2019年01月16日

昨夜放送された「マツコの知らない世界・観覧車」をご覧いただきまして、ありがとうございました。無事に終了して、私もほっとしています。
反響が大きく、視聴率もよかったそうです。そう言えば、3年前に出演した大阪朝日放送のテレビ番組「ビーパップハイヒール」も高視聴率だったとか。
これは、もちろん私が視聴率女なのではなく、「観覧車テーマ」が高視聴率をたたき出すのです。

さて、番組で紹介されました観覧車の補足説明をします。
高知県高知市にあるわんぱーくこうちの観覧車ですが、2011年に私が取材に訪れたときのブログをご覧ください。曇りガラスだったゴンドラですが、現在はクリアなガラスが入っているそうです。

このたびの旅・四国・高知県篇─わんぱーくこうちの観覧車」(2011年6月19日)

観覧車がデザインされた帯ですが、これも次のブログをご参照ください。

観覧車柄の帯」(2008年7月25日)

仕立ては東京・文京区本郷にある、帯専門の仕立て屋さん「渡辺帯工芸所」です。電話番号は、03-3811-4582です。
生地が少なかったので、手芸専門店のユザワヤで足す生地を買い、付け帯にしました。とても楽に着付けができます。今回は、TBSに所属する着付け師さんに着せていただきました。
なお、オレンジ色の着物ですが、総絞りです。と言っても、先週、出演された銀座のママさんの500万円もする着物にははるかに及ばず、ヤフオクでゲットした、たぶん5万円以下の着物です。でも、着付け師さんが、「絞りが立っていて、とてもいいお品ですよ」と褒めてくださいました。いわゆる昔きもので、当時は高価だったのでしょうね。銀座のママさんと同じ日の放送でなくてよかったです(笑)。


tenbosenkaisha at 14:15コメント(6) 

2019年01月08日

昨年末のブログで予告しましたが、番組からOKが出ましたので、お知らせします。
出演するのは、TBSテレビ「マツコの知らない世界」です。さきほど、今日放送された「マツコの知らない世界・SP版」の最後の予告編に、しゃべっている私がチラッと写っていました。恥ずかし。

きょうの放送は、銀座のママさん、インスタントラーメン研究家? それに失恋ソングの歌手さんでした。みなさん、トークがお上手で、華やかでした。同じ日の放送日でなくて、よかったです(笑)。

曜日と時間を改めてお知らせします。
1月15日(火)9時から。当日はもうお一人、お箸の研究家が出演されます。私はこの方のお話しを聞くのが楽しみです。世に研究家は多いですね。どちらが先の出演になるかは、わかりません。
放送後も、放送内容の写真は、ブログやSNSにアップできない決まりになっています。マツコさんとのツーショットも撮っていただいたのですが、どなたにも送らず、スマホのなかにしまってあります(笑)。お見せできないのが残念ですね。


tenbosenkaisha at 23:54コメント(11)話題 

2019年01月06日

約1年ぶりに、全国の観覧車総数を更新します。停止中の到津の森公園の観覧車の行く末が気になるところです。

停止中の観覧車(6基)
・テイネオリンピア遊園地
・グリュック王国
・化女沼レジャーランド
・到津の森公園
・あらかわ遊園
・宮脇書店総本店屋上・ブックプレイランド

******

〇北海道 13基
  🎡テイネオリンピア遊園地
テイネオリンピアの観覧車は2010年から停止。再開の見込みはたっていない。
  🎡ノルベサ
  🎡登別マリンパークニクス・ニクスランド
  🎡ルスツリゾート
  🎡北海道グリーンランド
  🎡ファミリー愛ランドYOU
  🎡おたる水族館・祝津マリンランド
  🎡おびひろ動物園
  🎡閉園したグリュック王国
閉園以来、他の遊戯具とともに放置されたまま。
  🎡釧路市動物園
  🎡室蘭水族館
  🎡函館公園・こどものくに
  🎡深山峠アートパーク
  
〇東北 11基
 ・青森 1基
  🎡八戸公園・こどもの国
 ・岩手 2基
  🎡アメリカンワールド
  🎡岩山パークランド
 ・宮城 4基
  🎡閉園した化女沼レジャーランド
閉園以来、他の遊戯具とともに放置されたまま。
  🎡八木山ベニーランド
  🎡三井アウトレットパーク仙台港
  🎡楽天Koboスタジアム宮城
 ・秋田 1基
  🎡大森山動物園・大森山ゆうえんちアニパ
 ・山形 1基
  🎡リナワールド
 ・福島 2基
  🎡郡山カルチャーパーク・ドリームランド
  🎡いわき市海竜の里センター

