aamall

2010年11月28日

移転しました!

突然ですが、blogを移転しました!!

以下のURLをクリックしてください!!!


http://tel01.web9.jp/


今後ともよろしくお願いします!


telmetel at 01:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月15日

【セミナー】フォトリーディングセミナー受講記4

非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
著者:神田 昌典
販売元:フォレスト出版
発売日:2002-06
おすすめ度:4.5
クチコミを見る



5.今後の目標
(合格・本を出す・主体的に働ける環境へ・フォトリーディングの講師になりたい)



「この講座を受講した方は、かなり高い確率で本を出版します」


講座の最後に講師がこんなことを言っていました。私自身、昔からの目標に 「本を出版する」 というものがあります。どんな本か? 具体的なプランは? と聞かれると何も言えませんが、1.多くの人にエネルギーを与えられるような本であり、2.役に立ち、3.誰にでも実戦可能な内容、の本が書きたいと考えています。

そのためにも、たくさん本を乱読し、良い本悪い本を見極め、良い部分を自分のモノにしまくりたいと考えています。だからこそ、たくさん読むためにフォトリーディングはかなり役立ちますね。普段、電車の中ではフォトリーディングできないです。でも、セミナーで学んだ 「本の内容を効率的に吸収するやり方」 を使うと今までの半分以下の時間で読めるようになっています。

また、フォトリーディングのセミナーを受講して学んだことは、本だけにとどまらず、何か行動する際は心と体を良い状態に保ち続けることが必要だということです。そういった心と体の状態を作り出す精神集中法を学べ、実践できたのは、かなり良い経験だったと感じています。なぜなら、ここまで脳と体を駆使して2日間本を読むことに集中するなんてことはめったにないですから。

さらにセミナーに参加したことで 「たくさん本が読みたい」 と今まで以上に感じています。セミナー参加後、以前の倍以上のペースで本を購入しています。本を買うことに躊躇しなくなってきました。たくさん本を読み、良い部分だけを吸収する。この繰り返しで知識をどんどん増やし、そして実践へ移す。こんなことが現実的に 「できる」 ようになってきました。

以前までは、本が部屋に溜まるだけで全く手がつけられないことが多々ありました。なぜなら、私自身本を購入する際、「買うかどうか迷ったら2分間立ち読みして結論が出なければ購入」 というルールを決めているからです。このおかげで、どんどん本が部屋に溜まっていきました。しかし、フォトリーディング技術を得たことで、この溜まった本がどんどん消化できていく面白さを今味わっています。

まだ、難しい本は読みこなせていませんが、着実に消化できているなと実感できています。読む時間と理解のスピードアップを今後さらに高めていけたらなと思っています。



次回「フォトリーディング編」最終回。


telmetel at 02:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ビジネス談義 | コミットメント

2010年10月07日

【セミナー】フォトリーディングセミナー受講記3

「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ「潜在能力」であらゆる問題が解決できる―あなたの才能を目覚めさせる「ナチュラル・ブリリアンス・モデル」4ステップ
著者:ポール・R. シーリィ
販売元:フォレスト出版
発売日:2003-08
おすすめ度:4.5
クチコミを見る



4.受講後の私の認識 → パラダイムシフト・マインドマップ・「私はできる!」

結論から言うと、本を読むスピードは格段に上がりました。また、今までと全く違う読み方で本を読み進める・・・というよりは吸収していくので、理解度も多少上がった気がします。毎日練習して慣れることが、フォトリーディングをマスターするためには必要ですね。

では、なぜここまでスピードが上がったのか。パラダイムシフトが起こったのか。その理由は2点あります。

1ページ目から最後のページまですべて読む必要はない
本を読む目的を明確にしていれば、無意識の内に必要な情報は入ってくる
読みながらマインドマップを書くことで、知識がすぐに定着する



まず 今までは、本を買ったからにはその中に詰まっている優れた知識をすべて吸収するぞ、と始めから最後まで徹底的に読んでいました。しかし、実際に自分にとって必要な知識というのは、本の半分もしくは1行かもしれないわけです。だからこそ、その必要な部分を見つけるためにフォトリーディングの技術が役に立ちました。

次に◆本を読む前に、本を読む理由を明確にしておくことで、吸収できる量、スピードが格段に変わってくるということです。多くの人は、本を読む際目的意識をそこまで明確化せずに読み進めていると思います。しかし、それでは読む意味がないと今は感じています。「何のために読むのか」。徹底的に明確化・具体化し、自分の目標達成のために必要だと確信し、本に向かうことで知識の吸収量は劇的に変わってくると思います。実際、私も「人を動かす」をフォトリーディングする中で、こういう劇的な変化を感じました。

あまり何も考えず、読んだ内容を機械的に吸収していく読み方(受動的)から、自分が読みたい・身につけたい知識をあらかじめ明確し本を読む(能動的)、といった具合に自分を変えていく。こうすることで、本だけでなく様々なことに対し取り組むべき姿勢が変わってくるような気がしています。

