てれすこニュース

    カテゴリ: ビジネスニュース

    0コメント
    1: 2018/08/13(月) 20:43:11.29 ID:UaTpVWNG0● BE:324064431-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    同関係者によると、ソフトバンクは2017年に投資の可能性を巡ってマスク氏と協議したが、こうした計画を再検討する意思はない。
    詳細が公表されていないことを理由に匿名を条件に語った。

      ソフトバンクが関心を持たない理由には2つの要素があると同関係者は説明。
    ソフトバンクは既に将来の自動車のあり方への賭けを行っており、配車アプリの滴適出行やウーバー・テクノロジーズ、シンガポールのグラブに出資している上、
    5月にはビジョン・ファンドを通じてゼネラル・モーターズ(GM)の自動運転車部門クルーズに22億5000万ドル(約2490億円)を投資すると発表した。
    また、電気自動車(EV)市場で以前は明らかなリーダーだったテスラが競争激化に見舞われ、量産化目標をまだ達成できていないことも背景にある。

    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-12/PDDE986TTDS101

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1534160591/

    【【えっ? まさかテスラ終わり?】イーロンマスク「孫さん、テスラに投資して」 孫正義「断る。GMの自動運転に2500億円投資する」 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/08/11(土) 20:42:21.33 ID:1oUGwXuv0 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    韓国・MBCは8日、韓国で200億ウォン(約20億円)かけた新技術が、使われずに放置されている実態について報じた。

    記事によると、大田(テジョン)韓国原子力研究院の研究棟にある大きな箱型の「動電気除染装置」は、
    放射能で汚染された土をきれいにする機械として、2011年に同研究院の金博士が開発に成功した。
    汚染土に電気を流してセシウムやウランなどを除去する仕組みになっており、当時画期的な技術として脚光を浴びた。
    1998年の研究開始以降、計213億ウォン(約21億円)の予算が開発・運用に投入されたという。

    しかし、現在も稼働どころか、放置されてほこりをかぶっている状態という。
    研究チームによる性能実験捏造(ねつぞう)の事実が摘発されたからだ。
    技術の商用化には大型化がカギとなり、「日本に輸出して福島原発周辺の土地を浄化すること」を目標に据えていたが、研究チームは汚染土にきれいな土を混ぜて全体の放射能濃度を下げるなど、
    まるで大型化の技術に成功したようにデータを操作していたという。

    記事は「不思議なことに主務省庁は何の責任も問われておらず、『科学界内部の八百長』『身内びいき』などと批判する声が出ている」と伝えた。

    同記事に対して、韓国のネットユーザーからは1000件以上のコメントが寄せられた。
    「税金の無駄遣い」「国にお金がないんじゃなくて、泥棒が多過ぎる」「さすが詐欺師の国」
    「実験の失敗は許せるけど、実験の捏造は許せない。韓国のこういう部分は改善すべき」など非難の声が続出した。

    その他にも「200億あったら植林した方がいい」「こうやってお金を捨てたのは今回に限ったこと?」
    「こんな国でノーベル賞を望む方がおかしいんじゃない?」などさまざまな声が上がった

    日本輸出に向け開発された韓国の新技術、使われず放置されている理由は?=韓国ネットからは非難の嵐
    https://www.recordchina.co.jp/b632923-s0-c30-d0127.html

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1533987741/

    【【押し売り計画失敗、、しかも捏造だったとは。。】韓国が日本のために20億円かけて開発した放射能除去装置が売れず、批判が噴出 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/08/10(金) 22:25:26.23 ID:Ehj5/aoK0 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    Lian Liの光る電源ケーブル「Strimer」シリーズから、ビデオカード用の補助電源PCI-E 8ピンの電源延長ケーブル「Strimer 8pin」が発売された。

    先日発売されたアドレサブルLED搭載の電源延長ケーブル「Strimer 24pin」に続く第2弾製品。
    ドイツのオーバークロッカー“Der8auer”とのコラボレーションにより開発されたもので、ケーブルの上にファイバーケーブルを重ねることで、光る電源ケーブルを実現した。