〇関東 34基
 ・茨城 3基
  🎡国営ひたち海浜公園
  🎡日立かみね公園・遊園地
  🎡日立かみね公園・かみねレジャーランド
 ・栃木 4基
  🎡宇都宮動物園・遊園地
  🎡那須ハイランドパーク
  🎡とちのきファミリーランド
  🎡千手山公園
 ・群馬 6基
  🎡渋川スカイランドパーク
  🎡華蔵寺公園遊園地
  🎡桐生が岡遊園地
  🎡軽井沢おもちゃ王国
  🎡群馬サファリパーク
  🎡ハイウェイオアシスららん藤岡・メルヘンプラザ
 ・埼玉 4基
  🎡むさしの村
  🎡東武動物公園
  🎡西武園ゆうえんち
  🎡丸広百貨店わんぱくランド  
 ・千葉  5基
  🎡東京ドイツ村
  🎡マザー牧場・わくわくランド
  🎡もりのゆうえんち
  🎡BIGHOPガーデンモール印西
  🎡木更津かんらんしゃパーク キサラピア
 ・東京 8基
  🎡あらかわ遊園
2018年12月1日から一時的に休園。2021年夏ごろ、観覧車を含めリニューアルオープン予定。
  🎡東京ドームシティアトラクションズ
  🎡浅草花やしき
  🎡葛西臨海公園
  🎡お台場パレットタウン
  🎡東京サマーランド
  🎡よみうりランド
  🎡東急プラザ蒲田
 ・神奈川 4基
  🎡横須賀市ソレイユの丘
  🎡さがみ湖リゾートレジャーフォレスト
  🎡よこはまコスモワールド
  🎡モザイクモール港北

〇中部 30基
 ・新潟 2基
  🎡サントピアワールド
  🎡妙高サンシャインランド遊園地
 ・富山 2基
  🎡ミラージュランド
  🎡三井アウトレットパーク北陸小矢部
 ・石川 1基
  🎡手取フィッシュランド
 ・福井 1基
  🎡越前市武生中央公園
菊人形展など、イベント開催時のみ稼働されるが、もちろん現役としてカウント。
 ・山梨 1基
  🎡富士急ハイランド
 ・岐阜 3基
  🎡恵那峡ワンダーランド
  🎡オアシスパーク
  🎡養老ランド
 ・静岡 7基
  🎡伊豆アニマルキングダム(旧名伊豆バイオパーク)
  🎡ぐりんぱ
  🎡ぐりんぱ・シルバニアビレッジ
高さ5mの子供向けだが、大人も乗れるのでカウント。
  🎡浜名湖パルパル
  🎡はままつフラワーパーク・子ども広場  
  🎡エスパルスドリームプラザ
  🎡富士川サービスエリア・EXPASA富士川
 ・愛知 13基
  🎡名古屋シートレインランド
  🎡東山動植物園・遊園地
  🎡SUNSHINE SAKAE
  🎡日本モンキーパーク
  🎡ラグーナテンボス・フェスティバルマーケット
  🎡明石公園
  🎡豊橋総合動植物公園・遊園地
  🎡堀内公園
  🎡刈谷ハイウェイオアシス
  🎡岡崎南公園
  🎡愛・地球博記念公園(モリコロパーク)
  🎡南知多ビーチランド
  🎡名古屋三越栄
2005年に引退したが、2012年から日曜日などに、定時に回転させるようになった。人は乗せないが、停止していないので、現役にカウント。 

〇近畿 23基
 ・三重 2基
  🎡ナガシマスパーランド
  🎡鈴鹿サーキットモートピア
 ・京都 2基
  🎡京都市動物園
  🎡天橋立ビューランド
 ・大阪 8基
  🎡天保山ハーバービレッジ
  🎡HEPFIVE
  🎡ドン・キホーテ道頓堀店
  🎡ひらかたパーク
  🎡みさき公園・遊園地
  🎡ハーベストの丘
  🎡りんくうプレジャータウン・シークル
  🎡ららぽーとエキスポシティ
 ・和歌山 2基
  🎡和歌山マリーナシティ・ポルトヨーロッパ
  🎡アドベンチャーワールド・プレイゾーン
 ・兵庫 9基
  🎡淡路ワールドパークONOKORO
  🎡東条湖おもちゃ王国
  🎡赤穂海浜公園・赤穂わくわくランド
  🎡神戸市立王子動物園・遊園地
  🎡神戸市フルーツ・フラワーパーク
  🎡神戸ハーバーランド・モザイクガーデン
  🎡姫路セントラルパーク
  🎡姫路市立動物園
  🎡淡路サービスエリア

