個人凍死家テリーの投資生活チラシの裏

ここはおいらのチラシの裏。 投資生活のメモや投資家さんとの交流を記録して行きます。読者の生活に何も役立たないが、一瞬だけ笑顔になれる落書きを目指します。 チラシの裏に内容や数を期待しちゃいけないぜ! e-mail: frozen.investor.telly@gmail.com

昨今、金融庁が「平成29年度税制改正要望について」という公式リリースを出し、来年度以降の税制改正要望(あくまで省庁側の要望であって、今後各所で議論が行われますので本決まりではない)を出しました。今回、この資料をもとに、「金融庁がかんがえた さいきょうの とうしかんきょう」について述べてみたいと思います。まずは公式資料。

平成28年8月31日付 金融庁公式報道発表資料

金融庁の平成29年度税制改正要望について (PDFダウンロードのためのリンクページ)
http://www.fsa.go.jp/news/28/sonota/20160831-3/01.pdf (PDFの直接ダウンロード)


まず最初に私の結論。


今回の金融庁の税制改正要望は、実に攻めている、イケてる! 金融庁、GJ!


    ∩
    ( ⌒)     ∩_ _
   /,. ノ      i .,,E)
  ./ /"      / /"
  ./ / _、_   / ノ'
 / / ,_ノ` )/ /  FSA,
(       /  good job!
 ヽ     |
  \    \




  _n
 ( l    _、_
  \ \ ( <_,` )   金融庁
   ヽ___ ̄ ̄  )   グッジョブ!!
     /    /



まず、要望項目から見ていきたいと思います。PDFの表紙の次の1ページ。
サマリーが書かれております。
役人世界に限らず、どの世界でも、筆頭に来る項目が「イチオシ」の施策です。

その筆頭に来たのが

1.活力ある資本市場と家計の安定的な資産形成の実現

です。まさに、個人投資家向け施策がトップ項目なわけです。

細目を見ますと、

◆少額からの積立・分散投資の促進のためのNISAの改善
◆金融所得課税の一体化(金融商品に係る損益通算範囲の拡大)
◆上場株式等の相続税評価の見直し等


とあります。金融庁、やはりNISAイチオシです!
3ページを見ますと、NISAの要望項目が出てきます。
そしてその中での筆頭の施策として、

○「積立NISA」の創設(現行NISAと選択制)
・年間投資上限額:60万円、非課税期間:20年間

とあります。現行NISAと2制度をつくっていくという二方向作戦のようです。

さらに、さんざん「使えない」「わかりにくい」とご批判も多い現行NISAの制度改善も要望しています。

(現行NISAについて)←筆者加筆
○非課税期間(現行:5年間)終了時の対応
○投資可能期間(現行:平成35年まで)の恒久化

とあります。
やはり現行NISAが5年縛りのために、本来金融庁が考えていたであろう「広く一般国民が少額の(長期)投資を行って、その果実には特典を与えよう」という意図から大きく外れ、「5年間限定の株式ギャンブル枠」に使われてしまっている現状を何とか変えたいという意思が感じられます。

特に、新設の積立NISA。はっきり言って、これいいです! 今回はこの積立NISAについて、私見を述べてみたいと思います。

これが広く多くの人に使われるようになったら、わが国の金融資産の配分が貯蓄から株式等投資へ大きくシフトする起爆剤になりそうです。

NISAの「枠」の仕組み、はっきりいてわかりにくいのですが、他の方から聞いた「枠」のわかりやすい説明として、枠は「賞味期限付の(金融商品)保管庫」と考えるといいと聞きました。

現行NISAは、毎年正月に、120万円の新たな「保管庫」がお上から下賜されると考えます。(はぁ財務省様ありがたやぁ~)

2016-09-15 (現行の概要)
(上記金融庁作成資料を引用)

5年間通算で、箱は計5個もらえます。そして6年目。最初の箱の賞味期限が切れて使えなくなってしまいます
さてどうしましょうか? そこで出てくるのが6年目の新しい箱です。
この6年目の箱をどう使うか? 