以上、テクニック的なことを書きましたが、最も大事なことをまだ書いていません。おそらく、ここから各内容が最もフォトリーディングを行う上で大事なことです。

それは、セミナー講師からも、そのときのメンバーからも、また twitter 内でも共通して話されていたのですが、「私はできる」と自分を信じることです。これは、セミナーでは「アファーメーション」という方法だと説明がなされました。自分に対して意識的によい言葉を選んで言い続けることで、自分自身の意識や心のあり方を変え、目標達成に近づくための方法です。

巷にあふれる自己啓発系の本。その中には必ずと言っていいほど、「プラス思考」「前向きな姿勢」という言葉が入っています。つまり、こういう前向きな思考というのは、確実に役に立つということでしょう。なぜなら、それだけ多くの人の成功体験の中に「プラス思考」「前向きな姿勢」があるんです。「成功 = プラス思考」という等式が成り立ちます。だったら、この思考方法を真似すべきです。

そして、徹底的に真似することができれば、フォトリーディングはほぼマスターできると思います。フォトリーディングは脳の構造を上手に利用し、本の内容を頭にインプットする技法です。スムーズにインプットするには、「前向きな思考」という脳の活性化を事前にしておかないとダメなんですね。こういう方法を取るんだ、という考えは全く初めての体験でしたので、私にとってのパラダイムシフトになりました。

最後。マインドマップを書きながら読む。「マインドマップ」とは、表現したい概念の中心となるキーワードやイメージを図の中央に置き、そこから放射状にキーワードやイメージを繋げていくことで発想を延ばしていく図解表現技法のことです。子供が絵を描くかのように、楽しみながら自由にカラフルな色を使い、情報を紙に載せていくこのマインドマップ。本の内容を1枚の紙に、カラフルに、キーワードを抜き出して、紙の中心から放射状に描いていきます。

こうすることで、イメージとして情報を頭にインプットすることができます。また、キーワードを描いた場所を覚えることができ、今まで以上に記憶に残りやすくなります。

この3点を実践することで、格段に読むスピード、理解するスピードが変わってきます。


---------------------------------------------------------------
<豆知識>
パラダイムシフト・・・自分の中の価値観が抜本的に変わる体験
---------------------------------------------------------------




telmetel at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コミットメント | ビジネス談義

2010年10月05日

【セミナー】フォトリーディングセミナー受講記2

人を動かす 新装版人を動かす 新装版
著者:デール カーネギー
販売元:創元社
発売日:1999-10-31
おすすめ度:5.0
クチコミを見る



3.受講前の私の認識 → 本の内容を一瞬で頭に焼き付け、しかも理解できる!?

フォトリーディングの受講前、様々な本を読みました。「10倍速く読める・・・」であったり、「非常識な成功法則」であったり「フォトリーディング速読法」であったり・・・ そして、一通り知識をつけた上で実際にフォトリーディングしてみたところ、全くうまくいかない。そもそも、やり方がわからない。フォトリーディングのノウハウ本に書いていることを理解しているつもりが、全然実践できない。このように、全く何もできていない状態でした。

それは、無理して一瞬で頭に焼き付けることだけを考えながらやっていたからだと思います。フォトリーディングとは「高速でページをめくる」ことだと勘違いしていたようです

また、どんな本でも高速で読める。テクニックさえ身につけば、後はどんな本でもすぐに読めるようになる。。。という先入観も若干修正する必要がありました。おそらく、「フォトリーディング」という単語を知っている人の大半が、高速で写真のように頭に本の内容をインプットしていく技法だと思っているのではないでしょうか。でも、実際は少し違います。

ただ、今までの読書時間よりもかなり早く読み終えられると思います。具体的に私の経験で言うと、カーネギーの「人を動かす」を初めてフォトリーディングした際、約50分で内容をある程度理解した上で読み切ることができました。もちろんこの本は初めて読みました。346ページのハードカバー。難易度は中〜易。今までの読み方で読んだ場合、少なくとも3時間はかかっていたと思います。

内容については、色々と権利関係の問題があるため詳しくは書けませんが、非常に効果的だと感じています。ただ、慣れるまで結構かかりそうかなとは思っています。


telmetel at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コミットメント | ビジネス談義

【セミナー】フォトリーディングセミナー受講記1

図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める図解! あなたもいままでの10倍速く本が読める
著者:神田 昌典
販売元:フォレスト出版
発売日:2005-05-24
おすすめ度:3.5
クチコミを見る



1.フォトリーディングとは?
2.受講した理由

3.受講前の私の認識
4.受講後の私の認識
5.今後の目標


1.フォトリーディングとは? → 受動的読書から能動的読書へ

写真を撮るように、本の情報を頭に送り込むテクニックです。現在多方面でご活躍中の実践 Marketer 神田昌典さんや経済評論家の勝間和代さんの本で紹介されていました。この技術を学んだことで、飛躍的に本の理解度や読了数が増え、かなりの知識を短時間に多量に会得できたと書かれてました。

このフォトリーディングとは、大きく5つのステップに分かれて本の内容を吸収していきます。具体的な内容については、上記の本を読んでみてください。やり方やその方法を行う理由が詳しく書かれています。



2.受講した理由 → 神田昌典さんのようになりたい!