〇中国 9基
 ・岡山 3基
  🎡ヒルゼン高原センター・ジョイフルパーク
  🎡鷲羽山ハイランド
  🎡おもちゃ王国
 ・広島 2基
  🎡みろくの里・ゆうえんち
  🎡マリーナホップ・マリーナサーカス
 ・山口 4基
  🎡ときわ公園
  🎡蜂ヶ峯総合公園
  🎡秋吉台自然動物公園サファリランド
  🎡はい!からっと横丁

〇四国 5基
 ・徳島 1基
  🎡とくしまファミリーランド
 ・香川 2基
  🎡NEWレオマワールド・レオマフェスティバルパーク
  🎡宮脇書店総本店屋上・ブックプレイランド
メンテナンスで停止中。
 ・高知 1基
  🎡わんぱーくこうちアニマルランド・プレイゾーン
 ・愛媛 1基
  🎡いよてつ高島屋

〇九州 21基
 ・福岡 6基
  🎡大牟田動物園・ちびっ子遊園地
  🎡かしいかえん
  🎡マリノアシティ福岡
  🎡福岡市動植物園
  🎡チャチャタウン小倉
  🎡久留米市鳥類センター
 ・佐賀 1基
  🎡花とリスのメルヘン村
 ・長崎 3基
  🎡山茶花高原ピクニックパーク・ハーブ園
  🎡みらい長崎ココウォーク
  🎡ハウステンボス
 ・熊本 2基
  🎡グリーンランド
  🎡熊本市動植物園
 ・大分 3基
  🎡セントレジャー城島高原パーク
  🎡ラクテンチ
  🎡ハーモニーランド
 ・宮崎 1基
  🎡観音池公園
 ・鹿児島 4基
  🎡平川動物公園・遊園地
  🎡アミュプラザ鹿児島
  🎡城山公園
  🎡ダグリ岬遊園地
 ・沖縄 1基
  🎡カーニバルパーク・ミハマ
以上

・全国数は147基。(2019年1月6日現在)
・停止中は6基。(観覧車通信では停止中の観覧車も全国数にカウントしている。)
・子供向けの観覧車のなかには、数えていないものもある。
・長野、滋賀、奈良、島根、鳥取の5県は観覧車ゼロ。

最多の順位
)務て察^γ痢13基
∧叱法9基
E豕 大阪 8基

一覧のなかで、抜けている観覧車や、数字がおかしいなど、疑問点が見つかりましたら、お手数ですが、お知らせください。

注意
「全国の観覧車総数」は、「観覧車通信」として知り得た範囲の数字であり、定期的に、すべての遊園地や観覧車運営会社に問い合わせた結果ではありません。
メディアなどで、参考にしていただいてもかまいませんが、あくまで個人の調査による数字であり、責任は負えないことをご了解ください。また引用される場合は、事前にご一報くださいますようお願いします。

tenbosenkaisha at 20:21コメント(0)話題 

2019年01月04日

IMG_20190102_143420_BURST001_COVER新年あけましておめでとうございます。
大阪はお天気に恵まれて、暖かな、いいお正月でした。

2日に、尼崎市に住まいする、友人のミエコさん宅に招いていただき、昨年、百歳を迎えたお母様を中心に、総勢11人で新年を祝いました。
大阪に戻ってから、毎年、招待していただいています。古くからの友人は、気が置けなくて、いいもんです。
ミエコさんは料理がうまく、おせち料理もすべて手づくり。黒豆はつやつやと照り、甘すぎないゴマメがさっぱりとしています。どの料理も、たいへんおいしいでした。ありがとう。

ミエコさんと私は同い年で、今年は年女です。還暦からもうひと巡りしたなんて、月日の経つのは速いものです。年々、気力はあっても、体力や知力も衰えてきますから、月並みな表現ですが、一日一日を大切に生きたいと思います。

