2008年08月01日

北京五輪:外国人が見る北京五輪、「約束は果たされた」(サーチナ・中国情報局…

北京五輪:外国人が見る北京五輪、「約束は果たされた」(サーチナ・中国情報局)31日13:56

メディアサービスとはいったいどういうことなのでしょうか。
ですが、北京市に関する情報がなかなか見つからなかったので、この記事は非常に参考になりました。
なんと、大気汚染に関する話題を最近よく見かけますね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/scn/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080731-00000041-scn-cn


 2001年、国際五輪委員会は中国が約束を履行することを前提に、2008年五輪を北京で開催することを決定した。北京五輪が間もなく開幕するが、北京が都市計画や環境対策、メディアサービスなどの面で約束した内容は実現したのだろうか?

関連写真:そのほかの環境破壊に関する写真

 このたび、世界各国から政府高官やメディア関係者が北京を訪れ、北京が約束を果たしたことを認め、「北京五輪の成功を信じる」と期待を述べた。

 まず北京五輪組織委員会は、選手のために美しくて設備の優れた競技場や練習場を提供することを約束した。そして現在、北京五輪のシンボル的な存在として、メインスタジアムの国家体育場や国家水泳センターが建設され、各国選手から評価されている。

 また北京市では、交通の便宜を図って空港や駅、地下鉄などの改修工事を行ったほか、市内を走る車の量を減らすため、7月20日から車のナンバーが奇数か偶数かによって通行を制限する措置を実施している。これについて中国で8年間暮らしたことがあるインドネシア五輪委員会のプラボウォ氏は、いいアイディアだと評価した。

 「自動車ナンバーによる交通規制を実施することによって交通渋滞が緩和される。また、街を走る車が減ったので、大気汚染も緩和された」と語った。

 北京の大気の質が各国の選手やメディアから注目されていますが、これについて国際五輪委員会のジラディ委員は、「中国が環境の改善で努力してきたことを認めるべきだ」と語り、続けて「中国は、環境を改善するために10年前から、緑化や排出削減、工場の移転などの対策を取ってきた。こんなに綺麗に飾られた開催都市を見たのは初めてだ」と述べた。

 29日正午までに、各国から1万1000人を超える五輪記者が登録を済ませ、取材活動を始めている。その主な仕事場となる北京五輪メインプレスセンターや国際放送センターについて、メキシコのテレビ局の記者ラリオス氏は、「サービスが行き届いており、非常に満足している。技術のサポートもまったく問題はないと思う」と述べた。

 北京五輪が8月8日に開幕する。北京が、五輪を招致したときに交わした約束が果たされたかどうか、それは五輪が終了してみないと判断できない。しかし、こうした行き届いた準備により、多くの人が約束の実現を確信しているといえるだろう。

 写真は選手村内にある茶館でリラックスする英国水泳チームの選手たち。


※この記事は、中国で唯一対外放送を行う国家放送局の「中国国際放送局(CRI)」による提供です。現在、38の外国語、中国国内の4つの方言と43の言語で、世界200以上の国と地域に向けて放送しています。URL : http://jp1.chinabroadcast.cn/

【関連記事・情報】
北京五輪:国家品質監督総局、食品の安全確保に全力を (2008/07/31)
北京五輪:五輪競技場建設過程で文化財保護を重視 (2008/07/31)
2008年北京オリンピック特集
社会>スポーツ・イベント>北京五輪:新着記事 - サーチナトピックス
社会>スポーツ・イベント>北京五輪:周辺事情 - サーチナトピックス

tempest_006 at 00:51 
PR




  • ライブドアブログ