てれすこニュース

    カテゴリ: 医療・健康

    0コメント
    1: 2018/11/19(月) 08:42:23.29 ID:zVtd5ZSt0 BE:844481327-PLT(12345)
    sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
    国立環境研究所などの研究グループは16日、ニワトリとヤンバルクイナ由来の細胞から、半永久的に細胞増殖する「無限分裂(不死化)細胞」を作る技術を確立したと発表した。
    絶滅危惧鳥類の無限分裂細胞の樹立は、世界で初めて。

    生体実験が難しい絶滅危惧種の鳥類の研究が細胞レベルでできるようになり、ヤンバルクイナをはじめとする野生鳥類の感染症対策などに応用できるという。

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/346165

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1542584543/

    【【不老不死完成??】世界初 無限に分裂する不死化細胞の製造技術を確立 鶏とヤンバルクイナ由来 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/11/10(土) 18:05:28.35 ID:ZB+WcyWQ0 BE:618588461-PLT(35669)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_tobacco.gif
    「疲れてるから」はウソ!あなたの夫が「してくれない」本当の理由

    夫婦間における悩みのひとつ「セックスレス」。
    妻が拒否する、夫が断る……と夫婦によって状況はわかれます。
    今回は「夫がしてくれない」ケースについて、その理由を「恋人・夫婦仲相談所」の所長である三松真由美さんに解説してもらいます。

    時代とともに変わるセックスレスの原因

    世界でもSEX回数が最低と言われている我が国。ニュースや新聞で「日本の夫婦のセックスレス4割超え」の文言を目にしたことがある人も多いと思います。
    セックスレスの理由は様々ですが、仕事で相談を受けていますと、何か1つの理由からセックスレスに陥るというケースは、少ないことがわかります。

    時代を取り巻く社会状況や、そのときの流行など……
    人々のライフスタイルによってセックスレスの理由もどんどん変わっていくのです。

    たとえば、共働き夫婦が増えたことで、夫だけでなく妻も時間に縛られるようになったのもセックスレス増加の理由のひとつ。
    また、携帯メールでの内緒話や、ネットの匿名掲示板など、セックスレスについて語る場が増えたことで、
    多くの人がセックスレスを自覚・意識するようになった、という背景もあります。

    今回の記事では、セックスレスが広まった背景を説明したうえで、あなたの夫が「してくれない」理由を明らかにします。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181103-00004030-thankyu-life

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541840728/

    【【これは悲しすぎる。。。】ED治療で病院行ったらゴツい手したおっさんの先生にシゴかれて無理やり勃起状況触診された(´;ω;`) 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/11/09(金) 17:20:37.24 ID:pPU0Q1Zu0 BE:422186189-PLT(12015)
    sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
    京都大学の高橋淳教授らは9日、iPS細胞から育てた神経細胞をパーキンソン病患者の脳に移植したと発表した。
    医師主導による臨床試験(治験)の1例目。
    10月に50代の男性患者で実施した。
    患者は手術前と同じように過ごしているという。
    国内でiPS細胞の移植は目の網膜の難病に続いて2番目、保険適用をにらんだ治験は初めてとなる。

    記者会見した高橋教授は「手術後の経過は良好。今までに積み上げてきた研究の審判が下るので厳粛な気持ちだ」と語った。

    治験では、あらかじめ備蓄しておいた他人のiPS細胞から神経細胞をつくり、患者の頭蓋骨に穴を開けて特殊な注射針で移植する。
    今回は脳の左側に移植した。
    問題が起きなければ半年後に右側にも移植する。
    2年かけて経過を観察し、安全性と治療効果を確かめる。
    計画では計7人の患者に移植し、治験の結果をもとに大日本住友製薬が国に製剤化を承認申請する。

    パーキンソン病は手足などが震える神経の病気で、厚生労働省の推計では国内に約16万人の患者がいる。
    神経伝達に欠かせないドーパミンという物質を作る脳の細胞が減って発症する。
    現在は不足したドーパミンを補う薬を飲んだり、脳に電極を埋めて電気刺激で症状を抑えたりする治療があるが、効果が持続しないなどの課題がある。

    海外では、中絶した胎児の神経細胞を患者の脳に移植する治験が進み、症状の緩和などに効果が出ているという。
    ただ、移植に使う細胞を大量に調達するのは費用や倫理の面から難しい。
    血液などから作れ、ほぼ無限に増えるiPS細胞ならこうした問題が起きにくい。
    今回の治験がうまくいけば、再生医療の普及に弾みがつく。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37564900Z01C18A1000000/

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541751637/

    【【もう皆事故以外寿命を全うできるかも。。。】iPS細胞で脳汁ドパドパする治験はじまる 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/10/20(土) 07:06:04.88 ID:9t6A0Rfn0 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
    「女子の梅毒 増加中!」。

    厚生労働省が作成したリーフレットは、女性の梅毒感染者届け出数が2010~15年で約5倍に増えた実態を明記し、
    「梅毒に罹患(りかん)しているひと(人)が妊娠すると、早産や死産になったり、胎児に重篤な異常をきたす」と注意を呼び掛けている。

     女性の増加は全国的な問題だが、大阪府は特に顕著だ。
    府の集計によると、10~15年の増加率は14倍。その後も増加の一途だ。
    男性を含む全体数は10年の57人に比べ、今年はすでに880人(9月末時点)に上っている。

    「梅毒」の感染者急増 無料・匿名の検査拡充
    http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/181019/20181019027.html

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1539986764/

    【【風俗から広まったって。。。】「女子の梅毒 増加中!」 大阪府で5年間に14倍も急増 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/10/08(月) 18:44:51.01 ID:l8uo96Ft● BE:593349633-PLT(16000)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_puni.gif
    そのまま飯を食うと、バイ菌は胃酸で死滅せずに血管に進入


    虫歯になる大人、20年前と変わらず 子の歯磨き対策を
    https://www.asahi.com/articles/ASL9V43TLL9VUBQU00B.html

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538991891/

    【【寝起きのキスは歯磨きの後で。。。】寝起きの口の中にはウンコ10g分のバイ菌が増殖してるってマジなん? 】の続きを読む

    このページのトップヘ