    価格は4480円(税抜)。パソコンショップアークやオリオスペック、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

    話題の光る電源ケーブルにVGA用補助電源モデルが登場
    http://ascii.jp/elem/000/001/723/1723944/
    no title

    no title

    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1533907526/

    【【寝るときに光ってると怖いかも。。。】自作ユーザーに話題 光るケーブル発売 やっぱお前らのPCは光まくりなの? 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/08/10(金) 09:12:23.16 ID:u8Zsxpn80● BE:512899213-PLT(27000)
    8月9日朝方、Appストアからギャンブル系アプリが大量削除され、プチ騒動が起こっております。以下、iPhone Game Castからの転載。
    >Apple、政府の要請により個人によるギャンブルアプリをApp Storeより追放。無関係のアプリは異議申し立てで復活可能の模様
    この大量削除にあわせて、Appストアに登録をしている開発者には一斉に以下のようなメールが届いているとのこと。

    >【引用】AppStoreでの不正行為を減らし、違法なオンラインギャンブル活動に対処する政府要請に従うため、個々の開発者から提出されたギャンブルアプリは
    >許可されなくなりました。これには、リアルマネーギャンブルアプリとギャンブル体験をシミュレートするアプリの両方が含まれます。

    「政府要請に従うため」とありますが、文面を読む限り日本政府ではなさそうだということで調べてみたのですが、どうも発端となったのはノルウェー政府が
    Apple社に対して行なったギャンブルアプリの削除要請の模様。以下、World Casino Newsからの転載。

    >ノルウェー政府、Appストアからオンラインギャンブル事業者を削除させるNorway Gets Online Gambling Operators Kicked Out Of App Storehttps://news.worldcasinodirectory.com/apple-blocks-norwegian-access-to-gambling-applications-57351

    ノルウェー政府の要請によって30あまりのアプリがAppストアから削除されたのが、今月の冒頭のこと。それがどういう経緯で日本向けのアプリにまで
    波及したのかは未だ不明でありますが、日本向けのアプリとしては個人開発のギャンブルシミュレーションアプリが大量削除されたとのこと。
    具体的にはパチンコ/パチスロ、麻雀、ポーカー、ロト予想アプリなどであり、現金をかける機能がないアミューズメント用途のものであっても削除の対象と
    なっているとのご報告を頂いておるところです。

    いかそーす
    http://blogos.com/article/316890/

    loot boxの取り締まりはまだの模様ですね

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1533859943/

    【【なんか行き過ぎ。。。】Appストアからギャンブル系アプリが大量削除 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/08/08(水) 22:08:57.70 ID:UHloHGB20● BE:115523166-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    石油元売り大手の昭和シェル石油(東京都港区)と宅配ピザ店を展開する日本ピザハット
    (横浜市)は8日、ガソリンスタンド内でピザのテイクアウト(持ち帰り)ができる協業型店舗
    の開発に向けて業務提携することで基本合意した。今後5年間で100店舗の出店を計画し
    ているという。

     昭和シェル石油はこれまで、多様化する顧客ニーズやライフスタイルに対応できるガス
    リンスタンドの実現に向け、他の業種と協業できないか検討を進めてきた。一方、ピザ
    ハットも顧客の身近にあり利便性の高い場所でピザを提供できる店舗形態を展開するた
    め、他業種との協業を含めて検討を続けてきた。今回、こうした両社の思惑が一致し、
    業務提携に至った。

     計画では、昭和シェル石油のガソリンスタンド内にピザハットの店舗を設置。利用客は
    ガソリンの給油などを行うとともに、ピザのテイクアウトもできるようになる。ピザの受け
    取りは事前に予約することもでき、両社は「お客様にとってワンストップで2つのニーズを
    済ませられる、より利便性に富んだ店舗となる」としている。今後、5年以内にこうした協
    業型店舗を100店配置していくという。

    https://www.zaikei.co.jp/article/20180808/458666.html

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1533733737/

    【【ピンとこないけど売れるのかな??】昭和シェルとピザハットが業務提携、ガソリンスタンドでピザが買えるぞ! 】の続きを読む

    このページのトップヘ