2021年09月


4554633_s

こんにちは、teN株式会社広報部の渡辺です。


渡辺はお酒を飲むのが好きです。特に夏はビール。野球を見ながら飲むビールは、最高に旨いですね。最近は、スタジアムでのアルコール販売は自粛してしまっているのが残念ですが。


ところで皆さんは「緑酒(りょくしゅ)」という言葉をご存じですか?


ここでいう「緑酒」とは、「美味い酒」を意味するようです。


渡辺が敬愛するアーティスト、「東京事変」が今年「緑酒」という曲をリリースしました。本人のインタビューによると、「何かを成し遂げた後に飲む、美味い酒」のことを歌っているようです。


歌詞の一部を引用します。


”乾杯日本の衆 いつか本当の味を知って酔いたいから樹立しよう”


この歌詞が意図する「本当の味」とは、お酒自体の質が良いとか、高級な酒ではなく、先ほど述べた「何かを成し遂げた後の酒の味」と取れます。打ち上げとか、納会とか、そういった類の宴会で頂く酒は、特別な味がしますよね。


以前僕がお世話になっている経営者の方がハワイに旅行に行ったときに、こうおっしゃっていました。


「ハワイに行くのは簡単だが、どんな人とどんな状態で行くかが大事」

「一緒にバリバリ仕事している経営者仲間と行く旅行はどこに行っても楽しい」


まさにこういう状況で頂くのが「緑酒」ですよね。


この時期にこういう曲がリリースされた意図としても、「今は自由に酒が飲めないが、この時期を乗り越えたら美味しい酒を飲もう」という意図があると考えざるを得ません。


渡辺も今、以前野球観戦や飲み会に使っていたお金と時間を、自己投資のための読書や勉強のために使っています。いつか「緑酒」を飲むために。


あ、でも時々家で晩酌はしています(笑)


ここまでお読みいただきましてありがとうございました。


22199223_s

こんにちは、teN株式会社広報部の渡辺です。


先日、僕の尊敬する経営者の方の新刊が発売されました。




詳しくは本書を見ていただきたいのですが、その中で印象的だったことは、「人は現状維持をしたがる生き物」だということです。


誰しもが今よりも収入を上げたい、友達がほしい、パートナーがほしい、旅行に行きたい、など今よりもよくなりたいと思う一方、現状のままで良いという思考も働いているようです。


確かに現状維持のほうが、恥をかかないかもしれませんし、失敗することもありませんし、お金をドブに捨てるようなこともないかもしれません。新しいことにチャレンジしたり、生死に危険が及ぼすようなことをわざわざしなくても、生きてはいけるし、子孫を残すことはできます。


しかしその一方で、新しいことにチャレンジしたり、お金を払ったり、新しい知り合いを作ったりすることで、違う世界を見ることができるのは、みなさんもご存じの通りだと思います。


ではどうしたら、その現状維持したい自分を打破できるのでしょうか。その秘訣は、「根拠のない思い込みをすること」だそうです。

根拠を求めると過去の体験からチャレンジしない理由や失敗する理由を見つけてしまいますが、願望や夢から来る思い込みだと、どんなことでも言えますよね。


分かりやすい例を挙げると、漫画ワンピースの主人公ルフィは、ストーリーの冒頭「海賊王に、俺はなる!」と宣言します。この時点でルフィは海賊王ではありませんが、気持ちはすでに海賊王です。


自分も今より稼いで、たくさんの仲間に囲まれる弊社代表の高原のような人になるべく、毎日紙に夢を描いて、未来の自分をイメージしています。一種の妄想のようなものですが、あれもしよう、これもしようとイメージしながら作業すると、楽しいですね。


ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。


↑このページのトップヘ