2008年05月18日

片山晋呉は11H残し大会記録超え!!(ゴルフダイジェスト・オンライン)

片山晋呉は11H残し大会記録超え!!(ゴルフダイジェスト・オンライン)

メジャーに関する情報がなかなか見つからなかったので、この記事は非常に参考になりました。
気がついたのですが、とても気になる記事です。特に、片山晋呉とラウンドについて気になります。
なんと、現時点に関して、とても驚きました。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/golf/gdo/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080518-00000002-gdo-golf


群馬県のレーサムゴルフ&スパリゾートで行われている、国内男子ツアーのメジャー初戦「日本プロゴルフ選手権」の最終日。2位に7打差の18アンダーでスタートした片山晋呉。もはや優勝争いという言葉はいらず、残すは記録との戦いとなってきた。

11時15分現在、最終組でラウンドする片山は7番ホールを終了。4番、6番に続き7番パー3でもバーディを奪い通算21アンダー。過去74回の歴史を数える「日本プロ」の72ホール最少ストローク記録、1988年に尾崎健夫がマークした20アンダー「268」を現時点で1つ超えている。

そして、初日からこれまで1つもボギーを叩かずにラウンドを続けている。残り11ホール、さらにバーディを積み重ね、1996年に尾崎将司が打ち立てた26アンダーのツアー最多アンダーパー記録も見えてくる。

【関連リンク】
片山晋呉 プロフィール
日本プロゴルフ選手権大会 3日目
日本プロゴルフ選手権大会 フォトギャラリー
ついに発見!最強の“ぶっ飛び”ボール〜全31機種徹底検証〜
コーディネートはこーでねいと -オヤジゴルファー改造ガイド-

tempest_006 at 23:31 
PR




  • ライブドアブログ