当面の目標は次の通りです。
・中断している観覧車関係の資料の整理を再開し、年内には完成させる。
・国内でまだ訪れていない観覧車に乗る。
・一昨年のニュージーランド以来、海外旅行をしていないので、体力に無理のない範囲でどこかに行く。

ま、希望はこれくらいにしておきましょう。あっというまに1年は経ちますからね。
では、今年もよろしくお付き合いください。



tenbosenkaisha at 11:56コメント(0) 

2018年12月31日

IMG_20181231_112921IMG_20181231_114113














一昨日、ようやく年賀状を送り終えました。今年は喪中のお知らせを例年より多くいただいた気がします。なかでもびっくりしたのは、拙著『観覧車物語』(平凡社刊)で紹介させていただいた、イラストレーターの摺本好作さんのご訃報でした。7月19日に亡くなられました。享年、82歳でした。

摺本さんのブログ「摺本好作のムフフ工作日記」を拝見しましたら、驚いたことに、前日の18日までブログを書き、写真もアップされています。
ブログによると、すい臓と肝臓にがんが見つかり、6月に入院されて感染症にもかかられ、それからほどなくお亡くなりになりました。

初めてお目にかかったのは、2001年ですから、もう17年にもなります。拙著にあるとおり、私は新聞紙上で見た摺本さんの作品で、2001年度東急ハンズ手づくりコンテストにおいて「ハンズ・ピープル賞」を受賞した「『ワッ』観覧車」のことをもっと知りたくて、群馬県赤城村にあるご自宅を訪ねました。
たくさんの作品を見せていただき、そのうえ、地元で評判のラーメン店でごちそうまでしていただきました。ありがとうございます。
『観覧車物語』が完成したとき、「車のなかに置いて、自分の載っているページを友人に見せて自慢している」と、喜んでくださいました。

2度目にお目にかかったのは、それから約10年後の2011年でした。銀座で個展を開催されていました。その折のことは拙ブログ、「『ワッ』観覧車─摺本好作さんの作品展」(2011年2月22日)に詳しいですので、興味のあるかたはクリックしてください。そのときは、私が大腸がんの手術をして2年目でしたので、摺本さんは私の体調をとても気遣ってくださいました。上記・左の写真は、その折にいただいた摺本さんの作品です。今ではあめ色に変わり、とてもいい風合いになっています。

もっともっと元気で活躍していただきたかったですが、ブログを拝見するかぎり、苦しい闘病生活を長く送られず、その点はよかったのかもしれません。
いつも年賀状をいただいていました。昨年の年賀状には、「元気ですか。元気です。大阪はいかがですか?赤城も自然がいっぱいでいいですよ」と書かれていました。
ご冥福をお祈りいたします。


tenbosenkaisha at 12:51コメント(0) 

2018年12月26日

メガネ7赤いメガネを買いました。
「ボストン型」というのでしょうか? フレームが丸くなっています。きれいな赤色で、ひと目で気に入りました。でも、かけるのは、少し勇気がいりました(笑)。かけていると、最初、驚かれますが、「いいね、よく似合う」とほめられます。
私は近視ではありません。加齢とともに、乱視が出てきて、最初は読書用が必要となり、次にパソコン用も。最近では、普段でもメガネをかけたほうが楽になりました。最初のころは、フチなしとか、無難なかたちばかりでした。メガネをかけるのはいやでしたが、コンタクトは入れたくないので、なんとか我慢していました。

メガネ5メガネ6














私のメガネは、2本を除き、ほとんどがゾフ製です。最初に買ったのは、九州一周・観覧車の旅をしているとき、博多のショッピングモールで見つけた、赤い角型でした。そのときも、ひと目で気に入りました。
それからはメガネをかけるのが楽しくなりました。赤い角型メガネは、現在、読書用です。
その後、東京に戻ってから、となり駅の駅ビルにあったゾフ店をちょくちょく訪れるようになりました。値段が手ごろなのが、なにより気に入っています。
2本目の赤いメガネには、黄色が少し入っていて、まるでキャンディのようです。ゾフがキャンペーンしていた「キャンディシリーズ」の1本だった気がします。

