1月19日の金曜日、金融庁某所において、つみたてNISA Meetup Rookies(以下つみップという。)が開催され、誰がなにを勘違いしたのか、投資経験だけは無駄に長くていろいろ痛い目に合ってる奴の枠(反面教師枠ともいう)としてお招きを受け、会に参加させていただきました。

今回のつみたてNISA Meetupは特別編 Rookies

今回は、「Rookies(ルーキーズ)」と称しており、投資経験の短い方、これから投資をはじめようと思っていらっしゃる方に向けた会として開催されています。

admin-1801221849
(金融庁配布資料より転載)

前のほうに座ってた参加者はこちら!

有識者として
・島田 知保さん(イボットソン・アソシエイツ・ジャパン株式会社 「投資信託事情」発行人・編集長)
・山崎 元さん(経済評論家)
・岡田 篤さん(株式会社格付け投資情報センター「ファンド情報」編集長)

 先輩投資家ブロガー
として

・虫取り小僧さん(以下兄貴という。)ブログ「いつか子供に伝えたいお金の話」管理人 
・はちどうさん(以下イケメン2号という。)ブログ「アメリカ株でアーリーリタイアを目指す」管理人 
・吊られた男さん(以下イケメン1号という。)ブログ「吊られた男の投資ブログ(インデックス投資)」管理人 
・不肖テリー
(紹介順は金融庁関係者側から記しました)


 の皆様が前方に鎮座されておられました。 だいたいこういう真面目な会でまともな記録記事を書こうという気がさらさらなく、ただ言いたい放題言って、あとは飲み会で騒ぎたいだけのテリー君なのでありますが、今回、「つみたてNISA Meetsup Rookies」と称した初心者向けの特別な会であること、さらに、本会の内容に関して、初心者の方、さらに言えば当日会場にお越しになれなかった方の目線で、丁寧に説明をするという内容がイケメン2号のブログ記事「つみたてNISA、20年後はどうなる?そんな質問に金融庁が回答」と兄貴のブログ記事「初心者さぁん、いらっしゃあ~い…つみたてNISA Meetup Rookies(金融庁と個人投資家の交流企画 in 東京・第九弾・2018年1月19日)」以外に見当たらないことから、一念奮起して記事を書いてみることにしました。
今後、多くの勤労者の方が自分の背の丈にあった投資にめぐり合っていただき、日本中で投資をする人たちの裾野が広がってほしいと切に願う私としてはこの行動は英断だと思うのですが、こんな珍しいことするから、ほら、東京は大雪が降ったでしょ。おいらが本気出すと本当にロクなことがない。

肝腎のつみップの内容を解説するよ!

さて、前置きはさておき、当日の様子を御紹介いたしましょう。

今井 金融税制調整官(imaima?)からのつみたてNISAの解説

まずは毎度おなじみ、金融庁総務企画局政策課 今井 金融税制調整官 (←ただの酔っ払いのおっさんに見えてすっげー偉いのよ、この方)からいつもの説明です。
ただし、今回はいつもよりもゆっくりと、丁寧に説明されておられました。
内容は以下のとおり(まぁいつも通り)です。

この説明部分については、これまで多くのブロガーの方々が記事にしてくださっておられますので、そちらをご覧いただくのがよろしいかと思います。

1.つみたてNISA制度がなんでできたのか? ~日本では投資が諸外国ほど浸透していない~

 ・諸外国では家計におけるリスク資産の比率が高い。一方でわが国は低い。
 ・家計の金融資産の伸びが諸外国より悪い→リスク資産持っていないから
 ・家計の金融資産ゼロの世帯も年収に関わらず増加傾向

2.どうして投資をやらないのか? 
 →投資には大金や知識が必要だからという調査結果
 →少額からのつみたて投資の認知度が低い

3.現状の投資信託の問題点
 ・手数料が高い商品ばかり
 ・アクティブがパッシブに勝てない場合が多い
 →家計の安定的な資産形成に向けた制度が必要
 →金融庁として「つみたてNISA」制度を創設した

4.つみたてNISAについて
 ・現行NISAとの比較
 ・つみたてNISAに関するよくある質問(FAQ)の説明 ←本記事であとで解説します

といった内容です。

追加資料「投資について考えてみよう!」の紹介

さらに、今回は初心者向けということで、「投資について考えてみよう!」という資料が追加され、

・間接金融と直接金融

・投資信託の仕組み

つみたて投資の効用
 a) 日経225に1998年初から20年間つみたて投資をした場合
 b) 世界の主な株価指数に1998年初から20年間つみたて投資をした場合
 の資産推移シュミレーション

・投資(資産形成)にあたってのポイント
 □長期投資:前述
 □つみたて投資:前述
 □分散投資:前述
 □手数料:買付手数料と信託報酬は確実に資産形成を阻害する
 □分配金:わざわざ買ったのに部分的に売るのと一緒じゃ意味ないよ!
 □税金:(普通は)利益に対して20%ちょっとの税金がかかるよ
 →これらのポイントをうまいことクリアできるようにパッケージにしたのが「つみたてNISA」だよ!

