2019年02月19日

IMG_20190112_205155IMG_20190112_205108














赤いらいおんと、ピンクのらいおんは、フェルト製のブローチです。
赤いらいおんは、赤いメガネをかけています。メルカリの「★なぴ☆」さんのサイトで見つけました。赤いメガネは私の特注です。

IMG_20190219_105626最近、ゾフのセールで、フレームの一部がピンクのメガネを購入したのですが、そのピンクに似合う服やアクセサリーを持っていなかったので、メルカリで検索し、メガネのフレームのピンクとよく似たらいおんを見つけました。
作品はすべてなぴさんの手づくりです。価格はなんと、送料込みで300円! 

ピンクのらいおんが可愛かったので、赤いらいおんも欲しくなり、それも赤いメガネをかけたらいおんが欲しいと、無理を言って作ってもらいました。追加料金をお支払いすると伝えたのですが、「けっこうです。楽しくつくらせていただきました」とのことで、こちらも300円でした。ありがとう。
丁寧なお仕事で、ピンクも赤いらいおんも、とても気に入っています。

IMG_20190217_162604ハズキルーペは、前から欲しかったのですが、ちょっとお高いので思案していました。私は遠近、中近のメガネは苦手です。普段用、パソコン用、読書用と3種類を使い分けています。
ですので、パソコンの作業中に、細かい字の資料を読むときはメガネを替えなければなりません。

特に明治期の新聞のコピーは、字がつぶれていたり、現在は使われていない、むずかしい漢字があったりするので、拡大鏡を使っていましたが、ハズキルーペだと掛けるだけでよく、両手も空いているので助かります。

これは、梅田の丸善ジュンク堂書店内にある文具店「長澤」で購入しました。店内の商品を入れ替えるために、現在、一部の商品が30パーセント引きになっていて、ハズキルーペも安く購入できました。

年齢とともに、メガネの種類が増えてきますが、おしゃれの一部ととらえて、楽しみたいと思っています♪


tenbosenkaisha at 11:58コメント(0)身辺雑話 

2019年02月11日

nywheel スカイプを介して、ニューヨーク在住のアルバート君からインタビューを受けた。彼は現在、コロンビア大学大学院でジャーナリズムを専攻する中国系アメリカ人。ニューヨーク生まれというから、生粋のNYっ子だ。

ノームの著書『Ferris Wheels: An Illustrated History』を読んでノームにインタビューした。そのとき、ノームから「Yukoはフェリスホイールにpassionを持っているから」と紹介されたという。
だが、アルバート君は観覧車そのものには興味がなかった。論文(thesis)を書こうと思ったのは、実現しなかったニューヨークホイールがきっかけらしい。この観覧車を骨子に、シンガポールフライヤーなど、巨大型観覧車について書きたいのだそう。

アルバート君の英語は聞き取りやすかった。反対に私の英語は、最近、頻繁には使っていないのでさび付いている。話す単語がすぐに思い浮かばない。これは英語に限ったことでもないのだが(笑)。頭と口のトレーニングのためにも、英語圏に出かける必要がある。

ところで、肝心のニューヨークホイールが挫折した経緯だが、DailySun New Yorkの日本語版ネットニュースを要約すると次の通り。原文(日本語版)を読みたいひとは、ココをクリック。

(23日付ウォール・ストリート・ジャーナルより)
スタテン島北部沿岸に世界最大級の観覧車を建設する計画で、計画を主導していた不動産投資家のロイド・ゴールドマン氏およびジェフリー・ファイルトード氏は23日、計画を中止すると発表した。
同計画は2012年に提案され、高さ約630フィート(約192メートル)の観覧車を建設する予定だったが、2018年9月、ニューヨーク市長が同プロジェクトを継続するために必要な3億8000万ドル(約428億円)の非課税債の売却の支援を断ったことを受け、計画を中止する意向であることをウォール・ストリート・ジャーナルに伝えていた。
同計画は、想定された観覧車の料金および利用者数で採算が合うかどうか、また将来、税金が支払えるかなどについても疑問視されていた。