メガネ2メガネ1














ゾフで購入する以前に買ったメガネにも、お気に入りは2本あります。
当時は虎ノ門にあった会社に近い、ちょっと高級なメガネ屋さんで購入しました。左がドイツ製で、右がイタリア製です。ドイツ製は左半分のフレームが赤です。
イタリア製は両端に、赤いビーズ玉が付いています。
どちらも楕円形で、少し小さめなレンズは、そのころは珍しく、かけているとやはり、「勇気があるねえ」みたいな目で見られました(笑)。
大阪へ移ってからも、近くのメガネ屋さんでレンズを取り換えたり、修理してもらったりして、手入れを怠らず、ずっと使っています。服装によってメガネは掛け替えるので、最近は少し出番が減りました。

閑話休題
最近、某テレビ局の番組に出演しました。放送はまだ来年ですが、収録を終えました。全国ネットの番組ですので、観ていただける機会があると思います。番組担当者からOKが出ましたら、番組名や放送日をお知らせします。番組のなかで、私は赤い、丸いメガネをかけています。びっくりなさらないでくださいね(笑)。



tenbosenkaisha at 13:12コメント(3)身辺雑話 

2018年12月03日

IMG_20181201_115955噴水班キャップの松崎さんから、「『楽しき哀しき昭和の子ども史』(小泉和子編著、河出書房社刊)に、私の名前と著書名が載っている」という連絡をいただき、さっそく購入しました。

編著者の小泉和子さんは、登録有形文化財昭和くらし博物館の館長さんです。この本は、「昭和のくらし博物館」の第14回企画展「楽しき哀しき昭和の子ども」をもとに書かれたご本です。
昭和に子供時代を送った人々には懐かしい遊園地や、お菓子など、写真もたくさん掲載されています。

さて、私が登場?するのは、「屋上遊園の最盛期」の項です。「観覧車史研究家」として紹介されています。土井文化運動製作所がデパート屋上に観覧車を納入したのは、1954(昭和29)年に広島市の天満屋百貨店が最初─。という内容です。『観覧車物語』を参考にしていただきました。拙著をお読みくださり、また引用していただきまして、ありがとうございます。
これは土井万蔵(土井文化運動製作所)が設置した観覧車を、『遊園地の文化史』(中藤保則著)から抜き書きし、『観覧車物語』の228ページにリストアップしたものです。 ここで私は、「日本初の屋上観覧車」について、まだ調べていなかったことに気づきました。
1950(昭和25)年、浅草松屋デパートの屋上に、水平に回転するスカイクルーザーが設置されました。これを観覧車とするなら、スカイクルーザーが「日本初の屋上観覧車」と言えますが、「水平はあかん、垂直に回転するのが観覧車」という意見もあると思います。
そこで、垂直に回転する、日本初の屋上観覧車を少し調べてみました。

IMG_20181201_121015々島天満屋 1954(昭和29)年5月1日
月日は『天満屋150年史』を参考に推測したものです。『遊園地の文化史』には「昭和29年春」と記載されています。社史によると、1954年5月1日、天満屋は改築開店をしています。おそらくこのときに、観覧車を初め、遊戯機械が設置されたのでしょう。



IMG_20181201_120932¬掌轍飴團リエンタル中村百貨店 1954(昭和29)年5月28日
オリエンタルビルの社史『オリエンタルビル─1952-2002 50周年記念誌』によると、中村百貨店がオープンしたのは、昭和29年5月28日でした。このとき、屋上に観覧車が設置されました。
これは初代で、現在、週末だけ回転している、登録有形文化財の観覧車は2代目です。


IMG_20181201_120809浅草松屋 1950(昭和25)年?
浅草松屋の屋上には、スカイクルーザーだけでなく、垂直に回転する、小型の観覧車も設置されていました。絵はがきにも写っていますし、ハリウッド映画で、山口淑子が出演した「東京暗黒街・竹の家」にも登場しています。映画の中で見たゴンドラには、松屋のロゴである、鶴が描かれていました。
この観覧車の正確な設置年はわかりませんが、映画は1955年の前半に製作されています。監督や俳優がロケのために日本を訪れたのは、1955年1月のことです。
ということは、観覧車は1954年にはすでに設置されていたのでしょう。もし、スカイクルーザーと同時期に設置されていたら、観覧車は1950年製で、日本初の屋上観覧車だと言えますが、あくまで暫定です。正確な設置年が判明したら、また報告させていただきます。



tenbosenkaisha at 00:23コメント(0)懐かしの遊園地話題 

2018年11月28日

ferris wheel20181128la grande roue20181128
















2025年に大阪で万国博覧会が開催されることが決定した。おめでたいのかどうかはわからないが、8年後の自分の年齢を考えると、広い会場を闊歩できるのだろうか。いや、その前に、それまで生きているのだろうかという不安もある。健康や医療問題がテーマになるそうだから、高齢者にやさしい会場つくりを考えてほしい。