という内容で、非常にわかりやすいものでした。

日経225や世界の株価指数に1998年初から20年間つみたて投資をした場合のシミュレーションの結果

ここで出てきた、日経225や世界の株価指数に1998年初から20年間つみたて投資をした場合のシミュレーションの結果については、後にブロガーへの質問コーナーでも取り上げられ、参加者の皆さんが積立投資のより現実に近いグラフをご覧になり、理解が進んだのではないかと思います。
このグラフについても、次回の記事で話題にしたいと思います。

本記事では金融庁資料のうち「よくある質問(FAQ)」について解説!

今回は本記事前編として、先ほど金融庁担当者(かなり偉い人←しつこい)から説明のあった「よくある質問(FAQ)」について、文字だけでなく少し絵を絡めて御説明したいと思います。

なお、念のため申し添えますが、本記事は「NISA Meetsup Rookies」の対象となるであろう方々に向けて説明したものですので、投資上級者の方や、今後資産運用について伝道をするようなことがある場合に備える必要がある方などには何の役にも立ちませんのでそっとブラウザの閉じるボタンを押すことをお勧めいたします。

つみたてNISAに関するよくある質問(FAQ)を絵つきで説明するよ!

では、「つみたてNISAに関するよくある質問(FAQ)の説明」をしていきましょうか。
金融庁の資料のFAQには、

○つみたてNISAでは、買い付ける商品を変更することは出来ないのか。
 ・買い付ける商品はいつでも変更することが出来ます。
 ・なお、過去につみたてNISAで買い付けた商品を、別の商品に入れ替えること(スイッチング)は出来ません。

○つみたてNISAを始める際、既に一般NISAで保有している商品は、売却する必要があるのか。
 ・既に一般NISAで保有している商品を売却する必要はありません。
 ・購入時から5年間はそのまま非課税で保有可能で、売却も自由です。

○つみたてNISAでは、20年以内に売却しなければ、非課税の恩恵を受けられないのか。
 ・20年以内に売却しなくても、非課税の恩恵は受けられます。
 ・20年の非課税期間が終了する際、その時の時価で課税口座(特定口座または一般口座)に払い出されることとなり、つみたてNISAで保有していた間の値上がり分には課税されません。

とあります。それぞれを見て行きましょう。

まずはNISAってどんな仕組みなんだろうか?

まずNISA全般(現行NISAもつみたてNISAも共通で)について考えてみます。これは私が以前説明に使ったのですが、「NISAは賞味期限付の(金融商品)保管庫(箱)」だと考えます。

箱の形は2種類あります。そしてこの箱のどちらか一方を、毎年年初にお上が人民に下賜してくださるのです。

 ・1種類目は現行NISA箱で、これは器が大きい(限度額120万円)です。
 ・もう1種類はつみたてNISA箱で、これは器が小さい(限度額40万円)です。

この金額だけ見ると、つみたてNISAはしょぼいのですが、実は違うのです。
この箱、賞味期限があるのです。

賞味期限を難しく言うと投資可能期間で、要するに「現行NISAの賞味期限は5年間」「つみたてNISAの賞味期限は20年間」になります。
一人の人が最大限保有することができる賞味期限内の箱の容量は、

 現行NISA 120万円×5年=600万円
 つみたてNISA 40万円×20年=800万円


で、実は容量を考えるとつみたてNISAのほうが大きいのです。
その2種種類の箱、どっちを選びますか? という話です。

ただし、つみたてNISAのほうは総枠が大きい代わりに「縛り」があります。
 ・購入できる金融商品に制限がある(一定の基準を満たす投資信託に限られる)
 ・購入は基本的につみたて方式(年に数回に分けて購入する)※箱の中に仕切りがあるイメージです
 ・ただし、途中で買う商品を買えてもいいよ
 ・買う商品は変えてもいいけど、スイッチングはだめよ

一方で「現行NISAでは」
 ・購入時期はいつでもいい。自分が欲しいと思ったときに枠内であれば自由に買ってよい ※箱に仕切りはなく自由に使っていい
 ・購入する金融商品は株式、投資信託等であれば基本的に自由

という自由度があります。一長一短なんですね。

これをわかりすく図にしたのが↓です。
2018-01-22 (0)
2018-01-22 (1)

「買い付ける商品を変更する」と「スイッチング」の違い

次に、この「買い付ける商品を変更する」というのと「スイッチング」の違いについて説明します。

金融庁FAQの ○つみたてNISAでは、買い付ける商品を変更することは出来ないのか。 の説明になります。

下の絵をご覧ください。これが買付商品の変更とスイッチングの違いです。具体的に見ていきましょう。

2018-01-22 (2)