また別のニュース(ニューヨークタイムズ)によると、ディベロッパーは観覧車が完成すれば、年間350万人の乗客数の期待していたという。

経緯の詳細はニューヨークタイムズにも記載されているが、建設予定額は$500 million(約560億円?)で、そのほとんどはすでに出費されていた。また、そのうちの$200 millionは、外国人(主に中国人)からの出資(1人50万ドルずつ)で集められた。彼らは米国永住ビザ獲得のために出資したという。

計画倒れに終わる巨大観覧車は多い。シンガポールフライヤーのあと、北京やベルリンにも巨大観覧車を建てたいと、シンガポールフライヤーの当初のCEOは話していたが、肝心のシンガポールフライヤーの業績がふるわず、計画は実現しなかった。
ラスベガスには現在、世界一の大観覧車「ハイローラー」が稼働しているが、実はもう1基、巨大観覧車がラスベガスに建つ予定だった。私がラスベガスを訪れたときに建設予定地を見学したが、結局、実現しなかった。

アルバート君の質問の1つに、「どれくらいまでの巨大観覧車が可能と思うか?」というのがあった。「200メートル」と私は答えた。これは技術的には可能ということであって、採算の問題を考えると、実現はむずかしい。また、200メートル級(192メートルでも)になると、乗車時間が長くなり、子供(大人も)にはトイレ問題も生じる。ゴンドラ(客車)のなかに、トイレを設けるのかという問題もある。シンガポールフライヤーでは、乗車前の搭乗者に、係員は何度も、「トイレを済ませてください」と叫んでいた。
ロケーションも大事だ。ロンドンアイは搭乗して、頂上から下りになっても、眺望はすばらしかった。でも、シンガポールフライヤーは、残り半分は退屈だった。これは私だけの感想ではなく、ほかの搭乗者もそう言っていた。
アルバート君はどのようにまとめたのだろうか。もう少し経ったら、メールで尋ねてみようと思っている。



tenbosenkaisha at 14:25コメント(2)世界の観覧車 

2019年02月09日

IMG_1080IMG_1078














先日放送された「マツコの知らない世界・観覧車」で、「イルミネーションがきれいな観覧車」として、ほんの少しだけ登場した「ららん藤岡」の「メルヘン観覧車」ですが、番組スタッフの調べで意外な前身が判明しました。
それは、兵庫県宝塚市にあった「宝塚ファミリーランド」が初任地だったということです。

私もその後、ららん藤岡にメルヘン観覧車を納入したサノヤス・ライドに仔細を伺いました。
観覧車はイタリアのザンペーラ社製です。この会社の観覧車には、ららん藤岡の観覧車のように、小型の可愛いデザインのものが多いです。愛媛県東温市にあった「レスパスシティ ゆめのサーカス」にもザンペーラ製の観覧車があったのですが、残念ながら撤去され、現在、日本で見られるのは、藤岡の観覧車だけです。

おとぎセンター、来春オープン!宝塚ファミリーランドへ納入したのもサノヤス・ライド(当時は明昌特殊産業株式会社)で、1987年(昭和62)年2月、新規で導入されました。

その後、大阪府泉南郡岬町にあるみさき公園・遊園地を経て、2000年(平成12)に、ららん藤岡に移設されて、現在に至っています。

写真は宝塚ファミリーランド時代のものです。「おとぎセンター」というセクションに設置されていました。
写真、パンフレットを提供してくださったのは、サノヤス・ライドです。貴重な写真をご提供くださいまして、ありがとうざいました。
また、全国の遊園地に電話をかけて、詳細に調べてくださった番組スタッフのみなさん、ありがとうございました。


tenbosenkaisha at 13:03コメント(2)懐かしの遊園地 

2019年02月06日

IMG_20190205_113756大阪市立図書館に併設されているレストラン「グランメール」の日替わりラーメンです。名前だけ聞くと、おしゃれなイタメシ店のようですが、自動販売機で食券を購入し、お盆を持って並ぶ、社内食堂か学食みたいな、シンプルなレストランです。

日替わりと言っても、塩ラーメンと醤油ラーメンの2種類だけ。もっとも私の行く日は、塩ラーメンばかりで、しょうゆ味は知りません。1ぱいが400円とお財布にやさしく、とてもおいしいです。具材は多くありませんが、あっさりとして、麺もシコシコしています。毎朝、NHKの連続朝ドラ「まんぷく」を観ているので、ついラーメンが食べたくなります(笑)。