(1) 賞味期限が切れた1箱目の中身を移し変える
(2) 1箱目は別のところへ持っていって6箱目は空のままとし、昨年までと同様に新たに何か買って入れる

という選択になります。

(1)を俗に「ロールオーバー」と呼んでいます。古くなった箱から新しい箱に移し変えるわけですね
(2)は1箱目の中身を課税口座(一般口座/特定口座)に移すという作業です

いずれにしても、大事なのは現行NISAは「下賜され、賞味期限内の箱は最大5個までだよ」ということです。これを考えると、箱に目いっぱい入れられるのは120万円×5箱で600万円だよ。ということになります。(ただし、実際はNISA制度はじまった頃の枠が100万円だったので実際はそれより少なくなります)

この仕組みを理解した上で、積立NISAを見てみますと、積立NISAは、

・年間投資上限額:60万円、非課税期間:20年間

とあります。上限額ショボいじゃん! と思うのですが、実はそうじゃない。
先ほどの箱を思い出していただくと、非課税期間20年なので、実は箱は最大20個下賜されるのです!

2016-09-15 (積立NISAのイメージ)
(上記金融庁作成資料を引用)

すると、60万円×20箱=1200万円分の賞味期限内の箱をもてることになります。

これはなかなかすごい額です。

積立NISAを使う場合は、今までのような金融商品何でもおっけー、ではなく、積立による資産形成に適した金融商品に限る(規制する)という雰囲気を見聞きしておりますが、NISAの設立趣旨を考えると、先物を使ったり、レバレッジをかけたりした金融商品は適切ではなさそうに思いますので、この規制は(どのような縛りになるのかの制度設計は別として)決して筋は悪くないように感じました。ここの制度設計は今後、金融庁担当者の腕の見せ所だと感じております。

現行NISAと積立NISA。個人的には複雑すぎる前者をもうやめちまえ! と思わないではないのですが、そもそもこの制度が証券税制の本則化(時限優遇措置の廃止)の代償だった歴史的背景を見ると、証券会社や富裕層への配慮という「大人の事情」も見え隠れし、担当者の苦労も垣間見える気がしないではありません。

今回は金融庁イチオシ筆頭施策の積立NISAについてご紹介しました。
最後に、金融庁が提示した資料を見て終わりにしたいと思います。

2016-09-15 (20年の損益分布)
(上記金融庁作成資料を引用)

適切に分散した金融商品を5年間積み立てた場合と20年間積み立てた場合のリターンの分布を示したものです。長期になれば、どんな相場つきが悪いときにはじめても、マイナスになることはなかった、というデータです。逆を言うと、どんなにいいコンディションではじめても、結局は相場の波に揉まれて決して大きなリターンは得られないのだ、ということも示しています。
これを見て、読者各位がどのようにこのグラフを解釈するのか、(いろんな解釈ができると思います)非常に興味深いところです。


次回は現行NISAの運用改善について触れてみたいと思います。

しかし書いてて思った。

今回、真面目かっ!

※ふぅ~ これで次回開催ののFOYの投票権が獲得できた(はず)。

 平素より弊ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

 今般、各種環境の変化に伴い、弊ブログ名を旧来の「個人凍死家テリーのバーチャルファンド運用室(仮)」から新ブログ名、「個人凍死家テリーの投資生活チラシの裏」に変更させていただく運びとなりました。

ちらし

旧ブログ「個人凍死家テリーのバーチャルファンド運用室(仮)」は2014年に開催されたインデックス投資ナイトに参加した際、「小型株の等配分でファンド組んだらいいパフォーマンス出るかもしれない」といった識者の発言をもとに、ではまずバーチャルで組成して運用して確かめてみようじゃないか、という考えでブログを開設したものです。当初はミニ株の利用を想定したバーチャルファンドの運用成績などを書いておりました