理由は3点あります。

たくさんの本を早く読みたい(理解含む)
目標(会計士合格等)を短時間で達成するための技術として使えそう
神田昌典さんや勝間和代さんが「フォトリーディングで人生が変わった」と言っているから



まず 大学時代は無限に時間がありましたので、どんな本でも十分な時間を使って読めていました。4年間で400冊くらいは読んだのかな。若干誇張があるにせよ、たくさん本を読んだことは間違いないです。

しかし、社会人になってからは本を読む時間があまりとれない日々を送っております。しかも、やりたいことが多すぎる私にとって、読書時間の優先順位を上げることができないでいます。

だからこそ、決められた時間内に、効率よく素早く本の中身を吸収し、内容を自分のものにしたいと思うようになりました。その方法として「フォトリーディング」というテクニックがあると知りセミナーを受講したわけです。


次に◆公認会計士の資格試験出題範囲は膨大です。また、テキストも分厚く、法律、会計学、簿記の手続き等々頭にたたき込まなくてはいけない知識がかなりあります。だからこそ、素早く効果的に内容を吸収したい。そう思ったから受講を考えました。


最後。やっぱり、尊敬している人、目標としている人が口をそろえて大絶賛しているテクニックなので、これは間違いないと思ったというわけです。さらに、実績などが目に見えてわかります。また、こういった人たちに近づくには、歩んできた道のりを真似るのが最も近道だと思っています。だから受講しました。


というわけで、セミナー受講費が 「105,000円」 とそれなりに高価ですが、値段以上の価値があると期待し受講するに至ったわけです。



つづく (次回は3、4についてです)

telmetel at 00:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コミットメント | ビジネス談義

2010年09月23日

【ドラッカー】 もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
著者:岩崎 夏海
販売元:ダイヤモンド社
発売日:2009-12-04
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



経営管理(マネジメント)の基礎が、爽快な物語とともに学べます。

全く動いていなかった野球部を、
これまた全くマネジメントのマの字も知らない女子マネージャーが、
ドラッカーの「マネジメント」という名著に出会い、
野球部を甲子園へと導いていくというストーリー。

起業したての会社を経営理論を駆使して、
魅力ある大会社へと育てていく・・・
そんなサクセスストーリーを、
身近な「部活」に落とし込んで描かれています。

野球部の事業とは何か?
野球部の顧客とは?
野球部員間の人材マネジメント。
高校野球界とイノベーション。

言葉こそ難しいですが、高校生が甲子園へ行くという夢に向かって、
議論し、仮説をたて行動し、そして成功へ近づいていく、
という中で段々とわかるようになってきます。

読み終わる頃には、難しい用語の理論はわからなくても、
マネジメントの基礎、そして面白さが伝わってくるはずです。

ぜひ、中高生に読んでもらいたいですね。
マネジメントの可能性と、身近な生活への応用等々、
おもしろく、将来に役立つ学問を学べます。

マネジメントとは何か?
こんな疑問を爽快で感動的なストーリーと共に学べます。
ぜひ、ご一読してみてください!

telmetel at 22:19|PermalinkComments(4)TrackBack(0)読者レビュー | ビジネス談義

2010年09月21日

【勝間和代】 どうやって勉強するか?

無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
著者:勝間 和代
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2007-04-05
おすすめ度:4.0
クチコミを見る



どうやって勉強するか? いかにして効果的に自分の能力を向上させるか? そんな課題を解決するための「手段」「方法」が書かれています。

具体的に言うと、勉強を続けるためには「勉強を続ける仕組み・意識」をしっかりと作ることだと著者は主張しています。

社会人のみなさんは日々忙しく仕事をしています。そんな中、勉強を続け資格などの合格、といった目標を達成することは非常に難しい現状があります。ただ、その難しいと感じてしまう理由は、「勉強を続ける仕組み・意識」が足りないためです。

そんな「仕組み作り」「意識改革」をどうやって実行していくのか。この方法論が具体的に書かれています。その方法は、様々な本の紹介、システム・機器の紹介、これらを実際に使ってみた経験談、といった形で説明がなされています。

すべてを実行するのは難しいとは思いますが、吸収できる優れた知識、方法などが確実に、しかもかなり載せられています。少なくともこの本一冊読めば、今後の勉強方法に確実に良い影響を与えること間違いなしです。

肯定意見、否定意見たくさんありますが、一度読んでみてください! そして、自分にとって有益だと思う情報のみ吸収し自分のものにすることをおすすめいたします。


telmetel at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)読者レビュー | 尊敬する人物

2010年09月19日

【7つの習慣】 朝からモチベーションを注入します!