今年から、週に一度、図書館に「通学」しています。噴水班キャップの松崎さんが週一で国会図書館に通っておられ、そのおかげで、私は数々の特ダネを教えてもらっています。大阪には国会図書館がないとブツブツ言っていたのですが、大阪市立中央図書館を調べつくすことなく、不平を言うのはよくないと、一念発起しました。

現在、調べているのは、日本初の観覧車であった展望旋回車です。明治39(1906)年に、大阪の天王寺公園で開催された、戦捷紀念博覧会場に設置されました。拙著『観覧車物語』(平凡社刊)でも紹介済みですが、更なる情報を求めてマイクロフィルムを回しています。地元、大阪ならではの特ダネがスクープできることを期待しています。

先日、そのなかで見つけた新しい情報なのですが、博覧会期間中の展望旋回車の総搭乗者数は6万5千人だったそう。大人1人の運賃が10銭、こどもは5銭でした。仮に大人が6万人、子供が5千人とした場合、単純に計算すると、625,000銭=6,250円となります。工費がいくらかはわかりませんが、翌年に上野で開催された勧業博覧会・第1会場(竹の台)の観覧車の工費が4万円でした。このことから推察すると、少なくとも2万円以上はかかったでしょう。
とすれば、6,250円の売り上げでは赤字だったと思うのですが。閉会後、展望旋回車は売りに出され、翌年、勧業博覧会の第2会場(池之端)に移設されています。

tenbosenkaisha at 14:29コメント(0)身辺雑話 

2019年01月28日

IMG_20190128_103740昨日、TBSテレビ番組「マツコの知らない世界」から、お貸ししていた本や、今回の番組が収録されたDVDとともに、マツコさんの顔を描いたクリアファイルが2枚、送られてきました。
ありがとうございます。

写真だけではわかりにくいですが、上のファイルは、角度によって、マツコさんの顔の大きさが変化します。下のマツコさんの絵は、やはり角度によって、目がぱっちり開いたり、閉じたりします。TBSのオンラインショップでも販売されていないようなので、これはお宝です。局内に販売するショップがあるのかどうかは知りません。

1月15日の放送日から約2週間経ちました。さすが全国放送の人気番組ですね。反響のあった範囲の広さに驚いています。もう何十年も会わなかった昔の同僚からも連絡がありましたし、番組をご覧になった視聴者からのコメントもたくさん頂戴いたしました。
行きつけの美容院、パン屋さん、ジムのスタッフなど、知らせていなかった方からも、「観ました!」と声がけしてもらいました。
おおむね、好意のコメントばかりで、ほっとしました。
「観覧車特集というから、また関東圏の観覧車の話かと思っていたら、地方の観覧車を取り上げてもらってうれしい」とのお言葉もありました。最高の賛辞と受け取らせていただきます。

実際には、マツコさんと1時間半〜2時間くらいおしゃべりし、それをうまく編集していただいたので、よどみなく話し続けているように見えますが、私はけっこうドジっています。それをマツコさんがカバーしてくださいました。いじられているようにみえるかもしれませんが、あれがマツコさん式のフォローです。マツコさん、ありがとう。

「出演してお礼はクリアファイルだけ?」と、心配されるかもしれませんが、もちろん出演料はいただくことになっています。いくらかは明かせませんが、今までに出演したラジオ、テレビ番組のなかでは最高額でした。うれし。用意していただいたホテルも、赤坂見附にある「エクセル東急」と一流で、快適な寝心地でした。
ですから、みなさんのなかで、発表したいテーマをお持ちで、マツコさんとお話ししてみたい方は、番組まで売り込んでください。もっとも、私の場合は売り込んだのではなく、3年前に一度、オファをいただいていましたが、心臓手術前だったので、一度、お断りした経緯があります。

