2008年11月22日

Ver1.42:ソル-マスター対策

ちょきさんのブログと合わせてお読み下さいw
結構前に書いたマスター対策テキストは情報が古すぎて全然使えないので、
こちらで書いてみようと思います。

・3行で分かるソル対策
近づけさせない
起きあがりはガード安定
ヴェイパーに頼らない

以上です。
では詳しく説明していきたいと思います。
まず1つ目の「近づけさせない」について。
ソルの攻撃をガードしたら負けです。
ソルがどうやって近づいてくるかによって、出す攻撃を変えましょう。

・ショートダッシュ、前ステ
先出し気味の突き、L←Xが有効。
ギリギリ突きが当たらないくらいの距離で突きを出してしまっても大丈夫です。
それくらい先出しで突きを置きましょう。
L←Xが鯖などに当たった場合はバクステで距離を離して、周囲に居る鯖に対して
ホリブラ等を出して状況有利にしても良いです。
L←Xが誰にも当たらなかった場合、もう一度L←Xを出したり、肘を出したりして
ソルの行動を潰しましょう。
適当にL←X(スカ)>L↑Xとやってしまうと、ソルの前ステ等は潰せますが
その後のコンボがMCしないと繋がらないのでハイリスクローリターンになっています。
ほどほどにしましょう。

・ジャンプ(エリアルダッシュ)
ソルのJXは軽く横ステップも狩る上に攻撃レベルが高く、地上LXに繋がるので
非常に強いです。
そのため、ジャンプやエリアルダッシュで近づいてくるソルも居ます。
これに対してはスマッシュやヴェイパーで落としましょう。
スマッシュで落とした場合、その後コンボを叩き込んでも良いのですが、受け身不能時間が
長いので横ステでキャンセルしてポーションを使ったり、距離を離したりする事が出来ます。
ヴェイパーで落とした場合は起き攻めに移行できます。
LXで落としても良いのですが砕けろに負ける場合があるので、
こちらはヴェイパーがオススメ。

・前歩き
前歩きに対して突きを出したらガードされた!
バクステでキャンセルしたらソルが前ステップしてきてオゥアーしてきた!
う…うわあああああ!ten amanoがクリティカルダウン
良くある光景です。
歩いて近づいてくるソルに対してはむしろ歩いて近づいて肘を押しつけて
先にN択で攻めた方が良いです。
とにかく肘です。肘がギリギリ当たらないような距離でL←Xを出して、ソルの攻撃や前ステを潰しながら攻撃するのも有効です。

こんなもんですかね。
では次は「起きあがりはガード安定」について。
ソルはステップやジャンプを狩る連携が多く、
そのほとんどが回避不能とも思えるほど強力です。
が、起きあがり直後はガードクラッシュしにくいシステムなのでこれを活用しましょう。
ソルが何をしようがガードです、ひたすらガード。
3秒〜4秒くらいガードしてもガークラする事は無いと思います。
なので、ギリギリまでガードしてやり過ごすか隙が出るまで待ちましょう。
ただしソルが起き攻めにラピッド>スマッシュとしてきた場合は
回避不可能なので諦めましょう。

起きあがってから約1秒間はガークラ値が増えない模様。

そして次は「ヴェイパーに頼らない」について。
理由は簡単です…今のソルは割り込み対策が進んでいる!
もちろん対策してこないソルにはどんどん使って良いんですけど、ヴェイパーを使うくらいならスマッシュを出した方が良いと思います。
こっちのがローリスクハイリターンだからです。

さて次は細かな対策。
「起き攻め」
相手が起きあがりにヴォルカを連打している時の対策は、タイミング良く突き、またはL→Xで対策が出来ます。要練習!
一応このゲームは「起きあがり0F目はガードしか出来ない」というシステムになっているので、肘をビタ重ねしてガードさせる事が出来ればヴォルカが出ないので、肘>蹴>スタンMCのヴォルカ対策が有効になります。
ここでソルが大人しくガードしている場合はL←X、LX、右ホリブラの3択が
強力だと思います。

「ソルの連携の抜け方」
基本的に読み合いなので「アレガードしたらステップ安定」という物はないです。
ちょきさんのブログにソルの連携の抜け方が書かれているのでそちらを参考にしてもらえれば良いかと思います。

こんなもんかな?w
質問が有ればコメントにて!

ten_hanpa at 12:13│Comments(2)TrackBack(0)GG2-攻略 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カビくさいパンツ   2008年11月23日 14:41
更新おつかれさまです。
ソル対策すごい勉強になります!牽制の動きというのを一つも入れていなかったので試してみます。

2. Posted by 天野   2008年11月23日 16:41
ありがとうございます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字