7つの習慣―成功には原則があった!
7つの習慣―成功には原則があった!
クチコミを見る


この本読むと、モチベーション上がるなぁ・・・

大学時代に出会ったこの本。当時はなんとなく難しくてざっと一通り読むことしかしなかったような。でも、社会人になってから読み直すと、また違った感想や自分の仕事と上手く関連付けることができてます。

相手の話に真剣に耳を傾けているか? 自分の主張を相手に無理やり押し付けていないか? 自分の能力を高める努力を怠っていないか? 等々、最近自分を顧みて反省しています。

将来は、原文を読み、Audiobook で博士の肉声を感じながら頭に叩き込みたいなって思ってます。そのためにも、今の課題である公認会計士試験に合格したら、英語を1から勉強したいって思ってます。中学生レベルからのスタートかな。

久々に昨日読みなおしてみたこの本。おそらくすべて読み終わるのに3日以上はかかるな。いや、この3連休中に読破するぞ!

ぜひぜひみなさんも読んで見てくださいね〜 絶対にプラスになりますよ!!!


telmetel at 01:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)尊敬する人物 | 読者レビュー

2010年09月17日

友人が書籍を出版しました

20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ
著者:Hiroyuki Hal Shibata
ディスカヴァー・トゥエンティワン(2010-09-15)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



英語が 「使える」 ようになるために必要な 「道具」 と、それを使いこなす 「方法」 が、著者の経験を元に書かれています。

また、タイトルに 「20歳を過ぎてから〜」 とありますが、英語をこれから勉強し始める学生から、定年退職された方々と世代問わず幅広く 「使える」 知識が詰まっています。


そんな中、私が読んでためになったこの本の主張は3つありました。


1.英語が使えることで、より経済的に豊かになり、さらに知的好奇心も満たせる
(世界で発信される最新の情報は英語であり、さらに日本語に翻訳されないものも多々ある。英語が使えれば、そんな情報をいち早く自分のものにできる)

2.完璧を目指すのではなく 「第2言語としての英語」 という考え方でいい
(大事なのは話す内容。完璧な発音、語彙を目指すのではなく相手が理解可能な水準を目指す!)

3.様々な技術・機器・サービスを有効に使うことで、学習効率が無限に広がる
(具体的にどんな機器・サービス等があり、それをどうやって使うのかが書いてあります)


以上3点。具体例や著者のご経験を交えて分かりやすく書かれています。


私は学生時代、英語学習にかなり四苦八苦していました。そもそも、どうやって勉強すればいいのかすらわかりませんでした。

しかしこの本を読んだことで、英語の勉強方法や勉強に役立つ様々な道具を知ることができ、そして勉強する意味が見えてきました。さらには、英語を身につけることで享受できる様々な恩恵を知ることができ、かなりやる気が高まりました。

自分も負けないように頑張らないと! とモチベーションが上がること間違いなしです。長々とは書きませんが、興味を持っていただけたならぜひ読んでみてください。特に、これから本気で英語を習得したいと考えておられる方には強くおすすめします。

telmetel at 13:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)読者レビュー | 尊敬する人物

2010年08月04日

Strengths Finderレポート 〜私の強みはこうなりました〜

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
クチコミを見る


自分の強みは何なのか?

就職活動中、色々と自己分析をしては見ましたが、はっきり言って全くわからず。
しかし、社会人になり、また転職活動を行い、様々な会社に属してみた経験から、
ある程度強みなるものが分かってきた気にはなっていました。

ただ、それを具体的にどういうものなのか表現できず、そのまま放置。

そんな「強み」というものを、前向きな解説と共に教えてくれるサービスがこの本に付いていました。


■私の強み

1.学習欲 2.目標志向 3. 着想 4.自己確信 5.最上志向



■どういう意味なの?

1.学習欲
何も知らない状態から能力を備えた状態へ成長する「プロセス」を追い求める性格みたいです。また、短期間で沢山の新しいことを学ぶことが求められ、そしてすぐにまた次の新しいプロジェクトへに取組んでいく必要のあるような、活気に溢れた職場環境の中で力を発揮するって書いてありました。

2.目標志向
目標を達成するために、綿密な計画を立て合理的に行動します。あまり目標達成に重要ではない行動は、バッサリ切り捨てることができる資質を持っているみたいです。

3.着想
日々起こる様々な問題に対して、今までになかったような見方・考え方ができる能力ってことなのかな。見た目には共通点のない現象に対して、共通点を見出し結びつけることに面白さを感じる性格ってことみたいです。これに関しては、自分でもびっくりするくらい大当たりでした。

4.自己確信
「リスクを取ることができ、新しい挑戦をすることができ、そして成果を出すことができる」ことを確信している、という性格です。自分の人生、家族や友人から意見はたくさん聞くけど、最終的に決定するのは自分しかいないと思っています。いくら説得力のある意見を周りから言われても、そんな主張で安易に自分の意見を左右されることはありません、という若干頑固な一面もあるようです。これも、まさに私の性格。的を得ているなと思いました。