今回は、元気なうちになんでも経験しておこうと、出演させていただきました。
クリアファイルの写真はアップしましたが、出演中の写真やその他は、番組終了後にもらった告知により、使用できないことになっています。
以後、例えば、私が講演を依頼された場合も、「『マツコの知らない世界・観覧車』に出演した福井です」と名乗るのはNGとなっています。
ですので、番組に関するブログをアップするのも、今回で終わりにしたいと思います。
お世話になったみなさん、観てくださったみなさん、本当にありがとうございました。


tenbosenkaisha at 11:17コメント(0)身辺雑話 

2019年01月16日

昨夜放送された「マツコの知らない世界・観覧車」をご覧いただきまして、ありがとうございました。無事に終了して、私もほっとしています。
反響が大きく、視聴率もよかったそうです。そう言えば、3年前に出演した大阪朝日放送のテレビ番組「ビーパップハイヒール」も高視聴率だったとか。
これは、もちろん私が視聴率女なのではなく、「観覧車テーマ」が高視聴率をたたき出すのです。

さて、番組で紹介されました観覧車の補足説明をします。
高知県高知市にあるわんぱーくこうちの観覧車ですが、2011年に私が取材に訪れたときのブログをご覧ください。曇りガラスだったゴンドラですが、現在はクリアなガラスが入っているそうです。

このたびの旅・四国・高知県篇─わんぱーくこうちの観覧車」(2011年6月19日)

観覧車がデザインされた帯ですが、これも次のブログをご参照ください。

観覧車柄の帯」(2008年7月25日)

仕立ては東京・文京区本郷にある、帯専門の仕立て屋さん「渡辺帯工芸所」です。電話番号は、03-3811-4582です。
生地が少なかったので、手芸専門店のユザワヤで足す生地を買い、付け帯にしました。とても楽に着付けができます。今回は、TBSに所属する着付け師さんに着せていただきました。
なお、オレンジ色の着物ですが、総絞りです。と言っても、先週、出演された銀座のママさんの500万円もする着物にははるかに及ばず、ヤフオクでゲットした、たぶん5万円以下だった着物です。でも、着付け師さんが、「絞りが立っていて、とてもいいお品ですよ」と褒めてくださいました。いわゆる昔きもので、当時は高価だったのでしょうね。銀座のママさんと同じ日の放送でなくてよかったです(笑)。


tenbosenkaisha at 14:15コメント(10) 

2019年01月08日

昨年末のブログで予告しましたが、番組からOKが出ましたので、お知らせします。
出演するのは、TBSテレビ「マツコの知らない世界」です。さきほど、今日放送された「マツコの知らない世界・SP版」の最後の予告編に、しゃべっている私がチラッと写っていました。恥ずかし。

きょうの放送は、銀座のママさん、インスタントラーメン研究家? それに失恋ソングの歌手さんでした。みなさん、トークがお上手で、華やかでした。同じ日の放送日でなくて、よかったです(笑)。

曜日と時間を改めてお知らせします。
1月15日(火)9時から。当日はもうお一人、お箸の研究家が出演されます。私はこの方のお話しを聞くのが楽しみです。世に研究家は多いですね。どちらが先の出演になるかは、わかりません。
放送後も、放送内容の写真は、ブログやSNSにアップできない決まりになっています。マツコさんとのツーショットも撮っていただいたのですが、どなたにも送らず、スマホのなかにしまってあります(笑)。お見せできないのが残念ですね。


tenbosenkaisha at 23:54コメント(11)話題 

2019年01月06日

約1年ぶりに、全国の観覧車総数を更新します。停止中の到津の森公園の観覧車の行く末が気になるところです。

停止中の観覧車(6基)
・テイネオリンピア遊園地
・グリュック王国
・化女沼レジャーランド
・到津の森公園
・あらかわ遊園
・宮脇書店総本店屋上・ブックプレイランド

******

〇北海道 13基
  🎡テイネオリンピア遊園地
テイネオリンピアの観覧車は2010年から停止。再開の見込みはたっていない。
  🎡ノルベサ
  🎡登別マリンパークニクス・ニクスランド
  🎡ルスツリゾート
  🎡北海道グリーンランド
  🎡ファミリー愛ランドYOU
  🎡おたる水族館・祝津マリンランド
  🎡おびひろ動物園
  🎡閉園したグリュック王国
閉園以来、他の遊戯具とともに放置されたまま。
  🎡釧路市動物園
  🎡室蘭水族館
  🎡函館公園・こどものくに
  🎡深山峠アートパーク
  