だが、観覧車通信・日本支局長としては、自身の高齢化を心配するより、どんな観覧車が設置されるのかが、もっと気になる。1893年に、アメリカのシカゴで開催されたコロンビア博覧会で、初の大型観覧車「フェリスホイール」が設置されて以来、博覧会には観覧車が必須物件となっている。

大阪万博201811281970年に大阪で開催された博覧会には、大遊園地エキスポランドが設営され、高さ40メートルの観覧車、「ワンダーホイール」が設置された。当時では、40メートルでも画期的な大きさの観覧車だった。
その後、世界万博ではないが、アジア太平洋博覧会や横浜大博覧会などで、100メートルを超える大観覧車が建設された。

大阪万博220181128では、今回も世界最大の観覧車を建てるのだろうか。エキスポランドほどの大遊園地が設営されなかったとしても、観覧車は単独でも設置される気がする。

日本で最大の観覧車は、大阪・万博公園にあるオオサカホイールで、高さ123メートル。世界一はラスベガスにあるハイローラーで、高さ167.6メートルだ。これらを超える高さでないと、世界の話題にはならない。

夢洲には万博会場と隣り合ってIR施設が設営されるということだが、それでも、観覧車からの眺望を考えると、それほどすばらしい立地とも思えない。大金をかけるほどの価値はあるのだろうか。ニューヨーク・スタテン島の大観覧車建設だって、頓挫している。

巨大観覧車ではなく、個性的な観覧車をつくるという手もある。各パビリオンの高さを規制するかは、今後の話し合いで決まっていくのだろうが、その流れで、観覧車の高さやかたちが決まるのかもしれない。

写真説明
上左:コロンビア博覧会の大観覧車「フェリスホイール」
上右:パリ万国博覧会(1900年開催)の大観覧車「ラ・グラン・ルー」
   (設置は1898年)

2段目:1970年の大阪万博の観覧車「ワンダーホイール」
3段目:大阪万博のエキスポランド

tenbosenkaisha at 13:06コメント(0)話題 

2018年11月16日

宴会受けつけ社史3














久しぶりの更新です。あちこちから「海外旅行?」「入院中?」など、ご心配の声をいただきましたが、元気です。
11月1日に、恒例の元の勤め先の大同窓会が東京で開催されました。往復の交通費が支給されるし、元同僚に会えるので、毎年、出席することにしています。昔、腹の立つこともあった?上司も、今は懐かしいシニア仲間です(笑)。昨年はニュージーランド旅行で、出席できませんでした。今回は、少し早めに到着し、4泊5日で東京を味わいました。都内ではありませんが、観覧車も2か所で乗りました。この旅行記はいずれアップいたします。

きょうは、昨日(15日)に開催された、泉陽興業株式会社の60周年記念祝賀会の報告をいたします。
すてきな目覚まし時計の記念品とともに、この日に合わせて刊行された社史、『泉陽興業60年史』もおみやげにいただきました。とても貴重です。ありがとうございます。

会長さん宴会4














泉陽興業の歴史は、そのまま会長である山田三郎さんの半生の歴史とも言えます。山田さんは関西学院大学を卒業後、商社に就職されましたが、3カ月で辞めて、伯父である政治家、松田竹千代さんの秘書になりました。当初は政治家を希望していましたが、学生時代に屋上遊園地でアルバイトをしたとき、こどもたちの喜ぶ顔を見た経験が忘れられず、遊園地事業を興しました。

1958年(昭和33年)には、大阪市中央区東清水町で泉陽興業株式会社を設立されました。当初の社員数は約10名でしたが、その後、めざましい発展を遂げ、現在では266名の大会社となっています。今年は東京の神田に、自社ビルも完工されました。おめでとうございます。地下には、泉陽興業が経営する中華料理店「龍泉華」も開店したそうです。今度、東京を訪れたとき、ぜひ伺いたいと思っています。
(写真 左:山田三郎会長、右:山田勇作社長)

