先日、都内某所で密やかに行われた、心の友、ジョージ・ホルヘこと、サーモン中尾@サーモン地位向上委員会君(ブログ:サーモンガレッジ!)主催の「サーモン尽くしホームパーティー」に参加してきたので、彼の活動の宣伝がてら報告します。(注:この記事は明確なステマ記事ですのでそのつもりでお読みください。)

IMG_8109

本会は、サーモン中尾君(以下ジョージという。)がサーモン好きの友人たち(←ここ大事!)を誘って開催されたホームパーティーです。「多くの人に、サーモンの素晴らしさと良し悪しを知ってもらいたい!」というジョージの熱い想いが込められたホームパーティーです。

第1章 私とジョージとの出会い

まったく記憶にございません(笑)
IMG_8038

おそらく、Twitter上で何となく回ってきたRTを私がジョージを見かけた最初なんだと思います。夜の二次会でジョージと話して思い出したのですが、おそらく「養殖サーモンは危険で地元の人は一切食べない!」(クソみたいな記事なのでリンクは絶対張らない)とかいう科学的知見が皆無に等しく、伝聞と妄想と自己アッピールだけがしたいだけの何かのネット記事に対し、自らの知見、体験をもとに科学的視点、社会経済的視点で誠実に反論していたのがジョージだったんじゃないかと思っています。

第2章 ジョージというおっさん。

Twitter上で知り合ったジョージ。プロフィールを見るとサーモンを専門に扱い、外国で活躍した経験のある「おっさん」のようです。サングラスがキマっています。


Twitter上では、「生来のカン」をもって発言等からその人の人間性を判断し、地雷を避けつつ果敢に絡んでいく(人はそれを「テリーフィルタ」と呼ぶ)、それがボクのTwitterライフ。ジョージにも果敢にアタックです。
このジョージというおっさん、サケネタの駄洒落が上手い! 実に上手い! おっさんの心を鷲づかみです。

これに対し、私のTwitterライフを支える同志たち(いずれも駄洒落警察特捜部に追われる身)がすかさず反応。

・クレイジーモンキーこと「いなげ



・コングこと「ヤマモト2nd」。


ターニャこと「赤井 恵」。


”駄洒落で鳴らした俺たち特攻部隊は、
 濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、
  審議室を脱出し地下(Twitter)に潜った。

しかし、地下でくすぶってるような俺たちじゃあない。
 筋さえ通りゃネタ次第でなんでもやってのける命知らず、
  不可能を可能にし、巨大な陰気を粉砕する、
   俺たち駄洒落野郎Aチーム!

 俺たちは、笑いの通らぬ世の中に敢えて挑戦する、
  頼りになる神出鬼没の
   駄洒落野郎Aチーム!

 助けを借りたい時は、いつでも言ってくれ!”


駄洒落野郎Aチームのメンバーはいずれ、
「俺は、リーダーのジョージ・ホルヘ大佐。通称サーモンNAKAO。会社への寝返りとおっさんへの変装の名人。」
とかいいながら紹介しよう!(←たぶん思いつきで言ってるだけで実際記事にしない)

※誰がフェイスマンかは、わかってるよな、お前ら、なっ、なっ!

そう、そしてボクとジョージの伝説がはじまったのさっ!

第3章 そして伝説へ...

クッソ長い前振りでもう誰も記事読んでない気もするのだが、「チラシの裏」なので勝手に続けよう


今回のホームパーティーの開催場所は都内某所。下町商店街の風情残る裏通りの「おしゃれな名前」のキッチンスペースで開催されるのだが、地番を見てもそんな気の利いた建物はない!

一緒に参加したとぅいったらーと合流し、付近を捜すも見あたらず。

ふと見つけた昭和40年代建築風のマンションにその「おしゃれな名前」の看板が。さっそく突入です。


行った先はそのマンションの1フロアをまるまる買い取って、リフォームしたもの。1フロアの各部屋(おそらく30m3くらい?)がお洒落な「SOHOオフィス」やら「工房」やらに変身している部屋でした。

今回借りたキッチンスペースは、その中の1部屋です。

IMG_7862


IMG_7861

到着すると、ジョージをはじめ、スタッフの方(お聞きするとジョージのご友人の皆さん)が既にキッチンで準備をしておられました。


そしてスタッフのみなさんに提供いただいたお料理がこちらの品々!

IMG_7927
まずは鮭とばがサーブされる。ワインが注がれ、まずは乾杯です!


参加者はジョージのご友人たち(実はジョージはおっさんではないんで、お友達の皆さんはお若い!)、そしてTwitterで参加表明された皆さん。

とぅいったらーさんたちの扱いは、さすがにジョージも困ったようで、「アイコンやプロフから年齢や性別がまったくわからない!」「(ジョージ)ネットで知り合った人と直接会うのははじめて」というすごい状況でメンバーが集結です。


そして次々と供されるサーモンメニューの数々!

IMG_8111


IMG_8106


IMG_8346


IMG_8261


IMG_8472

※インスタ栄えを狙い、Cannon 85mm f1.8を用いボケ味を強調して撮影

たくさんのお料理を頂戴しました(写真を撮影しそびれたのですが、「サーモンと野菜のほんわりミルクスープ」も最高に美味しかったです)。


また、ジョージが各参加者の前でサーモンを捌いてくれます。そして各部位の説明や、サーモン特有の「骨」の位置などを教えてくれました。

IMG_8434
※サーモンを捌くジョージの手元。


今回、このような機会をつくって下さった、おいらの心の友、ジョージに感謝!

そして彼を支えてくれていたスタッフの皆さんにも大感謝!

さらに、Twitterを通じたこういう新たな出会いに感謝!


追伸:詳しくは書けないのですが、参加者の半分以上が女子で、その100%が素敵女子であったことを申し添えます。


(゚∀゚)=3ムッハー