カテゴリ: 自然

    0コメント
    1: 2018/04/21(土) 10:52:31.74 ID:CAP_USER9
     「オス殺し」と呼ばれる細菌に感染してオスが少なくなったクサカゲロウが、短期間でうまく共存できるように進化していたことが、琉球大と農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)などの研究グループの調査でわかった。オスに細菌への抵抗力が生まれ、殺されずに増えていた。こうした現象が確認されたのは珍しいという。

     クサカゲロウは体長1・5センチほどの緑色の体に透明な羽を持つ昆虫で、全国にいる。カゲロウとは別種。

     琉球大学の林正幸研究員らが2011年、千葉県松戸市でカオマダラクサカゲロウを捕獲して調べたところ、オスが11%しかいなかった。体内にスピロプラズマという細菌がいて、卵子に潜り込んで、受精卵がオスになると殺してしまうのが原因だった。

     5年後、同じ場所で再び調べたところ、オスは38%に回復していた。約3千匹を飼育して遺伝学的に調べたところ、細菌はオス殺しの能力を保っていたが、オスは死なずに成虫になっていた。林研究員は「オスが細菌に対する抵抗力を獲得したと思われる。わずか5年で進化の過程が見られるのは珍しい」と話す。どのように抵抗力を獲得したかを今後調べるという。

     同様の事例は南太平洋サモア諸島のリュウキュウムラサキというチョウでも見つかっている。別のオス殺し細菌に感染していたが、4年間でオスが抵抗力を獲得していた。今回はそれに続く世界で2例目という。

     農研機構の陰山大輔・上級研究員によると、今は昆虫と共生している細菌も、過去にはこうした生存競争を繰り広げていたのかも知れないという。今回のケースもこれで終わるかはわからず、陰山さんは「細菌が進化して逆襲するかもしれないし、もっと強いオス殺し細菌が入ってくるかも知れない。オスの受難は続くでしょう」と話す。(三嶋伸一)

    https://www.asahi.com/sp/articles/ASL4M3G3PL4MUJHB002.html
    no title

    no title

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1524275551/

    【【抗体をもっていたのは進化なのか??】「オス殺し」細菌に抵抗力 クサカゲロウ、5年で進化 研究者「オスの受難は続くでしょう」】の続きを読む

    0コメント
    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [CN] 2018/04/06(金) 09:22:07.73 ID:21LM+vI+0● BE:887141976-PLT(16001)
    sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
    アフリカ大陸が真っ二つになろうとしている? そんなまことしやかな噂が浮上し、
    その噂の元はなんと地面に出来た巨大な亀裂だった。

    亀裂は幅6メートル、深さ15メートルにもなる巨大なもので、人や乗用車ならすっぽりと落ちてしまいそうな
    巨大な亀裂が出来ている。長さは現時点で不明だが数キロに渡って続いているという。

    亀裂の場所はケニア南西部のロックからナイロビに行き来する高速道路の途中で、
    道路も亀裂によりまともに通行出来ない状態。無人のドローンにより上空から撮影したところバスや
    トラックが亀裂に巻き込まれているのがわかる。

    過去に2005年にアフリカのエチオピア北東部の砂漠に長さ56キロの亀裂が出来たこともあった。

    これらの亀裂はアフリカ大陸が分離されるという意味で「アフリカの角」と呼ばれる。

    http://gogotsu.com/archives/38417
    no title

    no title

    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1522974127/

    【【でかすぎワラタ】アフリカ大陸が真っ二つに? 巨大な亀裂が発見され話題に ※想像以上にでかい 】の続きを読む

    1コメント
    1: 2018/03/25(日) 18:02:47.02 ID:CAP_USER9
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000123647.html

    長野県の八ケ岳連峰で、登山者の男女7人が滑落しました。ヘリコプターで7人全員が救助されましたが、
    3人の死亡が確認されました。現場は山梨県との県境に近い場所です。7人は立場岳から阿弥陀岳に向かう
    ルートを上っていたのですが、山の斜面を300メートルにわたって滑落したということです。

    25日午前8時半ごろ、近くにいた登山者から「数名が滑落したようだ」と警察に通報がありました。
    男性5人、女性2人の合わせて7人全員が滑落し、警察のヘリコプターで救助されましたが、神戸市の
    亀石安央さん(47)、京都市の山下貴久子さん(39)、兵庫県伊丹市の中沢恒雄さん(63)の3人が死亡しました。
    その他、大阪府の男性(47)1人が左足の骨を折る重傷。男性2人、女性1人が打撲などの軽傷です。
    搬送先の病院によりますと、7人全員がザイルでつながれていて、先頭の1人が足を滑らせたことが原因で
    滑落したということです。

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1521968567/

    【【全員道連れか。。。。。】八ケ岳の7人滑落、3人死亡事故、全員がザイルで繋がれ先頭の1人が足を滑らせたのが原因で300メートル滑落 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/03/25(日) 14:39:31.25 ID:CAP_USER9
    3月25日 14時35分

    25日朝、長野県の八ヶ岳連峰で、標高およそ2800メートルの阿弥陀岳に向かっていた男女7人が滑落し、警察によりますと、このうち2人が心肺停止で、1人が意識不明の状態とみられるということです。警察の山岳遭難救助隊などが救助活動にあたっています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180325/k10011378151000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1521956371/

    【【山は怖い、、、ご冥福を。】八ヶ岳連峰で7人滑落 2人心肺停止 1人意識不明か 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/03/25(日) 11:24:58.98 ID:CAP_USER9
    八ケ岳で7人滑落か 阿弥陀岳南稜付近、県警が救助中
    2018年3月25日11時18分
    https://www.asahi.com/articles/ASL3T3QV4L3TUOOB002.html

     25日午前8時35分ごろ、長野県の八ケ岳連峰阿弥陀岳南稜付近で、登山者が滑落したと、他の登山者から通報があった。県警茅野署によると、滑落したのは登山者7人で、立場岳から阿弥陀岳に向かう途中だったという。県警ヘリコプターなどが救助している。

    引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1521948980/

    【【長野】八ケ岳で7人滑落か 阿弥陀岳南稜付近、県警が救助中 】の続きを読む

    このページのトップヘ