5.最上志向
自分の強みは何なのかを見極め、その強みを徹底的に鍛える、という考え方です。自分の強みを取捨選択し、最も伸ばすべき力に資源(勉強、お金等々)を集中する。そんな才能を最大限に利用したいと考えているようです。弱点を克服するよりも、強みを伸ばす、という戦略で自分を成長させるということが最上志向ってことなのかな。


結構当たっていると思いました。ただ、1回だけではその時のテンションやコンディションに解答が左右されるような気がしますので、もう一度やってみて共通点、変更点を見てみたいと思います。次は、もっと飾らず自然体の自分を出せればいいな。

以上、私の強みでした。





telmetel at 02:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月03日

国家2種合格体験記 〜2.公務員試験概要−その2〜

次に、「2.地方公務員採用試験」 について、私の経験を書きます。

地方公務員採用試験は大きく2つに分かれます。

1.県庁・政令指定都市の職員採用試験
2.市町村の採用試験


具体的には、試験の日程が大きく違います。
「1.県庁、政令指定都市」 は6月の第3週に試験が行われ、「2.市町村」 は、7月〜9月に行われます。兵庫県下の市役所は7月、大阪府下の市町村は9月に試験が行われていました。一応、両方受験したことがあります(兵庫=西宮市役所、大阪=貝塚市)。このあたりの情報は、リクエストがあれば書きます。

次に、各試験概要を書きます。

まず1.県庁・政令指定都市は、愛知県庁や大阪市役所などに入庁し、様々な行政事務に携わります。税金を徴収したと思えば、土地の売買交渉を行ったり、人を採用したり、議会を運営したりといった幅広い仕事ができます。

また、警察事務と呼ばれる職種も同時に募集されることもあります。これは、各都道府県警の警察署内で働く職員の募集です。具体的に行う仕事は、警察署の管理運営等々を行うと聞きました。

試験は、教養と専門(※「二.筆記と面接」にて解説)が必要なところが多いと思います。自治体によっては専門試験がいらなかったり、教養と専門を別々の時間で行うのではなく一緒に出題したり、結構ばらばらでした。ただ、基本は午前中に教養試験、午後に専門試験というタイムスケジュールがほとんどだと思います。

次に2.市町村は、県庁・政令指定都市と同様、窓口から議会から税金関係から都市整備から様々な仕事を担います。実際に合格して入庁した友人は、1年目は窓口で市民対応をし、2年目に徴税部門で仕事を担い、次の人事異動でバリアフリーの関係の仕事をしていました。

試験は、教養だけのところが多いのではないかと思います。これに関しては、そこまで調査していない上に数多く受験もしていないので何ともいえません。


次回、二.筆記と面接をお送りいたします。




telmetel at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)公務員試験談義 

2010年08月01日

国家2種合格体験記 〜2.公務員試験概要−その1〜

■目次
1.公務員試験受験理由
2.公務員試験概要
3.勉強方法
4.情報収集方法
5.筆記試験体験記
6.面接等2次試験体験記
7.現在の仕事について



2.公務員試験概要

 一.国と地方
 二.筆記と面接
 三.合格率等のデータ



公務員試験は大きく2種類あります。

1.国家公務員採用試験
2.地方公務員採用試験


まず、わかりにくい 「1.国家公務員採用試験」 について、私の経験を元にお話しさせて頂きたいと思います。

私の知る限り、国家公務員試験というものは3つの職場に分かれます。

1.司法職員
2.立法職員
3.行政職員


三権分立ってやつです。

まず1.司法職員は、「裁判所事務官」 と呼ばれる職員です。裁判の記録をとる人って言えばわかりますでしょうか。黒い法衣を着用し、裁判官の前に座っている人です。あれになるための試験だと思って頂いてある程度大丈夫かと思われます。ま、裁判所事務官の仕事も大きく2つあり、裁判部門の仕事と、内部管理業務(総務、人事、経理等々)の仕事があるみたいですが。こういう情報は、年始あたりに業務説明会が行われますので、そこに是非参加してみてください。

また、採用は地区別で行われます。関東地区、中部地区など、各地区ごとに採用試験が行われます。ちなみに、近畿地区での採用人数は300人くらいでした。ココだけの話ですが、1次試験で900人くらい合格させて、2次の面接で600人くらい落としてました。面接での倍率がここ数年上がってきているみたいです。

次に2.立法職員は、「国会職員、国会図書館職員」 のことです。衆議院事務局職員や参議院事務局職員、国立国会図書館(RODとは全く関係ありません)といった職場の採用試験です。私自身は、受験していません。受験会場が結構限られている上に(東京と京都だったかな)、試験内容も論文や和文英訳などなど、試験勉強への負担が他職種より大きいため、受験しませんでした。採用人数も結構少なかったような気がします。

最後3.行政職員は、「省庁の職員」 のことです。国家1種、2種などの試験に合格する必要があります。ちなみに私はこの試験に合格しました。行政職員の職種は多岐にわたります。私のような行政事務職員、また機械職や建設職などなど、様々な職種が存在します。また、航空管制官や海上保安官、気象予報関係から造船、検疫、国税専門官、労働基準監督官、法務教官、外交官などなども国家公務員です。

