2017年07月10日

ドキュメント72時間「空の密室 屋上観覧車」─松山市くるりん

松山くるりん37月7日の夜に放送された、NHKのドキュメント72時間「空の密室 屋上観覧車」を観ました。心に残る、とてもいいドキュメント番組でした。
舞台は愛媛県松山市のデパート、いよてつ高島屋の屋上にある観覧車「くるりん」。ここで72時間、取材班は張り付いて、観覧車に搭乗する客をひたすら追うのです。

2011年6月にこの地を訪れ、くるりんにも乗ったのですが、今回、どうしてこの観覧車が選ばれたのか、不思議でした。東京や大阪などの大都市には、もっと著名?な大観覧車が何基もあります。

でも、見ているうちに納得。地域に溶け込んでいるのです。買い物帰りには必ず乗るという、杖をついたシニアの女性や、受験前の高校生、東京からふらりとやってきた若い女性などが、ごくごく自然に観覧車に乗り、そこからの風景を楽しみます。
1人で乗ろうが、同性同士で乗ろうが、そんなこと、関係ないのです。1周約15分間。この短いあいだに、観覧車は人々にやすらぎを提供します。

最近、見つけたブログに、「観覧車ぼっち星」があります。「ぼっちで100基に搭乗する」という目的を持った、若い男性の観覧車搭乗記ですが、豊富な写真とともに、生き生きとしたユーモラスな文章が実におもしろい。「ぼっち」とは「1人ぼっちで観覧車に乗る」という意味で、いうなれば「ひとり観覧車」。現在、52基を制覇されたようですが、けっこうピッチが速いですね(笑)。
ファミリーかカップルでないと楽しめない、なんてつまらない常識にとらわれず、1人でもどんどん乗っていきたいですね。
ちなみに、私も観覧車に乗るときは、いつも「ぼっち観覧車」です(笑)。


tenbosenkaisha at 12:38コメント(3)話題  

コメント一覧

1. Posted by すずやす   2017年07月10日 13:53
「観覧車ぼっち星」のすずやすと申します。
この度は、拙ブログを紹介いただきまして、嬉しいです!

いま嬉しすぎて、観覧車のように回ってしまいました。

さて私もNHKのドキュメント観ましたが、すごく良い番組でしたね。
ぼっち観覧車の方が4人もおられて、普通のことなんだなーと思うと同時に、1人だからと変にクローズアップせず紹介していただいたのは嬉しかったです。

福井さんの観覧車研究の記事、いつも興味深く読ませてもらっています。いつの時代も観覧車が愛される世界でありますように。
今後ともよろしくお願いいたします!
2. Posted by tenbosenkaisha   2017年07月10日 19:51
コメントをいただき、ありがとうございます。
「72時間」はいい企画でしたね。観覧車の持つあたたかみが伝わってきて、改めて見直しました。ぼっち観覧車が当然のこととして、もっと増えればいいですね。
3. Posted by yuko m.   2017年07月13日 08:28
うわっあっ、やっぱりご本人(すずやすさん)も、福井さんの読者だったのですね。わかる&わかる(よーくわかる!納得)。日本局長は、福井さんだから、横浜支局長…ですよね???

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
livedoor プロフィール
記事検索
お問い合わせの窓口

お名前、アドレス、内容などは公開されませんので、ご安心ください。

名前
メール
本文