てれすこニュース

    カテゴリ: ネタ・雑談

    0コメント
    1: 2018/06/15(金) 17:10:35.50 ID:6Ge1iEog0 BE:762376718-PLT(12000)
    先月末、タイのネット上のコミュニティサイトにアップされた動画が話題になっている。

    女性歌手がステージ上で軽快な音楽に合わせて歌っているのだが、彼女の衣装は中が見えそうなほど丈の短いスカート。
    男なら誰しも目がくぎ付けになってしまう光景だが、見えそうで見えなかったり、たとえ見えたとしても“見せパン”だったりするのがお約束というもの。

    ところが、この動画は違った。
    スカートの奥に黒っぽいものがチラチラと見え始める。
    単なる影かと思ったら、アクションが激しくなっていくうちに中が丸見えに。
    黒々とした股間があらわになった。なんと本当にノーパンだったのだ!

    女性はそれを気にする様子もなく、歌い続ける。
    それどころか、腰を振ってさらに激しいアクションになっていく。
    ステージ近くから見上げるように眺めていた人にとっては、タマらない光景だったことだろう。

    その後の報道によると、動画が撮影されたのは、バンコク東部にあるプラーチーンブリー県で開かれたフェスティバル。
    ステージで歌っていたのは25歳の歌手、ジニー・ジャアさんだという。

    ジニーさんはこの動画が広まったことに困惑しており、「ちゃんと下着をはいており、照明の加減で、たまたまはいていないように見えただけ」と主張している。

    以下ソース
    http://www.cyzo.com/2018/06/post_165576_entry.html

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=bqyluyqjTY4


    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1529050235/

    【【きゅりのgifが面白すぎる。。】プラーチーンブリー県に激震 超ミニスカの女性歌手にパンツはき忘れ疑惑浮上 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/06/13(水) 18:12:21.21 ID:RaDtsDnF0 BE:194767121-PLT(12001)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    天ぷら油から自動車燃料 マツダ、ユーグレナなど
    https://www.daily.co.jp/society/economics/2018/06/13/0011349945.shtml

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1528881141/

    【【てんぷら油ってそんなに出るもの??】個人で燃料生成したら税金とかどうすんのよ 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/06/14(木) 19:01:43.59 ID:/UH82zyH0● BE:324064431-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    米ノースカロライナ州立大学の研究チームが「神の顔」に関する調査を実施。北米に住むキリスト教徒511名の証言をもとに「神の顔」を再現したところ、意外な事実が判った。

    人知を超えた絶対的存在として崇められている神。古典文学やアートではたびたび”厳格な年配者”として描かれるが、神の存在を信じる人々は実際どう考えているのだろうか。

    これを確かめるため、ノースカロライナ州立大学の研究者らがキリスト教徒511名を招集。

    彼らの証言をもとに顔識別技術(通称E-fit)を用いて「神の顔」をコンピュータで分析・作成したところ、若く愛嬌のある白人顔が最も神に近いイメージとして浮かび上がってきた。


    キリスト教徒が考える「神の顔」
    no title


    興味深いことに、本研究に参加した全てのキリスト教徒が神を「自分に似た存在」として捉えていたのだ。つまり神は自分と同じような年齢で、外見的魅力や人種も自分に類似した存在だと考えた。

    人が思い描く「神の顔」とは、自分が属する集団間で生まれてくる考え方や先入観によって形作られるものなのであろう。

    「自己中心性バイアスとも言うのですが、人はよく自分の信念や特性を他人に投影して自分勝手に解釈します。神の姿も例外ではないのでしょう」と筆頭研究者のカート・グレイ教授は述べている。


    http://yurukuyaru.com/archives/76520587.html

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1528970503/

    【【ん~、、、おっさん。。。】科学者らが「神の素顔」を公開! 敬虔なキリスト教徒511名の証言をもとに再現される!! 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/05/28(月) 00:30:00.30 ID:T/FOQjzX0● BE:652548497-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
     中国メディア・騰訊網は18日、「日本のおじさんは、どうして『スケベ』なのか」とする評論記事を掲載した。

     記事は、「先日、アイドルグループの元メンバーが17歳の女子高校生を自宅に呼び出しキスを強要したというスキャンダルが日本じゅうを震撼させ
    た。ただ、正直なところ、驚いた中国人は多くないかもしれない。なぜなら、日本の男性に対して『表面では礼儀正しく保守的だが、裏ではみんなスケベ』というイメージを持っているからだ」とした。

     また、「心の準備があったとしても、実際に日本にやって来ると、その『性』に対するオープンぶりには衝撃を覚える。コンビニでは成人向けの図書
    が購入できるし、大都市の繁華街は、露出度の高い少女たちであふれている。これには感嘆することしきりだ」と紹介している。

     そのうえで、「日本の男性はどうしてこれほどスケベなのか。その根本的な原因はおそらく、日本社会が女性を『モノ』として見ているということにあ
    るのではないか。簡単に言えば、女性を物品、商品とみなしている部分がある。日本ではこの傾向が顕著で、女性が単純に男性たちの『性』の消費対象になることが多いのである」と論じた。

     そして、日本社会が女性を「モノ」として扱っている典型的な例として、2次元のアニメ文化、そして3次元の成人動画文化を挙げている。「アニメの
    美少女たちは一部の人たちにとっての嗜好に過ぎないかもしれない。しかし、日本の成人動画やグラビアの文化は、より多くの人びとがこういったものに興味を持っていることを浮き彫りにするものだ」とした。

     記事は、「このようなポルノ文化が日本社会の隅々にまで浸透しており、これも逆に日本社会の女性に対する態度に静かな影響を与えているのだ。そ
    して、『モノ』化された女性は日本社会に顕著な悪影響を及ぼしている。例えば、2次元の世界に夢中になって3次元の女性に興味を持たなくなる、『
    JKビジネス』と言われるように、女子高生を商品として取引する行為の横行などだ」と解説している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

    http://news.searchina.net/id/1660062?page=1

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1527435000/

    【【性病が大蔓延しているのは中国の方なんだが。。。】中国人「日本のおじさんは、どうして『スケベ』なのか?」 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/05/20(日) 09:35:32.93 ID:CAP_USER9
    刑事裁判の審理に参加する裁判員の候補者として昨年1年間に全国の地裁に呼び出された人のうち、無断で欠席した人の割合(欠席率)が過去最も高い約36%に達したことが最高裁のまとめでわかった。

    裁判員制度は21日で開始から9年となるが、欠席率の上昇は、裁判に国民の感覚を適正に反映させるという制度の趣旨を損ないかねず、最高裁は対策に力を入れている。

     「裁判員になったら職場に迷惑をかけてしまうかも」

     今年3月、強姦ごうかん致傷事件を審理する裁判員候補者として、東京地裁からの呼び出し状を受け取った都内のパート社員の女性(55)は、少し不安を感じた。職場の同僚に相談すると、「仕事は大丈夫。協力したほうがいい」と背中を押され、選任手続きに赴いたという。

    (ここまで324文字 / 残り702文字)

    2018年5月20日 06時03分
    YOMIURI ONLINE
    http://sp.yomiuri.co.jp/national/20180520-OYT1T50013.html

    引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526776532/

    【【せめて最寄りの裁判所にしてくれれば。。。】裁判員制度「職場に迷惑をかけてしまうかも…」裁判員候補の無断欠席36%、最高裁が対策に力 】の続きを読む

    このページのトップヘ