てれすこニュース

    カテゴリ: 隣人たち(近隣諸国)

    0コメント
    1: 2018/08/09(木) 00:01:20.24 ID:RobMZodB0● BE:692976702-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    中国人と韓国人、一目で見分けることができますか?

    韓国・亜洲経済の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは6日、「中国人と韓国人のスタイルにはどんな違いがあるのか」と題する動画を投稿した。

    投稿は、「もし韓国人と中国人が並んで歩いていたら、一目で見分けることができますか?」とし、韓国の大学で両国の学生たちにインタビューした様子を動画で紹介している。

    初めに登場する韓国人女性は、「中国人のファッションは独特で個性があるけど、韓国人の場合はスタイルが比較的同じで、白や黒を
    基調としています。中国人は黒でも大きな柄が入ったものを選びますね。それと、帽子に目立つアクセサリーが付いていると中国人
    だとわかります」とのこと。また、別の韓国人女性たちは「中国人のアクセサリーは豪華」「中国人は明
    るい色の服を好んで着ていますね。蛍光色の服が多いです(笑)」と回答した。

    一方で、中国人女性からは「韓国に来たばかりの子は見分けがつきますね。でも、時間がたつと、髪型とか服装とかが韓国人と似てき
    て、ほとんど変わらなくなると思います」「韓国の男性は、上はシャツやポロシャツ、下はクロップドパンツが好きみたいです。靴
    は革靴かスニーカーですね。カジュアルな感じがします」「男性は分かりやすいですね。中国の男性は特別なファッションに髪型なので(笑)」といった意見が聞かれた。

    また、ある韓国人女性は「雰囲気や表情にも違いがあります。韓国人は割と無表情ですが、中国人は表情が豊かですね」とした他、
    ある中国人女性は「全然見分けつきません。頭を洗わないのが中国人…はははは(笑)」と答えている。

    欧米人にとって日中韓3カ国の人の見分けがつかないとはよく言われるが、多くの場合ファッションや雰囲気は見分けるための一つ
    のポイントになっている。しかし、現地での生活が長く、その国の文化やファッションに溶け込んでいる場合は本人たちでも見分けることが難しいのかもしれない。(翻訳・編集/北田)

    https://www.recordchina.co.jp/b631729-s0-c60-d0052.html

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1533740480/

    【【まあ何となくは。。。】中国人と韓国人、一目で見分けることができますか? 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/07/28(土) 14:46:19.88 ID:JM60p5kM0 BE:123322212-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
    【7月28日 東方新報】人々から毛嫌いされるゴキブリ。だが、中国・山東省(Shandong)済南市(Jinan)章丘区(Zhangqiu)では、
    ゴキブリを利用した生ごみ処理を行っていることで話題になっている。

     同区の生ごみ処理センターの李延栄主任は、「センターでは、生ごみから鉄やガラス、プラスチックなどを取り除き、
    残った有機質のごみを砕いてペースト状にした後、輸送管を使ってゴキブリの『飼育室』へ送る。すべて自動で行っている」と紹介した。

     現在センターの飼育室には約300トン、約3億匹のワモンゴキブリがおり、1日約15トンの生ごみを処理している。
    2019年にはさらに処理棟を2棟増やし、1日の処理量を200トンに増やせる予定だという。

     同区環境衛生管護センターの董科長によると、現在、同区で出るごみ600トンのうち60トンが生ごみで、生ごみ処理センターでは1日15トン、
    全体の4分の1の生ごみを処理している。一般的な処理方法は埋め立てだが、土地を必要とするだけでなく、環境汚染にもつながる。
    同区の生ごみ処理センターがゴキブリを利用して行う事業は、政府との共同プロジェクトの一つだという。

     ゴキブリは、タンパク質飼料としても利用できると同区の生ごみ処理センターは主張する。中国の動物性タンパク質飼料は現在、
    ほとんどが輸入に頼っている。李主任は、「センターのゴキブリ1トンからタンパク質含量72%の昆虫タンパク質飼料1トンを生産できる。
    1級動物性タンパク質飼料は、市場では1トン1万2000~1万5000元(約19万6000~24万5000円)で取引されている」と説明した。

    ■さまざまな懸念も

     生ごみ処理センターの付近住民は、たくさんのゴキブリが逃げて家に入って来ないか心配しているが、李主任は、「ワモンゴキブリは
    高温多湿で暗い場所を好む。飼育室には窓がなく、いくつかの通気口を除き、金網で蓋をしている。壁には水を噴射する装置が付けられており、
    ゴキブリが壁を上ると水を噴射し、食虫魚が泳ぐプールに落ちる仕組みになっている。さらに飼育室周辺には85センチの溝があり、
    ここでも食虫魚を飼っており、ゴキブリは逃げられない」と説明した。