〇東北 11基
 ・青森 1基
  🎡八戸公園・こどもの国
 ・岩手 2基
  🎡アメリカンワールド
  🎡岩山パークランド
 ・宮城 4基
  🎡閉園した化女沼レジャーランド
閉園以来、他の遊戯具とともに放置されたまま。
  🎡八木山ベニーランド
  🎡三井アウトレットパーク仙台港
  🎡楽天Koboスタジアム宮城
 ・秋田 1基
  🎡大森山動物園・大森山ゆうえんちアニパ
 ・山形 1基
  🎡リナワールド
 ・福島 2基
  🎡郡山カルチャーパーク・ドリームランド
  🎡いわき市海竜の里センター

〇関東 34基
 ・茨城 3基
  🎡国営ひたち海浜公園
  🎡日立かみね公園・遊園地
  🎡日立かみね公園・かみねレジャーランド
 ・栃木 4基
  🎡宇都宮動物園・遊園地
  🎡那須ハイランドパーク
  🎡とちのきファミリーランド
  🎡千手山公園
 ・群馬 6基
  🎡渋川スカイランドパーク
  🎡華蔵寺公園遊園地
  🎡桐生が岡遊園地
  🎡軽井沢おもちゃ王国
  🎡群馬サファリパーク
  🎡ハイウェイオアシスららん藤岡・メルヘンプラザ
 ・埼玉 4基
  🎡むさしの村
  🎡東武動物公園
  🎡西武園ゆうえんち
  🎡丸広百貨店わんぱくランド  
 ・千葉  5基
  🎡東京ドイツ村
  🎡マザー牧場・わくわくランド
  🎡もりのゆうえんち
  🎡BIGHOPガーデンモール印西
  🎡木更津かんらんしゃパーク キサラピア
 ・東京 8基
  🎡あらかわ遊園
2018年12月1日から一時的に休園。2021年夏ごろ、観覧車を含めリニューアルオープン予定。
  🎡東京ドームシティアトラクションズ
  🎡浅草花やしき
  🎡葛西臨海公園
  🎡お台場パレットタウン
  🎡東京サマーランド
  🎡よみうりランド
  🎡東急プラザ蒲田
 ・神奈川 4基
  🎡横須賀市ソレイユの丘
  🎡さがみ湖リゾートレジャーフォレスト
  🎡よこはまコスモワールド
  🎡モザイクモール港北

〇中部 30基
 ・新潟 2基
  🎡サントピアワールド
  🎡妙高サンシャインランド遊園地
 ・富山 2基
  🎡ミラージュランド
  🎡三井アウトレットパーク北陸小矢部
 ・石川 1基
  🎡手取フィッシュランド
 ・福井 1基
  🎡越前市武生中央公園
菊人形展など、イベント開催時のみ稼働されるが、もちろん現役としてカウント。
 ・山梨 1基
  🎡富士急ハイランド
 ・岐阜 3基
  🎡恵那峡ワンダーランド
  🎡オアシスパーク
  🎡養老ランド
 ・静岡 7基
  🎡伊豆アニマルキングダム(旧名伊豆バイオパーク)
  🎡ぐりんぱ
  🎡ぐりんぱ・シルバニアビレッジ
高さ5mの子供向けだが、大人も乗れるのでカウント。
  🎡浜名湖パルパル
  🎡はままつフラワーパーク・子ども広場  
  🎡エスパルスドリームプラザ
  🎡富士川サービスエリア・EXPASA富士川
 ・愛知 13基
  🎡名古屋シートレインランド
  🎡東山動植物園・遊園地
  🎡SUNSHINE SAKAE
  🎡日本モンキーパーク
  🎡ラグーナテンボス・フェスティバルマーケット
  🎡明石公園
  🎡豊橋総合動植物公園・遊園地
  🎡堀内公園
  🎡刈谷ハイウェイオアシス
  🎡岡崎南公園
  🎡愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
  🎡南知多ビーチランド
  🎡名古屋三越栄
2005年に引退したが、2012年から日曜日などに、定時に回転させるようになった。人は乗せないが、停止していないので、現役にカウント。 

