2020年03月

都会を離れてリフレッシュ♪温泉ツアーへGO!!!



こんにちは。

teN株式会社、広報部です。

いつもご覧いただきましてありがとうございます。


今回は、山梨県での旅行の様子を紹介していきます♪


温泉ツアー♪

オーストラリアから戻ってすぐ、2/8・9の2日間で

山梨県の八ヶ岳へ温泉ツアーに出かけました!!


オーストラリアと打って変わって人数は約10倍の150人!

バスを貸し切っての大移動です!


今回、高原はツアーの主催者側での参加です。

同じ経営者仲間と合同で温泉ツアーを盛り上げるべく様々な企画を用意しています♪


温泉ツアーということもあり、高原も今回は同じバスで一緒に移動をします。

それぞれのバスに分かれて、わいわいがやがや大盛り上がりで出発♪

いろんな人と話しているとあっという間に最初の目的地のアウトレットに到着です☆

ここではお昼ご飯を食べたり買い物を楽しんだりと自由時間。


食事を楽しむ面々が多い中、高原はずーーーーーっと買い物を満喫していたとのこと(笑)

普段、買い物に行く時間をあまり取らない分、今回のようにゆっくり買い物を楽しむ時間は貴重だったようです。


「何か良い買い物はできましたか?」と聞いてみたところ

「プラダのコート買った!」と嬉々として話していました♪


買い物に食事に満足したらまたまたバスで移動します☆



ロイヤルスイートルームに宿泊!!



数時間バスに揺られ、いよいよ本日のホテルに到着です。

場所は長野県と山梨県をまたがる八ヶ岳。


今回、高原はロイヤルスイートルームに宿泊です。

とても広い部屋ですが、色々な人が遊びにきてどんどん賑やかに(笑)


部屋の中はもちろんですが、窓から見える景色も最高でした♪




カニ食べ放題&大宴会


そして夜は宴会です☆

バイキング形式でカニ食べ放題!!



お腹も満たされたらそのまま宴会へ。

宴会ではお酒もたくさん用意され、ほろ酔い気分の中、参加者の出し物があったり、歌に踊りにコントにとあっという間の楽しい時間でした♪


盛りだくさんの一日を終え、次の日は朝から信玄餅工場へ行って帰宅しました。


信玄餅を使ったデザートをいただいたり、最後まで楽しみ尽くした温泉ツアーとのことでした!


大勢で旅行に行くのも楽しくて、高原自身いい息抜きになったようです。

また、新しいエピソードがありましたらご紹介していきますね。


お読みいただきありがとうございました!

それでは、また。



サーフィンやホームパーティまで大盛り上がりのオーストラリア旅行✈️



こんにちは。

teN株式会社、広報部です。

いつもご覧いただきましてありがとうございます。



オーストラリアのオシャレスポット、ヌーサヘ


今回は、1月末に弊社社長の高原が出張兼旅行ででオーストラリアへ行って参りましたので、その様子をご紹介致します。


今回の目的地はヌーサ!

知る人ぞ知るオシャレスポットです。

クイーンズランド州にあるサンシャインコーストの北側に位置するビーチリゾート地で、日本人にはまだ馴染みのない場所ですが、ヌーサは南太平洋のビーチトップ3にも選ばれた大人気なセレブリゾート街です。



宿泊場所は、一緒に行っていた高原の経営の先生が素敵なお部屋を押さえてくださったそうです。

なんと、目の前がビーチです!

もう、サーフィンし放題です!(笑)


経営者仲間と総勢15人程でのオーストラリア旅行。

しっかり仕事もしながら遊ぶときは思い切り遊んだとのことでした♪


海が見える見晴らしの良いテラスでは、日本とは違う時間の流れに仕事も捗ります。(高原談)



夜はホームパーティ♪


とても広いリビングで夜は経営者仲間たちと飲み明かしたようで、送られてきた集合写真がとても楽しそうでした(笑)

(ここでお見せできないのが非常に残念です。)


他にも、スーパーマーケットやお肉屋さんなど、現地の生活感が分かる写真もあり、日本とは違う風景に、海外も良いなあと思いました。



オーストラリアでの食事は...


オーストラリアでもたくさん美味しいものを食べてきたそうなので、その一部をご紹介していきます♪


先ずはブランチ

コーヒーの入れ物がオシャレです♪ 


そしてホームパーティーは手作り!



肉のボリュームもすごいですよね!!



サーフィンも仕事もご飯も楽しんで、あっという間のオーストラリア旅行だったとのことでした。

感想を聞いているだけでワクワクします☆

次回は一緒に行きたいですね♪


高原は帰ってきたら、次の日から温泉ツアーへ♪

ハードワークの合間にも毎日を楽しんでおられます。

こちらの様子もまた紹介します☆


ここまでお読みいただきありがとうございます。

それでは、また。




↑このページのトップヘ