SH遊々自的録

極めることできなくても、いろんなことを楽しもう


日々の激務に疲れた友人が遊びにきました。
のんびりしようね〜と言いながら、蓋を開ければ、たっすいがはいかん!さながら怒涛の日々でしたが、
よく寝て、よく食べ、よく遊びました。

DD1B2613-D3FF-43FE-946F-D551C3B97793
大月町安満地でダイビング。
ダイバーの宿泊は安く、かつ夕食には新鮮なお魚が。
今回は伊勢海老だった〜(^^)

7D19E071-BA81-4CB6-92BC-24CF7D8CD9E8
透明度はあまり良くなかったけど、結構面白い面々に会えました。ー

1DD3CD39-5112-46A7-B6FD-03927D73EEA1
土佐清水のジョン万次郎資料館。
リニューアルしていて、素敵なカフェもあって、
結構楽しい。
大岐の浜でサーファー見物。

45172B8D-3A63-4509-99F0-0865277AB0C6
四万十市。佐田の沈下橋、三里の沈下橋。

F8A4B7E1-7657-4A5C-B505-D93C51F2510F
中村駅前の「なかむらやzakone」
素泊まり3000円とは思えない充実の設備とおもてなし。
素泊まりながらコーヒーを入れていただいたり、朝ごはんを作っていただいていたり。

8F5DB80F-340E-4DDD-B668-695D23A2ACE4
なかむらやのオーナーに連れて行っていただいた、土佐の匠のお宅。
家の前の川でツガニが獲れる。
ツガニのアパートには一部屋一匹ずつびっしり。
もう少し大きく美味しくなるのを水の入れ替えをしながら待っているのだとか。
少しいただいて帰って、塩味だけでいただきました。
びっくりうまい❣️

00FCCEAC-71E3-41D0-AB58-B3BFE8EBFC70
匠の家の露天風呂。いいなあ❣️
なんて素敵な生活なんだ。

 
中村駅前で開催されていた「四万十よさこい」
一緒に踊りたくなる。

EE652919-D2CE-4D86-8461-3BBBEEE56883
四国カルスト。
もうちょっと肌寒くなっています。
連休中で、テント村ができていたのにびっくり。

43203509-9A40-4E49-8DF6-47B63CF3CB67
食べたたべた!
まあるいお月さんのランチ、うみほたるの豪華夕食、味劇場ちかの清水サバや塩たたきなど土佐料理、
道の駅大月のイチゴのかきごおり、ひきじばしドライブインのおでん、
姫鶴荘の夕食、などなどなど。

32244453-F2D1-4C88-800B-E88E04A54FE9
龍馬パスポート。いろんなところでスタンプおしてもらって、いよいよ赤パスポートです!
スタンプ押してもらうたびに、お菓子や割引など特典が。

F4DF5D2B-062E-4C7B-A269-24446CD6B248
R33沿い、仁淀川や美川でボルダリング。
全く登れませんが、やっぱり楽しい。

0A394D4C-4EDB-4A03-BFE7-6F9E97553CBD
道後温泉。お気に入りのホテルの足湯ツアー。外の喧騒から逃れて静かに過ごせる
穴場です。

6C65081F-CF34-4966-94A3-7C79B46E9089

ダイビングシューズを干そうと思ったら中からフナムシが出てきた…。
フナムシが部屋を這うなんてそうそうないよ(T ^ T)
オチがよろしいようで…。

 

9月8日

北海道胆振東部地震の状況により旅行はもう続けられなくなり、
急遽、フェリーのキャンセル待ちをして今朝無事に帰着しました。
去る場所は被災、そして帰る場所も被災…

6日は銭函天狗岳でクライミングの予定だったので割と近い当別の道の駅で車中泊をしていましたが、
3時過ぎスマホの緊急地震速報が入って飛び起きた時にはもう揺れていた。
寝ぼけているし、ただ「ダメダメダメ〜!」とオタオタするのみ。
その後も何度か揺れがあったので眠れない。
クライミングはもちろん中止。
困ったのがトイレ。北海道の道の駅や公共施設の多く?は電気によってドアの開閉や水が流れるようになっているのでトイレが使えない。少し走ったところにあるコミセンのトイレが使えるということだったので移動。レバー式のトイレは使えるのです。
旅行者だとわかると携帯食いただきました。
44B82F17-A662-4B99-A780-94FCA8EA6DB0

幸い道路の寸断のない5号線沿いにいたので小樽へ移動。
停電で信号も作動してなかったけど皆さん整然と運転されていました。
でも、スーパーやガソリンスタンド長蛇の列。ほとんどの店舗は休業。
コンビニでは、唯一開店していたセイコーマートで買い物。陳列棚の多くは何もなくなっていたけど、お菓子や飲み物は買えました。さすが地元のコンビニは強い!