泉陽興業としての初の観覧車は、大阪市千日デパート屋上に設置されました。このことは、拙ブログでも、何度も報告させていただきました。もう一度、読みたい人はココをクリックしてください。
その後、みなさんもご存知のように、横浜のコスモクロック21や天保山の大観覧車など、世界一の大観覧車を数多く製造されてきました。日本国内にとどまらず、中国や台湾など世界中に進出されています。

宴会62宴会










今回は会社の「還暦」に当たる、おめでたい60周年記念ということで、約700名がお祝いに参加されました。場所は、大阪の帝国ホテルの大広間でした。会長、社長さんのご挨拶に始まり、来賓の代表者の挨拶へと続きます。ビデオで、菅内閣官房長官からの祝辞も放映されました。

宴会7宴会










料理も豪華で、おすしは銀座に本店のある久兵衛、てんぷらやおそばなど和食は「なだ万」が担当しました。鏡割りのお酒「白鷹」を、枡でおいしくいただいたきました。
(写真 左:「なだ万」のコーナー。右:大広間。このあとすぐに、テーブルが見えなくなるくらいの来賓者で満場になりました。)
私までご招待くださいまして、本当にありがとうございました。

社史名前ほんの少しですが、社史に資料を提供させていただきました。



tenbosenkaisha at 12:19コメント(0)身辺雑話 

2018年10月15日

神戸モザイクガーデン観覧車6神戸モザイクガーデン観覧車4














10月8日にフジテレビ(関西では関西テレビだった)で生放送された『全人類がリサーチャー、特定せよ』がおもしろかった。
ベッキーが司会を務める生番組で、写真などを見せ、「場所(町や通り)や人物などを特定せよ」と、視聴者に問いかけるのだ。視聴者は、パソコンやスマホを駆使して検索し、一番早くに正解した人には、賞金が3万円授与される。
なんでも、最初は関西ローカルで企画された番組だったらしいが、それは見逃した。私は情報を推理し、それを実証していくのが好きなので、この番組が気に入った。次回は回答者に応募しようかしら。

以前のブログでお見せしたユニクロの観覧車にまだこだわっている。
ユニクロの広報に問い合わせたのだが、「広告の撮影場所についてはお答えできません」と断られた。でも、勝手に推理し、私なりに特定してみた。間違ったからと言って、叱られることはないと思うのだが(笑)。

場所は前回に推理したとおりの神戸ハーバーランドで、観覧車はモザイク観覧車だ。ただし撮影されたのは、2012年(平成24年)以前と思われる。なぜなら、写真には観覧車の背景に、チラッとメリーゴーランドが写っているが、「モザイクガーデン」のウィキペディアによると、2012年5月6日に「観覧車以外の全てのアトラクションの運行終了」とあるからだ。現在は、観覧車以外に大きなアトラクションはない。

観覧車はサノヤス製で、似たような観覧車は全国に何基もあり、色だけで推察すると、仙台港の観覧車かと思ったが、仙台港にはヤシの木がない。
モザイク観覧車が、白から赤に塗り替えられたのは、2007年春のことだ。写真では全体に青っぽいが、写真で色彩を変えるのは容易いことだ。球場と思った背景の建物は、球場ではなく、実際の建物をぼやっとさせたのだと思う。

写真説明
左:私が2006年に撮影したもの。まだ白い観覧車だ。
右:同じ日に撮ったモザイクガーデンの案内図。ユニクロの写真ではメリーゴーランドが、観覧車の後方、向かって右側に写っていたので、東側(船がえい航している方向)から撮影されたのだろう。


tenbosenkaisha at 13:59コメント(0)話題 
最新記事
livedoor プロフィール

tenbosenkaisha

by FUKUI Yuko(福井優子)
「観覧車通信」日本支局長
『観覧車物語』(平凡社)、『ニッポンの観覧車』(イカロス出版)、『たくさんのふしぎ─観覧車をたずねて』(福音館書店)、『観覧車の時代』(「建築設備&昇降機」連載)

tenbosenkaisha(展望旋回車)とは、1906年(明治39年)に初めて日本に登場した観覧車の呼び名。まだ観覧車とは呼ばれていなかった。

記事検索
お問い合わせの窓口

お名前、アドレス、内容などは公開されませんので、ご安心ください。

名前
メール
本文