Counter
回目の”しやわせ”をその手に。

2010年06月21日

【UJ2010年7月号】今月のSBR<スティール・ボール・ラン> (超ネタバレ有)



遥かなる旅路は、廻り道だった。そう、この戦いの最中すら。



■SBR<スティール・ボール・ラン> #60 「LESSON5」
大統領の前に倒れたジャイロ。
涙するジョニィ。

だが大統領は、当然の様に銃を手にし、その弾丸を容赦無く、ジャイロへ放った。
海水に沈んだジャイロの傷口からは、夥しい血が流れ出す。
その様を見て嗚咽するジョニィと、そのジョニィへ、身体から光を放ちながら迫り来る大統領。


そして再度ジョニィ対大統領戦が―――始まるッ!

ジョニィの放った爪弾は、またしてもどこかの誰かの『不幸』となり、やはり効果は無い。
叫び、無理して鼓舞するも、ジョニィの涙は止まらず。

『馬をッ! 馬を走らせなくては
  回転に『馬の力』をッ!加えなくてはッ!』
爪弾は何度放っても、『次元の壁』を突き抜けることはない…ッ!

焦るジョニィを前にして、海水に“はさまれて”世界を移動する大統領。
そして死角から登場…、その狙いは………!
ジョニィの………馬…………ッ!!

首をかっ切られ、ダイナミックに倒れるスロー・ダンサー(ジョニィの馬)。
それと共に、こちらもダイナミックに落馬するジョニィ。

更に焦るジョニィは、大統領を見失う。 …その背後から。大統領。
「この人間世界の現実…
  新しい時代の幕開けの時には必ず 立ち向かわなくてはならない『試練』がある
  『試練』には必ず 『戦い』があり 『流される血』がある
  『試練』は『強敵』であるほど良い…

  試練は『供えもの』だ りっぱであるのど良い
大統領の語り。
列挙した『試練』(供えもの)の中には、超懐かしの『ブンブーン一家』の名も。

長々と語っている最中、思慮を巡らすジョニィ。
『LESSON5』
  ジャイロ……… なぜ……
  なぜ『LESSON5』を
  突然 あの時…… ………言い出したんだ………』

そのLESSON5。
『オレたちの近道は遠回りだった………』
『このSBRレース…… いつも廻り道こそが…』
『最短の道だった』


一歩一歩詰め寄る大統領。 残された一発の爪弾を打たせてやる、と余裕の構え。
ジョニィは倒れたまま――。 状況は圧倒的に不利……ッ!
「これから行われるのは『生贄』だ…おまえ!
  ジョニィ・ジョースター…
  試練は… 流される血で終わる……


―――と。
その時ジョニィの手で『回転』していたのは、『爪』ではなく、…『鉄球』
それは、大統領と対峙していたジャイロへ、届けようとしていた、…『鉄球』。

不意に登場した『鉄球』に、面食らう大統領。
そして、ギャルギャルと回転する『鉄球』を、スロー・ダンサーへ、叩きつけた――ッ!

ジョニィの脳裏に映るジャイロのかつての台詞。
「『LESSON1』だ 妙な期待はするな
  脚が動いたのは 単なる肉体的な反応にすぎないぜ」

『ジャイロ… 今 君に渡せなかったこの一発の『鉄球』
  僕のところにある…
  本当に廻り道だった
  本当に本当に
  なんて通り廻り道………』
途端、『鉄球』の回転により、スロー・ダンサーの蹴りがジョニィに炸裂……ッ!!

蹴られる事で、『馬の力』による『黄金長方形』を手にしたジョニィ…ッ!
完全なる『回転のエネルギー』を得るための、『LESSON5』……!

(『馬の力』は走る事のみで得られるのでは?と言う疑問もあるが)


完全なる『回転のエネルギー』によって、遂に、タスク最終形態へ――ッ!!

爪弾は残り僅か一発…!
ジョニィ対大統領戦、圧倒的な危機的状況から生まれた勝機…!
それは、ジャイロからジョニィへ託された、意志……ッ!!

繋げた想いが、その想いを乗せた反撃が、今、始まる―――!!!



To Be Continued...



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/tell_me_why/52634817
この記事へのコメント
今読みました!
ジャイロからジョニィへ繋げていく強いモノを感じました。そしてそれは形。。。。結果になる。 それにしてもジョニィのスタンドの外見ピエロみたいですね!(^o^)
Posted by フブ太 at 2010年06月22日 12:52
二度もすいません!今月号読んでて疑問になったんですが、大統領が試練の話をしている時ジョニィへ土の塊をパラパラと落とすシーンがありましたが、あれってジョニィを子羊の生肉に見立てて土は香辛料か何かを表しているが故の演出って解釈でいいんでしょうか?
Posted by ブブ太 at 2010年06月22日 13:41
> フブ太 さま
『LESSON5』は、ふたりのレースそのものだった。この演出は鳥肌が立ちっぱなしです。 ホント、グッときます。
タスクは終始“カッコイイ”存在じゃあないのが特徴的ですね。 ヒーローヒーローしていないジョニィのスタンドっぽい、と言えばそんな感じです。

大統領のあの行為は……、ぶっちゃけ謎ですね。
何かの儀式なのか、土葬を示しているのか、それとも文字通り“泥を付けた”だけなのか。
大統領の作戦の布石、が濃厚っぽいですが、さて、真相の程は。
Posted by こてつ at 2010年06月24日 05:18