膀胱がん まさかソコですか!

2012年夏、尿細胞診でクラス5出現、尿管結石同時発症、膀胱がんの診断名が憑いてしまった医療者の端くれだが・・・・・ 2021年、再発、がんは続くよどこまでも・・・ 2022年、再再発

2012.6月 頻尿のため泌尿器科受診、尿細胞診でクラスⅤ
2012.8月 尿管結石同時発症、膀胱がんの診断
2012.9月 がんセンターに転医
2012.10月 1stTURBT,膀胱全体から上皮内がん(CIS)、T1G3( high-grade)
2012.11~2013.2 BCG膀胱注入療法8回、頻尿・痛みと格闘しながら、1ヶ月後の尿細胞診の結果がクラスⅡに陰性化した。
2013.5月 尿細胞診クラスⅢになり、
2013.6月 2nd TURBT実施、結果はなんと陰性。
2013.9月 尿細胞診クラスⅣ
2013.10月 TURBT、CIS再発、膀胱全摘決定
2013.12.18~2014.1.3 膀胱全摘出+自排型新膀胱増設
2014.1.13 術後性腎盂腎炎
2014.5.27 鼠径ヘルニア手術
2014.7.17 リンパ嚢胞炎
2020.12.23 7年目 再発 尿細胞診クラスⅢ
2021.2.17 TURBTと逆行性腎盂造影検査/分腎尿採取
2021.4.16 左腎臓・尿管全摘手術
2021.11.17 再再発 尿細胞診クラス3
2022.6.29 尿細胞診クラス4
2022.8.8 TURBTと逆行性腎盂造影検査/分腎尿採取
2022.10.3 転院、内視鏡エキスパートによるTURBT
2022.11.22 BCG新膀胱注入療法

8回目、、、最後になります。

1時の予約で12時15分着
採尿、細胞診ありです
診察コールは1時30分・・・待ち疲れた~~~
12月28日(5回注入の効果)の細胞診の結果はクラス3・・・ガクッ
その前の3bではないだけいいかな、ちょっと期待してたんだけど
3はあてにならないし、8回終わってから効果が出る場合もあるし・・・
次回は1ヶ月後、膀胱鏡・・・問題の病変がどうなっているか、この所見に注目しています
ちょっと慰めか・・・

処置室へ、すぐに呼ばれました。
カロナール服用、排尿を済ませて先生の登場待ち、
最後の注入、効きますように願いを込めて注入!
3時43分まで頑張ります。

簡易ソファーベッドコーナーが混んでいて最後の1席
助かりました
ラスト40分、間欠的に襲ってくる尿意!
なんとかこらえて、完遂

排出してカロナール追加
会計を済ませて自宅へ

手足末端が痺れているような、血が通ってないような寒気?
全身倦怠感、明らかに発熱の前兆、ですが平熱
カロナールの解熱作用でマスクされているようです
6時ころ血尿混じりの茶色い濁った尿、
会陰部がボヤです
入浴すると水圧が会陰部の痛みを和らげてくれます

9時前には寝床に
11時頃、尿の色がきれいになってくると、会陰部のボヤも消火
少し暑い感じ
一晩、頻尿と付き合って朝になるとだいぶ楽になる
昼頃には、あまり気にならない程度にはなりますが
歩いたり、立っているとやはりつらいです。

次回は2月15日 膀胱鏡

約2ヶ月、頑張った自分にご褒美!
2月前半、旅行に行く計画立てました!
寒い日本を飛び出して・・・・

新年早々ですが、がんセンター仕事始めに予約です

1時の予約で12時15分に到着、
採尿して診察コールを待ちます
1時前に診察室へ、
前回の細胞診は?・・・
仕事していません・・・だよね
今日の尿検査でも異型細胞は出ていません
7回目予定通り
次回で8回最後になります
2月に膀胱鏡の予定、その間細胞診も
広がっていたら大変なので造影CTをリクエストしておきました
細胞診で陰性化していなかったら・・・
考えるのやめました

で、処置室が空くのを待ちます
今日はX線透視装置のある部屋で
導尿、カラにしてBCG注入、
終了時間3時5分、今までで最速です

1時間20分を過ぎた所で、間欠的に尿意が襲ってきます
なんとか耐えて、どうせ出ないし
無事2時間完遂!!!

排出を済ませて会計、
カロナールを追加して
会陰部の炎症・・・本当に股間が燃えている感じ、に備えます
といってもボヤ程度ですが

1時間後には凝血混じりの汚いトマトジュースの尿
全身倦怠感、少し寒気、計っても36度台で平熱(カロナールでマスクされる)
これが2時間位続いて
汚いオレンジカルピスの尿が深夜まで
カロナールを追加して1時間ちょっとずつの細切れ睡眠でなんとかやり過ごします
翌朝、尿の透明度が少し上がってきます
昼頃には、会陰部過敏による頻尿以外の副反応はなくなるので
ストレスはほとんどなくなります




1時30分の予約、12時45に到着、採尿
診察コールは1時35分、順調です

尿沈渣に異型細胞出ていません
発熱は?
ありません、カロナールでマスクされちゃうんじゃないですか?
マスクされていいんです
発熱するのは夕方が多くて
僕はあさイチのBCGをおすすめします