 しかしながら、やってみてわかる等配分の面倒くささ、分割や併合、配当の扱いなど非常に手間がかかることがわかり、いつの間にやら小型株ファンドへの興味を失い、運用報告などはほとんどやめていしまいました。

 その頃から、Twitterを通じての投資家の皆さんとのつながりが増えてきたこともあり、ブログの内容もコツコツの会の参加報告や懇親会(ただの飲み会)の報告などが多くなってきました。この間も、私の保有する株式等のアセットアロケーションや、私のリスク資産のコアとなるVTの分配金(配当)等に関する記事、投信ブロガーが選ぶファンドオブザイヤーの記事等を書いてまいりました。さらに、投資とぅいったらーの皆さんとの交流の中で生まれた「馴れ合い」に基づき、当ブログのキラーコンテンツである「投信ついったらー流行語大賞」の誕生に至ります。

  さて私のこれまでのブログの記事を翻って見ると、結局のところ、皆様のお役に立つような情報ブログ例1)や投資に関する基礎教養、金融業会のあるべき姿の提案ブログ例2)などの秀逸なブログとは対照的に、「ほぼお仲間内の馴れ合い記事」がほとんどであることに気づかされます。

 私はインデックス投資ナイトのI-1グランプリにて登壇させていただき、その後SNS(Twitetr)を通じて多くの方と交流を深めることができるようになり ましたが、その中で感じたことは、馴れ合いを含めたSNS上での個対個の流れるようなやりとりが私の性に合っておりブログのような個対多に対して広く有 意義な情報を長期間に渡って発することは向いていないということに気づくに至りました。

 実際、ブログの更新も昨年末の「投信ついったらー流行語大賞」から行われておらず、心苦しい状況でありました。そこで今般、ブログ名を「個人凍死家テリーの投資生活チラシの裏」と改め、これはあくまでおいらのチラシの裏なんだぞ、いつ更新しようがおいらの好きなようにやるぜ!という考えを広くお知らせすることといたしました。

 今までのブログ名は、当初の内容から変わった状況で、正直おいらには荷が重かった。


 ということで、本日から、新装縮小開店した「個人凍死家テリーの投資生活チラシの裏」をよろしくお願いいたします。所詮チラシの裏。見ても読んでもきっと為になることは書いてありません。

0110renewalopen


 ただ、チラシの裏に、ちょっとだけ面白いことが書いてあることがあるかもしれません。そう、子供が描いた自由な落書きみたいに。
 今後、当ブログは多くの投資家の皆様と交流を深め、楽しさを共有するためのツールとして活用していきたいと考えております。機会がありましたらぜひ見に来て少し楽しい気分になってお帰りいただければと存じます。

【お願い】
 こ れまで、弊ブログのリンクを設置していただいていた奇特なブロガーの皆様におかれましては、気が向いたときに結構ですので弊ブログの名称を変更していただ けると幸いです。つまらんことでお手を煩わせて申し訳なく思います。(正直、直していただかなくても気にしませぬ。広く一般の方にアクセスしていただくこ とを目的としないチラシの裏ですので

くいだおれ

これまでTwitter上で交流をしていただいている関西周辺の投資家さんとの懇親会(オフ会)に参加して参りました。
今回、私の大阪出張にあわせ、関西投資家会とぅいったらー界のゴッドマザービッグマミーことPiyomamaさんに無理にお願いし、会を開催していただきました。

既に何人かの方がブログに書いてくださっており、出張明けの疲労困憊(そのあとどっかへ遊びに行ったから疲れたんやろ!)の心身のため、ブログを書かなかったこともあり、既にネタが出尽くしている(材料出尽くし)という噂もありますが、ここは記録を残して主催者はじめ参加者の皆様に感謝の気持ちを伝えねばならないという使命感で半年以上ぶり!のブログを公開する次第です。

※本音:年に数回書かないと投信ブロガーが選ぶFOYの投票権が無くなっちゃうから




参加者と皆さんのブログ等紹介:

