てれすこニュース

    カテゴリ:格闘技 > ボクシング

    0コメント
    1: 2018/08/08(水) 12:51:27.44 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00010006-abema-soci

    日本ボクシング連盟の山根明会長が記者会見を開き、会長を辞任することを表明した。
    山根会長をめぐっては、助成金の不正流用のほか反社会勢力との関係も報じられており、
    連盟は昨日開いた臨時理事会で本人に進退を一任していた。12時開始の予定だった会見は
    30分あまり遅れて開始、質問は受け付けず、コメントを発表するだけの形式となった。
    山根会長の発言は以下のとおり。

    「おはようございます。私は本日をもって辞任をいたします。

    その理由は昨夜、日本連盟の理事会におきまして、約3時間、いろんな話が出ました。
    最後に理事の皆さんから“会長一任“ということを言われたので、家に戻って我が嫁に当たる、
    今現在、再婚をしている嫁に先に相談をし、(妻は私に)辞任をしたいと言われたので言いました。
    私はどういうことがあっても会長を死ぬまで面倒みていくから、今楽になってくださいということを
    言われたので、私は決意をしました。

    全国の47都道府県の中の33都道府県の私に対して応援してくれた皆様に対して感謝申し上げます。
    同時に、選手の皆さまには、このような問題があったことに関して、法人の会長として申し訳ない。
    どうか選手の皆さん、将来、東京オリンピックに参加できなくても、その次のオリンピックもあります。
    頑張ってください。

    本日は、本当に申し訳ありません」。

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1533700287/

    【文章力。。。【ボクシング】山根会長、辞任会見全文「選手の皆さん、将来、東京オリンピックに参加できなくても、その次のオリンピックもあります」 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/08/07(火) 13:57:52.62 ID:xfPFfAiU0 BE:478973293-2BP(1501)
    sssp://img.5ch.net/ico/imanouchi_2.gif
    山根会長、鈴木長官に反論「差別してるんですか?」
     不正判定疑惑などに揺れる日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が7日、スポーツ庁の鈴木大地長官に反論
    した。
     大阪市内の自宅前で30分近く持論を展開。「反社会勢力との交友が事実であれば、一刻も早く辞めるべきだ」と
    述べ、辞任を求める意向を示した鈴木長官に対して「大臣もね、長官もね、相手は反社会的団体なんです。なぜに
    相手に言わずにして、調べもせずにして、山根明を差別しているんですか? スポーツ庁長官! 五輪大臣!」など
    と声を荒らげた。
     一連の問題では助成金流用の疑いに加え、山根会長は過去に暴力団組長と関係があったことを認め「約50年前
    の話で若気の至り」と話している。鈴木長官は「ボクシングだけでなく、スポーツ界全体のイメージを著しく損ねている」
    と批判し、さらなる事実関係の解明を要望していた。
    https://www.nikkansports.com/sports/news/201808070000367.html

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1533617872/

    【【都合が悪くなると差別って。。。】ボクシング連盟・山根会長「スポーツ庁長官はこの山根明を差別するのか!?」 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/08/07(火) 05:31:22.63 ID:CAP_USER9
    8/7(火) 4:00配信

    日本ボクシング連盟の山根明会長(78)が様々な不正疑惑で告発されている問題が劇的な展開を迎えた。これまで山根会長を支えてきた会長代行で副会長、専務理事の吉森昭夫氏を筆頭に約20人の理事が6日、一連の騒動と告発を受けた諸問題の責任を取る形で電撃辞任する意思を固めた。関係者の話により明らかになったもので、すでに約20人の理事が辞任届けにサインし文書化したという。これらの理事は、いずれも山根派と言われた幹部たちだが、代表者が山根会長へも共に身を引くように退陣を迫った。山根会長は筆者が、この日、独占取材した段階では「潔白が晴れるまで辞任はしない」と退陣を拒否する姿勢を明らかにしている。約20人の理事は、辞任の説得に失敗した場合、今日7日にも大阪市内で臨時理事会を招集し解任を決議する考えだ。
     
     ついに側近から“クーデター”がおきた。
    “ドン”山根会長の“イエスマン”として絶対服従を誓っていた連盟幹部である約20人の理事が揃って電撃辞任の意思を固めて造反したのだ。すでに署名捺印した辞任届けが作成されており、会長代行でもある吉森副会長でさえ、その“クーデター”に加わったと見られる。
     
     約20人の理事は、告発状を提出した日本ボクシングを再興する会への“寝返り”ではなく辞任して連盟の役員から身を引くことで、山根会長と“一蓮托生”とも言える責任を取り“ドン”へも筋を通したのだろう。
     そして辞任を決めた理事の代表者が山根会長にも退陣を促した。身内からの辞任勧告だ。
     