初めて聞きました
自分が午前中仕事してから来院すると考えてのことでしょう

あまり内容のない会話でした

帰り際、
今年は里帰りしないのですか?
(10年前は里帰りで他の先生に交代してもらった年末最後)
子供の大学受験で・・・もうそんな年ですか
10年あっという間です

カロナール200mg✖2錠服用してスタンバイ
処置室に呼ばれてBCG注入終えたのは2時7分
4時7分まで頑張ります
スマホで三谷幸喜の映画鑑賞(Short Cut)
いいね、ほっこりする映画でした

会計を終えて帰り道、渋滞には巻き込まれませんでしたが
辛いこと・・・間欠的に会陰部が燃え上がり
出るわけないのに尿意
無事帰宅、自宅でわずかに排尿、
カロナールを1錠追加
少し落ち着いて、ずっと横になっています
(会陰部に圧がかからないようにすると楽)
茶色いトマトジュースのような、血餅混じり、が100ml程度
濃厚な状態が続きます
鎮痛剤を飲んでいるのに軽い頭痛(後頭部から頭頂)・・・なんで?
全身倦怠感、少し冷や汗、
多分カロナールを飲んでなければ発熱ありだと思う

夕食をいただき、ゆっくり入浴
優しい水圧が会陰部にかかりなんとなく気持ちいい

早めにベッドに潜り込む
1時間半間隔でトイレへ、深夜にカロナール追加
尿の色が良くなり、やっと朝を迎えました

BCG傍注後の一晩の辛いこと
副反応がパワーアップしてきました
あと2回、新膀胱が壊れないことを願って

次回は1月4日


帰りの渋滞を回避すべく今回は1時の予約にしてもらいました
12時15分着、採尿を済ませて診察コール待ち
1時20分診察室へ

前回(4回目前)の尿細胞診はクラス3b
がん細胞が出ているのは確かです
今日の尿沈渣でも異型細胞+

うーん、この先考えると・・・・
診察を終えてカロナール400mg服用してスタンバイです
処置室がなかなか空かず注入終えたのは2時、
4時までいつもの体位で耐えます
1時間をすぎると間欠的に尿意がやってきます
パットをしているので少しぐらい漏らしてもいいやと思いつつ
頑張りました2時間!

排尿を済ませて会計
自宅まで30分、渋滞に巻き込まれすギリギリOK
排尿してしばらくすると会陰部がボヤ、少し倦怠感もあり
発熱はありません・・・カロナールでマスクされる?

6時には血尿混じりで混濁尿
茶色いカルピスの尿が続きます
7時過ぎにカロナール追加
鎮痛剤が効いているので排尿間隔は1時間位持ちます
排尿量も100ml前後
早めにベッドにもぐり込みます
1時間30分間隔で会陰部の痛みで目が覚め排尿
12時過ぎピークを超えたようで
3時にカロナール追加
朝まで2時間ずつの睡眠

副作用は安定したパターンのようで
天然の膀胱に比べると極めて軽いように思います

あと3回、完遂して異型細胞が消えますように

2時の予約で1時30分着、採尿を済ませて診察コールを待ちます
2時20分に診察室へ
尿検査の結果、
炎症反応が
尿がかなり濁ってます
副作用について
ウルトラ頻尿、
今日は2時間できそうですか

痛み止めを途中で使う予定です
効果ありますねで、すぐに使ったほうがいいです

先週の続き、
BCG膀注と免疫チェックポイント阻害薬の併用療法について
治験(第3相)ありました、浜松医科大学でやっていますね
参加されたら・・・
新膀胱ですから条件的に無理ですけど
保険収載されれば自分に適用できるのでは?
あまり良い返事はありません
フォローお願いしたところ
新たな適用があれば製薬会社から説明があると・・・
とりあえず目の前のBCG膀注を完遂しましょう
 とのことでした

処置室にて
なにやら治験について調べてきたようで
確かに話していたそのままの治験がありますね

今思うに
BCG効果なしのケースは膀胱全摘というガイドラインしかないようです
まあ今はダビンチでできるし
やはり、外科的治療至高主義なのでしょうか

ただ、膀胱温存を希望する方には朗報だし
自分のように新膀胱再発、単腎でほとんど後がない身にとっては大切な治療法です
もうちょっと親身になって考えてもらってもいいのでは?

2時44分注入、4時44分まで
30分前から尿意が間欠的に襲ってきます
カロナールの効果でなんとか持ちこたえて終了
会計を済ませて自宅まで45分、途中下車せずに到着しました
排尿は少し血液混じりで茶色いカルピス状
30分間隔ほどで50ml前後、夕食を食べて鎮痛剤追加
就寝、2時ころ鎮痛剤追加、朝までよく寝れました
翌朝、排尿量150ml前後まで回復、透明度も少し改善
体調もいいので庭仕事すると、会陰部に痛み、出ないのに尿意
鎮痛剤追加です

回数を重ねるごとに鎮痛剤の使用量が増えています

↑このページのトップヘ