〇近畿 23基
 ・三重 2基
  🎡ナガシマスパーランド
  🎡鈴鹿サーキットモートピア
 ・京都 2基
  🎡京都市動物園
  🎡天橋立ビューランド
 ・大阪 8基
  🎡天保山ハーバービレッジ
  🎡HEPFIVE
  🎡ドン・キホーテ道頓堀店
  🎡ひらかたパーク
  🎡みさき公園・遊園地
  🎡ハーベストの丘
  🎡りんくうプレジャータウン・シークル
  🎡ららぽーとエキスポシティ
 ・和歌山 2基
  🎡和歌山マリーナシティ・ポルトヨーロッパ
  🎡アドベンチャーワールド・プレイゾーン
 ・兵庫 9基
  🎡淡路ワールドパークONOKORO
  🎡東条湖おもちゃ王国
  🎡赤穂海浜公園・赤穂わくわくランド
  🎡神戸市立王子動物園・遊園地
  🎡神戸市フルーツ・フラワーパーク
  🎡神戸ハーバーランド・モザイクガーデン
  🎡姫路セントラルパーク
  🎡姫路市立動物園
  🎡淡路サービスエリア

〇中国 9基
 ・岡山 3基
  🎡ヒルゼン高原センター・ジョイフルパーク
  🎡鷲羽山ハイランド
  🎡おもちゃ王国
 ・広島 2基
  🎡みろくの里・ゆうえんち
  🎡マリーナホップ・マリーナサーカス
 ・山口 4基
  🎡ときわ公園
  🎡蜂ヶ峯総合公園
  🎡秋吉台自然動物公園サファリランド
  🎡はい!からっと横丁

〇四国 5基
 ・徳島 1基
  🎡とくしまファミリーランド
 ・香川 2基
  🎡NEWレオマワールド・レオマフェスティバルパーク
  🎡宮脇書店総本店屋上・ブックプレイランド
メンテナンスで停止中。
 ・高知 1基
  🎡わんぱーくこうちアニマルランド・プレイゾーン
 ・愛媛 1基
  🎡いよてつ高島屋

〇九州 21基
 ・福岡 6基
  🎡大牟田動物園・ちびっ子遊園地
  🎡かしいかえん
  🎡マリノアシティ福岡
  🎡福岡市動植物園
  🎡チャチャタウン小倉
  🎡久留米市鳥類センター
 ・佐賀 1基
  🎡花とリスのメルヘン村
 ・長崎 3基
  🎡山茶花高原ピクニックパーク・ハーブ園
  🎡みらい長崎ココウォーク
  🎡ハウステンボス
 ・熊本 2基
  🎡グリーンランド
  🎡熊本市動植物園
 ・大分 3基
  🎡セントレジャー城島高原パーク
  🎡ラクテンチ
  🎡ハーモニーランド
 ・宮崎 1基
  🎡観音池公園
 ・鹿児島 4基
  🎡平川動物公園・遊園地
  🎡アミュプラザ鹿児島
  🎡城山公園
  🎡ダグリ岬遊園地
 ・沖縄 1基
  🎡カーニバルパーク・ミハマ
以上

・全国数は147基。(2019年1月6日現在)
・停止中は6基。(観覧車通信では停止中の観覧車も全国数にカウントしている。)
・子供向けの観覧車のなかには、数えていないものもある。
・長野、滋賀、奈良、島根、鳥取の5県は観覧車ゼロ。

最多の順位
)務て察^γ痢13基
∧叱法9基
E豕 大阪 8基

一覧のなかで、抜けている観覧車や、数字がおかしいなど、疑問点が見つかりましたら、お手数ですが、お知らせください。

注意
「全国の観覧車総数」は、「観覧車通信」として知り得た範囲の数字であり、定期的に、すべての遊園地や観覧車運営会社に問い合わせた結果ではありません。
メディアなどで、参考にしていただいてもかまいませんが、あくまで個人の調査による数字であり、責任は負えないことをご了解ください。また引用される場合は、事前にご一報くださいますようお願いします。

tenbosenkaisha at 20:21コメント(0)話題 

2019年01月04日

IMG_20190102_143420_BURST001_COVER新年あけましておめでとうございます。
大阪はお天気に恵まれて、暖かな、いいお正月でした。

2日に、尼崎市に住まいする、友人のミエコさん宅に招いていただき、昨年、百歳を迎えたお母様を中心に、総勢11人で新年を祝いました。
大阪に戻ってから、毎年、招待していただいています。古くからの友人は、気が置けなくて、いいもんです。
ミエコさんは料理がうまく、おせち料理もすべて手づくり。黒豆はつやつやと照り、甘すぎないゴマメがさっぱりとしています。どの料理も、たいへんおいしいでした。ありがとう。