まず、この例では1月~4月まで投資信託Aを積み立てていたもとのします。
年始である買付前につみたてNISA箱はカラです。

ここに4か月分の積み立てがあったとします。それが真ん中です。商品A(赤色)が4か月分収納されています。
さてここで、この方が気が変わって「他の投信(投信B)にしよう」と考えたとします。
このとき、

1.4月までの投信A(赤色)はそのままで、5月以降は投信B(青色)を積み立てる
 場合と
2.4月までの投信A(赤色)をチャラにして、5月以降、箱内全部を投信B(青色)で満たす

場合が考えられます。1番目は単純に変更しただけですが、2番目は「全とっかえ」です。
前者を「買付商品の変更」、後者を「スイッチング」と呼びます。
つみたてNISAでは1番目の「買付商品の変更」はできますが、2番目の「スイッチング」はできない、ということです。

なお、買付商品は毎回変えることも可能です。(年末にはいろんな色の投信がごちゃまぜになっているという状態になります)

従って、FAQの1番目

○つみたてNISAでは、買い付ける商品を変更することは出来ないのか。

の回答は

 ・買い付ける商品はいつでも変更することが出来ます。
 ・なお、過去につみたてNISAで買い付けた商品を、別の商品に入れ替えること(スイッチング)は出来ません。


ということになります。おわかりいただけたでしょうか?

続いて2番目です。

○つみたてNISAを始める際、既に一般NISAで保有している商品は、売却する必要があるのか。

こちらは下図をご覧ください。
2018-01-22 (3)
基本的な考え方は、
「下賜された箱は、有効期限内であれば当初貰った枠のままで変更はない。」
「箱は毎年貰えるが、箱単位に考える
ということです。

たとえば、平成29年に現行NISAで株式を保有していたとします。
これについてはあくまで「平成29年箱(現行なので平成34年まで有効)」なので、この箱の中でだけ
考えて、他の箱(翌年以降)のことは考えなくていい、ということになります。

従って、FAQの2番目

○つみたてNISAを始める際、既に一般NISAで保有している商品は、売却する必要があるのか。

の回答は
 ・既に一般NISAで保有している商品を売却する必要はありません。
 ・購入時から5年間はそのまま非課税で保有可能で、売却も自由です。

ということになります。おわかりいただけましたでしょうか?



続いて3項目目です。

○つみたてNISAでは、20年以内に売却しなければ、非課税の恩恵を受けられないのか。

仮の事例として、下記のようなつみたて投資を考えます。

つみたてNISAで投信Aを40万円購入した。
このとき、購入時の平均基準価額(平均取得単価)は(1万口あたり)1万円であったとする。
要するに、1年間でこの投信を40万口買ったことになります。

そして20年の時(相場の波が押し寄せ、良いときも悪いときも経て)20年目の年末に基準価額が1.25万円になったとします。(この間に分配はなかったものとします)
2018-01-22 (4)
すると資産額は40万口×1.25万円=50万円 となります。
購入時には40万円支払いましたから、10万円の含み益になったわけです。
ここでつみたてNISAの有効期限が切れました。さて、どうなるでしょうか?

有効期限切れになると、「20年の非課税期間が終了する際、その時の時価で課税口座(特定口座または一般口座)に払い出される」そうです。
売却しなくても、ここでいったん税金に計算をしてしまいましょう、ということです。
「その時の時価で課税口座(特定口座または一般口座)に払い出される」ので課税口座における取得単価が1.25万円になります。
つまり、NISA期間の含み益部分に相当する税金は非課税になることが確定したことになります。

では、その先を仮定してみましょう。

20年経って課税口座に入った投資信託、運よく基準価額が2万円になったとします。
基準価額1万円で買った投資信託、さすがに2万円は売り時かな? と考えて売ったとしますと、そのときにかかる税金はどうなるでしょうか?
40万円で開始して80万円になった最終利益は40万円です。

2018-01-22 (5)

しかし、税金の計算は、NISAから払い出された日が取得額(1.25万円)になっていますので、儲けは(20000-12500)×40(万口)=30万円
となり、NISA期間内に値上がりした部分には課税されなかった、ということになります。


従って、FAQの3番目
○つみたてNISAでは、20年以内に売却しなければ、非課税の恩恵を受けられないのか。

の回答は
 ・20年以内に売却しなくても、非課税の恩恵は受けられます。
 ・20年の非課税期間が終了する際、その時の時価で課税口座(特定口座または一般口座)に払い出されることとなり、つみたてNISAで保有していた間の値上がり分には課税されません。


とうことになります。

長々とお疲れ様でした。
今回は「つみたてNISA Meetup Rookies」で話題となった内容のうち、前半部分である金融庁からの説明部分を解説しました。
次回、つみたてNISA Meetup Rookies ~投資のパイセン(ブロガー)にズバっと聞く!~ の内容を、本会のターゲットになるであろう皆様向けにわかりやすく御紹介したいと思います。