また、省庁の職員というのは、文部科学省や経済産業省などの省庁内で働く職員です。ちなみに、国家1種は、中央省庁で企画立案、税制、法規業務に携わります。国家2種は、中央省庁、地方支分部局(近畿地方整備局、人事院九州事務局、名古屋法務局 etc...)で採用され、各省庁独自業務、内部管理業務に携わります。実際に私がやってきたことは、経理、人事、総務といったバックオフィス部門です。


つづく。。。

telmetel at 23:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)公務員試験談義 

簿記1級受験記 〜その2〜 簿記1級の概要

2.簿記1級の概要


■大まかな概要

簿記1級は4つの科目に分かれて出題されます。それぞれ25点満点。

‐Χ畔躓 (財務諸表の作成などなど)
会 計 学 (会計理論の記述・穴埋め)
9業簿記
(製品を製造している企業の財務状態を記録・計算・報告するためのノウハウ)
じ恐膳彁
(製品を造るのにどれだけのお金がかかったかを算出)


,鉢△韮瓜間半。10分ほど休憩した後、とい韮瓜間半。トータル3時間で行われる試験です。


◆受験料は7,500円

◆合格基準は70%以上の得点(各教科それぞれ40%以上必要)

◆合格率は大体10%くらい

◆朝9時から行われるヘビーな試験なので、受験勉強もこの時間に脳が活動できるように訓練しておかなくちゃいけない。具体的には6時くらいに起床するのがベターみたいです。(起床後約2〜3時間後が、脳の最も生き生きと活動する時間帯)

  

■各科目の概要

1.商業簿記
色々な種類の仕訳を行いつつ、データを集計し財務諸表等を作成する試験。3級や2級は、仕訳のみの問題が問1で出題されますが、1級は仕訳単体の問題はなく、財務諸表が作れて初めて点数がとれるみたいです。どんな論点が出題されるのかというと、リース取引や退職給付会計、連結といった1級ならではの論点の外、引当金や特殊商品売買(委託販売、割賦販売など)のより深い知識についてなどなど、2級、3級の内容の延長線上にある出題もあります。

受験してみての感想は、より深く、より高度な処理方法を覚え、慣れないと解けないなという感じでしょうか。3級が小学校とすると2級は中学校、1級は大学という感覚です。

2.会計学
簿記(帳簿記帳)の裏側にある学問的理論を解答させる試験。
暗記だけでなんとかなる、と思いつつ勉強していたけどなかなかうまくいかなかったんです。でも、簿記の処理方法や計算方法を理解しだしてくると、その知識が直接会計学とリンクしだしてきます。私は、まだ勉強途中なのでなかなかうまくリンクさせられていないです。

3.工業簿記 4.原価計算
材料費や人件費等がどのように製品の原価に反映されていくのか。また、電気代など製品を製造するのにいくら使ったかなんてお金に換算しにくいものを以下にしてお金に換算し製品の原価として反映させるのか。こういったことを計算するノウハウを勉強する科目です。また、将来の生産計画や予算執行計画をたてたりするのもこの科目。ただ、勉強途中のため、工業簿記と原価計算の範囲の違いがわからない・・・


こんな感じです。

以前、公認会計士合格者から色々と話を聞いたのですが、合格するために必要な要素の一つに、試験を熟知していることというのがありました。どんな科目があり、どんな点数配分であり、どんな出題形式なのか。知っている人と知らない人とでは、解き方も準備の仕方も変わってきますよね。だからこそ、受験の前に一度整理したかったんですよ。でも、まだまだ試験を理解できてない! ちょっとこういう方向の知識も身につけておきます。

以上、簿記1級の概要でした。




telmetel at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)簿記検定学習記録 

2010年07月31日

国家2種合格体験記 〜1.公務員試験受験理由〜

■目次
1.公務員試験受験理由
2.公務員試験概要
3.勉強方法
4.情報収集方法
5.筆記試験体験記
6.面接等2次試験体験記
7.現在の仕事について


1.公務員試験受験理由

国家の組織(霞が関にある中央省庁)を内部から見てみたかったから。

以上が理由です。

大学時代、経営学、とりわけ組織論に興味を持ち、様々な業界、企業の内部構造がどうなっているのかを知りたいと思うようになりました。具体的に興味があったのは、

1.大企業
2.ベンチャー企業
3.国家組織


の3つのタイプの組織です。

まず「1.大企業」については、各部(営業、人事、総務、経理、広報等々)がどのように内部で動いているのか。各社内情報の共有方法。日本の各地の拠点、海外との連絡網等を見てみたかったというのがあります。また、とりわけ大規模工場の運営を中から見たかったので、製造関係の大企業に入りたいってのもありました。結果的に、一部上場企業に入社したという経緯があります。

