個人凍死家テリーの投資生活チラシの裏

ここはおいらのチラシの裏。 投資生活のメモや投資家さんとの交流を記録して行きます。読者の生活に何も役立たないが、一瞬だけ笑顔になれる落書きを目指します。 チラシの裏に内容や数を期待しちゃいけないぜ! e-mail: frozen.investor.telly@gmail.com

カテゴリ: 【Note】 配当・分配金

私のポートフォリオのコア部分(のはず)のVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)の2015年第3四半期分の分配金が出ました。(正確には半月以上前に出ていました)

著名インデックス投資ブロガー画家ますいっちさん(ブログ:「ますいっちと世界分散投資?」 )
から「最近ブログの更新がないですね~」というプレッシャーを受けましたの無理やり更新します。

ご参考:「インデックス投資家マージャン~回答編

さてここから本題。
3Qの分配金は1口(株)あたり0.279 USD(2015 2Qは0.453USD)でした(税引前)。
VT

実際の受取額は、米国で10%の配当課税、わが国で約20%の源泉所得・住民税が引かれて(参考)、0.9×0.8=0.72 すなわち約28%抜かれて米ドル建て(SBI証券利用の私の場合)で手元に来ることになります。
※復興特別税は細かいので「約」に含めています。

前回、四半期ごとに分配金に季節的変動があるような気がしましたので、過去の分配金を調べました。
今回のデータも書き加えてみます。

2013 3Q  $0.245
2013 4Q  $0.374
2014 1Q  $0.334
2014 2Q  $0.463
2014 3Q  $0.289
2014 4Q  $0.378
2015 1Q  $0.314
2015 2Q  $0.453
2015 3Q  $0.279


第3四半期は例年、分配金は比較的少なめの傾向があるようです。
昨年の3Qが $0.289だったのと比較すると、分配金(=配当)はやや鈍化しているようです。
全世界的に景気鈍化の雰囲気ですのでそれを反映しているように感じます。

なお、納税済みの税金のうち、一部は翌年の確定申告で外国税額控除で取り戻す予定です。

私のポートフォリオのコア部分(のはず)のVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)の2015年第2四半期分の分配金が出ました。

定期投稿で面白みはありませんし、正直コピペ記事ですが継続はチカラなりで書き置きます。

2Qの分配金は1口(株)あたり0.453 USD(2015 1Qは0.314USD)でした(税引前)。
VT

実際の受取額は、米国で10%の配当課税、わが国で約20%の源泉所得・住民税が引かれて(参考)、0.9×0.8=0.72 すなわち約28%抜かれて米ドル建て(SBI証券利用の私の場合)で手元に来ることになります。
※復興特別税は細かいので「約」に含めています。

前回、四半期ごとに分配金に季節的変動があるような気がしましたので、過去の分配金を調べました。
今回のデータも書き加えてみます。

2013 3Q  $0.245
2013 4Q  $0.374
2014 1Q  $0.334
2014 2Q  $0.463
2014 3Q  $0.289
2014 4Q  $0.378
2015 1Q  $0.314
2015 2Q  $0.453

第二四半期は構成銘柄の決算期の関係か、年内では比較的多めの傾向があるようです。
昨年の2Qが $0.463だったのと比較すると、分配金(=配当)はやや鈍化しているようです。
1Qも似た傾向でしたが、米国の景気が踊り場にきつつあつということなのか、今後とも気になるところです。

なお、納税済みの税金のうち、一部は翌年の確定申告で外国税額控除で取り戻す予定です。

私のポートフォリオのコア部分(のはず)のVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)の2015年第1四半期分の分配金が出ました。

定期投稿で面白みはありませんが、備忘のためにも記しておきます。

1Qの分配金は1口(株)あたり0.314 USD(2014 4Qは0.378 USD)でした(税引前)。
VT

実際の受取額は、米国で10%の配当課税、わが国で約20%の源泉所得・住民税が引かれて(参考)、0.9×0.8=0.72 すなわち約28%抜かれて米ドル建て(SBI証券利用の私の場合)で手元に来ることになります。
※復興特別税は細かいので「約」に含めています。

前回、四半期ごとに分配金に季節的変動があるような気がしましたので、過去の分配金を調べました。
今回のデータも書き加えてみます。

2013 3Q  $0.245
2013 4Q  $0.374
2014 1Q  $0.334
2014 2Q  $0.463
2014 3Q  $0.289
2014 4Q  $0.378
2015 1Q  $0.314

第一四半期は例年やや少なめの傾向があるようです。
昨年の1Qが $0.334だったのと比較すると、分配金(=配当)はやや鈍化しているようです。
米国の景気が踊り場にきつつあつということなのか、今後とも気になるところです。

なお、納税済みの税金のうち、一部は翌年の確定申告で外国税額控除で取り戻す予定です。

私のポートフォリオのコア部分(のはず)のVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)の2014年第4四半期分の分配金が出ました。

VTは先日行われた「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」で堂々第二位(というより三連覇を逃して残念ながら二位)になった低コストの実力派ファンド(米国上場ETF)です。
本年は「三連覇はちょっと面白くないよな~」という日本人的な判官びいきの思考が働いて大賞を逃した感もありますが、比較的まとまった額で長期投資をするうえで、コアとするには最適なファンドであると思っております。

さて、そのETFの分配金が出ました。分配は課税面ではあまり面白くはないのですが、投資によって得られた利益ではありますので、ないよりあったほうが確実にいいわけで、ありがたく頂戴いたします。
今回は1口(株)あたり0.378 USD(3Qは0.289 USD)でした(税引前)。
VT

実際の受取額は、米国で10%の配当課税、わが国で約20%の源泉所得・住民税が引かれて(参考)、0.9×0.8=0.72 すなわち約28%抜かれて米ドル建て(SBI証券利用の私の場合)で手元に来ることになります。
※復興特別税は細かいので「約」に含めています。

前回、四半期ごとに分配金に季節的変動があるような気がしましたので、過去の分配金を調べました。
今回のデータも書き加えてみます。

2013 3Q $0.245
2013 4Q $0.374
2014 1Q $0.334
2014 2Q $0.463
2014 3Q $0.289
2014 4Q $0.378


やはり同じ傾向のようで、第四四半期で比較すると分配金は例年並みのようです。

なお、納税済みの税金のうち、一部は外国税額控除で取り戻す予定です。

私のポートフォリオのコア部分(のはず)のVT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)の2014年第三四半期分の分配金が出ました。
今回は1口(株)あたり0.289 USDでした(税引前)。

VT

実際の受取額は、米国で10%の配当課税、わが国で約20%の源泉所得・住民税が引かれて(参考)、0.9×0.8=0.72 すなわち約28%抜かれて米ドル建て(SBI証券利用の私の場合)で手元に来ることになります。
※復興特別税は細かいので「約」に含めています。

2Qのときより分配金が少ない気がしたので過去の分配金を調べました。

$0.439 2013/6/26
$0.245 2013/9/25
$0.374 2013/12/20
$0.334 2014/3/27
$0.463 2014/6/26
$0.289 2014/9/26

過去の傾向からして第三四半期は分配金の額が少なめなようですね。
保有している会社の配当時期とかと関係があるのでしょう。

なお、納税済みの税金のうち、一部は外国税額控除で取り戻す予定です。

このページのトップヘ