    全文
    http://www.afpbb.com/articles/-/3183993

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1532756779/

    【【ゴキの繁殖力を考えているのかな。。。】ゴキブリ3億匹が15トンの生ゴミを処理! 中国・山東省の画期的プロジェクト 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/07/14(土) 08:53:10.63 ID:CAP_USER
    ◆なぜ金正恩は中国を"千年の宿敵"と呼ぶか
     ~ルーツは"秀吉の朝鮮出兵"にあった

    アメリカと中国の間で上手に立ち回りながら、北朝鮮の現体制の存続をはかる金正恩・朝鮮労働党書記長。
    中国の習近平・国家主席に「偉大なる指導者」とリップサービスをしながら、中国の支配下に入ろうとはしない。
    そのふるまいの陰には、あの「秀吉出兵」時に朝鮮王朝が味わった、当時の宗主国・明による血も涙もない「属国扱い」の記憶がある――。

    秀吉の朝鮮出兵の際、明から朝鮮に派遣された応援の軍隊(古い中国の絵巻物の一部)
    no title


    ■「依存」と「不信」の交錯した感情
    金正恩・朝鮮労働党委員長はもともと、中国を憎み、「千年の宿敵」と呼んでいました。
    しかし、トランプ政権が誕生し、アメリカの圧力が強まるなか、北朝鮮は中国に接近。
    米朝首脳会談の前に2度、会談のすぐ後にさらにもう一度、金委員長は訪中し、習近平国家主席と会談しています。

    3度目の訪中の際、金委員長は習主席との会談で、習主席を「偉大なる指導者」と呼び、持ち上げたようです。
    米朝会談の会場となったシンガポールに行くための飛行機を中国に借り、会談後早々に習主席に状況報告をするとは、過去69年の中朝交流の歴史でも類のない蜜月ぶりです。

    とはいえ、「千年の宿敵」と「偉大なる指導者」という、金委員長の相反する2つの言葉には、北朝鮮が中国に対して抱く、「依存」と「不信」の交錯した感情がよく表れています。
    国際社会から経済制裁や武力行使の脅しをかけられている現状は、北朝鮮から主観的に見れば「国難」的状況といえます。

    その国難の中で北朝鮮は、長い半島史のなかで彼らの父祖が抱いた中国への複雑な思いを再体験しているかもしれません。
    その歴史的記憶の一つが他ならぬ、北朝鮮でいう「壬申祖国戦争」、つまり日本の豊臣秀吉による文禄・慶長の役での、中国(当時は明)の対応です。

    ■李舜臣を抜擢した男

    秀吉の軍勢が朝鮮に侵攻した際、絶妙なバランス感覚で国難を救った朝鮮王朝の宰相がいました。
    この宰相の名を柳成龍(リュ・ソンニョン)と言います。
    藤堂高虎たちが率いた日本側の水軍に打撃を与えたことでよく知られている、李舜臣(イ・スンシン)を将軍に抜擢したのは柳成龍です。

    秀吉の命を受けた小西行長や加藤清正は、朝鮮半島に上陸後、破竹の勢いで進軍。開戦からたったの21日で都の漢城(ソウル)を落とし、さらに北上して平壌(ピョンヤン)も落とします。
    第14代朝鮮王の宣祖(ソンジョ)は民を捨てて、漢城から平壌へ逃げ、さらに平壌から中朝国境の義州へ逃げました。

    その義州も安全ではないことがわかると、宣祖は中国の明(みん)へ亡命しようとします。
    しかし、ここで宰相の柳成龍は、「今、朝鮮を一歩離れれば、朝鮮を失ってしまいます」と反対しました。

    柳成龍は明に援軍を要請する一方、王が明に逃げてしまえば、明の傀儡(かいらい)に堕すると警戒したのです。
    明の属国であった朝鮮は、秀吉軍の襲来という大きな国難を前に、宗主国の明に頼らざるを得ませでした。

    しかし、「王が中国に身を預けるようなことをすれば、朝鮮王朝は終わってしまう」と柳成龍は考えたのです。
    属国なりの矜持といえるでしょう。

    ■「支援」とは名ばかりの明の援軍

    朝鮮半島に侵攻した秀吉軍は16万でした。
    柳成龍らの要請に応え、宗主国であった明は援軍を派遣しましたが、その数はたったの5万でした。
    しかも、派遣軍の兵糧の負担は朝鮮側持ちというケチぶりです。