ミエコさんと私は同い年で、今年は年女です。還暦からもうひと巡りしたなんて、月日の経つのは速いものです。年々、気力はあっても、体力や知力も衰えてきますから、月並みな表現ですが、一日一日を大切に生きたいと思います。

当面の目標は次の通りです。
・中断している観覧車関係の資料の整理を再開し、年内には完成させる。
・国内でまだ訪れていない観覧車に乗る。
・一昨年のニュージーランド以来、海外旅行をしていないので、体力に無理のない範囲でどこかに行く。

ま、希望はこれくらいにしておきましょう。あっというまに1年は経ちますからね。
では、今年もよろしくお付き合いください。



tenbosenkaisha at 11:56コメント(0) 

2018年12月31日

IMG_20181231_112921IMG_20181231_114113














一昨日、ようやく年賀状を送り終えました。今年は喪中のお知らせを例年より多くいただいた気がします。なかでもびっくりしたのは、拙著『観覧車物語』(平凡社刊)で紹介させていただいた、イラストレーターの摺本好作さんのご訃報でした。7月19日に亡くなられました。享年、82歳でした。

摺本さんのブログ「摺本好作のムフフ工作日記」を拝見しましたら、驚いたことに、前日の18日までブログを書き、写真もアップされています。
ブログによると、すい臓と肝臓にがんが見つかり、6月に入院されて感染症にもかかられ、それからほどなくお亡くなりになりました。

初めてお目にかかったのは、2001年ですから、もう17年にもなります。拙著にあるとおり、私は新聞紙上で見た摺本さんの作品で、2001年度東急ハンズ手づくりコンテストにおいて「ハンズ・ピープル賞」を受賞した「『ワッ』観覧車」のことをもっと知りたくて、群馬県赤城村にあるご自宅を訪ねました。
たくさんの作品を見せていただき、そのうえ、地元で評判のラーメン店でごちそうまでしていただきました。ありがとうございます。
『観覧車物語』が完成したとき、「車のなかに置いて、自分の載っているページを友人に見せて自慢している」と、喜んでくださいました。

2度目にお目にかかったのは、それから約10年後の2011年でした。銀座で個展を開催されていました。その折のことは拙ブログ、「『ワッ』観覧車─摺本好作さんの作品展」(2011年2月22日)に詳しいですので、興味のあるかたはクリックしてください。そのときは、私が大腸がんの手術をして2年目でしたので、摺本さんは私の体調をとても気遣ってくださいました。上記・左の写真は、その折にいただいた摺本さんの作品です。今ではあめ色に変わり、とてもいい風合いになっています。

もっともっと元気で活躍していただきたかったですが、ブログを拝見するかぎり、苦しい闘病生活を長く送られず、その点はよかったのかもしれません。
いつも年賀状をいただいていました。昨年の年賀状には、「元気ですか。元気です。大阪はいかがですか?赤城も自然がいっぱいでいいですよ」と書かれていました。
ご冥福をお祈りいたします。


tenbosenkaisha at 12:51コメント(0) 
最新記事
livedoor プロフィール

tenbosenkaisha

by FUKUI Yuko(福井優子)
「観覧車通信」日本支局長
『観覧車物語』(平凡社)、『ニッポンの観覧車』(イカロス出版)、『たくさんのふしぎ─観覧車をたずねて』(福音館書店)、『観覧車の時代』(「建築設備&昇降機」連載)

tenbosenkaisha(展望旋回車)とは、1906年(明治39年)に初めて日本に登場した観覧車の呼び名。まだ観覧車とは呼ばれていなかった。

記事検索
お問い合わせの窓口

お名前、アドレス、内容などは公開されませんので、ご安心ください。

名前
メール
本文