次に「2.ベンチャー企業」については、組織が大きくなる過程を内部から見たかったからというもの。ちょうど自分の興味があったゲーム制作関係の企業で、確か3年目くらいの企業に入ることができました。組織が大きくなる過程なんてなかなかわかりにくいものですが、私が実感した成長のわかり易い例が1つあります。

私が入ったときは、ビルのフロアの4分の1がオフィスでした。そして3ヶ月後、オフィスがフロアの2分の1になり、1年後私が退職する頃にはそのフロア全てがオフィスになっていました。その間、上場し職員も増え、営業所も増え、営業形態も多様化しました。まさに、成長する過程を内部から見ることができたことになります。ま、そこまで実感はありませんでしたが。ただ、面白い! やりたい業界の仕事だったし、凄く楽しくためになる仕事ができました。

そして本題「3.国家機関」への志望動機。国をまさに動かしている官僚組織。民主党が政治主導の国家運営とか言っていますが、実際には官僚、各省庁が国を動かすプランニングをしていると言っても過言ではないと思います。そんな巨大で硬そうで様々な人材のいる組織。興味深くなってきませんか? 私は、そんな巨大官庁の中に入り、一度仕事がしたかった。単なる興味でした。安定とか、見栄えとかそんなものはどうでも良かったです。ただ、興味があった。この興味を満たすことが志望動機の本音です。

そのために、難しい試験勉強を1年ほど続け、合格して今に至るというわけです。


よかったのか悪かったのか。
ま、いい経験できてますよ。。。

以上が受験理由です。



telmetel at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)公務員試験談義 

2010年07月30日

簿記1級受験記 〜その1〜 簿記1級受験理由

■簿記1級受験記

1.簿記1級受験理由
2.簿記1級の概要
3.6月13日の結果
4.受験時の自分のレベル
5.試験当日の状況
6.受験の結果得たこと、改善点
7.今後の目標


1.簿記1級受験理由

簿記1級。膨大な範囲、そして強烈な難易度。なのにもかかわらず、合格したからといってすぐに就職に使えるかといえば難しい。そんな、あまり「おいしくない」資格だと思います。

でも、私はまずこの資格を取得したいと思っています。

なぜ? その理由は2点。


1.公認会計士試験に合格するため。

2.会計の専門家としての基礎力を身につけるため



1は私のそもそもの目的。現在通っている予備校の講師が言うには、簿記1級をマスターすることで、会計士試験の論点の約7割はカバーできるとかなんとか。そもそも、簿記1級で日本の簿記、会計制度の大半はカバー出来ています。この資格を取得できたということは、ある程度日本の簿記・会計制度を理解しているということになるのではないかと思うわけです。だからこそ、この資格を取り、会計士試験につなげていきたいと考えています。

次に2ですが、私の目標は公認会計士になること、ではなく公認会計士として活躍すること。簿記・会計制度を十分理解し、それを活かすことのできる知識を身につけたいんです。だからこそ、簿記検定を攻略し、簿記の徹底した基礎力を身につけたいと思っています。会計士試験は「応用力」を問われるようなので、まずはこの資格に集中すべきかな、というのが現状の目標。

勉強を初めてから6ヶ月ほど経ちましたが、ほとんど理解出来ていません。若干焦っています。でも焦ってもいいことはないので、コツコツ問題集を解いています。

以上が、受験の理由です。


telmetel at 02:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0)簿記検定学習記録 

国家2種合格体験記 〜こんな感じで書いていきます〜

<国家2種合格体験記>

■目次


1.公務員試験受験理由 (今やっていることを述べた後、理由を書く)
2.公務員試験概要 (?国,地方,市町村 ?筆記と面接 ?合格率等データ)
3.勉強方法 (法律と経済、数滴処理、一般知識)
4.情報収集方法 (試験情報、時事情報、面接情報)
5.筆記試験体験記
6.面接等2次試験体験記
7.現在の仕事について (中央省庁でのお仕事)


色々と公務員受験生の話を聞いていると、大体こういったことが知りたいみたいです。2.公務員試験の概要は、全く公務員試験を知らない人向けの記事になります。とはいっても調べたりするわけではないです。あくまで、自分が受験勉強していた時代の経験を踏まえて書いていきます。