☆Piyomamaさん(ブログ:ピヨママの投資と家計と子育てと 「テリーさんをお迎えしてのオフ会@大阪 2016年7月2日」)
☆rosemaryさん(ブログ:ローズマリーランド個人凍死家テリーさんをお迎えした関西インデックス投資オフ会レポート」)
チイミイママさん(Twitter:@tsuko_i
  (以上紅組 素敵女子の皆様)

かえるオノウさん(ブログ:かえるの気長な生活日記。
リバモさん(ブログ:インデックス投資関連の備忘録と趣味の旅行記
菟道りんたろうさん(当時39)(ブログ:The Arts and Investment Studies個人凍死家テリーさんはとても愉快な人でした―関西インデックス投資オフ会に参加しました」)
くは72さん(ブログ:4+4=6でもない。8はパーなのだ。 「個人凍死家テリーさんをお迎えして関西インデックス投資オフ会に参加してきました」)
不肖テリー
  (以上白組 おっさん&にぃちゃん(なげやりな感じで)


会で出た話題をご紹介(既に他の参加者のみなさんに紹介されてしまってるものも重複で紹介)

・はじめまして~ あ、想像通りだ(相互に)
・まぁ飲もうぜ!
・えっ、お腹減ってる? ガンガン頼みましょうや!
カンパーイ!
・最近どうよ?
・ご結婚おめでとうございます!
・ガンガン稼いでガンガン投資。すげー!
・投資は自己責任、好きにやってこうぜ~
・喧嘩して、disりあってパフォーマンスあがるんならこんないいことないよね~
ビール3人分追加で!
・ところで職場に独身素敵女子はおらんのけ? えっ、みんな既婚?
・じゃ他所や。○○さんとこの職場に素敵女子は... えっ、みんな既婚?
・男子の家事スキルマジ大事。
・義理人情の契約はつらいよ。
・現金持って毎月ATMに入金に行くのが面倒。
・ネット銀行ええでっせ! 無料振込み回数足らなさそうだったら子供の口座でマネロn(ごにょごにょ
・えっ、ネットバンキングのパスワード忘れちゃったの? アカンやん。
・あ、ビール追加で!
・信託銀行ってなにやってるかわからんが、縁の下で結構がんばってる!
・よし、信託銀行に口座つくりに行ってくる!
・りそな銀は実はやり手銀行(信託業務もやってる)。DCとか強いのはそれが理由。
・信託やってたのはもともとは大和銀
・某ゴキゲンファンドの話題。最近少しはマトモになってきた?
・日銀委員と学位のおはなし。文系理系で博士の学位の扱いに大きな違いがある。
・あっ、こっちにビール追加で!
えっ、声でかい? 隣? まぁええやん。
・ちょっと中座します。
 (席替えターイム)
・明日は片上鉄道見に行くんですよ!
・関西から行けるお勧め鉄スポット&路線
 オススメ1:予讃本線(伊予市-八幡浜の海回り旧線)夕暮れ時がおすすめ
 オススメ2:山陰本線(豊岡-鳥取)駅から行ける昭和っぽい海水浴場もこれからの季節楽しいかも
 オススメ3:鉄への入り口は、まずは手ごろな大都市近郊区間の選択乗車使って琵琶湖一周から
・こっちのお兄さんにビール追加で!
・気づいたらお隣おらへんやん!
・♪パートと年金と私。
・今般の定期的収入のあるパートさんへの厚生年金加入の話はいいところと、悪いところと両方ありそう。
・国はパートさんから保険料集める前にもっとやるべきことあるやろ!(テーブルをバンバン叩きながら!)
・年金はまぁいいとして、国保支払になるのは丸損ちゃうの?
・今後の扶養の仕組みとかどうなって行くんやろねぇ~。三号とか。
・組合によっては若年~中年層しかいないところがあり、老人を抱えていないのでいろいろ手厚いところもある
・一方で、そういう美味しい層がいない組合は大変っぽいのぅ。
・寡婦と寡夫で扱いが違うんかいっ! 法の下の平等はどないなってんねん!>裁判所
・えっ、もうこんな時間?
お会計一人1500円? マジっすか?