    明軍はケチな上に悪辣でした。
    朝鮮は飢えに苦しんでおり、明の莫大な兵糧の要請に応えられませんでした。

    そのため、明軍は兵糧調達と称して、現地で手当たり次第の略奪に出ます。
    さらに明の将軍の李如松(り・じょしょう)は、朝鮮側が兵糧提供の義務を果たさないことを「約束が違う」と激怒し、柳成龍ら朝鮮の大臣を呼び出し、ひざまずかせ、怒鳴り上げました。

    柳成龍たちは泣きながら、李如松に許しを請ったといいます。これが明の「支援」の実態でした。

    PRESIDENT Online 2018.7.13
    http://president.jp/articles/-/25610

    ※続きます

    引用元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1531525990/

    【【なんと中国が宿敵??】なぜ金正恩は中国を"千年の宿敵"と呼ぶのか?ルーツは秀吉の朝鮮出兵にあった[07/14] 】の続きを読む

    1コメント
    1: 2018/07/10(火) 00:27:02.87 ID:a3nqFGM80● BE:324064431-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    2018年7月6日、韓国・国民日報は「日本が嫌いなのになぜ旅行?韓国文化が気になる北朝鮮」との見出しで、北朝鮮の人々の様子について報じた。

    北朝鮮の平壌(ピョンヤン)では、今月4日と5日に歴史的な南北統一バスケットボール大会が行われた。記事は「北朝鮮の住民約1万人が競技場を埋め尽くした」と説明している。
    また「住民らは韓国社会に大きな関心を寄せていた」とし「特に、反日感情が強いにもかかわらず、日本旅行に行く人の多さや、日本製品を好む文化について“いぶかしがる”人も見られた」と伝えている。

    この記事に対し、韓国のネット上では「日本が嫌いだから旅行にも行かないし、日本製品も使わない」との声が上がる一方で、
    韓国の現状について「韓国で反日は『ちゃんと意識してますよ』『私は愛国者ですよ』という見せかけのファッションになってしまった」「こういう面では北朝鮮国民の方が韓国より考えが深い」と皮肉なコメントも寄せられている。

    また、日本旅行に行く理由について「韓国内はどこも似たり寄ったりで、ぼったくりも多いから嫌。海外には行きたいけど時間とお金の余裕もないし、
    中国はビザが必要で言葉も難しいから、行けるのが日本しかない。北朝鮮に行けるようになったらオプションが増えるのに」
    「日本は近くて治安もいいし食べ物も口に合うから。歴史問題さえなかったらもっと行くのに。北朝鮮旅行が自由化したらいいな。どうせなら同胞にお金を使いたい」との意見も登場。

    中には「日本が嫌いなんじゃなくて、極右の人と政府のやり方が嫌なだけ」と主張するユーザーも見られた。
    Record china
    2018年7月9日(月) 11時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b609343-s0-c30-d0127.html

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1531150022/

    【【親日なら歓迎するが、、反日なら。。。】北朝鮮市民が疑問「韓国人は日本が嫌いなのになぜ日本に旅行するの?」 】の続きを読む

    0コメント
    1: 2018/06/16(土) 12:13:24.52 ID:rfopPcP/0● BE:887141976-PLT(16001)
    sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
    中国で、現役高校3年生がどうみても70歳~80歳くらいにしか見えない容姿だと話題になっている。

    彼の年齢は紛れも無く18歳で高校3年生の崔という名前。崔さんのことを知らない人は
    学校の教師か校長だと間違ってしまうという。

    彼は何故このように老けているのか? それは中学校のときに奇病である顔面下垂症を患い、
    顔の筋肉が老人のようになってしまった。

    このような理由から中学生の頃には顔が垂れはじめ、彼のニックネームの内の1つは「住職」だったという。
    しかし、彼の本当のニックネームは「勉強王」である。彼は学校での勉強が非常に大好きだったことで有名である。
    そればかりか、他の優等生とは違って毎日問題を解くことだけに没頭するのではなく、他の方面でも様々な知識を持っており、
    交友関係も非常に良くスーパーマンとまで呼ぶ人までいた。

    教師は、彼の成績の上位を占めており、北京大学や清華大学など、中国の名門大学への進学も無理ではない述べた。

    彼の報道を知った中国のネットユーザーたちは「神は外見を与えなかったがその他のステータスを与えたようだ」、
    「外見を気にせずに学業に熱中して欲しい」などの応援の反応を見せている。

    http://gogotsu.com/archives/40782
    no title

    no title

    no title

    引用元:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1529118804/

    【【いや、、よく漫画に出てるおっさんかと。。。】どうみても80歳のお爺ちゃんにしか見えない高校生が話題! 実際は18歳の高校3年生】の続きを読む

    このページのトップヘ