ちなみに、GREEでは私が立ち上げた公務員試験コミュニティがありますので、よろしければ見てみてください。

「めざせ公務員.com」
http://gree.jp/community/3094

少しずつ書いていきます。。。



telmetel at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)公務員試験談義 

2010年06月20日

ノルマ:全論点を2日で

午前3時の無法地帯  (1) (Feelコミックス)
午前3時の無法地帯 (1) (Feelコミックス)
クチコミを見る


簿記1級の試験を受けて思ったこと。

基礎がない。。。


こんばんは。
今日も朝から晩まで予備校で自習を楽しんだtodayです。

サッカーワールドカップがあることも知らず、
(サッカーに全く興味がない)
国家2種の本試験が今日あったことも知らず、
予備校でいそいそと電卓をたたいてきました。

1級を受けて思ったのは、応用論点を勉強するのもいいけど、
それを導き出す過程で結構戸惑っているのはおかしい、ということ。

そこで、2級の問題集を買ってきて、
ノルマ2日で商業簿記全論点をやってみました。

すると、わかってないわかってないわかってない・・・
あいまいであやふや。うすっぺらくてところどころ濃い。
抜け落ちていてさらに入ってすらいない知識を大量に発見。

こりゃ落ちるな。

何気に、大陸式と英米式の違いすら忘れてました。

特殊商品売買、手形取引等々、曖昧な知識のまま。

まずはここから徹底的にやっつけないと。

そんなわけで、来週のノルマ。
土曜日までに工業簿記2級全範囲解答。

簡単でしょ。

そして、土日で1週目で間違えた個所の2回点目突入。

その後、1級の授業消化へGO。


・・・でもやってよかったです。
見る見るうちに理解度が高まっていくのがわかりました。

基礎固め。

これをせず上には行けないなと1級の失敗という現実を見て
初めて実感しました。

11月、絶対合格!


P.S
2級は、TACの問題集を使っていたんですが、
今回の復習は大原の本を使用しました。

会社が違えば問題作成者も違う。
当然内容も結構違う。

だからこそ、違う視点から新たに勉強ができて、
さらに理解度も増したような気がする・・・

telmetel at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)公認会計士試験 

2010年06月08日

魅惑のデパ地下

それでも町は廻っている 6 (ヤングキングコミックス)
それでも町は廻っている 6 (ヤングキングコミックス)
クチコミを見る


総理が変わりましたね。

また、各大臣が続々と決まっていきます。。。

そのおかげか、若干先週から今週にかけて遅くまで仕事。

簿記の本試験まであと4日なのに。。。

受かる気がしない。


ま、そんなことは置いといて、この前マルイの
地下食料品売り場に行ってきたんです!

時刻は閉店30分前。
各店舗が次々と割引を決行。

そんな中、美味しそうな海老チリが。
お値段100グラム504円。

若干高めだけど、3割引きだしデパ地下だし美味しそうだし、
ここは買っちゃってもいいかな〜 と思いつつ購入。

350円くらいかなぁ、と思っていたら、何とお値段700円代!?

どうやら200グラムからの販売だったようで・・・

高い買い物をしました(結構ケチですワタクシ)。

でも、かなり美味しかったんで、結果的には満足です。。。


デパートの地下食料品売り場。
帰宅途中に行けるんだから、これからも勉強帰りに
フラッと行ってみようかなと思いました。

東京は物価が高すぎるけど、その分クオリティは高いですな。

telmetel at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)公認会計士試験 

2010年06月06日

早朝、ショウガ焼きのかほり

殺戮ゲームの館〈上〉 (メディアワークス文庫)
殺戮ゲームの館〈上〉 (メディアワークス文庫)
クチコミを見る


今日も朝から勉強。
天気が良くて最高な一日の始まり。。。

やよい軒に行って朝っぱらからショウガ焼き定食を食べてきました!

何だろう、そんなに食欲がなかったんですよ。
でも、ぺろりと平らげ、自習室へGO。

朝に行けば空いてますな。
今日は、ソフトウェアの償却といった論点からスタート。

こんな感じで上手く勉強しているつもりなんですが、
・・・全然ダメなんですよ。

なかなか工業が上手くできない。
商業もボリュームが多すぎて、前やっていたところの知識が
あっという間に抜けていく・・・

やっぱり、毎日少しずつ幅広く復習していかないとあかんね。

簿記1級。会計士試験よりも難しいんじゃないの?(爆)

いやいや、会計士の方がさらに難しいよね。

明日から1週間。
できる限り、仕事帰りに勉強勉強!

ガンバリマス。

telmetel at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)公認会計士試験 

2010年05月30日

土日の黄金ルート

午前3時の危険地帯 1 (FEELCOMICS) (Feelコミックス)
午前3時の危険地帯 1 (FEELCOMICS) (Feelコミックス)
クチコミを見る



朝からやよい軒にて朝食。

いい朝だ〜♪


水道橋の予備校に通ってるんですが、
近くにやよい軒があるんですよ。

朝早く水道橋へ行って、ご飯を食べて、自習室に籠る。
土日の黄金ルート。最高の自習環境!

梅田で予備校に通ってる時も、たくさんご飯どころがあったけど、
水道橋も結構充実してるね。

そんな今日。
DVDブースで商業簿記の授業を見てきました。
内容は、引当金と研究開発費。
ここの論点は、比較的分かりやすかったんで大丈夫かな。
でも、商業は全然進まない・・・

じゃ、工業はどないやねん、といいますと、
ほとんど終わってるんですが問題演習が全然。。。

来週末は、工業の問題演習にあてる!

商業は、1問1問コンパクトなものを仕事前にやる。

そして、残業は撲滅。。。

明日からも頑張るか!


telmetel at 20:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)公認会計士試験 
Counter
カウンター
Archives
Categories
twitter
ねぇー!
時間ねぇー