     関係者の話によると、現在、岐阜で開催されているインターハイに参加している数十名の常務理事、理事は、今回の助成金流用や、奈良判定など、数々の不正疑惑問題が起きて以来、何度か会合を重ねて対応を協議していた。だが、山根会長が、反社会的勢力との交友を認めたことにより、状況は一変。高体連が、山根会長の大会への出入り禁止を打ち出し、鈴木俊一五輪担当大臣が「論外」との談話を出すなど、もはや山根会長の退陣は避けられない状況になった。

     また一般社団法人のトップが反社会的勢力とのつながりがあることでコンプライアンスを逸脱した形となり、JOC(日本オリンピック委員会)、スポーツ庁などの監督団体が問題視。連盟の存続だけでなく、ペナルティ次第では、2年後に迫る東京五輪への出場さえ危ぶまれる事態にまで追い込まれた。ボクシングは、国際ボクシング協会のガバナンス問題でIOC(国際オリンピック委員会)から除外競技の対象とされており、その開催国の連盟の最高トップに発覚した反社会的勢力との交友や数々の不正疑惑とガバナンス不全は、そられの悪い流れに拍車をかける懸念がある。

     理事の数名は、これまで山根会長に絶対服従を誓ってきたが、この現状を危惧。これ以上、現体制を支えることは難しいと判断し、ボクシングの信頼と名誉を失墜させた責任を取り、事態を悪化させないためにボクシング界の将来を考えインターハイに参加していた理事を中心に電撃的な集団辞任という大胆な行動に踏み切った。第三者委員会の裁定を待つのではなく、その前に自浄作用を働かせておかねばならないという決意。未来と組織を守るため自分たちの“首”を差し出して“ドン”の退陣を迫ったのだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000001-wordleafs-fight

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1533587482/

    【まともな連盟になればいいけど。。。【ボクシング】衝撃クーデター!山根派約20人の側近理事が電撃辞任して会長に退陣迫る 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/05/25(金) 21:44:09.97 ID:CAP_USER9
    プロボクシング・WBA世界バンタム級タイトルマッチ(25日、東京・大田区総合体育館)井上尚弥(25)=大橋=が、
    同級王者のジェイミー・マクドネル(32)=英国=に1回TKO勝ちで、国内最速となる16戦目での3階級制覇を達成した。

    井上との一問一答は以下の通り。

    --1回TKO勝ち

    「これがボクシングです。早すぎると怒らないでください。自分でもビックリしている。英国から来てくれた王者に感謝している」

    --初のバンタム級

    「楽しみな気持ちでいっぱいだった。出だしからむちゃくちゃ硬くて、控え室でアップしているときから、動きが違うと感じていた」

    --世界で注目する試合だった

    「怪物ぶりをアピールできたので、(今秋開幕予定の賞金争奪トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)WBSSの
    オファーが正式に来ている。出場します。いままで以上に練習して優勝できるようにがんばる」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000573-sanspo-fight

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527252249/

    【【強いし好青年だし素晴らしい。。。】ボクシング 三階級制覇の井上尚弥「これがボクシングです!」 バンタム級最強決定トーナメント出場を明言 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/05/25(金) 21:53:23.72 ID:CAP_USER9
    ◇プロボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦 
    王者ジェイミー・マクドネル―同級2位・井上尚弥(2018年5月25日 東京・大田区体育館)

    プロボクシングのダブル世界戦が25日、東京・大田区体育館で行われ、WBA世界バンタム級タイトルマッチ12回戦は
    挑戦者で同級2位の井上尚弥(25=大橋)が、王者のジェイミー・マクドネル(32=英国)を初回TKOで下し、井岡一翔
    (井岡)のプロ18戦目を抜いて日本人歴代最速となる16戦目での世界3階級制覇を達成した。

    井上尚は初回に左ボディーでダウンを奪い、一気の連打を繰り出すとレフェリーが試合を止めた。前日計量など3日連続で
    公式行事に遅刻した王者を怒りの鉄拳で沈めた。日本人6人目の世界3階級制覇。これで具志堅用高(協栄)に並ぶ世界戦
    6連続KO勝利、通算10戦目(11試合)の世界戦KO勝利は内山高志(14試合)に並び、いずれも日本人歴代最多タイとなった。
    井上尚の通算戦績は16戦16勝14KO無敗。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000168-spnannex-fight

    ★1::2018/05/25(金) 21:28:24.64

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527251304/

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527252803/

    【【正に瞬殺!!】ボクシング 井上尚弥がWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネルに初回TKO勝利で三階級制覇達成★2 】の続きを読む

    このページのトップヘ