ホテルに宿泊ができないなどの事情もあり予定を切り上げて、かつ移動できる人でフェリーターミナルはいっぱい。23:30発のフェリーが13時からキャンセル待ちを受け付けていて私の番号は41番。
無事に乗船できましたが、乗れなかった人たちがターミナルには沢山残っていました。
千歳空港は閉鎖、関空も閉鎖で帰れない、宿泊先がない、食料がないという旅行者も避難所に案内されたようです。

被災して一番困るのがどんな場合も水と電気。
今回は、水はあるのに日常の多くのものが電化されていていざという時使えず困窮する。
被災状況を伝えるいくつかのレポートで気になったのが「電気の大切さが分かった」というもの。
言わんとしていることはわかるけど、だから…節電に向かうのかそうではない方に向かうのか…ちょっと恐怖を感じました。

今回の北海道訪問は2年ぶりだけど、在住の知り合いの皆さんが色々配慮してくれたり気遣ってくれたりして嬉しかったです。感謝感謝でした。
やり残したこと、行きたかったところ、会えなかった人、また次回の楽しみにとっておきます。


8月6日

キャンセル待ちの間、近くの公園で待機していたのですが、小樽在住のrieさんがわざわざ差し入れに来てくれました。暖かい気持ちや手作りのものやフルーツがとても嬉しかった。
夜になって小樽の街のごく一部停電が解消されたところもあるようでした。
E0696410-24DF-43D6-9397-D1EAF96B4D05


8月5日

行きたいと思っていた札幌アイヌ交流センターへ。ゼンさんが付き合ってくれました。
わざわざありがとう。ゼンさん、めっちゃ風格ありすぎ。
B15AEF58-9933-4C6B-8092-7D68D53CF58D


江別にある「カフェ ド サンレモ」へ。
ここは上橋菜穂子さんの物語に出てくる異世界の食べ物を「バルサの食卓」として
現実に作られたチーム北海道のメンバーであるイデさんのお店です。
イデさんは、なんて言ったらいいんだろ…柔らかで、でも主張してなくて、でも私にはとても出せない佇まいの方でした。同じメンバーの南極料理人の西村淳さんがよくお店にいらっしゃるとのこと。次回はもっともっとお話をお聞きしたい。
F8091FF1-CC05-4BFD-B0C6-C699505593DD


8月4日

Sce さん、kzmさんと雄冬の岩場へ。
いやあここもアルパインの世界ですね。
グレードだけでは計れない。ランナウトしていたり、カラビナのゲートが開かなくなっていたり、
終了点のカラビナがなかったり…色々おさらいができました。
316538F2-DF13-4B88-B1EE-69BFA243313B


早めに終了して帰途についたのですが、グッドタイミングでした。
その後さらに台風の風が強くなり、地域に自主避難の指示が出ていましたから。
海岸沿いなので道路が閉鎖されるということを聞いてびっくりスタコラ。
そんな中開店しているお寿司屋さんへ、そんな中一人で食べに来る女ひとり…
でも生ちらし、幾重にも新鮮な魚が乗せられていて2000円というお値段に大満足。
E5C56929-A6BA-47AD-A10A-DF53B2A6FA7F

しかしその夜中、浜益の駐車公園に一人泊まった私は襲いかかるような風の咆哮、
荒れ狂う樹木、揺れる車に「ダメダメダメよ〜!」「もうやめて〜!」とまんじりともしない夜を過ごしたのでした(T ^ T)
7A344EFC-5E0A-43B8-AE7E-E165205EBD62






 

9月3日
前夜は、厚岸からトコトコ車を走らせて占冠。
なんかここは懐かしい。湯ノ沢温泉で食事と入浴を済ませ、道の駅で車中泊。

赤岩青厳峡へ。
hgさん、kzmさんこんにちは、お邪魔します。相変わらず二人とも頑張ってますね。アップで登ってたマサイで終了点つかんじゃって、RPしたはずのジェロニモにヒーヒー全くダメ⤵︎
でも楽しかったです。
82B85805-4CA1-4432-A1F2-F8F6E8FCCF4C

帰りは占冠に来たら外せない!
喫茶メープルの生ラムジンギスカン定食。変わらぬ値段と味♪
203BF8B5-B586-49DF-AC98-EEE1A7A6FBB8

入浴は芦別温泉へ。
食事はご当地B級グルメのガタタン焼きそば。出し入りの塩味あんかけ、海のものと山のものいっぱい。卵焼きもガタタンあんかけに梅入りが美味しかった!
E41D26A0-C374-4F06-96FF-8012B45CE272

温泉の休憩所がおしゃれ。ジュースやお茶飲み放題で、なんと入浴料500円♪
56FC2F9F-9EF8-4C5B-8601-2CE47F80D85E



9月2日

床譚の岩場見学。
浜はまさに昆布漁の真っ最中。
牡蠣食った食った。


IMG_8230
厚岸は、アイヌ語でアッケケシ。
牡蠣が沢山取れる所って意味らしい。
生牡蠣。開けるの難しい。口に入るまで牡蠣との戦いだった。牡蠣ミルクおいしーい❣️

IMG_8275
床譚の岩場。素晴らしいロケーション!
アプローチや取り付きちょっと怖かったけどね。イワツバメ?クラックからヒナの鳴き声が聞こえて親ツバメは大忙し。

IMG_8276
広い浜全部昆布昆布〜。
家族や親戚の人総出で昆布を干していました。採れたばかりの昆布はゴムのようだった。体験したくてウズウズした。
地球の恵みはすごいとあらためて感じた。

IMG_8278
道の駅で牡蠣づくし。でもやはり牡蠣は生が一番。協同組合直売所は選んだものがそこで食べられる。

FullSizeRender
私的大ヒットの白貝。
ほんのり甘い。また食べたい!

IMG_8213





このページのトップヘ