SH遊々自的録

極めることできなくても、いろんなことを楽しもう

陽光きらめく静かな日和佐の海。
ひねもすのたりのたり…

夕ご飯は喜楽でがっつり。
帰りは下道トコトコ途中でぶっつりzZZZ

63E92F64-1A3F-4B7C-964E-D15D08853F06

137BBCF7-7C49-4526-B13E-410E6B4655C5

C41AB948-012C-4DFA-965C-69689AF78F78

5377493A-51C8-4094-8525-B8E0E1BFB152

0FF6FF02-AB60-4522-939F-FD71C32FB04D

 

五感癒されて奥大山。
きれい、きれい、き・れ・い!

倉吉をあとにして、帰り道大山に寄り道。 

70FB20E9-AE57-400A-9243-B4B1B41227D3
烏ヶ山。
いくつかピークを超えて、あ〜まだあんな遠くと泣きが入る。
以前の登山道は崩壊して、新道ができていましたが灌木でチクチクする。

3F07833D-45BB-4C26-8E0A-359C411185B1
やっと着きました。
烏ヶ山1448m。
最後の登頂者、帰り急がねば。

145374DE-204E-47AD-AEB1-7367C684A5E0
大山南壁。
まじかで見ると圧巻です。

AC371FBD-09CD-4D0A-8897-E5C4DCE29E0F
大山裾野あたりを散策。

1EB6F9AC-E685-4153-A096-832F05DC971A
山肌の崩落激しく、一の沢〜三の沢には砂どめが。
以前は綺麗な沢だったのに…と地元の方。

3E6EEC4B-6687-491A-A8A4-5E95BD554E9A
木谷沢渓流。奥大山の水のCMでさらに脚光浴びて観光客多いですが、
沢や森の木に給されて割と静かに散策できました。

4EC569E4-A25A-4012-867B-4A50B451EC47
誰も来ない荒らされていない場所見っけ!

9AEB9DDF-083D-4FB3-A283-0D2A3C6D7A53
綺麗な水です。

7BFAC747-1511-4DFB-9C39-90CE1721FA43
植田正治写真美術館あたりからの伯耆富士(西側から見た大山)

70C2335E-4656-414A-BA24-6AB0F5F9729F
おしゃれな美術館でした。
風がなければ逆さ富士になるのでしょう…

36F0C9D1-A302-4F8E-BFFB-3C9F6409D4E7
大山まきばみるくの里。
牛乳仕立ての濃厚な味。
昨年までは見向きもしなかったのに、最近やたらアイスを食べるようになった。

435E2860-47EC-45D5-8E61-86AA89602F76
大山そば。大山どりの天ぷら。デザートはもちろん梨。
 

11月10日

 タッチ交代、アテンド任務終了!
いろいろ課題山積み。

さあて、と。
自然の中に戻りたい…

選手の技術とか、設定課題とか、運営とか、現在の水準がわかり、たまの人工壁コンペもいいかな、
と思うけど何日も続くとやっぱり外がいい。

アテンドも選手はカンボジア、コーチはアメリカ、アテンドは日本…と、カルチャーも世代も違うと
あっけにとられるというか、今時の若者は…と思ったりするけど、私が若い頃を思い出すと、
あまり大差ないかな〜。

9D16727C-D805-451F-9859-6FB125A1A52F
スピード競技は初めて見たけど、ファイナル8人中7人がインドネシアの選手という…
男子は6秒切ってます!


すごくお久しぶりの方にも会えましたよ。
スタッフで頑張っていらっしゃいました。
05F1D70A-21A3-4866-8EFE-0392D13B7E62
50DC970F-5485-42C1-911A-6B5EA2F87C24




 

7日から始まります。
カンボジアチームのお世話焼きおばちゃん中。

入ったお店や通りがかりの人、女子高校生がはにかみながらが声援を送ってくれて嬉しいね。

2F1D23D2-9178-476D-91A2-7CEB18BC3AD3

CAF41B64-9161-48E6-B9F9-69933CD577CA

1E9FA9E1-1C94-412B-AF60-02C6E29573A8

 

このページのトップヘ