違反だという。

    全文
    https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/05/post-10278.php

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1527698155/

    【【おとなしそうな人たちだが、、、海外では過激なのか。。。】ロシア「エホバの証人は過激派組織」 次々と逮捕される信者たち 】の続きを読む

    0コメント
    1: 的井 圭一 ★ 【特別重大報道】 2018/01/21(日) 15:58:01.63 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100)
    sssp://img.5ch.net/premium/1051729.gif
    TBS NEWS@tbs_news
    【速報】評論家の西部邁氏(78)が死去。多摩川で入水自殺か。
    午後3:41 · 2018年1月21日

    https://twitter.com/tbs_news/status/954967259432206342

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516517881/

    【【速報】評論家の西部邁氏(78)が死去。多摩川で入水自殺か。 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/01/03(水) 08:05:28.54 ID:3FqD7Dzu0 BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
     昨年12月に女性宮司(58)が刺殺された富岡八幡宮(東京都江東区)では、新年を迎え、例年通り初詣が行われた。
     ただ、参拝客の数は大幅に減っており、2日に同八幡宮を訪れた人たちからは「早くにぎわいが戻ってほしい」との声が広がった。
     1627年創建の同八幡宮は「深川の八幡様」として親しまれ、正月は例年、多くの人でにぎわっていた。参拝客によると、
    これまでは鳥居の外まで行列ができ、社殿にたどり着くまで30分待ちの年もあったが、今年はほとんど待つことなく参拝できたという。
     初詣で30年以上通っているという同区枝川の会社経営の男性(61)は「今までにないほど閑散としていてびっくりした。
    悲惨な事件だったので、その影響で来ない人も増えたのではないか」と驚いた様子。
     結婚式や子どもの七五三など、人生の節目で同八幡宮を訪れてきたという川崎市の教員の男性(57)は「神様に罪はない。
    今後もこの地に残り続けてほしい」と話していた。
     同八幡宮では昨年末、氏子らを招いて、敷地内や事件現場でおはらいをした。広報担当者は2日、「お客さまはかなり減ってしまい、
    残念だ」とため息をつく。近くの生花店では事件後、日々の売り上げが例年の半分までに減ったといい、
    店主の女性(80)は「早く人出が戻ってほしい」と語った。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20180103-OYT1T50011.html

    引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1514934328/

    【【神様って万能で森羅万象のトップなのでは???】閑散とする富岡八幡宮、初詣客「神様に罪ない」 】の続きを読む

    0コメント
    1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/22(水)21:18:45 ID:vkH
    ワクワクした旦那を見送った30分後に電話がかかってきた

    「同期の女が嫁に乳児押し付けて最低って言って座らせてもらえなかった」

    旦那かわいそうすぎわろた
    no title

    引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1511353125/

    【同期の飲み会で旦那が追い返された話】の続きを読む

    1コメント
    1: 2017/10/30(月) 21:18:06.63 ID:CAP_USER9
    【AFP=時事】マレーシア北部の寺院で、道教の道士が火をたいた大釜の上に座って巨大な金属製のふたをかぶせる、通称「人間蒸し」と呼ばれる儀式に臨み、死亡した。警察が先週、発表した。

     亡くなったのはリム・バ(Lim Ba)さん(68)。クダ(Kedah)州にある寺院で23日夜に開かれた道教の祭りでこの儀式に臨んだところ、心臓発作とやけどにより死亡した。

     リムさんは火で温められた大釜の上に載せた木製の板に座っていたが、儀式を見守っていた信者らの話によれば、30分後の金属製のふたからバンバンという音が聞こえたという。

     さらにリムさんの息子ら目撃者らの証言によると、ふたが動いたために持ち上げてみたところ、リムさんが意識を失っていた。

     地元警察はAFPに対し、リムさんがこの儀式に臨んだのは初めてではなかったものの、今回が最後になってしまったと明かした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171030-00000046-jij_afp-int

    引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509365886/

    【【助けを求めてたらしいのに、、、蒸されて。。。】マレーシア 道教の道士、「人間蒸し」の儀式で死亡 】の続きを読む

    このページのトップヘ