といった内容でした。
なるべく臨場感をお伝えするべく(エセ)関西弁でダイジェストでお送りいたしました。



さて、会を終えてそれぞれ帰路についたのですが、参加者の皆さんにお会いしての感想などつらつらと。


・Piyomamaさんは相変わらずパワー全開! 関西の元気なおかんそのもの。いつも笑顔になれる。
・Rosemary姐さん、ご結婚なさってますますお美しくなられた
・チイミイママさんは初対面ながらTwitter上での素敵ママ度そのままだったのが印象的。ご主人大変ですなぁ。
・かえるさん、さすが本業の貫禄。参加者の質問にズバリ回答! 半年~一年ぶりぐらいにお目にかかりましたが私も会いたかったっす。
・Livamoさん、今回無理やり引っ張り出してごめんなさいごめんなさい。部活動の件はまた別記事書きます!
・くは72さん、いつ会ってもいい男やなぁ。おいらが肉食系女子なら喰いついて離れんで~
・そして最後に大御所、菟道りんたろうさん(当時39)
 既に菟道りんたろうさん(当時39)からは、開催当日にブログにて、過分な褒め殺しではないかと疑われる言葉をいただき、別建てで謝意を表さねばならないのが義理人情
 

菟道りんたろうさん(当時39)とはTwitter上で絡んでいただいていることが多いながら、今回初の顔合わせとなりました。
お互いに「♪会いたかった~ 会いたかった~ 会いたかった~ Yes!」と思い続けた相思相愛の関係

普段のTwitter上での発言から、「ほんまもんの切れ者」感がひしひしと伝わってきておりましたが、実際にお会いしてまさにそのまんま。舌鋒鋭く金融や社会問題にまっすぐに斬り込む言動は、まさに現代の騎士とでもいいましょうか。

そういえば東にも「定義もの大好き」な頭脳明晰なイケメンもいたように思いますが、この界隈で彼と東西で双璧を成す言論人だと感服しきりの一夜でした。いちど東西対決をやったら面白いかもしれない。(大喧嘩になって収拾つかなくなる懸念も無きにしも非ず)
菟道りんたろうさん(当時39)に私が惚れた理由は、強きを挫き、弱きを助けるという思考が言論の中に見え隠れすること。世の中、ただ自己責任だ自己責任だと叫ぶ御仁が多い中、学びや経験の機会を不幸にも享受できなかった方たちなどの存在を認識した上で、広く社会全体でどうあるべきか、どうすれば全体が良くなっていくのかを普段から考えて発言されておられるように思えます。
ひとことで言うならば、武士道精神の体現者ノブレスなんちゃら(←調べてから書くか、難しい言葉使わないかにしろよ!)の実践者とでも表現できましょうか。
(さて、褒められた以上にさんざん褒めちぎったぞ。今週末に東京に来るんだから褒めちぎり相応の土産を....)


今回、大阪で多くの方との再会、出会いができ、とても有意義な週末でした。
翌日は「インデックス投資乗り物部」の部活動を実施したのですが、それはまた別の記事で。(たぶん三ヵ月後くらい)

今回会の段取りをしてくださったPiyomamaさん(関西投資家界の命の母)、そして参加いただいた皆様に深く感謝申し上げます。
今後、さまざまな地域の投資家の皆さんのところにお邪魔し、交流を深めていければ有難いと思っております。
次回、テリー君が爆撃し、伝説を残す町は、あなたの住む町かもしれません!

※今回高級イタリアンにはワイン妖怪は出現しなかったようです。←ここ試験に出ます!)

追記: 菟道りんたろうさん(当時39)、開催後にお誕生日をお迎えになったようです。おめでとうございます。
    (あんま目出度くないか?)



このページのトップヘ